ワイヤレス : Cisco Small Business ワイヤレス アダプタ

WPC4400N のワイヤレス ネットワーク モニタの使用

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 12 月 12 日) | フィードバック

WPC4400N のワイヤレス ネットワーク モニタの使用

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

Q. WPC4400N 無線ネットワーク モニタを使用する方法

A.

無線ネットワーク モニタの使用

連係情報をチェックするのに無線ネットワーク モニタを使用しますかワイヤレス設定のプロファイルを設定しますか、利用可能 な 無線ネットワークを捜しますか、セキュリティ モニタにアクセスする特権を保持する無線接続を解決するか、またはアカウントを管理して下さい。

無線ネットワーク モニタにアクセスする方法

アダプタをインストールした後、無線ネットワーク Monitor アイコンはコンピュータのシステムトレイに現われます。 無線ネットワーク モニタが有効に なる場合、アイコンはグリーンです。 無線ネットワーク モニタが無効であるかまたはアダプタが接続されなければ、アイコンは灰色です。

無線ネットワーク Monitor アイコン

無線ネットワーク監視の使用

無線ネットワーク モニタの開始画面は連係情報 画面です。 この画面から、強い現在のワイヤレス場合がどのようにある、そしてどのようによい接続の品質があるか調べることができます。 またコンフィギュレーション変更を行うか、または Profiles タブをクリックして接続プロファイルを作成できます。 利用可能 な 無線ネットワークを表示するために、サイト調査タブをクリックして下さい。 現在の接続を解決するか、または FAQ ページを表示するために、トラブルシューティング タブをクリックして下さい。 アカウント情報の管理 タスクを行うか、または eメール通知 アドレスを規定 するために、Administrationtab をクリックして下さい。

連係情報

連係情報タブの Connection 画面は現在の接続についての信号 強度およびリンク 品質 情報を表示する。 それはまた追加接続 情報のためにクリックするためにタブを提供します。

連係情報-接続

信号 強度-信号 強度バーは下位の中で区別するためにレッド、イエローおよびグリーン s の信号 強度を中間および高力示します。

リンク 品質-リンク 品質バーは下位の中で区別するためにレッド、イエローおよびグリーン s の無線ネットワーク接続の品質を中間および良質示します。

リンク Informationtab の無線ネットワーク接続についてのその他の情報を表示するためにステータスStatistics タブをクリックして下さい。

ステータス
無線ネットワーク Status 画面を表示するために Status タブをクリックして下さい。 Status 画面は現在のネットワーク設定で情報を提供します

連係情報-無線ネットワーク ステータス

無線帯域-これは無線ネットワークで使用される無線帯域を示します。

SSID - Service Set Identifier は WLAN に、パケットのヘッダに接続された 32 文字 固有の識別番号 送信 しました。 これは別のものに 1 つの無線ネットワークを区別する無線ネットワークの固有の名前です。

ワイヤレス モード-現在使用中の無線ネットワークのモードはここに表示する。

広いチャネル-これは 40 MHz 無線帯域 ネットワークと使用されるワイヤレスN 一次チャンネルを表示します。

標準チャネル-これは無線ネットワークによって使用されるチャネルを表示します。

セキュリティ-ワイヤレスセキュリティ 機能のステータスはここに表示する。

認証-これは無線ネットワークの認証方式です。

ネットワークタイプ-ワイヤレス、ワイヤレスb、ワイヤレスg またはワイヤレスn のネットワーク接続の種類はここに表示する。

IP アドレス-アダプタの IP アドレスはここに表示する。

サブネット マスク-アダプタのサブネット マスクはここに示されています。

デフォルト・ ゲートウェイ-アダプタのデフォルトゲートウェイアドレスはここに表示する。

DNS - これはアダプタの DNS (ドメイン ネーム サービス)アドレスです。

MAC は無線ネットワークのアクセス ポイントの MAC アドレスをアドレス指定しますまたは無線ルータはここに示されています。

無線ネットワーク Statistics 画面を表示するために Statistics タブをクリックして下さい。 最初のリンク 情報画面に戻るために Connection ボタンをクリックして下さい。

プロファイルに現在アクティブ な 接続 設定を保存するために Profile ボタンに「Save」をクリックして下さい。


統計情報
Statistics 画面は現在のネットワーク設定で統計情報を提供します。

e

連係情報-無線ネットワーク 統計情報

送信する 比率-これは現在の接続のデータ転送率です。 (Autoモードで、アダプタは可能性のあるファースト データ転送率に動的にいつでも移ります。)

