?????? : Cisco ONS 15454 Series Multiservice Provisioning Platforms

ONS 15454 リリース2.2.xから2.2.2 および3.0 ソフトウェアへのアップグレード

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

リリース 2.2x ソフトウェアを実行している Optical Network System(ONS)15454 では、ユーザはリリース 2.2.2 または 3.0 に独自のソフトウェア アップグレードを実行することができます。 このよくある問い合わせでは、これらのソフトウェア アップグレードを完了するために必要なすべての手順が示されているラボ設定について説明します。

このよくある問い合わせのアップグレード prerequites のアップグレード前およびアップグレード終了後のセクションはリリース 2.2.2 および 3.0 ソフトウェアアップグレードによくあります。 アップグレード セクションはリリース 2.2.2 および 3.0 アップグレードにおける手順をカバーします。

注意 注意: Cisco はまたは一般に未開発地域アプリケーションだけと命名されるか何が、新しいシステム 設置のためのリリース 3.0.0 を推奨します。 ONS 15454 リリース 2.2.x から 3.0.0 へアップグレードするとき、ポイントでプロビジョニングの変更の後のアップグレード プロセスがノードで実行された後ノードのリセットを引き起こす場合がある条件は起こるかもしれません。 テストの間に、この条件はアップグレードされたシステムの 2 パーセントよりより少しで経験されました。 ノードがこの条件に下る場合、トラフィックは提供された回線で影響を受けるかもしれません。 リリース 3.0.0 に Upgrade ノードに選択する場合、Maintenance ウィンドウ内のアップグレードを行った、注意注記に説明があるプロシージャに後新しいソフトウェアレベル セクションをアクティブにすることのステップ 9 従って下さい。

アップグレード前提条件

以降のセクションはアップグレードに必要であるハードウェア および ソフトウェア構成前提条件を詳述します。 セクションのそれぞれによって、すべての条件を満たすようにしますはたらかせ。

アップグレード前提条件手順と助けるのに下記のフローチャートを参照して下さい。

/image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade1.gif

Cisco Transport Controllerのワークステーション要件

次の最小限のハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントはソフトウェアアップグレードに必要です:

  • 486 の IBM と互換性のある PC またはより高いプロセッサを使用する Windows ワークステーション。

  • CD ロム ドライブおよび Windows 95、Windows 98、Windows 2000、または Windows NT を実行する 128 MB ランダムアクセスメモリ(RAM)

  • 10baseT イーサネット ネットワーク インターフェイス カード(NIC)を使用して ONS 15454 へのダイレクト接続およびイーサネットケーブル(TCC+ に接続するのに CAT 5 10baseT パッチケーブルを使用して下さい)。 直接 15454 に PC を接続することに関する詳細な使用説明書に関しては Cisco ONS 15454 TCC カード よくある問い合わせへのトラブルシューティング直接 PC接続を、参照して下さい。

  • Netscape Navigator 4.08 またはより高い、Netscape Communicator 4.61 またはより高い、Internet Explorer 4.0 サービスパック 2 を使用するブラウザソフトまたはより高い。 Netscape Navigator がノードと提供された ONS 15454 ソフトウェア CD に含まれていることに注目して下さい。

  • Java ™ポリシーファイルおよび Javaランタイム環境 (JRE) ファイル(ONS 15454 ソフトウェア CD に含まれている)。 CD がない場合、Java ™ Webサイトから JREソフトウェアをダウンロードできます。 リリース 3.0 Javaランタイム環境 (JRE) ファイルのために、リリース 1.2.2_005 またはそれ以降が必要となることに注目して下さい。

DNS および WINS 設定

CTC リリース 2.2.x を実行するワークステーションのための Transmission Control Protocol/Internet Protocol (TCP/IP)ネットワーク特性を設定した場合、ドメイン ネーム サービス(DNS)ことを確認して下さいおよび Windows Internet Naming Service (WINS)解決は無効です。 WINS 解決はまれに使用されませんが、DNS は社内ネットワークで広く使われています。 DNS は有効に なるとき、により CTC はハングします、各ネットワーク ノードでタイミング Communicationa dn コントロール(TCC+)サイドスイッチをロックアップを訂正するように要求します。

