サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS 6120XP 20-Port Fabric Interconnect

UCS アップリンク イーサネット接続の設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2009 年 8 月 23 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

各 Cisco Unified Computing System (UCS)はサーバポートかアップリンクポートで設定することができるポートを提供します。 ポートは特定の使用のために予約されているものではありません。 ポートに対する設定が必要です。 Fabric Interconnect 上でアップリンク ポートの数を増やすために、拡張モジュールを追加することができます。

サーバからの特定のアップリンクポートに LAN および SAN ピン グループ ピン トラフィック作成して下さい。

前提条件

要件

このタスクを試行する前に、UCS のソフトウェアおよびハードウェアの実務知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco UCS に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

Cisco UCS Fabric Interconnect では、次のポート タイプが提供されています。

  • サーバ ポート:サーバ ポートでは Fabric Interconnect とサーバ上のアダプタ カード間のデータ トラフィックが扱われます。

    サーバ ポートは固定ポート モジュールだけで設定が可能です。 拡張モジュールではサーバ ポートはサポートされていません。

  • アップリンク イーサネットポート—アップリンク イーサネットポートは外部 LANスイッチに接続されます。 ネットワーク方向のイーサネット トラフィックは、これらのポートのいずれかに割り当てられます。

    アップリンク イーサネット ポートは、固定モジュールまたは拡張モジュールのいずれかで設定できます。

  • アップリンク Fibre Channel ポート—アップリンク Fibre Channel ポートは外部 SAN スイッチに接続されます。 ネットワーク方向のファイバ チャネル トラフィックは、次のポートのいずれかに割り当てられます。

    ファイバ チャネル ポートは拡張モジュールにだけ設定できます。 固定モジュールにアップリンク ファイバ チャネル ポートを置くことはできません。

このタスクでは、ポートを設定するのに使用できる 1 つの方式のみを説明しています。 右クリック メニューまたはポートの General タブからポートを設定することもできます。

ネットワーク図

Cisco UCS で使用される一般的なトポロジは次のようになります。

ucs_uplink_ethernet_connection1.gif

アップリンク ポートが境界リンクとも呼ばれていることに注意してください。

1. アップリンク イーサネット ポートの設定

次の手順を実行します。

  1. Cisco UCS Manager にログインします。

  2. ナビゲーション ペインで [Equipment] タブをクリックします。

  3. [Equipment] タブで、[Fabric Interconnects] > [Fabric Interconnect_Name] の順に展開します。

  4. 設定するポートの場所に応じて、次のどちらかを展開します。

    • [Fixed Module]

    • [Expansion Module]

  5. 未設定 Ports ノードの下でポートの何れか一つ以上を選択して下さい。

  6. 選択したポート(1 つまたは複数)をドラッグして、[Uplink Ethernet Ports node] にドロップします。

    アップリンク イーサネットポートで設定されるべきポートは未設定ポート フォルダから取除かれ、アップリンク イーサネットポート フォルダに追加されます。

    ucs_uplink_ethernet_connection2.gif

  7. ここに示すように、アップリンク イーサネット ポートが正常に設定されました。 [OK] をクリックします。

    ucs_uplink_ethernet_connection3.gif

  8. 新しいアップリンク イーサネット ポートがアップストリーム LAN スイッチに物理的に接続され、適切な VLAN が設定されていることを確認します。

    ucs_uplink_ethernet_connection4.gif

2. アップリンク イーサネット ポートの設定解除

次の手順を実行します。

  1. Cisco UCS Manager にログインします。

  2. ナビゲーション ペインで [Equipment] タブをクリックします。

  3. [Equipment] タブで、[Fabric Interconnects] > [Fabric Interconnect_Name] の順に展開します。

  4. unconfigure にほしいポートの位置によっては、これらの 1 つを拡張して下さい:

    • [Fixed Module]

    • [Expansion Module]

  5. アップリンク イーサネットポート フォルダの下でポートの何れか一つ以上を選択して下さい。

  6. 選択したポートをドラッグして、Unconfigured Ports フォルダにドロップします。

    ucs_uplink_ethernet_connection5.gif

  7. 確認するために『Yes』 をクリック して下さい。

    ucs_uplink_ethernet_connection6.gif

  8. ここに示すように、アップリンク イーサネット ポートの設定が正常に解除されました。

    ucs_uplink_ethernet_connection7.gif

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 110267