音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 7.0

Unity Connection 7.0 ネットワーク ポートの参照

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unity Connection 7.0 によって使用されるリストし、関連トラブルシューティング に 役立つ ヒントを提供したものです TCP および UDP ポートを。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity Connection 7.0 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unity Connection サービス ポート

この表は Cisco Unity Connection サーバへの着信接続のために使用される、およびポートをリストしたものです TCP および UDP 接続によって内部で使用されるポートを。

ポート および プロトコル(太字のポート番号はオフ ボックス クライアントからのダイレクト接続のために開いています) オペレーティング システム ファイアウォール設定 実行可能なサービスかアプリケーション サービス アカウント コメント
TCP: 20500、20501、20502、19003 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい CuCsMgr/接続メッセージ交換マネージャ cucsmgr 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 21000 – 21512 オープン CuCsMgr/接続メッセージ交換マネージャ cucsmgr IP 電話はいくつかの電話クライアントアプリケーションのための接続サーバのこのポート範囲に接続できる必要があります。
TCP: 5000 オープン CuCsMgr/接続メッセージ交換マネージャ cucsmgr 読み取り専用接続のモニタ ポートステータスのために開かれる。 モニタリングは接続管理でどのデータでもこのポートで見られる場合がある前に設定する必要があります(モニタリングはデフォルトで消えています)。 管理 ワークステーションはこのポートに接続します。
SIP トラフィック 可能性のある ポートのための管理者が割り当てる TCP および UDP ポートは 5060 – 5100 です。 オープン CuCsMgr/接続メッセージ交換マネージャ cucsmgr メッセージ交換マネージャが処理する接続 SIP コントロール トラフィック。 SIP デバイスはこれらのポートに接続されられます必要があります。
TCP: 20055 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい CuLicSvr/接続ライセンス サーバ culic localhost だけに制限 される(このサービスへのリモート 接続は必要ではないです)。
TCP: 1502、1503 (/etc/services の「ciscounity_tcp」) 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい unityoninit/接続 DB root 接続クラスタのサーバはこれらのデータベース ポートで互いに接続できる必要があります。 データベースへの外部アクセスに関しては、CuDBProxy を使用して下さい。
TCP: 143993799381438993 オープン CuImapSvr/接続 IMAP サーバ cuimapsvr クライアントワークステーションは IMAP インボックス アクセスのためのポート 143 および 993、および SSL インボックス アクセス上の IMAP に接続できる必要があります。
TCP: 258025 オープン CuSmtpSvr/接続 SMTP サーバ cusmtpsvr UC デジタルネットワークの他のサーバのような接続ポート 25 に SMTP を、渡すサーバ。
TCP: 4904 ブロックされる。 内部 使用だけ。 SWIsvcMon (ニュアンス SpeechWorks サービス モニタ) openspeech localhost だけに制限 される(このサービスへのリモート 接続は必要ではないです)。
TCP: 4900:4904 ブロックされる。 内部 使用だけ。 OSServer/接続音声レコグナイザー openspeech localhost だけに制限 される(このサービスへのリモート 接続は必要ではないです)。
UDP: 16384 – 21511 オープン CuMixer/接続ミキサー cumixer VOIPデバイスは(電話およびゲートウェイ)受信 音声 ストリームを渡すためにこれらの UDP ポートにトラフィックを送信できる必要があります。
UDP: 7774 – 7900 ブロックされる。 内部 使用だけ。 CuMixer/音声認識 RTP cumixer localhost だけに制限 される(このサービスへのリモート 接続は必要ではないです)。
TCP: 22000 UDP: 22000 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい CuSrm/接続マネージャ サーバー ロールの cusrm クラスタ SRM RPC。 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 22001 UDP: 22001 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい CuSrm/接続マネージャ サーバー ロールの cusrm クラスタ SRM ハートビート。 ハートビート イベント トラフィックは保護される MAC 暗号化されませんが、です。 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 20532 オープン CuDbProxy/接続データベース プロキシ cudbproxy このサービスが有効に なれば オフ ボックス クライアントのための管理上の読み書きデータベース接続を可能にします。 たとえば、いくつかの ciscounitytools.com ツールはこれを使用します。 管理ワークステーションはこのポートに接続します。
TCP: 22 オープン Sshd root ファイアウォールは接続クラスタの動作 SFTP リモート CLI アクセスの TCP 22 接続のために開き。 管理ワークステーションはこのポートの接続サーバに接続できる必要があります。 接続クラスタのサーバはこのポートで互いに接続できる必要があります。
UDP: 161 オープン Snmpd プラットフォーム SNMP サービス root
UDP: 500 オープン アライグマ ipsec isakmp (キー管理)サービス。 root ipsec を使用するオプション、デフォルトでであり。 サービスが有効に なる場合、接続クラスタのサーバはこのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 8500 UDP: 8500 オープン clm/クラスタマネージメント サービス root クラスタ マネージャ サービスは音声 オペレーティング システムの一部です。 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
UDP: 123 オープン Ntpd ネットワーク タイム サービス ntp ネットワーク タイム サービスは接続クラスタで時間をサーバの間で同期しておくために有効に なります。 パブリッシャ サーバはパブリッシャ サーバのオペレーティング システム時間か時刻の同期のための別途の NTP サーバの時間を使用できます。 加入者サーバは時刻の同期のためにパブリッシャ サーバを常に使用します。 接続クラスタのサーバはこのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 5007 オープン Tomcat Cisco Tomcat (石鹸サービス) tomcat 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 1500、1501 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい cmoninit/Cisco DB Informix これらのデータベース の インスタンスは LDAP 統合ユーザ向けの情報、およびサービサビリティ データが含まれています。 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 1515 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい dblrpm/Cisco DB 複製サービス root 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 8001 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい dbmon/Cisco DB 変更通知 ポート データベース 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 2555、2556 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい RisDC/Cisco RIS データコレクタ ccmservice 接続クラスタのサーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 1090、1099 接続クラスタのサーバの間でだけ開いて下さい Amc/Cisco AMC サービス(アラート マネージャ収集装置) ccmservice バックエンド サービサビリティ データ交換 1090 を行います: AMC RMI オブジェクト ポート 1099: 接続クラスタの AMC RMI レジストリ ポート サーバはこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 8044380808443 オープン Tomcat Cisco Tomcat tomcat クライアントおよび管理ワークステーションは両方これらのポートに接続する必要があります。 接続クラスタのサーバは他のような Http ベース 相互対話を使用する通信のためのこれらのポートで互いに接続できる必要があります。
TCP: 5001、8005 ブロックされる。 内部 使用だけ。 Tomcat Cisco Tomcat tomcat 内部 Tomcat サービス 制御および軸ポート。
TCP: 32768 – 61000 UDP: 32768 – 61000 オープン     動的に割り当てられたクライアント ポートと何でもによって使用される一時ポート範囲。

