ワイヤレス : Cisco 4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

Cisco Unified 環境の記号のハンドヘルド型のデバイス

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 20 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はシンボル手持ち型デバイスがコントローラによって基づく環境で配置されるとき有用である推奨事項をリストしたものです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • ワイヤレス LAN コントローラ(WLCs)

  • 手持ち型デバイスの基本的な知識

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はバージョン 5.0.148.0 を実行するワイヤレス LAN コントローラ(WLC)に 4400 基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

手持ち型デバイスとのインターオペラビリティを改善する推奨事項

これはコントローラによって基づいた環境の手持ち型デバイスのインターオペラビリティを改善すると見つけられた推奨事項のリストです:

  1. 古いスイッチ 環境に使用されればである場合、アクセス ポイント(AP)は WLC に加入しますが、十分な電源を持たないことを。 従って、無線はアップしません。 パワーインジェクタが十分な電力を提供するのに使用される必要があります。

    config ap power injector enable <AP Name>
  2. WLC バージョン 4.1.185.0 またはそれ以降を実行していることを確かめて下さい。

  3. シンボル実行するデバイス以前のファームウェアのバージョンはきちんとローミングしないかもしれません。 それは元々関連付けられる AP にスタックします。 これは既知の問題であり、シンボルはこれを固定するために Beta 版をリリースしました。 シンボルから Beta 版をダウンロードして下さい。

  4. Aironet IE — Aironet IE はよりよい接続に Ciscoデバイスによって使用する Cisco 独自 の 属性です。 ディセーブル Aironet IE。 WLC から GUI は WLAN タブに行きます。 シンボル デバイスが接続される WLAN をクリックして下さい。 Advanced タブに行き、Aironet IE をチェックを外して下さい。

  5. デバイスが Cisco WLCs とのインターオペラビリティを確保するために証明される CCX であるかどうか確認して下さい。 MC75 および MC5590 のようなある特定のシンボル デバイスは、(MPA 1.5 プラットフォームの下で)、証明される CCXv4 です。

    MC9090 WM 6.1 のようなデバイスは、MC9090 - VGA WM 6.1、MC9094 WM 6.1、MC7090 WM 6.1、MC7095 WM 6.1、MC7090 WM 6.1、MC7095 WM 6.1、MC70x4 WM 6.1、MC7598 WM 6.1、CE5.0(MPA プロ、MC3090 CE5 コア、WT4090 CE 5.0(MPA 1.0)、および VC5090 MC3090 CE5 1.0)証明される CCXv3 です。

  6. DTIM 間隔を修正して下さい。 良い業績は 6.の DTIM 設定とわかました。

  7. WLAN ごとのクライアント 除外—このオプションが普通 WLAN のアクセスからある特定のクライアントを除くのに使用されています。 シンボル デバイスが除かれたリストにないことを確かめるためにクライアント 除外をディセーブルにして下さい。

  8. MFP: 管理 フレーム 保護は AP が各フレームに Message Integrity Check 情報要素(MIC IE)を追加するとき送信する管理帯を保護するか非認証、関連付け解除、ビーコンおよびプローブのような管理帯の統合を、確認するために導入される Cisco properietary 機能です。 フレームをコピーするか、変えるか、または再生するために侵入者が試みるどの試みでも MFP 帯を検出するために設定される受信 AP を引き起こす不一致を報告するために MIC を無効にします。 WLC のディセーブル MFP。

    /image/gif/paws/110363/symbol-devices-cue1.gif

  9. ロード バランシング—使用されています WLC に余りにも多くのクライアントが関連付けることを防ぐのにこの機能が。 デバイスがひょっとして拒否されないようにするためにこの機能をディセーブルにして下さい。 Controller タブをクリックして下さい。 積極的なロード バランシングをディセーブルにするために General メニューにナビゲート して下さい。

    symbol-devices-cue2.gif

  10. 無線プリアンブル:無線プリアンブル(ヘッダーと呼ばれることもある)は、パケットの先頭にあるデータの部分であり、ワイヤレス デバイスとクライアント デバイスがパケットの送受信を行うときに必要な情報を含んでいます。 長いプリアンブルは WLC とクライアント間のインターオペラビリティを高めます。 Wireless タブをクリックして下さい。

    802.11 b/g/n へのナビゲートは Network オプションをクリックしましたり、そして短いプリアンブルをチェックを外し。

    /image/gif/paws/110363/symbol-devices-cue3.gif

  11. クライアント 除外ポリシーをグローバルにディセーブルにして下さい。 Security タブをクリックし、クライアント 除外ポリシーにワイヤレス保護 Policies メニューの下でナビゲート して下さい。

    クライアント 除外ポリシーの下でオプションのチェックを外して下さい。

    /image/gif/paws/110363/symbol-devices-cue4.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110363