音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

TUI を介した E メールを削除するオプションの無効化

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

音声 メッセージは削除されるとき、削除された項目 フォルダで保存されます。 デフォルトでサブスクライバ入り、メッセージを削除するオプションを押すとき、すべての音声メールはおよび電子メール メッセージは削除された項目 フォルダに削除されます。 E メールを削除するオプションをディセーブルにする場合は、ボイスメールだけを削除するように Cisco Unity を設定できます。 この資料に音声メールだけを削除するオプションを設定する方法を説明されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Exchange バージョン 4.0(1) および それ 以降が付いている Cisco Unity に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

TUI を介した E メールを削除するオプションの無効化

デフォルトでサブスクライバが > 2 つ > 複数の削除済みメッセージをすぐに削除するメインメニューからの 2 つを永久に『3』 を押すとき Cisco Unity はメッセージが削除したいと思うそれらが選択するようにします。 サブスクライバは削除された音声 メッセージを削除するか、または削除済みメッセージすべてを削除できます。 デフォルトへの代替として、Cisco Unity がサブスクライバを規定選択するためにプロンプト表示しないでき代りに永久に規定 する メッセージ の タイプをこと削除します: 削除された音声 メッセージかすべての削除済みメッセージ(音声、ファクシミリおよび適当電子メール、)。

どちらかの代替を設定するために、メッセージ交換を変更する必要があります—削除済みメッセージが Advanced Settings ツールバルク設定でどのように削除されるか設定 して下さい

Cisco Unity ツール ターミナル > 管理ツール > Advanced Settings ツール > メッセージ交換に行って下さい-削除済みメッセージがバルクでどのように削除されるか設定 して下さい

Cisco Unity が複数の削除済みメッセージがこのキーの値の調節によって削除される方法をどのように処理するか変更できます:

\SOFTWARE\Active Voice\Conversation\1.0\

キーの名前は DeletedItemsClearence であり、それは DWORD キーです。

サブスクライバが複数の削除済みメッセージを削除するときどんな Cisco Unity が遊ぶどんなメッセージを削除するか規定 するのにこれらの値を使用すれば:

  1. サブスクライバはどのメッセージが削除されるか選択します: Cisco Unity はそれらをプロンプト表示します: 音声 メッセージだけ削除するため。 1 を押す。 すべてのメッセージを削除するために『2』 を押して下さい(デフォルト)

  2. Cisco Unity は削除するべきメッセージ サブスクライバを選択するためにプロンプト表示しません: その代り、Cisco Unity は削除された音声 メッセージすべてを削除します。

  3. Cisco Unity は削除するべきメッセージ サブスクライバを選択するためにプロンプト表示しません: その代り、Cisco Unity は削除します削除済みメッセージ(音声、ファクシミリおよび適当電子メール メッセージ。)すべてを

Cisco Unity が削除するべきメッセージ サブスクライバを選択するためにプロンプト表示しないように電子メールを削除するオプションをディセーブルにするために 2 にレジストリキーを設定 する必要があります。 その代り、Cisco Unity は削除された音声 メッセージだけすべてを削除します。

  • 設定は Exchange バージョン 4.0(1) および それ 以降が付いている Cisco Unity でだけ動作します。

  • メッセージ交換変更はサービスの分類 (CoS)設定およびメッセージ交換形式に関係なく、システム全体のサブスクライバに影響を与えます。

  • 単一新しいの、保存されて削除するとどんなサブスクライバが聞くかカスタマイズするため、または削除メッセージはサブスクライバ テンプレートか個々のサブスクライバのために Cisco Unity 管理で、または Bulk Edit ユーティリティの使用によって、適当なメッセージ交換ページを使用します。 または、-削除メッセージ 設定を削除するとき Confirm Delete メッセージ交換を使用できます。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110373