ストレージ ネットワーキング : Cisco Small Business ネットワーク ストレージ システム

NSS4000/6000 のクォータの作成

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 12 月 12 日) | フィードバック

目次

概要
NSS4000/6000 のクォータを作成する方法か。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

Q. NSS4000/6000 のクォータを作成する方法か。

A.

これは方法のユーザをガイドする技術情報 NSS4000/6000 のためのクォータを作成するです。
注: 次の手順は既に NSS のユーザ/グループを追加し、設定してしまったと仮定します。
ユーザ/グループを追加し、それを設定しないことを持つことを持っていない場合次のリンクを参照して下さい

か。

ステップ 1
メイン ページで、アクセス アイコンをクリックして下さい。

か。

ステップ 2
Next 画面にあるとき、分担アイコンをクリックして下さい。

か。

ステップ 3
ファイルシステム クォータ ページにあったら、分類されるボタンをように作成しますクォータ クリックして下さい

か。

か。

ステップ 4
この場合新しいファイルシステム クォータ ページにあるはずです。
FS の新しいクォータから、廃棄リストから音量型を選択して下さい。
例に関しては: RAIDB-mainvolume

か。

ステップ 5
この場合、ユーザ/グループ廃棄リストからユーザかグループを選択して下さい。
例に関しては: user1

か。

ステップ 6
フィールドの警告では、領域のしきい値を入力して下さい。 超過されたとき、これはクォータがほとんど使い果されること引き起こします警告を。
ドロップダウン メニューからサイズ ユニットを選択して下さい。
しきい値が超過するとき、音量のための猶予期間 セットアップは始まります。
ユーザは猶予期間に時間数をフィールドで警告で領域セットの下で使用される空き容量を減らすために設定 してもらいますまたは彼らは音量にそれ以上のデータを書き込むことができません。

か。

ステップ 7
この場合『Update』 をクリック する必要
そう場合、ファイルシステム クォータ ページに戻ってリダイレクトされます。

か。

か。

か。

ステップ 8
必要ならば、タブのための警告で音量のための猶予期間を変更できます。
それから『Update』 をクリック して下さい。

か。

ステップ 9
分担を削除するために、アイコンを選択したユーザの隣で『CLEAR』 をクリック するか、またはグループ化して下さい。

か。

ステップ 10
既存の分担を編集するために、『Edit』 をクリック して下さい。

か。

か。

ステップ 11
『Update』 をクリック して下さいフィールドや「スペース限界」フィールドで警告します編集し、


か。

か。

か。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108958