コラボレーション : Cisco Unified Web Interaction Manager

Unified Web and E-Mail Interaction Manager 4.2(4) および 4.2(5) のアップグレードがライセンスのエラーが原因で失敗する

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャバージョン 4.2(4)/4.2(5) アップグレードはこのライセンス エラーが原因で失敗します:

I18N_EGPL_LICENSE-INVALID_LICENSE_KEY

この資料に問題を解決する方法を記述されています。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified Web および E メール 相互対話マネージャのインストールのナレッジがあることを推奨します

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャバージョン 4.2(4) および 4.2(5) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: I18N_EGPL_LICENSE-INVALID_LICENSE_KEY

開始するべき Cisco 相互対話マネージャ サービス失敗およびログファイルはこのエラーを示します:

I18N_EGPL_LICENSE-INVALID_LICENSE_KEY

このエラーは新しいライセンス ファイルがライセンス ジェネレーターで手に入れられ、4.2(4) に加えられるときで 4.2(4) 発生します。 4.2(5) では、これは地域設定が米国に行われない場合発生します。

この問題は文書化されています 不具合です: Cisco バグ ID CSCsv80688登録ユーザのみ)。

解決策

ソリューション 1 - CIM 4.2(4)

Cisco Unified Web および E メール 相互対話マネージャ(EIM \ WIM) 4.2(4) リリースのための Engineering Special (ES)はソフトウェアダウンロード登録ユーザのみ)で掲示されます。 このプロシージャを始める前に Cisco 相互対話マネージャが 4.2(4) ES13 インストールされていたことを確認して下さい。

Cisco Unified Web および E メール 相互対話マネージャに関しては 4.2(4) は、これらのステップを完了します:

  1. すべてのサーバの Cisco 相互対話マネージャ サービスを停止して下さい。

  2. 安全な場所にビン構成およびライブラリ ディレクトリをバックアップして下さい。

  3. ビン、構成およびライブラリ ディレクトリを取り替えて下さい。

    現在のビンを、構成取り替えるためにおよびライブラリ ディレクトリはファイルサーバの eService フォルダに、ファイルサーバ ディレクトリのコンテンツをコピーします。

    eService フォルダは EIM \ WIM がインストールされているディレクトリにあります(<CIM_INSTALL_DIR >/eService)。

  4. ビン\ IPCC では\アップグレード\ upgradeLicenses.bat ファイルはこの例に示すように、INSTALL_DIR および JAVA_VM_HOME の適切な値を設定 しました:

    SET INSTALL_DIR=D:\CIM\eService
    SET JAVA_VM_HOME=C:\BEA\JDK142_11
  5. DOSのコマンドプロンプトによって upgradeLicenses.bat を実行して下さい。

    upgradeLicenses.bat を実行する前にシステムが開始しなかったライセンス ファイルがに < CIM_INSTALL_DIR>/config/license ディレクトリあることを確認して下さい。

  6. すべてのサーバの Cisco 相互対話マネージャを開始して下さい。

  7. ブラウザキャッシュを消去して下さい。

ソリューション 2 - CIM 4.2(5)

Cisco Unified Web および E メール 相互対話マネージャ 4.2(5) リリースのための Engineering Special (ES)はソフトウェアダウンロード登録ユーザのみ)で掲示されます。 この ES を適用する前に Cisco 相互対話マネージャ 4.2(5) か 4.2(5)a がインストールされているようにして下さい。

  1. ローカル一時フォルダに 4.2.5_ES1 のコンテンツをコピーして下さい。

  2. Cisco 相互対話 管理用アプリケ− ションの Ciscoサービスを停止し、サーバを保守します。

  3. 安全な場所にビン構成およびライブラリ ディレクトリをバックアップして下さい。 これらのディレクトリは EIM \ WIM がインストールされているディレクトリにあります(<CIM_INSTALL_DIR >)。

  4. CIMInst.exe を実行し、インストーラのステップに従って下さい。

  5. Cisco 相互対話マネージャ サービスおよびアプリケ− ションサーバの Ciscoサービスを開始して下さい。

エラー: アプリケーション ライセンスはシステムにログインにあなたのために現在利用できません

EIM サーバにログインに試みるときこのエラーメッセージを受け取ります:

No application licenses are currently 
available for you to log in to the system. 
Try again later or contact your system administrator

解決策

回避策はすべての EIM サービス 12/12/9999and 再始動へ license.properties ファイルの有効期限値を変更することです。


関連情報


Document ID: 110052