レシーブ 比率-これはデータが受け取られる比率です。

受信されるパケット-これは、リアルタイムで受信される示します、Clear counters ボタンが最後に押されたのでので無線ネットワークに接続するまたはアダプタによってパケットを。

送信されるパケット-これは、リアルタイムで送信される示します、Clear counters ボタンが最後に押されたのでので無線ネットワークに接続するまたはアダプタからパケットを。

受け取ったバイト-これは、リアルタイムで受け取った示します、Clear counters ボタンが最後に押されたのでので無線ネットワークに接続するまたはアダプタによってバイトを。

送信されるバイト-これは、リアルタイムで送信される示します、Clear counters ボタンが最後に押されたのでので無線ネットワークに接続するまたはアダプタによってバイトを。

ドライババージョン-これはアダプタのドライバのバージョンを示します。

信号 強度-これはアダプタによって受け取ったワイヤレス場合の濃度です。

タイムの上でこれは無線ネットワークへの最新接続の長さを示します。

タイムの上の合計はこれアダプタの接続時間の累計を示します。

信号 強度-信号 強度バーは信号 強度を示します。

リンク 品質-リンク 品質バーは無線ネットワーク接続の品質を示します。

最初のリンク 情報画面に戻るために Connection ボタンをクリックして下さい。 無線ネットワーク Status 画面に行くために Status ボタンをクリックして下さい。 プロファイルに現在アクティブ な 接続 設定を保存するために Profile ボタンに「Save」をクリックして下さい。 統計情報をリセットするために Clear counters ボタンをクリックして下さい。

Profiles
プロファイル画面は異なるネットワーク セットアップ用の異なる構成プロファイルを保存することを可能にします。 左の表は Profile Name および SSID の利用可能 なプロファイルのリストを表示するものです。

Profiles

プロファイル-プロファイルの名前はここに表示する。

SSID - 無線ネットワークの SSID か固有の名前はここに表示する。


プロファイル情報
選択される各プロファイルに関しては以下はリストされています:

ワイヤレス モード-これは現在使用中の無線ネットワークのモードです。

転送レート-現在の接続のデータ転送率はここに表示されます。

チャネル-これは無線ネットワーク デバイスが設定 される チャネルです。

セキュリティ-ワイヤレスセキュリティ 機能のステータスはここに表示する。

認証-ネットワークの認証設定はここに示されています。

接続応答-特定のプロファイルを使用して無線ネットワークに接続するために、プロファイルを選択し、『Connect』 をクリック して下さい。

新しいプロファイルを作成するために New ボタンをクリックして下さい。 次の セクションを、「作成します詳細な使用説明書のための新しいプロファイルを」、参照して下さい。

編集して下さい-変更したいと思うプロファイルを選択し次に Edit ボタンをクリックして下さい。 詳細な使用説明書についてはセクションを参照しま、「新しいプロファイルを」、編集します。

インポート-プロファイルをインポートするために別の位置で保存された Import ボタンをクリックして下さい。 適切なファイルを選択し、Open ボタンをクリックして下さい。

エクスポート-別の位置で保存したいと思うプロファイルを選択し Export ボタンをクリックして下さい。 Windows を適切なフォルダに指示し、SAVE ボタンをクリックして下さい。

削除-削除したいと思うプロファイルを選択し次に Delete ボタンをクリックして下さい。

: 複数のプロファイルをエクスポートしたいと思う場合それらを一つずつエクスポートしなければなりません。
: 既定値 の プロファイルは削除することができません。

新しいプロファイルを作成して下さい
現われる Next 画面は利用可能 な Wireless Network 画面です。 この画面はアダプタを設定するために 2 つのオプションを提供します。

プロファイルの作成-利用可能 な 無線ネットワーク

  • 利用可能 な 無線ネットワーク。 (ほとんどのユーザ向けに。) 既にネットワーク セットアップがあっている場合このオプションを使用して下さい。 このアダプタに利用可能 な ネットワークはこの画面にリストされます。 これらのネットワークの 1 つを選択し、それに接続するために Connect ボタンを舐めることができます。 利用可能 な 無線ネットワーク リストをアップデートするために Refresh ボタンをクリックして下さい。
  • 手動セットアップ。 ネットワークがこの画面にリストされていない場合、アダプタを手動で設定するためにセットアップを『Manual』 を選択 して下さい。 アダプタの設定のこの方式はアドバンスド ユーザーだけ向けに意図されています。
    各オプションのためのセットアップは、次のページの適切な見出しの下でステップバイステップ記述されています。