DNS および WINS 設定をディセーブルにする方法に関する詳細な使用説明書に関しては ONS 15454 ユーザドキュメントONS 15454 セクションに PC をのステップ 4 を接続すること参照して下さい。

IP Addresses

CTC を実行するワークステーションの他のイーサネットデバイスをすべて(ダイヤルアップのような)ディセーブルにして下さい。 ワークステーションの複数の IP アドレスがある場合、それらを取除いて下さい; 複数の IP アドレスが動作する場合 CTC リリース 2.2.2 をインストールできません。

同じ IPサブネットで複数の ONS 15454 ノードを設定してもらう場合、1 つがルータに接続することができます。 さもなければ、残りのノードは到達不能であるかもしれません。 IP接続に関しては推奨事項は IP アドレッシングにおいてのよくある 問題および 15454 よくある問い合わせのスタティック・ルート15454 セクションのためのよくみられる IP アドレッシング シナリオを示します。

ダイレクトPC接続

フロントパネル イーサネットインターフェイスはリリース 2.2.x で変更されます。 バックプレーンの常置ワイヤーラップ LAN 接続はノードと TCC 通信します(フロントパネル TCC 接続が使用される場合 A か B)はアクティブまたはです。 リリース 2.2.0 をまたはより大きい使用するとき、アクティブであるどれが TCC+ RJ 45 ポートのどちらかによってに関係なく接続できます。

直接 15454 に PC を接続することに関する詳細な使用説明書に関しては、Cisco ONS 15454 TCC カード よくある問い合わせへのトラブルシューティング直接 PC接続を参照して下さい。

ハードウェアの検査

光の Carrier-48 (OC-48) Long Reach (LR) 1550 カードのある特定のハードウェアリビジョンはリリース 2.x.x ソフトウェアをサポートしません。 OC-48 リングがある場合、下記のようにステップに示すように続く前に OC-48 ラインカードのハードウェアリビジョンを、確認して下さい:

  1. CTC Node View から、Inventory タブをクリックして下さい。

  2. 下記に示されているようにハードウェア情報が、含まれている適切なスロットをクリックして下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade2.gif

  3. OC-48 LR ラインカード(008C ハードウェアリビジョンを用いる 1550) OC48 LR があれば、ソフトウェアアップグレードと続く前にそれらを取り替える必要があります。

TCC+ 確認

下記のようにステップに示すようにデュプレックスよくあるモジュールがあるように、確認するのに CTC を使用するようになって下さい:

  1. ノードにログイン して下さい。

  2. スロット 7、8、10、および 11 にインストールされる重複した TCC+ および Cross Connect (XC)または Cross Connect Virtual Tributary (XCVT)カードがあることを確認して下さい。 リリース 2.2.x はシンプレックス オペレーションをサポートしません。

    15454_sw_upgrade3.gif

  3. ネットワークの各ノードのステップ 1 および 2 を繰り返して下さい。

Telnetセッション

ネットワークのあらゆるノードへのすべてのアクティブ な Telnet セッションが閉じることを確かめて下さい。

追加スーパーユーザ

新しいスーパーユーザは、CISCO15、リリース 2.2.0 に追加されました。 現在 cerent454 スーパーユーザ名前を使用できますがこのユーザ名は将来のリリースで停止されます。

AIPの検証

  1. ボードに直面するように) ONS 15454 ノードの背部を検知 し、右側に押される ATM インターフェイス プロセッサ (AIP)のグリーンのボードを見つけて下さい(書き込みは横です。

  2. 部品番号のステッカーを取付けて下さい。 数はステッカーの P/N に先行される必要があります。

    部品番号のステッカーがない場合、数自体はボードに押されるかもしれません。

  3. 部品番号が 67-11-00015 である場合、AIP ボードは取り替える必要があります。 さもなければ、AIP ボードはソフトウェアアップグレードをサポートします。

