コラボレーション エンドポイント : Cisco SPA901 1-line IP Phone

SPA9xx シリーズ電話の共有回線拡張の設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

概要
どのように SPA9xx シリーズ電話の共有回線拡張を設定しますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. SPA9xx シリーズ電話の共有回線拡張を設定する方法

A.

共用ライン アピアランス(SLA)は複数のステーションが拡張番号を共有し、グループとしてコールを管理するようにします。 SLA のほとんどの興味深い機能の 1 つは活動端末が共用 ライン キーでコールを保留の状態で送信するとき、コールは共有クライアント ステーションの何れかから別のステーションことをからの対応する ライン キーを押すことによって単に再開することができることです。

クライアント ステーションのグループを同じ拡張を共有するために設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

ステップ 1
共有行を設定するためにクライアント ステーションの拡張の 1 つを選択して下さい。

: 標準のとして、Linksys は指定ユーザのプライマリおよび個人の必要に応じた拡張としてクライアント ステーションの EXT 1 を常に予約することを推奨します。 どの共用拡張でも EXT 24.で設定する必要があります

ステップ 2
共有 ライン アピアランスの下、共有されるへのセット 共有 Ext。 それから共用ユーザ ID の下で、ユーザ ID を設定 して下さい共有されている。 同じステーション(ユーザ ID、パスワード、プロキシ、等)のプライマリ EXT と同様にアカウント情報の他を設定して下さい。か。

ステップ 3:
『Phone』 をクリック して下さい。 共用拡張にクライアント ステーションの 1つ以上の line 鍵 ボタンを割り当てて下さい。 共有されるに line 鍵の共有 Call Appearance を設定 して下さい。

: クライアント ステーションの物理的 な line 鍵として共用ライン アピアランスを捉えることは便利かもしれません。

ライン アピアランスを共有することは複数のクライアント ステーションを渡る行キーの共有のようです。 共有回線キーがグループでステーションの 1 つによって使用されている場合、グループの他のメンバーはリリースされるまで line 鍵を使用できません。 ただし、line 鍵を共有するすべてのステーションはこの情報が含まれている line 鍵のステータスを監察できます:

  • line 鍵自由のあります
  • line 鍵リングはあります
  • だれが line 鍵をおよび使用しているかにユーザ話すことはである誰

着信コールが共用拡張へあるとき、SPA9000 はすべての共有クライアント ステーションを警告 します。 クライアント ステーションは共用拡張に割り当てられた共有および専用回線両方キーがあることを起こった場合あらゆる専用回線キーの前にコールを受信するために共用 ライン キーは最初に選択されます。


関連情報


Document ID: 108791