前の画面に戻るために『Back』 をクリック して下さい。


利用可能 な 無線ネットワーク
利用可能 な ネットワークは SSID によって画面のセンターの表にリストされています。 に接続し、Connect ボタンをクリックしたい無線ネットワークを選択して下さい。 リストされているネットワークを見なければ(リストを始動するために再度 Refresh ボタンをクリックできます。) ネットワークがワイヤレスセキュリティを利用する場合、アダプタのセキュリティを設定する必要があります。 そうでなかったら、お祝い画面に直接連れて行かれます。

プロファイルの作成-必要とされる WEPキー

ステップ 1:
ネットワークで有効に なる ワイヤレスセキュリティがある場合ステップ 2.に進んで下さい。 これらの Security 画面の 1 つは示されます。 ワイヤレスセキュリティを有効に してもらわない場合ステップ 3.に進んで下さい。

ステップ 2:
ネットワークにワイヤレスセキュリティ WEP (Wired Equivalent Privacy)があれば、この画面は現われます。 64 ビット128-bit を選択して下さい。 それからパスフレーズか WEPキーを入力して下さい。

パスフレーズ-パスフレーズ フィールドでパスフレーズを入力して下さい、そうすれば WEPキーは自動的に生成されます。 パスフレーズは大文字/小文字の区別があり、16 の英数字より長くないはずです。 それは他の無線ネットワーク デバイスのパスフレーズを一致する必要があり、Linksys 無線製品だけと互換性があります。 非Linksys 無線製品があれば(、それらの製品で WEPキーを手動で入力して下さい。)

WEPキー-入力する WEPキーは無線ネットワークの WEPキーを一致する必要があります。 64 ビット暗号化に関しては、10 の 16進文字を丁度入力して下さい。 128-bit 暗号化に関しては、26 の 16進文字を丁度入力して下さい。 有効な 16進文字は「F」へ "0" から "9" および「A」です。 それからステップ 3.に『Connect』 をクリック し、進んで下さい。

ネットワークにワイヤレスセキュリティ WPA 個人的な(Wi-Fi によって保護されるアクセス)有効に されるがある場合、この画面は現われます。

プロファイルの作成- WPA 個人的

パスフレーズ-また 8-63 文字の事前共有キーと、呼ばれる Passphrasefield でパスフレーズを、入力して下さい。

それからステップ 3.に『Connect』 をクリック し、進んで下さい。

ネットワークにワイヤレスセキュリティ WPA2 個人的なイネーブルになったのがある場合、この画面は現われます。

パスフレーズ-また 8-63 文字の事前共有キーと、呼ばれるパスフレーズ フィールドでパスフレーズを、入力して下さい。

それからステップ 3.に『Connect』 をクリック し、進んで下さい。

他の認証方式との接続のために、次の セクション「手動セットアップ」を参照して下さい。

手順 3:
ソフトウェアのインストールに成功した後、お祝い画面は現われます。 ネットワークに接続し、新しい設定を設定し、連係情報 画面に戻るためにネットワークに『Connect』 をクリック して下さい。

プロファイルの作成-お祝い

お祝い! プロファイルはうまく設定されました。


手動セットアップ
ネットワークが利用可能 な ネットワークとリストされていない場合、手動セットアップを使用できます。

ステップ 1:
アダプタを手動で設定するために利用可能 な Wireless Network 画面セットアップを『Manual』 をクリック して下さい。

ステップ 2:
無線ネットワーク モニタからのネットワーク設定 画面は現われます。 ネットワークにルータか他の DHCPサーバがある場合、Radio ボタンをの隣で自動的に得ますネットワーク設定をクリックして下さい(DHCP)。

ネットワークに DHCPサーバがない場合、Radio ボタンをの隣で規定 します ネットワーク設定をクリックして下さい。 ネットワークのために適切な IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト・ ゲートウェイおよび DNS アドレスを入力して下さい。 この画面の IP アドレスおよびサブネット マスクを規定 して下さい。 デフォルト・ ゲートウェイおよび DNS アドレスについて不確実である場合、これらのフィールドをブランクのままにして下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ネットワーク設定