  4. ステップをネットワークのすべてのノードのための 1-3 繰り返して下さい。

/image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade4.gif

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アップグレード前の手順

以降のセクションはアップグレードに必要であるハードウェア および ソフトウェア構成前提条件を詳述します。 セクションのそれぞれによって、すべての条件を満たすようにしますはたらかせ。

アップグレード前の手順と助けるのに下記のフローチャートを参照して下さい。

/image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade5.gif

データベースのバックアップをとる

リリース 2.2.x からリリース 2.2.2 か 3.0 ソフトウェアへアップグレードする前に、ネットワークの各ノードのための現在のデータベースをバックアップすることは必要です。

  1. CTC にログイン して下さい。

  2. Node View から、下記に示されているように Maintenance > Database タブを、クリックして下さい:

    15454_sw_upgrade6.gif

  3. 『Backup』 をクリック して下さい。

  4. ワークステーションのハード ドライブまたはネットワーク ストレージでデータベースを保存して下さい。 ファイル拡張子 .db と適切なファイル名を使用して下さい(たとえば、myDatabase.db)。

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade7.gif

  5. [Save] をクリックします。 ファイルによって受け取ったダイアログボックスは下記に示されているように、現われます:

    15454_sw_upgrade8.gif

  6. [OK] をクリックします。

ネットワークを文書化する方法

Cisco は適当ことをところで記録 することを推奨しますそれまたはプリント スクリーンを書くことによって手動で ネットワークの各ノードのための重要な情報を。 このステップはデータベースをバックアップした後オプションです。 記録 する必要がある情報を判別するのに次 の テーブルを使用して下さい。 ネットワークの各ノードのための表(かあなた自身のバージョンを)完了して下さい。

項目 ここのレコードデータ(該当する場合)
ノードの IP アドレス  
ノードネーム  
タイミング設定  
Data Communications Channel (DCC)接続; アクティブになる DCC があるすべての光ポートをリストして下さい  
ユーザー ID (すべてをリストしま、少なくとも 1 人のスーパ ユーザを含んでいます)  
コンポーネント; Inventory ウィンドウからの Print 画面をして下さい  
アクティブ TCC+ スロット 7 か SLOT 11 (範囲 1)
アクティブ XC スロット 8 かスロット 10 (範囲 1)
ネットワーク情報; Network ビューの Provisioning タブからのすべての情報を記録して下さい  
現在の設定: BLSR、リニア、等  
システムのすべての保護グループをリストして下さい; Protection Group ウィンドウからの Print 画面をして下さい  
アラームをリストして下さい; アラーム ウィンドウからの Print 画面をして下さい  
回線をリストして下さい; 回線 ウィンドウからの Print 画面をして下さい  

各ノードのためのデータベースをバックアップすることおよび各ノードのための必要情報を記録 した後、ソフトウェアアップグレードを開始して準備ができています。

注意 注意: 一時トラフィック割り込みはアップグレードの間に可能性のあるです。 各回線の 60 ms 以下のトラフィック割り込みは新しいソフトウェアレベルのアクティベーションの間に可能性のあるです。 イーサネットに関しては、可能性のある各回線の数分まで持続するトラフィックの中断は Spanning Tree Protocol (STP)再計算が可能な限り原因です。

注意 注意: アップグレードの間にメンテナンスまたはプロビジョニング アクティビティを行わないで下さい。

最も直接ワークステーションに接続されたノードから開始は最大のダウンロード パフォーマンスを実現します。 ただし、ほとんどのネットワークで通常最も遠いノードでアクティベーションを始めることは安全であり、ものの方に続行するために最も直接に接続されます。 これは予期せぬ 事態によりアップグレードが失敗すれば場合 No ノードが残されることの危険がある状態にであることを確認します。 この問題はネットワークアドミニストレーション ポリシーの関係です。

アップグレード手順

リリース 2.2.0 からアップグレードする場合、封切り ptfix.exe スクリプト(PC)なります。 リリース 2.2.1 からアップグレードする場合、この資料の Uploadingthe 新しいソフトウェアレベル セクションに直接行って下さい。

