音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Small Business 音声ゲートウェイと ATA

PAP2 を使用する場合の不規則断続音の発生

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 12 月 12 日) | フィードバック

目次

概要
PAP2 のとぎれとぎれの音を除去するために何をすることができますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. PAP2 のとぎれとぎれの音を除去するために何をすることができますか。

A.

PAP2 のとぎれとぎれの音を経験することは十分なアップストリーム 帯域幅を VOIP通信をサポートするために持っていないことを示します。 ほとんどのサービスは各メッセージ交換のために各方向の 80kbps を必要とする G.711 CODEC を使用します。

、たとえば、128kbps アップストリームがあり、ただまた ATA で音声パスをサポートする必要がある帯域幅を得られない終る可能性がある電話での会話を持つことを試みている間ホームでゲーム プレイヤー、FTPセッションまたは他の継続する機能持って下さい。 また VoIP プロバイダとそれらがの G729/G723 のような低い帯域幅コーデック サポートするかどうか見るためにチェックする可能性があります。 PAP2 を使用した場合とぎれとぎれの音を経験することを解決するために、これらのステップを完了して下さい:

とぎれとぎれの音の解決か。

ステップ 1:
PAP2 Webベース セットアップページにアクセスして下さい。 手順についてはここをクリックしてください。

ステップ 2:
すべてのコーデックが PAP2 の Line 1 の下の可聴周波コンフィギュレーションセクションの下で有効に なることを確かめて下さい。

手順 3:
強制コーデック選択の使用によってコールを作って下さい* G729 コーデックを強制するために、たとえば、デフォルトを *02729 ですコードすることは。 地方のタブの下でアウトバウンドコール コーデック選択コードのすべてのコードを得ることができます。

ステップ 4:
全体のリストを通過して下さい; 物によりサポートによってが成功コールという結果に、他終る VoIP プロバイダ 無効を引き起こしましたり/追加注文します。 はたらかせ、最もよい音質を与えるかどれが見る物と試行錯誤を使用して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108750