コラボレーション : Cisco Unified Web Interaction Manager

Cisco Interaction Manager 4.2(5) のアップグレードが SQL 照合順序の非互換性のために失敗する

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco 相互対話マネージャ 4.2(5) アップグレードは SQL 照合順序非互換性が原因で失敗します。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

Cisco Unified Web および E メール 相互対話マネージャのインストール手順

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャバージョン 4.2(5) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

警告 警告: コンフィギュレーションだけ Cisco 相互対話マネージャにある特定の条件を満たす 4.2(5) アップグレードすることができます。

アップグレードを続行する前に、現在のシステムにこれらの設定があることを確認して下さい:

  • マスター、アクティブおよびアーカイブ データベースで、照合順序の設定は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS に行う必要があります。

  • コンフィギュレーションで SQL サーバ 2005 年に既にあっている、SQL サーバ照合順序の設定は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS に行う必要があります。

  • SQL Server 2005 には複合パスワード設定が適用されている必要がある。

  • Cisco 相互対話 マネージャコンフィギュレーションのすべてのサーバで、地方のオプションは英語に設定する必要があります。

警告 警告:  上記の条件が満たされていない場合は、Cisco Interaction Manager 4.2(5) へのアップグレードを開始しないでください。 ソフトウェアダウンロード登録ユーザのみ)から 4.2(5a) をダウンロードして下さい。

問題

Cisco Unified E-Mail Interaction Manager/Web 相互対話マネージャ(EIM/WIM) 4.2(5) アップグレードは SQL 照合順序非互換性が原因で失敗します。 SQL サーバの照合順序が SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS になっていないと、アップグレードは失敗します。

この問題は Cisco バグ ID CSCsx24230登録ユーザのみ)によって文書化されています、Cisco Unified EIM/WIM バージョン 4.2(5a) で解決されます。

解決策

すべてのサーバ上で次の手順を実行します。

ファイルで、サービス、データベースおよびすべてのアプリケーションおよび Webサーバ 設定 する 地方のオプションを確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. [Start] > [Settings] > [Control Panel]を選択します。

  2. Regional and Language Options をダブルクリックする。

  3. Regional and Language Options ウィンドウ内の Regional Options タブ上の Standards and formats セクションで English (United States) が選択されていることを確認する。

データベース サーバ上で次の手順を実行します。

データベースサーバの地方のオプション設定を確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. マスター、アクティブおよびアーカイブ データベースの照合順序の設定が SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS に行われることを確認して下さい。 データベースの照合順序を確認するには、アクティブ、マスター、およびアーカイブ データベースで次のクエリーを実行します。

    Microsoft SQL server 2005 にアップグレード済みの場合は、SQL Server 2005 のデータベースでクエリーを実行する。 データベースが SQL Server 2000 のままになっている場合は、SQL Server 2000 でクエリーを実行する。

    SELECT convert(sysname,DatabasePropertyEx('Database_Name','Collation'))
  2. SQL サーバ 2005 年のデータベースサーバで、照合順序の設定が SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS に行われることを確認して下さい。 このクエリを実行して下さい:

    SELECT convert(sysname,ServerProperty(‘Collation’))
  3. SQL Server 2005 では、複合パスワード ポリシーが SQL Server 2005 のインスタンスに適用されていないことを確認する。 これを確認するには、次のクエリーを実行します。

    IF (SELECT distinct 1 FROM sys.sql_logins
    WHERE is_policy_checked = 1) = 1
    PRINT ‘Complex password policy is enforced’
    ELSE
    PRINT ‘Complex password policy is not enforced’

関連情報


Document ID: 109603