TCC+ カードに 2 つのフラッシュ ランダムアクセスメモリ(ラム)があります。 アップグレードは両方のバックアップおよびアクティブな TCC+ カードのバックアップ RAM にソフトウェアをアップロードします。 これはアクティブなソフトウェアがプライマリ RAM 位置で動作し続けるので、トラフィックに影響を及ぼしません。 従って、ソフトウェアをいつでもアップロードできます。

アップグレード手順をソフトウェア リリース レベル 2.2.2 のためにテストするとき、ケースの非常に小さいパーセントで、Bidirectional Line Switched Rings (BLSR)トランクカードがハングする可能性があることが分られました。 回避策は BLSR トランク カードをリセットすることです。 従ってソフトウェア リリース レベル 2.2.2 にアップグレードしている場合、新しいソフトウェアレベルをことをアクティブにする前に各ノードの BLSR トランクカードをリセットすることは必要であることが、推奨されます。

アップグレード手順と助けるのに下記のフローチャートを参照して下さい。

/image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade9.gif

ptfix.exe スクリプトの実行

ソフトウェア レベル上のリリース 2.2.0 にアップグレードするスクリプト ptfix.exe が最初に動作するために必要となります。 スクリプトはリリース 2.2.1 スタンバイのための新しい TCC+ カードのメモリのパーティションを行いましたり/ソフトウェアを以上に保護します。 それは 16384 から 65536 バイトにクラスタ サイズを変更します。 リリース 2.2.1 からアップグレードする場合、このプロシージャをスキップし、この資料の Uploadsection と続けることができます。

注意 注意: 複数のノードおよび 1 つのワークステーションのスクリプトを同時に実行しないで下さい。

スクリプトを実行しておよそ 2 から 3 分かかります。 neceessary、IP アドレスの前にメモリ配分を取消すために- u オペランドを規定できます。

  1. CTC リリース 2.2.0 を使用する、ワークステーションに接続されるノードからの最も遠いノードにログイン して下さい。

  2. 既存 の アラームがあるように ONS 15454 を確認して下さい。 続行する前に顕著なアラームを解決して下さい。

  3. Node View から、下記に示されているように Maintenance > Software タブを、クリックして下さい:

    15454_sw_upgrade10.gif

  4. アクティブ ロードが 2.2.0 であることを確認して下さい(02.20-001A-00.38)。 スクリプトがリリース 2.2.0 (02.20-001A-00.38)ロードのためにだけはたらくことに注目して下さい。

  5. ONS 15454 にすべてのアクティブ な Telnet接続を切断して下さい。

  6. コマンド ウィンドウで、CD ソフトウェア Cisco15454 ディレクトリから、下記に示されているようにスクリプトを実行しているノードの IP アドレスを使用して ptfix.exe を、実行して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade11.gif

    このステップはおよそ 2 から 3 分かかります。 スクリプトが正常に完了したら、アップグレード準備メッセージ全体が現れます。

  7. CTC 接続を切断し、以前にに接続された同じノードに再接続して下さい(ずっとノードからスクリプトを実行しました)。

  8. Network ビューから、スクリプトを実行したノードにログイン して下さい。

  9. Maintenance > Software タブをクリックして下さい。

  10. 保護ソフトウェアが下記に示されているように今どれも、ではないことを確認して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade12.gif

    いつでもリリース 2.2.2 ロードの前のアクティブ/スタンバイ な TCC+ リブートがアクティブになる場合スクリプトを再実行して下さい。

新しいソフトウェアレベルのアップロード

次の手順を実行します。

  1. 既存 の アラームがあるようにリングのすべてのノードを確認して下さい。 続行する前に顕著なアラームか異常 な 状態を解決して下さい。

  2. 顕著なアラームがあらゆる同期 ファシリティに対して宣言されていないようにして下さい。 続行する前に同期 ファシリティのマイナー、メジャー、または重要なアラームをクリアして下さい。