Cisco Unity Connection サーバによってなされるアウトバウンド接続

この表は接続がネットワークの他のサーバによって接続するのに使用する TCP および UDP ポートをリストしたものです。

ポート および プロトコル 実行可能モジュール サービス アカウント コメント
TCP: TLS 上の SCCP を使用する場合 2000* (デフォルト SCCP ポート)オプションで TCPポート 2443*。 *多くのデバイスおよびアプリケーションは設定可能な RTP ポート アロケーションを可能にします。 CuCsMgr cucsmgr それらが SCCP を使用して統合されている場合の Cisco Unified Communications Manager への接続 SCCP クライアント接続。
UDP: 16384 の– 32767* (RTP) *多くのデバイスおよびアプリケーションは設定可能な RTP ポート アロケーションを可能にします。 CuMixer cumixer 接続送信 音声 ストリーム トラフィック。
UDP: 69 CuCsMgr cucsmgr 暗号化された SCCP、暗号化された SIP、または暗号化されたメディア ストリームを設定しているとき、接続は Cisco Unified Communications Manager にセキュリティ 認証をダウンロードするために TFTP クライアント接続を作ります。
UDP: 53 TCP: 53 ANY ANY プロセスに使用される DNS 名前解決を行う必要がある。
TCP: 80、8080、443、および 8443 (HTTP および HTTPS) CuCsMgr Tomcat cucsmgr Tomcat 接続は HTTP および HTTPS クライアント接続をに作ります:
  • カレンダーに記録する統合のための Microsoft Exchange への接続のような外部サービスの通信の他のサーバ。
  • 自動デジタルネットワーキングの他の接続サーバは加入します。
  • AXL ユーザ 同期のための Cisco Unified Communications Manager。
TCP: 143、993 (SSL 上の IMAP および IMAP) CuCsMgr cucsmgr 接続はユーザの Exchange インボックスで電子メール メッセージの text-to-speech 変換を行うために Microsoft Exchange サーバへの IMAP 接続をします。
TCP: 25 (SMTP) CuSmtpSvr cusmtpsvr 接続は SMTP サーバおよびスマートなホスト、または VPIM ネットワーキング、または接続デジタルネットワーキングのような機能の他の接続サーバにクライアント接続を作ります。
TCP: 21 (FTP) FTP root インストール フレームワークは FTP サーバが規定 されるときアップグレード メディアをダウンロードするために FTP 接続を行います。
TCP: 22 (SSH/SFTP) CiscoDRFMaster sftp drf ルート 障害回復 フレームワークはバックアップを行い、リストアのためのバックアップを取得するためにネットワーク バックアップ サーバへの SFTP 接続を行います。 インストール フレームワークは SFTP サーバが規定 される場合アップグレード メディアをダウンロードするために SFTP 接続を行います。
UDP: 67 (DHCP/BootP) dhclient root DHCP アドレッシングを得るためになされるクライアント接続。 DHCP がサポートされるが、Cisco は強く接続サーバに静的な IP アドレスを割り当てることを推奨します。
TCP: 123 UDP: 123 (NTP) Ntpd root NTP クロック 同期のためになされるクライアント接続。

Unity 接続ポートは登録しません

問題

バージョン 8.x に CUCM をアップグレードした後、Unity 接続ポートは登録しません。

解決策

この問題は Unity 接続の電話統合の CUCM サーバの発注が CUCM の Call Manager グループの順序を一致するので発生するかもしれません。 この問題を解決するために、Call Manager グループの順序を一致するために Unity 接続の CUCM サーバの発注を変更して下さい。 この変更の後で、ポートは Unity 接続に登録します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110172