IP アドレス-この IP アドレスはネットワークにユニークである必要があります。

サブネット マスク-アダプタのサブネット マスクは有線ネットワークのサブネット マスクと同じである必要があります。

デフォルト・ ゲートウェイ-ネットワークのゲートウェイの IP アドレスをここに入力して下さい。

DNS 1 および DNS 2 -有線イーサネット ネットワークの DNS アドレスをここに入力して下さい。

続くために Next ボタンをクリックするかまたは前の画面に戻るために Back ボタンをクリックして下さい。

手順 3:
ワイヤレス Mode 画面は 2 つのワイヤレス モードの選択を示します。 無線ルータかアクセス ポイントに接続したいと思う場合インフラストラクチャ・ モード Radio ボタンをクリックして下さい。 直接無線ルータかアクセス ポイントを使用しないで別のワイヤレス デバイスにたいと思う場合任意モード Radio ボタンをクリックして下さい接続し。 ネットワークのための SSID を入力して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレス モード

インフラストラクチャ・ モード-無線ルータかアクセス ポイントに接続したいと思う場合このモードを使用して下さい。

任意モード-直接無線ルータかアクセス ポイントを使用しないで別のワイヤレス デバイスにたいと思う場合このモードを使用して下さい接続し。

SSID - これは無線ネットワークですべてのデバイスのために使用する必要がある無線ネットワーク名前です。 それは大文字/小文字の区別があり、他がネットワークに入ることを防ぐのを助けるべき固有の名前であるはずです。

続くために Next ボタンをクリックするかまたは前の画面に戻るために Back ボタンをクリックして下さい。

ステップ 4:
インフラストラクチャ・ モードを選択した場合、ステップ 5 に今行って下さい。 任意モードを選択した場合、任意モード Settings 画面は現われます。

無線ネットワークに正しいオペレーティング チャネルを選択して下さい。 選択するチャネルは無線ネットワークのその他のデバイスで設定 される チャネルを一致する必要があります。 使用するべきどのチャネル デフォルト設定を保存しなさいかについて不確実なら。

Next ボタンをクリックします。 設定を変更するために Back ボタンをクリックして下さい。

ステップ 5:
無線ネットワークにワイヤレスセキュリティがない場合、続くために Next ボタンを『Disabled』 を選択 し、次にクリックして下さい。 ステップ 6.に進んで下さい。

無線ネットワークにワイヤレスセキュリティがある場合、使用されるセキュリティの方式を選択して下さい: 、WPA/WPA2 エンタープライズ個人的な、WEP、WPA/WPA2 RADIUS または LEAP。 WEP は Wired Equivalent Privacy を意味し、WPA は Wi-Fi によって保護されるアクセスを意味します。 WPA は WEP および WPA2 が強化暗号化、認証およびキー管理をより WPA 定義するより強いセキュリティ方式を使用します。 RADIUS は Remote Authentication Dial-In User Service を意味します。 LEAP は Lightweight Extensible Authentication Protocol を意味します。 それは無線クライアントと RADIUSサーバ間のユーザ名およびパスワードベース 認証を使用します。 前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。

セキュリティ 方式のための適切なセクションに進んで下さい: WEP、WPA/WPA2-Personal、WPA/WPA2- エンタープライズ、RADIUS、または LEAP。

WEP
WEP - 64 ビットまたは 128-bit 暗号化を選択して下さい

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- WEP

パスフレーズ-パスフレーズ フィールドでパスフレーズを入力して下さい、そうすれば WEPキーは自動的に生成されます。 それは大文字/小文字の区別があり、16 の英数字より長くないはずです。 このパスフレーズは他の無線ネットワーク デバイスのパスフレーズを一致する必要があり、Linksys 無線製品だけと互換性があります。 非Linksys 無線製品があれば(、それらの製品で WEPキーを手動で入力して下さい。)

WEPキー-入力する WEPキーは無線ネットワークの WEPキーを一致する必要があります。 64 ビット暗号化に関しては、10 の 16進文字を丁度入力して下さい。 128-bit 暗号化に関しては、26 の 16進文字を丁度入力して下さい。

有効な 16進文字は「F」へ "0" から "9" および「A」です。

アドバンスド ユーザー
TX キー-デフォルト送信する キー数は 1.です。 ネットワークのアクセス ポイントまたは無線ルータ使用送信する キー第 2 が、3、TX キー ドロップダウン ボックスからか 4、適切な桁数を選択すれば。

