ストレージ ネットワーキング : Cisco Small Business ネットワーク ストレージ システム

アプリケーション.. Dyn DNS を使用して DDNS サービスを設定する

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 12 月 12 日) | フィードバック

WVC200 の DynDNS を使用した DDNS サービスの設定

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

Q. DynDNS を使用して DDNS サービスで WVC200 を設定する方法

A.

この技術情報は WVC200 の DynDNS を使用して DDNS サービスを設定するのに必要とされたステップを説明します。 コンフィギュレーションプロセスを開始する後で手順に従って下さい。

か。

ステップ 1:
カメラ WEB ベース セットアップページに行って下さい。

か。

注:か。 カメラの Webベース セットアップページのアクセスに関する説明に関しては、カメラについてはユーザガイドを参照して下さい。

か。

ステップ 2:
DDNS を『Setup』 を選択 し、次に選択して下さい。

か。

か。

手順 3:
イネーブル DDNS ボックスをチェックし、サービス プロバイダー廃棄メニューから DynDNS を選択して下さい。
か。

か。

ステップ 4:
Webサイト ボタンをクリックして下さい。 カメラに Webサイト ボタンがない場合、ここをクリックして下さい

か。

か。

ステップ 5:
DynDNS Webページが出るとき、『Services』 を選択 して下さい。

か。


ステップ 6:
それからダイナミック DNS をクリックして下さい。

か。

か。

ステップ 7:
次に、開始ボタンをクリックして下さい。

か。

か。

ステップ 8:
セキュリティ警告ウィンドウは『OK』 をクリック しますそれから現われます。

か。


ステップ 9:
ログイン ページが提示されるとき、新しいアカウントを作成するために 1 つを今『Create』 をクリック して下さい。

か。

か。

ステップ 10:
次に、ページ クリックの下部のですべての必要情報を作成アカウント ボタン記入すれば。

か。


ステップ 11:
アカウントが作成されれば、DynDNS はアカウントを認証します。 リンクはに E-メールを送られます
ログインする DynDNS アカウント。

か。

ステップ 12:
DynDNS によって送信 される電子メールがあるように電子メール インボックスを確認して下さい。

か。

ステップ 13:
それから電子メールを開き、提供されたリンクをクリックして下さい。

か。

か。

ステップ 14:
セキュリティ警告ウィンドウは『OK』 をクリック しますそれから現われます。

か。

か。

ステップ 15:
ちょうど作成したユーザ名 および パスワードを使用してログインして下さい。 a を『Create』 をクリック して下さい
ドメイン内のダイナミック DNS ホスト

か。


ステップ 16:
次に、開始ボタンをクリックして下さい。

か。

か。

ステップ 17:
ホスト名ドロップダウンメニューからホスト名の後の一部を選択して下さい。

か。

か。

ステップ 18:
ホスト名の名前の最初の一部をプリファレンスに従って入力しそして作成ホスト ボタンをクリックして下さい。

か。

か。

ステップ 19:
完全なホスト名はページで作成されれば表示する。

か。


ステップ 20:
そのホスト名アカウント ユーザネームおよびパスワードを入力し、Apply ボタンをクリックして下さい。

か。

か。

ステップ 21:
この場合ポート・ フォワーディングのためのルータで設定したポート番号およびホスト名を使用してカメラに接続できます。

か。



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109157