Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco CWDM GBIC/SFP

MGBT1 MGBLH1 および MGBSX1: MiniGBIC モジュール情報

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2010 年 12 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. 別の MiniGBIC 接続タイプおよびそれらの特徴は何ですか。

A. MiniGBIC モジュールは、一般に Small Form Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)モジュールとして知られていますが、これらは ホットプラグ対応 メディア コンバータです。

モデル メディア タイプ 最大範囲 (3) 波長(nm) コネクタ
MFEBX1 (1) SMF2 20 km Tx 1310 / Rx 1550 LC
MFEFX1 MMF 2 つの km 850 LC
MFELX1 SMF 10 の km 1310 LC
MGBBX1 (1) SMF2 20 km Tx 1310/Rx 1490 LC
MGBLX1 (1) SMF 10 の km 1310 LC
MGBLH1 SMF 40 の km 1310 LC
MGBSX1 MMF 500 の m 850/ LC
MGBT1 Cat 5e UTP 100 つの m 該当なし RJ45

(1) 2009 年第 2 四半期に販売開始

(2) シンプレックス ファイバのみをサポート(1 本の光ファイバ)。

(3) ファイバ設備および稼働環境によって距離が異なります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109766