音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco SPA2102 Phone Adapter with Router

T.38 ファクス プロトコルをサポートするデバイスについて

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

T.38 ファクス プロトコルをサポートするデバイスについて

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

Q. T.38 ファクシミリ プロトコルとは何デバイス サポートか。

A.

T.38 は FoIP プロトコルとしてそれ自体使用することができま UDP に動作します。 また誘います- 「コーデックとして」動作するこうすればを SIP に接続される SDP にイメージ/T.38 として含まれていることを適応させます。

現在 T.38 ファクシミリ プロトコルをサポートしている以下の製品:

  • SPA2102
  • SPA3102
  • SPA9000

注: PAP2 および PAP2T は T.38 ファクシミリ プロトコルをサポートしません。

ファクシミリの設定

ステップ 1
SPA の Webベース セットアップページにログイン し、ファクシミリを設定したいと思う Line タブをクリックして下さい。

ステップ 2
スクリーンの一番下にスクロールし、可聴周波設定を探して下さい。

デフォルトで、ファクシミリ用の選択は YES へ既にイネーブルおよびセットです。 G.711u か G.711a だけ使用できる唯一のオプションであるファクシミリ 通信のための適切なコーデック必要をそれ選択するために確かめて下さいファクシミリ Passthru コーデックを選択した場合。

ファクシミリを SPA に接続した場合、ファクシミリ Passthru 方式の隣で ReINVITE を選択するそれ確かめて下さい。 そして YEST.38 オプションが設定を持つために確かめて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108850