音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Small Business 音声ゲートウェイと ATA

PAP2 でのコール転送のセットアップ

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 12 月 12 日) | フィードバック

目次

概要
どのように PAP2 のコール転送を設定しますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. PAP2 のコール転送を設定する方法

A.

注: このプロシージャは仕様か拡張番号で転送されなければならないすべての着信コールにだけ適用されます。

ステップ 1:
PAP2 Webベース セットアップページにアクセスして下さい。 手順についてはここをクリックしてください。

ステップ 2:
USER1 をクリックし、自動転送設定を探して下さい。 Cfwd の下ですべての Dest はすべての着信コールを転送したいと思う数をか拡張番号を入力します。

注: ある特定の拡張番号のリングの特定の数が(たとえば、2 つから 3 つのリング)、これらのステップを完了した後着信コールを転送するため:

手順 3:
Cfwd No Ans Dest を探し、コールを転送したいと思った拡張番号を入力して下さい。

注: Cfwd No Ans 遅延はほしいリングの望ましい 番号に設定 することができます前にコールを転送する(たとえば、20 秒は 4 つのリングと同等です)。 2 つのリングがほしいと思い、コールが Cfwd No Ans Dest の下で規定 する数にすぐに転送されれば場合 10 にそれを設定できます。 各リングは 5 秒と同等です。

ステップ 4:
設定を『SAVE』 をクリック して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108755