認証-デフォルトは自動に設定されます、従って共有鍵またはオープンシステム 認証のために自動検出します。 共有鍵認証に関しては、送信側および受信者の共有両方認証のための WEPキー。 オープンシステム 認証に関しては、送信側および受信者は認証のための WEPキーを共有しません。 認証方式が選択するために、デフォルトを保存する確実ではない場合、自動

続くために Next ボタンをクリックするかまたは前の画面に戻るために Back ボタンをクリックして下さい。


個人的な WPA
WPA 個人的なオファー 2 つの暗号化の方法、ダイナミック 暗号化キーとの TKIP および AES。 WPA2 は暗号化のためにだけ AES を使用します。 個人的な WPA の暗号化に TKIPAES を選択して下さい。 それからパスフレーズを入力して下さい長さが 8-63 文字である。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ-個人的な WPA

暗号化-使用したいと思う暗号化ドロップダウン メニューからアルゴリズム TKIP または AES の種類を、選択して下さい。

パスフレーズ-また 8-63 文字の事前共有キーと、呼ばれる Passphrasefield でパスフレーズを、入力して下さい。

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


個人的な WPA2
長さが 8-63 文字である事前共有キーを入力して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ-個人的な WPA2

事前共有キー- Pre-Shared Key フィールドで 8-63 文字の事前共有キーを入力して下さい。

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


WPA エンタープライズ
RADIUSサーバと調整で使用される WPA 企業向け機能 WPA セキュリティ。 (これは RADIUSサーバがルータに接続されるときしか使用しない必要があります。) WPA エンタープライズは 2 つの認証方式を、EAPTLS および PEAP、また 2 つの暗号化の方法、ダイナミック 暗号化キーとの TKIP および AES、提供します。 WPA2 エンタープライズは 2 認証方式、EAP-TLS および PEAP を提供しますが、AES 暗号化の方法だけ使用されます。

認証-ネットワークが使用している認証方式、EAP-TLS または PEAP を選択して下さい。


EAP-TLS
EAP-TLS を選択した場合、ログインネーム フィールドで無線ネットワークのログインネームを入力して下さい。 サーバ名 フィールドで認証サーバの名前を入力して下さい(これはオプションです)。 認証ドロップダウン メニューから、無線ネットワークで認証するためにインストールした認証を選択して下さい。 暗号化ドロップダウン メニューから暗号化、TKIP または AES の種類を、選択して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- WPA エンタープライズ- EAP-TLS

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


PEAP
『PEAP』 を選択 した場合、ログインネーム フィールドで無線ネットワークのログインネームを入力して下さい。 Password フィールドで無線ネットワークのパスワードを入力して下さい。 サーバ名 フィールドで認証サーバの名前を入力して下さい(これはオプションです)。 認証ドロップダウン メニューから、無線ネットワークで認証するためにインストールした認証を選択して下さい; 認証を使用したいと思う場合デフォルト設定を、信頼します保存して下さい。 それから PEAP トンネルの中で使用される認証方式を選択して下さい。 暗号化ドロップダウン メニューから暗号化、TKIP または AES の種類を、選択して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- WPA エンタープライズ- PEAP

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


WPA2 エンタープライズ
RADIUSサーバと調整で使用される WPA2 企業向け機能 WPA2 セキュリティ。 (これは RADIUSサーバがルータに接続されるときしか使用しない必要があります。) WPA2 エンタープライズは 2 つの認証方式を、EAPTLS および PEAP 提供します。

認証-ネットワークが使用している認証方式、EAP-TLS または PEAP を選択して下さい。

EAP-TLS
EAP-TLS を選択した場合、ログインネーム フィールドで無線ネットワークのログインネームを入力して下さい。 サーバ名 フィールドで認証サーバの名前を入力して下さい(これはオプションです)。 認証ドロップダウン メニューから、無線ネットワークで認証するためにインストールした認証を選択して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- WPA2 エンタープライズ- EAP-TLS

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


PEAP
『PEAP』 を選択 した場合、ログインネーム フィールドで無線ネットワークのログインネームを入力して下さい。 Password フィールドで無線ネットワークのパスワードを入力して下さい。 サーバ名 フィールドで認証サーバの名前を入力して下さい(これはオプションです)。 認証ドロップダウン メニューから、無線ネットワークで認証するためにインストールした認証を選択して下さい; 認証を使用したいと思う場合デフォルト設定を、信頼します保存して下さい。 それから PEAP トンネルの中で使用される認証方式を選択して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- WPA2 エンタープライズ- PEAP

