音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco SPA9000 Voice System

IVR を使用した Auto-Attendant プロンプトの録音

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

概要
どのように自身の自動転送プロンプトを記録しますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. 自身の自動転送プロンプトを記録する方法

A.

SPA-9000 は 10 までの着信コールを扱うことができる内部 オートアテンダントが含まれています。 AA 予約済みのユーザー ID 「aa」は割り当てられます。 AA は自動的にメッセージ メッセージ(発信者が適切な部門か範囲既知拡張番号を選択することを可能にする)ディレクトリとの外部/内部着信コールにメッセージできます応答。

IVR を使用した Auto-Attendant プロンプトの録音

このセクションは IVR を使用してオートアテンダント プロンプトを記録するのに IVR を使用する方法を記述します。 オートアテンダント プロンプトを記録するために、IVR メニューからのこれらのステップを完了して下さい:

ステップ 1
SPA-9000 に接続されるアナログ式電話を使用して「****」を押して下さい。

ステップ 2
次の音声プロンプト「Linksys Configuration メニュー聞くまで待って下さい。 に#先行しているオプションを(ポンド)キーは入力して下さいまたは終了までハングさせて下さい」。

ステップ 3:
オートアテンダント メッセージ設定にアクセスするために "72255#" を押して下さい。 聞くはずです「入力しますに#先行しているメッセージ 番号を(ポンド)キーは」。

ステップ 4:
検討するために記録したいメッセージの数、または削除を入力して下さい。 記録するために「入力します "1" を聞くはずです。 検討するために "2" を入力して下さい。 削除するために "3" を入力して下さい。 入力して下さい終了するために「*」」。

ステップ 5:
新しいメッセージを記録するために電話の "1" を押して下さい。 ユーザがこのオプションを押すとき、IVR は利用可能 な バッファサイズをチェックします。 これ以上のバッファ領域がない場合、IVR は「オプションをメッセージおよび戻り失敗しました」前のメニューへのします。 バッファ領域が十分である場合、トーンの後に、「メッセージを記録することができます聞きます。 終了したら、押して下さい「#」」。

ステップ 6:
新しいメッセージを記録し、押して下さい「#」。 メッセージを記録した後、終了するために検討するために聞きます、「保存するために、入力します "1." を入力します "2." 再レコードを、入力します "3." を入力します「*」」。

ステップ 7:
新しい録音されたメッセージを保存するために "1" を押して下さい。

注: 記録されたプロンプトが 15 秒より長い場合、IVR は保存プロセスが完了する間」、メッセージ数秒を待つためにユーザを知らせるように短い「1 時点を、します。

デフォルト プロンプトが 1-4 および 5-10 ありますブランクがあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108811