音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco SPA8000 8-port IP Telephony Gateway

Small Business VoIP ルータ: コールの発信時の不安定な回線

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

概要
とぎれとぎれの行を使用する場合何をすることができま作っている間コールを Linksys VOIP ルータを使用しますか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要


この記事は、Cisco Small Business 製品のセットアップ、トラブルシューティング、およびメンテナンスを支援する一連のドキュメントの 1 つです。

Q. コールを Cisco 小企業 VoIP ルータを使用して作っている間とぎれとぎれの行を使用する場合何をすることができますか。

A.

Quality of Service (QoS)は要求およびリアルタイムアプリケ− ション含むかもしれないインターネット電話呼び出しまたはビデオ会議のような高優先順位 ネットワークの種類 トラフィックによりよいサービスを確認します。 コールを WRTP54G を使用して作っている間とぎれとぎれの行を使用する場合、ルータの QoS を有効に し、ポート 256 および 512 を有効に する必要があります。 ルータの VoIP ポートを有効に するために、これらのステップを完了して下さい:

Cisco 小企業 VoIP ルータのポート 256 および 512 を有効に して下さい

ステップ 1
ルータの Web ベース セットアップ ページにアクセスします。 手順についてはここをクリックしてください。

ステップ 2
ルータの Webベース セットアップページが提示されるとき、及び賭博 > QoS 『Applications』 をクリック して下さい。



ステップ 3:
アプリケーション ベース QoS を探し、『Enable』 を選択 して下さい。

ステップ 4:
Port# 特定のフィールドを探し、1 フィールドで ''256'' および他で ''512'' を入力し、そして優先 する プライオリティキューに従って高い中間を、または下位を選択して下さい。

ステップ 5:

をクリックします。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108653