    情報 アラームはカラーでブルーです; これらを無視できます。

  3. すべてのノードのチェックし、解決アラームの後で、と開始したノードにだけ新しいソフトウェアレベルをアップロードして下さい。 リリースに関しては 2.2.0 アップグレードは、これごく最近スクリプトを実行したノードです。

    ソフトウェア アップグレード プロセスの間に、アラームはソフトウェアアップグレードが作業のために起こっている示し、TCC+ カードをことを保護します。 これはアップグレードが完了するとき下記に示されているように正常、アラーム白、です:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade13.gif

  4. アップグレードしているノードに戻。 Node View から、下記に示されているように Maintenance > Software タブを、クリックして下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade12.gif

  5. [Upgrade] をクリックします。 ソフトウェアアップグレード ダイアログボックスは開きます。

  6. 新しいソフトウェアレベルが含まれている CD-ROMドライブを参照し Cisco15454 フォルダを開くか、または新しいソフトウェアをにダウンロードしたディレクトリに行って下さい。 下記のスクリーン ショットでは /Upgrade と呼ばれるディレクトリからアップロードしています:

    15454_sw_upgrade14.gif

  7. .pkg 拡張を用いるファイルを選択し、『Open』 をクリック して下さい。 CTC はステータスウィンドウを表示する従って下記に示されているようにアップグレード プロセスを、監視できます:

    15454_sw_upgrade15.gif

    新しいソフトウェアレベルがアクティブな、スタンバイ TCC+ カードにコピーされた後、正常に転送されたファイルが現われる下記に示されているようにことを示すメッセージ:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade16.gif

    アップグレード プロセスは 30 分または多くを奪取できます。

BLSRリングロックアウトの実行

ノードが BLSR 設定にある場合、新しいソフトウェアレベルをアクティブにする前にリング ロックアウトを行うことは必要です。 リング ロックアウトは切り替えからリングを守ります(ルーティングトラフィックは同期転送信号(STS を保護します)) アップグレードの間にシェルフ ブーティングでカードによって引き起こされるビットエラーが原因で。 BLSRリングですべてのノードのためのリング ロックアウトを行って下さい。 リング ロックアウトのために下記のステップを完了して下さい。

ロックアウトの間に、BLSR スパンは保護されません。 リングのすべてのノードをアクティブにした後ロックアウトを取除くことを忘れないでいて下さい。

リングかスパン切り替えを防ぐために、各ノードの東および西スパンのロックアウトを行って下さい。

  1. 行って下さいアップグレードの間にスイッチが下記のステップに従って発生することを防ぐためにリング ロックアウトを:

    1. Maintenance > Ring タブをクリックして下さい。

    2. 下記に示されているように西および東側オペレーション両方のためのプルダウン メニューからロックアウト スパンを、選択して下さい:

      15454_sw_upgrade17.gif

    3. コマンドを起動するために『Apply』 をクリック して下さい。 プロンプトにはい答えて下さい。 新しいソフトウェアレベルがロードされるまでこの状態にノードを残して下さい。

      15454_sw_upgrade18.gif

      下記に表示されるロックアウト要求 アラームはウェストスパンおよびイーストスパンをロックすると現われます。 下記のスクリーン ショットでは Node-A はプライマリ タイミング 基準としてスロット 6 で OC-48 カードを使用しています。 このような理由でロックアウト スパンが適用するとき、追加アラームをロックアウト スパンがプライマリ タイミング 基準を失いましたことを示すことを参照します。

      /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade19.gif

      保護 STS タイム・スロットのデフォルト K アラームかアラームはこのロックアウト期間の間に発生する場合があります。 それらが発生する場合これらのアラームを無視して下さい。

      /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade20.gif

  2. BLSR の各ノードでステップ 1 を繰り返して下さい。

  3. ソフトウェア リリース レベル 2.2.2 にアップグレードするとき、BLSR トランクカードをリセットすることは必要です。 ソフトウェア リリース レベル 3.0 にアップグレードしている場合このステップが必要ではないことに注目して下さい。 Node View から、それぞれ 15454 シャーシの BLSR トランクカードすべてを右クリックし、それらをリセットして下さい。 これは新しいソフトウェアレベルのロードの間に使用できなくなる BLSR カードのリスクを防いで必要です。

