コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Unified CCX/IP IVR 7.0(1) の SR2 動作

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Contact Center Express または IP IVR 7.0(1)SR2 リリースには、リリース 7.0(1)SR2 の導入に影響を与える可能性のある動作が含まれています。 この資料はこの動作を記述したものです。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified Contact Center Express インストール手順のナレッジがあることを推奨します。 詳細については Cisco Unified Contact Center Express インストレーションガイドを参照して下さい。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Contact Center Express バージョン 7.0(1)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unified Contact Center Express または IP IVR 7.0(1)SR2 リリースには、リリース 7.0(1)SR2 の導入に影響を与える可能性のある動作が含まれています。 IP IVR は 06/23/09 で\ 4/30/09 の Cisco ダウンロード ソフトウェアページに掲示された CCX 7.0(1) SR2 ビルドを再呼び出しされました統一しました。 7.0(1) SR2 はダウンロードして顧客向けにもはや利用可能ではないです。

リリース 7.0(1)SR2 問題: これらの問題は識別され、配備に影響を与えることができます:

  • CSCsz47854登録ユーザのみ

    症状: 根本的なサード パーティ データベース ドライバ(jtds ドライバ)に問題があります。 この問題は増大したCPU 使用方法という結果に一定時間にわたり終り、いくつかの週(システムのロードに依存)以降にシステムを持って来ることができます。

    状態: この問題はコールの過多が付いているシステムおよび 2-3 週間以上支えられたエージェント トラフィックで現われます。

    回避策: Cisco はシステムが着実な増加を示す場合総合 システムのための CPU使用を監察するために 7.0(1)SR2 の顧客が Perfmon を使用する、また iscoUnifiedCCXEngine プロセス推奨し、次にメンテナンス時間内のシステムをことをリブートします。

  • CSCta33316登録ユーザのみ

    症状: エンジンのデッドロックは発生する場合がありますエンジンを自動的に再起動します。 高可用性の(HA)配備の場合には、フェールオーバーは発生します。

    状態: シナリオに発生する場合があるエージェントのような断続的な競合状態は複数のコール レグを含む、転送します。

    回避策: 手動回避策は必要ではないです。 システムはデッドロックを検出する、自動的にエンジンを再起動します。 非 HA システムに関しては、影響を受けたサービスは自動的に再開されます。 HA システムはスタンバイに失敗します。

解決策

Cisco は 7.0(1)SR3 をダウンロードし、展開することを推奨します。 Download ページ Cisco Unified Contact Center Express か IP IVR リリース 7.0(1)SR3 をダウンロードするために Cisco にアクセスして下さい:

Cisco Customer Response ソリューション ソフトウェアはリリースします登録ユーザのみ

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110495