音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco Unified Communications Manager 7.x: AXL 認証 失敗通知メッセージ

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2011 年 3 月 17 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager 7.x で AXL 認証問題を解決する方法を説明します。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified Communications Manager 7.x 管理のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unified Communications Manager 7.x に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

ユーザがいくつかの Cisco Unified Communications Manager 7.x クラスタの統一されたコンタクト・ センター アプリケーションを設定することを試みるときこれらのエラーメッセージのどれでも現われることができます:

Cisco Unified CM 認証は AXL 認証が理由で失敗しました

または

Cisco Unified CM 認証は CCMAXL 例外が理由で失敗しました

または

統一された CM 認証は UnknownHostAXL が理由で失敗しました

または

Cisco Unified CM 認証は AXL サービスが可能性のある/停止されてディセーブルにしたので失敗しました。 統一された CM の Cisco AXL Web サービスをチェックして下さい。

または

要求されたリソース(/axl)は利用できません

ユーザがこれらのアプリケーションを設定することを試みるときたとえば、これらのコンタクト・ センター アプリケーションのインストールに成功し、次に、エラーメッセージが現れます。

  • Cisco Unified Contact Center Express

  • Customer Response Solutions

これらの状況のどれにでもエラーメッセージが現れることができます:

  • サーバは Cisco Unified Communications Manager ではないです。

  • IP アドレス/ホスト名は無効です。

  • サーバはネットワークにありません。

  • Cisco Unified Communications Manager サービスおよび AXL サービスは無効になりました。

  • AXL Web サービスは Cisco Unified Communications Manager サービサビリティで開始しなかったし、AXL API アクセス 権はこれらの特定のユーザ向けに有効に なりません でした。

解決策

この問題を解決するためにこれら二つのステップを使用して下さい:

  1. AXL Web サービスを開始して下さい

  2. AXL API アクセス 権を設定 して下さい

AXL Web サービスを開始して下さい

AXL Web サービスは Cisco Unified Communications Manager でデフォルトでディセーブルにされます。 AXL API を使用する前にサービスを開始して下さい。

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ウィンドウから、運行 > Cisco Unified Communications Manager サービサビリティを選択して下さい。

  2. > サービス アクティベーション『Tools』 を選択 して下さい。

  3. サーバ ボックスから、サーバを選択し、『Go』 をクリック して下さい。

  4. データベースおよび Admin からサービスは区分し、AXL Web サービスを『Cisco』 を選択 し、このサービスを開始するために『SAVE』 をクリック します。

AXL API アクセス 権を設定 して下さい

新規 ユーザ グループを作成するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ウィンドウから、> ユーザ・グループ『User Management』 を選択 して下さい。

  2. 検索およびリスト ユーザグループ ウィンドウは現われます。 新規 ユーザ グループを作成するために『Add New』 を選択 して下さい。

  3. 名前をこのユーザグループに割り当て、『SAVE』 をクリック して下さい。

新しく作成されたユーザグループのための AXP API アクセスを追加することをこれらのステップを続行して下さい:

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ウィンドウから、> ユーザ・グループ『User Management』 を選択 して下さい。

  2. 検索およびリスト ユーザグループ ウィンドウは現われます。 新しく作成されたユーザグループを選択して下さい。

  3. 役割を選択すれば、ユーザグループ Configuration ウィンドウは現われます。

    割り当てますグループにロールをクリックして下さい。

  4. 検索およびリスト ロールはウィンドウ現われます。

    標準 AXL API アクセスを選択し、Select 『Add』 をクリック して下さい。

  5. ユーザグループ 設定 ページで、『SAVE』 をクリック して下さい。

新しく作成されたユーザグループにユーザを追加するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. > ユーザグループ 『User Management』 を選択 して下さい。

  2. 新しく作成されたユーザグループを選択して下さい。

    このユーザグループにエンドユーザを追加するためにグループにエンドユーザを『Add』 をクリック して下さい

  3. ユーザを選択し、Select 『Add』 をクリック して下さい。

    ユーザグループ 設定 ページで、『SAVE』 をクリック して下さい。

AXL 通信エラー

スーパバイザは AXL 通信エラーによるエージェント呼び出しを監視できません。 また、コンタクトセンター Express 統一されたサーバはイベント ビューアのこのエラーを受け取っています:

Could not get the MAC address for extension
 from the CallManager database.

解決策

この問題を解決するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unified Communications Manager の AXL サービスを再開して下さい。

  2. コンタクトセンター Express 統一されたサーバの Cisco 同期化サービスおよび Voipmonitor サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109796