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


RADIUS
RADIUSサーバの RADIUS 機能 使用。 (これは RADIUSサーバがルータに接続されるときしか使用しない必要があります。) RADIUS は 2 つの認証種別を提供します: EAP-TLS および PEAP。

認証-ネットワークが使用している認証方式、EAP-TLS または PEAP を選択して下さい。


EAP-TLS
EAP-TLS を選択した場合、ログインネーム フィールドで無線ネットワークのログインネームを入力して下さい。 サーバ名 フィールドで認証サーバの名前を入力して下さい(これはオプションです)。 認証ドロップダウン メニューから、無線ネットワークで認証するためにインストールした認証を選択して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- RADIUS - EAP-TLS

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。

PEAP
『PEAP』 を選択 した場合、ログインネーム フィールドで無線ネットワークのログインネームを入力して下さい。 Password フィールドで無線ネットワークのパスワードを入力して下さい。 サーバ名 フィールドで認証サーバの名前を入力して下さい(これはオプションです)。 認証ドロップダウン メニューから、無線ネットワークで認証するためにインストールした認証を選択して下さい; 認証を使用したいと思う場合デフォルト設定を、信頼します保存して下さい。 それから PEAP トンネルの中で使用される認証方式を選択して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- RADIUS - PEAP

前の画面に続くためにか Back ボタンを戻るために Next ボタン クリックして下さい。


LEAP
Lightweight Extensible Authentication Protocol はユーザ名 および パスワードによって基づくシステムを使用する相互認証方式です。

プロファイルの作成-手動セットアップ-ワイヤレスセキュリティ- LEAP

ログイン方式-ネットワークが使用しているログイン方式を、手動ログイン選択すれば Windows はログインします

ログインを『Manual』 を選択 する場合、ユーザ名 および パスワード フィールドでユーザ名 および パスワードをそれに応じて入力して下さい。 確認フィールドでパスワードを再度入力して下さい。

ステップ 6:
確認新しい Settings 画面は次のようで、新しい設定を示します。 新しい設定を保存するために、SAVE ボタンをクリックして下さい。 新しい設定を編集するために、Back ボタンをクリックして下さい。 手動セットアップを無線ネットワーク モニタによって終了するために、『Exit』 をクリック して下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-新しい設定を確認して下さい

ステップ 7:
お祝い画面は次に現われます。 新しい設定をすぐに設定し、連係情報 画面に戻るためにネットワークに『Connect』 をクリック して下さい。 現在の設定 アクティブを保存し、プロファイル画面に戻るために Profile 画面へのリターンをクリックして下さい。

プロファイルの作成-手動セットアップ-お祝い

お祝い! プロファイルはうまく設定されました。


プロファイルの編集
プロファイル リストで編集し、ボタンを『Edit』 をクリック するために望むプロファイルを選択して下さい。 Next 画面はワイヤレス モードです。 タスクを完了する下記のステップに従がって:

ステップ 1:
ワイヤレス Mode 画面は 2 つのワイヤレス モードの選択を示します。 無線ルータかアクセス ポイントに接続したいと思う場合インフラストラクチャ・ モード Radio ボタンをクリックして下さい。 直接無線ルータかアクセス ポイントを使用しないで別のワイヤレス デバイスにたいと思う場合任意モード Radio ボタンをクリックして下さい接続し。 ネットワークのための SSID を入力して下さい。

プロファイル編集します-ワイヤレス モード

インフラストラクチャ・ モード-無線ルータかアクセス ポイントに接続したいと思う場合このモードを使用して下さい。

任意モード-直接無線ルータかアクセス ポイントを使用しないで別のワイヤレス デバイスにたいと思う場合このモードを使用して下さい接続し。

SSID - これは無線ネットワークですべてのデバイスのために使用する必要がある無線ネットワーク名前です。 それは大文字/小文字の区別があり、他がネットワークに入ることを防ぐのを助けるべき固有の名前であるはずです。

続くために Next ボタンをクリックするかまたは前の画面に戻るために Back ボタンをクリックして下さい。

ステップ 2:
インフラストラクチャ・ モードを選択した場合、Step3 に今行って下さい。 任意モードを選択した場合、任意モード Settings 画面は現われます。

無線ネットワークに正しいオペレーティング チャネルを選択して下さい。 選択するチャネルは無線ネットワークのその他のデバイスで設定 される チャネルを一致する必要があります。 どれについて不確実なら

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109303