音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco SPA9000 Voice System

SPA9000 の PSTN ゲートウェイとしての SPA3000 のセットアップ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

概要
自動転送に行き、電話を可能にさせるすべての呼び出しに SPA9000 の PSTN ゲートウェイが SPA9000 に POTS で呼出すために登録したと同時にどのように SPA3000 を設定できますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. 自動転送に行き、電話を可能にさせるすべての呼び出しに SPA9000 の PSTN ゲートウェイが SPA9000 に POTS で呼出すために登録したと同時にどのように SPA3000 を設定できますか。

A.

POTS からの呼び出しは自動転送に自動的に行き、SPA9000 に登録されているどの電話でも POTS で SPA3000 PSTN 行のユーザー ID のダイヤルによって呼出すことができます(103)。

: この技術情報は仮定します: インターネット ------SPA9000 (FXS 1-------SWITCH-------SPA IP Phone のアナログ式電話および SPA-3000 (FXO ポートに接続される PSTN ライン)と。

ステップ 1
VoIP (オプションの)への SPA9000 のレジスタ Line 1。 SPA9000 Webベース セットアップページにアクセスし、「Login」をそして進められる『Admin』 をクリック して下さい。

ステップ 2
音声それからラインをスクロールしますおよびサブスクライバ情報の下で、提供しますユーザ ID および Password フィールドに必要な情報をクリックして下さい 1プロキシおよび登録の下で、プロキシを探し、VOIP プロバイダによって与えられる必須プロキシ値を入力して下さい。 下部のにスクロールし、 設定を保存するためにクリックして下さい。

ステップ 3:
2 つを『line』 をクリック すればユーザー ID (ie:103)と SPA9000 のセット Line 2 すべての変更を『SUBMIT』 をクリック します。

ステップ 4:
SPA3000 Webベース セットアップページにアクセスして下さい。 「Login」を『Admin』 をクリック して下さい、そして進みました

ステップ 5:
PSTN 行をクリックして下さい。

ステップ 6:
およびプロキシの下でスクロールすれば登録は、手動で SPA3000 に SPA9000 の PSTN 行を登録します。

プロキシ: 192.168.0.1:6060 (SPA9000 プロキシ ネットワーク インターフェイスは LAN に設定 されます)
ユーザー ID: 102 (例だけ)

ステップ 7:
および FXO タイマー値(秒)の下で、入力します CWT 遅延および PSTN 返事遅延フィールドを通して PSTN リングで "0" をスクロールして下さい。

ステップ 8:
PSTN に VoIP ゲートウェイ セットアップの下で、PSTN リングを Line 1 を通して探し、廃棄メニューから『No』 を選択 して下さい。 PSTN 発信者 デフォルト DP フィールドで "2" を入力して下さい。

ステップ 9:
スクロールし、ダイヤル プランを探し、ダイヤル プラン 2 フィールドで "(S0<:103>)" を入力して下さい。 設定を保存するためにすべての変更を『SUBMIT』 をクリック して下さい。

ステップ 10:

をクリックします。



関連情報


Document ID: 108762