音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Small Business ボイス システム

SPA9000 のハント グループの設定

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 12 月 12 日) | フィードバック

目次

概要
どのようにハント・ グループを設定しますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品(以前の Linksys Business シリーズ)のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援するドキュメントの 1 つです。

Q. ハント・ グループを設定する方法

A.

この技術情報はハント・ グループがデバイスでどのように設定されているか与えます; ハント・ グループの例および各ハント・ グループ例のコールフロー。

ハントするルールの設定で、後で手順に従って下さい:

ハントするルールの設定

ステップ 1:
PBX パラメータによって探される ハント・ グループの下で SIP を、そしてクリックして下さい。 フィールドにある例ハントするルールは 4089993001:5001|4089993000:5000,cfwd=aa です。 これはことを意味しますコールがユーザ ID がある Line タブで入るとき: 4089993001 それは拡張に 5001 行きます。 第 2 ハントするルールはコールがユーザ ID がある Line タブに来るとき、意味します: 4089993000 は拡張にコール ルーティングされる 5000、だれも答えなければコールは自動転送に転送されます。

ハントするルール サンプル 1:

注: 疑問符は(か。)ワイルドカードを意味します。 従って発信者が 530 にダイヤルすれば、それは PBX サーバで登録されていた 530 プレフィクスのすべての拡張番号を鳴らします。 各拡張は 10 秒の間鳴り、それを鳴らす拡張番号をどのようにのことを時間を計るかかもしれないか数 1 つは意味します。

ルール サンプル 2 をハントして下さい:

注: このハントするルールは拡張に発信者が SPA9000 のあらゆる Line タブのユーザ ID の 1 つにダイヤルするときそれを、それ常に 5300 下ります意味します。 だれも電話に答えなければコールは音声メール ID が付いている音声メールに転送されます: 5300

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108822