サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS Manager

SAN LUN への Windows Server 2003 メディア用の UCS インストール手順

2009 年 10 月 12 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2009 年 9 月 2 日) | フィードバック

目次


概要

このドキュメントでは、Storage Access Network(SAN)Logical Unit Number(LUN)への Windows Server 2003 メディア用の Cisco UCS のインストール手順を紹介しています。



前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。



使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco UCS に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



インストール前の手順

インストールに先立ち、次の手順を実行します。

  1. LUN ディスクへのマルチパスがイネーブルになっている場合、1 つのパスを除き、すべてのパスを一時的にディセーブルにします。

  2. 仮想メディア マシンでウイルス スキャン ソフトウェアがイネーブルになっている場合、一時的にディセーブルにします。

  3. UCS コンソールが稼働するクライアント マシンには、DVD-ROM とフロッピー ドライブ(A ドライブ)が搭載されている必要があります。フロッピー ドライブが搭載されていない場合は、フロッピー ドライブ エミュレーション プログラムを実行する必要がありますが、これは Cisco から提供されるものではありません。

  4. Windows Server 2003 のリカバリ メディアにあるインストール用のストレージ アダプタ ドライバが必要です(D:\OEM\DRIVERS\MassStorage\QLogic など)。

  5. Mezzanine カードの種類および Windows インストールのエディションに基づき、該当するドライバをフロッピー ディスク(A:)にコピーします。たとえば、Windows Server 2003 Enterprise x64 を Qlogic Mezzanine カードが搭載されたブレードにインストールする場合は、次のファイルを A: にコピーする必要があります。

    D:\OEM\Drivers\Massstorage\Qlogic\64Bit\B_Q23WX64STORV91736\*.*
    


インストールの手順

次の手順を実行します。

  1. UCS から、KVM コンソールを起動します。

  2. KVM で、Tool > Launch Virtual Media の順に選択します。これで KVM Virtual Media コンソールが起動します。

  3. Windows Server 2003 リカバリ DVD を DVD-ROM に挿入します。

  4. KVM Virtual Media コンソールから、DVD をマウントするために Mapped にチェックマークを付けます。これによって、DVD コンテンツがブレードで使用可能になります。

  5. UCS Manager GUI で、Reset をクリックし、ブレードを正常に再起動するために OK をクリックします。

  6. ブレードがリブートしたら、F6 キーを押してブート メニューにアクセスします。ブート オプションのリストが表示されます。

  7. Cisco Virtual CD/DVD 1.16 を選択します。

  8. ブートするためには Enter キーを押します。

  9. CD からブートするには任意のキーを押します。

  10. Windows Setup 画面の下部にプロンプトが表示されたら、サードパーティによるドライバをロードするために F6 キーを押します。

    警告 警告:重要。プロンプトが変わる前に、F6 キーを押す必要があります。

  11. Setup could not determine the type of one or more mass storage device プロンプトが表示されます。追加のデバイス用に S を選択します。

  12. フロッピー ドライブ A: に、該当する Mezzanine カードのドライバが入ったメディアが挿入されていることを確認してください。詳細は、「インストール前の手順」を参照してください。

  13. KVM Virtual Media コンソールで、A: Floppy 上の Mapped ボックスにチェックマークを付けます。

  14. Do you want this device emulated as a floppy と表示されたら、NO にチェックマークを付けます。

  15. KVM コンソールに戻り、Enter キーを押して続行します。

  16. ドライバを選択するには、Enter キーを押します。

  17. インストール中に、フロッピーのドライバまたは Windows で提供されるドライバのどちらを使用するのかについて確認を求められたら、フロッピー上のドライバを使用するために S を選択します。

  18. 設定では、大容量ストレージ デバイスのサポートがロードされることが通知されます。Enter キーを押します。

  19. カスタム設定の場合は、C を選択します。

  20. EULA に同意する場合は、F8 キーを押します。

  21. 指示に従い、オペレーティング システムのインストール先の SAN ディスクを選択します。適切なドライブのフォーマット手順を実行します。

  22. ファイルのコピーが開始されると、インストールによって大容量ストレージ ドライバが再度求められます。A: の Mapped チェック ボックスからチェックマークを外して、マウントを解除します。次に、再度マウントするために「A:」にチェックマークを付けます。Do you want this device emulated as a floppy と表示されたら、今回は YES にチェック マークを付けます。これは既知の不具合です。

  23. 続行するには Enter キーを押します。コピーが続行されます。

    コピーが完了したら、インストールではブレードがリブートされます。

  24. SAN ディスクからブートします。

  25. An EMS connection was detected メッセージが表示されたら、OK をクリックします。

  26. ロゴなしのドライバのインストールの確認を求められたら、毎回 YES と答えることが重要です。

  27. コンピュータ名、ユーザ名、プロダクト キー、日付、タイムゾーンなどを手動で入力する必要があります。



インストール後の手順

次の手順を実行します。

  1. Windows Server 2003 がブートすると、CD2 が求められます。リカバリ ディスク上の \OEM\R2 ディレクトリ(D:\OEM\R2 など)を選択し、OK をクリックします。R2 がインストールされます。

  2. Device Manager を開きます。多くのデバイスが黄色で表示されます。次の手順によって、ドライバがインストールされます。

  3. File Explorer から、D:\OEM\Drivers\CHIPSET\INTEL_CHIPSET_V9.1.0.1012\Setup.exe を実行します。これで Intel Chipset のドライバがインストールされます。

  4. D:\OEM\Drivers\Video_ServerEngines\*setup.exe から、ディスプレイ ドライバをインストールします。

  5. Device Manager からネットワーク ドライバをアップデートします。

    1. Ethernet controller を右クリックします。

    2. update driver を選択します。

    3. D:\OEM\Drivers\NETWORK_OPLIN\PROXGB\<32 または 64 bit> から inf ファイルへパスを通します。

  6. 追加のイーサネット コントローラに同じ手順を実行します。

  7. 未知の SCSI コントローラの場合は、D:\OEM\Drivers\MassStorage\LSI\<32 または 64 bit> からドライバをアップデートし、LSI SAS を選択します。

  8. マルチパスを再度イネーブルにします。



確認

現在のところ、この設定を確認する手順はありません。



トラブルシューティング

現在のところ、この設定にトラブルシューティングを行う手順はありません。




関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報




Document ID: 110867