コラボレーション エンドポイント : Cisco SPA932 32-button Attendant Console

SPA932 の設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

SPA932 の設定

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

Q. SPA932 を設定する方法

A.

SPA932 は SPA962 のための 32 ボタン アテンダント コンソールです。 各 SPA932 ユニットは使用中ランプ フィールド(BLF)を使用して 32 プログラマブル speed-dial を提供するか、またはステーション選定された(DSS)ボタンを、各ライト ボタン示します行ステータス(アイドル状態、使用中鳴るか、またはヌル)を指示します。 着信コールは適切な位置に SPA932 の拡張に割り当てられるボタンを押すことによってすぐに転送することができます。 2 つの SPA932 ユニットは単一 SPA962 に合計 64 の別々のラインを監視するために接続することができます。

ステップ 1
SPA932 が接続される SPA962 のための管理 Webサーバに接続して下さい。 SPA962 を SPA932 と使用するために、それはリリース 5.1.12 またはそれ以降を実行したにちがいありません。

ステップ 2
/Web管理者 サーバページで進められて『Admin』 をクリック して下さい。

ステップ 3:
SPA932 タブをクリックして下さい。 SPA932 タブを見ない場合、ファームウェアのバージョンをチェックし、必要に応じてアップグレードして下さい。


ステップ 4:
ユニット 1 イネーブル プルダウン選択リストから『Yes』 を選択 して下さい。 SPA932 タブをクリックして下さい。 SPA932 タブを見ない場合、ファームウェアのバージョンをチェックし、必要に応じてアップグレードして下さい。

2 つの SPA932 ユニットをインストールする場合、またユニット 2 イネーブル プルダウン選択リストから『Yes』 を選択 して下さい。

ステップ 5:
テストモード イネーブル選択リストで選択されないことを確かめて下さい。 SPA932 をテストするために役立つこのオプションはデフォルトでディセーブルにされます。 このオプションが有効に なる場合 SPA932 のためのソフトウェアコンフィギュレーションを完了できません。

ステップ 6:
選択したどの SIPプロキシサーバに必要な設定を完了して下さい。 次の情報が SPA932 設定を完了することを必要とします:

  • サポートされた場合サーバのIPアドレス(またはホスト名)
  • ?電話や拡張またはユーザID

ステップ 7:
SPA932 を使用して監視したいと思うユーザか各拡張向けに設定 スクリプトをで入力して下さい
各キーのための適切なフィールド。

注: 各キーの隣で前に提供される領域のユーザか拡張番号を確認できます
進行。 これは各フィールドで正しい情報を入力するようにするのを助けます。

設定 スクリプトは等号によって次のキーワードで、続かれて構成されます(=)
そしてセミコロンで分けられて(;):

  • fnc 定義します指定されたキーのために次の機能の有効に なる(プラス記号との複数の機能を(+)分類して下さい:
    -行アクティビティのモニタために使用される blf 使用中ランプ フィールド 機能
    - sd 速度ダイヤル 機能
    - (SIPプロキシサーバによってサポートされた場合) CP コール積み込み
  • ?副使用監視されるべき電話を識別するこのキーワード。
  • ?usr -監視されるべき特定のユーザか拡張を識別するのにこのキーワードを使用して下さい。
  • ?nme-(optional)使用 エイリアスを識別する Linksys IP Phone設定の拡張に割り当てられた SPA9000 のこのフィールド。
  • ?複数の BLF によって監視されるリストが SIPプロキシサーバで設定される時 vid-(optional)使用 sub= キーワードによって規定 される監視されたリストと使用するために SPA962 拡張を識別するこのフィールド。 有効値は SPA962 で利用可能 な 6 つの拡張のそれぞれに相当して 1 から 6、です。

注: ただ各 SPA962 拡張に割り当てられる最初のエントリで vid= キーワードを使用する必要があります。
それに続くキーは同じ拡張を使用します。


Broadsoft 構文

以下は Broadsoft サーバのためのエントリ例です:

fnc=enabled_functions; sub= blf_list_uri@broadsoft; usr= dn@broadsoft

次の通り、変数を(イタリック体で)取り替えて下さい:

  • コールピックアップのための CP、速度ダイヤルのための sd、および使用中ランプ フィールドのための blf との enabled_functions; プラス記号との順序で別々の複数の機能(+)
  • ?Broadsoft サーバの BLF モニタリング リストに割り当てられる URI の blf_list_uri。
  • ?Broadsoft サーバの IP アドレス または ホスト名の broadsoft。
  • ?監視されたユーザー一覧のユーザアカウントと関連付けられる数との dn。

たとえば、以下は IP アドレス 192.168.100.1 との Broadsoft サーバのマーケティングの BLF モニタリング リスト URI を持つユーザアカウント受信のための、短縮ダイヤルおよび BLF モニタリングを有効に します:

fnc=sd+blf;sub=marketing@192.168.100.1;usr=reception@192.168.100.1

注: nme キーワードは Broadsoft サーバが自動的に割り当てられたユーザを使用するので使用されません
アカウント名。

ステップ 8:
SPA932 を使用して監視していること各拡張またはユーザ向けのステップ 6 を繰り返して下さい。

ステップ 9:
ページの一番下にすべての変更を『SUBMIT』 をクリック して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109117