音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity: RPCTest のツールを使用して Microsoft Exchange サーバが到達可能かどうかを検出する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Microsoft Exchange サーバが実際に到達可能である場合この資料に Cisco Unity で利用可能 な RPCTest ツールを Remote Procedure Call (RPC)によって検出するのに使用する方法を記述されています。

このプロシージャは Exchange にであるが、到達可能のアクセスできことを Microsoft Exchange サーバはオフ・ライン、ようであることを示すエラーを受け取るとき有用です。

はじめに

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity

  • Microsoft Exchange サーバ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • ユニティ バージョン 4.x およびより高く

  • Exchange 2000 およびより高く

    注: Microsoft Exchange が Cisco Unity サーバより独立サーバにあることを確かめて下さい。

表記法

文書 の 表記法の情報に関しては、Cisco 技術的な TipsConventions を参照して下さい。

Microsoft Exchange の通信ステータスを検出するのに RPCTest を使用して下さい

Cisco Unity は Microsoft Exchange サーバに話すことができたかどうか確認するために RPC を使用します。 RPCTest ツールは 2 つのサーバ間の通信問題の解決を助けるのにこの機能性を使用します。

コマンド・ラインから Unity の RPCTest ツールを実行して下さい

このプロシージャは Microsoft Exchange サーバが RPC を使用して Cisco Unity と正しく交信する場合検出するためにこのツールを使用する方法を記述します。

RPCTest ツールを実行するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity サーバで、Start > Run の順に進み、cmd 始動にコマンド ライン ウィンドウをタイプして下さい。

  2. x:\CommServer\Utilities\Customer サポートツール\ RPCTest にディレクトリを\変更して下さい。

    x が COM ポートがインストールされているドライブレターであるところ。

  3. 次のコマンドを実行します。

    rpctest -s exchangeservername
    
    

    Unity クレームは応答しないこと exchangeservername が Exchange サーバの名前であるところ。

    このコマンドの結果はサーバが行にまたはオフ・ラインであるかどうか示します。

    この出力は行のサーバを示したものです。

    /image/gif/paws/109709/rpctest_01.gif

    この出力はサーバをオフ・ラインで示したものです。

    /image/gif/paws/109709/rpctest_02.gif

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109709