音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco SPA9000 Voice System

呼ルーティング規則機能の設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

概要
どのようにどの VOIP アカウントを SPA9000 と使用するか選択によって呼び出しを作りますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. どの VOIP アカウントを SPA9000 と使用するか選択によって呼び出しを作る方法

A.

この技術情報はアウトバウンドコールを作るとき SPA9000 で登録されている VOIP アカウントから選択する方法を示します。

SPA9000 の登録

ステップ 1
SPA9000 Webベース セットアップページにアクセスして下さい。 手順についてはここをクリックしてください。

ステップ 2
ログインを『Admin』 をクリック し、次に進みました

ステップ 3:
音声そしてラインをクリックして下さい 1。

ステップ 4:
サブスクライバ情報の下で、ユーザ ID およびパスワードを入力して下さい。

ステップ 5:
プロキシおよび登録の下で、プロキシ フィールドのプロキシ 設定を入力して下さい。

ステップ 6:

をクリックします。

ステップ 7:
SIP をクリックし、PBX パラメータを探して下さい。

IP 電話か ATA デバイスが SPA9000 の WAN側にある場合、WANプロキシ ネットワーク インターフェイスを設定 して下さい。

IP 電話か ATA デバイスが SPA9000 の LAN 側にある場合、LANプロキシ ネットワーク インターフェイスを設定 して下さい。

コールルーティングルールの作成

ステップ 1
SIP をクリックし、PBX パラメータ セクションに行き、コールルーティングルールを探して下さい。 デフォルトでこのフィールドに値がのあります(<:L1,2,3,4>9xx。)。 このコール ルート ルールは 9 つがダイヤルされるとき、コールは SPA9000 で利用可能であるあらゆる行にルーティングされることを意味します。

: アウトバウンドコールの置くことはラインから 1.開始します。 コールの Line 1 既に実行されていれば、回復がラインに 2.出かければ。 各 line タブのダイヤル プランはとして設計する必要があります(<9:>xx。)。 ダイヤル プランをチェックするために、Line 1 タブをクリックして下さい。

コールルーティングルールの例:

各 line タブのダイヤル プランがどのようにあることを行っているかコールルーティングルールの例はここにあり。

コールルーティングルール: (<:L1>9xx.|<:L2>8xx.|<:L3>7xx.|<:L4>6xx。)。 拡張およびあなたを使用した場合 9 つに、コール置かれます Line 1 にダイヤルして下さい; 8 つに、コール置かれます Line 2 にダイヤルして下さい; 7 つに、コール置かれます Line 3 にダイヤルして下さい; そして 6 つに、コール置かれますラインに 4.ダイヤルして下さい。 次のダイアグラムはダイヤル プランが各 Line タブでどのように設計する必要があるか示します。

行 1:

Line 2:

Line 3:

Line 4:


関連情報


Document ID: 108814