    15454_sw_upgrade21.gif

    下記に示されているようにプロンプトに、はい答えて下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade22.gif

    BLSR カードが正しくリセットしない場合、ソフトウェア バージョンのロードと続く BLSR カード befoe における問題を解決して下さい。 物理的にカードを必要ならば再置して下さい。 カードを再置する必要がある場合保護 スイッチのすべてのロックアウトを解放するために最初に確かめて下さい。 カードがリブートされ、アクティブになると、ロックアウトを再度発行して下さい。

  4. BLSRリングの各ノードでステップ 3 を繰り返して下さい。

保護グループ

すべてのカードことを確かめて下さい保護グループの一部である(1:1 および 1:N)その保護グループの現用カードでアクティブでであって下さい保護 スイッチによってが発生しなくて。 すなわち、保護カードがスタンバイに続行することを前にあることを確かめて下さい。

新しいソフトウェアレベルのアクティブ化

ログインはネットワークの最も遠いノードおよびワークステーション ノードの終了にはじまって各ノードを、アクティブにし。

リリース 3.0 ソフトウェア レベルをアクティブにした上で、一連の Java例外エラーを受け取ることができます。 2.2.x は解読することができないこと設けられるリリース 3.0 のための Javaコード ベースの変更が原因であるので、これらのメッセージを無視して下さい。 Java 例外は悪影響をもたらしません。

  1. スクリプトを実行したノードにログイン して下さい。

  2. そのノードの IP アドレスを記録して下さい。

  3. ノードにアクティブアラームがないことを確認して下さい。

  4. Node View から、Maintenance > Software タブをクリックして下さい。

  5. 保護ソフトウェアが下記に示されているようにアップグレードのために、選択されるソフトウェア レベルによってリリース 2.2.2 または 3.0 を、表示することを確認して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade23.gif

  6. 『Activate』 をクリック して下さい。 Activate ダイアログボックスは下記に示されているように警告メッセージと、現われます:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade24.gif

  7. アクティベーションを続行するために『Yes』 をクリック して下さい。 アクティベーションの最初の部分は 2 から 3 分に完了し、下記のように表示されるメッセージを発行します:

    15454_sw_upgrade25.gif

    これはアクティベーションが完了した、ノードが今、リブートする下記に示されているようにことを確認するメッセージに先行しています:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade26.gif

  8. [OK] をクリックします。

  9. ソフトウェアアップグレードがそのノードで続く前に終わるまで待って下さい。

    アクティベーションはノードからスタンバイ TCC+ にはじまって、インストールされる各カードによって続行します。 スタンバイ TCC+ が十分にアクティブになり、十分にリブートされれば、アクティブ TCC+ および他の TCC+ リブートになります。 それから、XC か XCVT および Alarm Interface Card (AIC)再度ブートする; 次に、ラインカードは一つずつ左から右へ起動します。 プロセス全体はおよそ 30 分かかります。 このプロセスは影響を与えるトラフィックです従って Maintenance ウィンドウの間に新しいロードをアクティブにすることを Cisco は推奨します。 Time Division Muliplexing (TDM)トラフィックは 50 ms かより大きいヒットに耐え、イーサネットトラフィックは STP 再計算による約 3 から 4 分ヒットを奪取 します。 結局カードは、アクティブ XCVT 再度起動しますすべての回線が正しくアップデートされるようにするために起動しました。 アクティブ XCVT がこの最終的な再度ブートするおよびすべてのアラーム オフを終えれば、次 の ステップに安全に進むことができます。

    注意 注意: ONS 15454 リリース 2.2.x から 3.0 へアップグレードするとき、条件はアップグレード プロセスの後でポイントでノードのリセットを引き起こす場合があるアクティベーションの間にプロビジョニングの変更がノードで実行されたとき起こるかもしれません。 カードが新しいソフトウェアを正常にロードしない場合アクティベーションが完了した後、持続するノードはこの状態を入力したことを示す通信障害(CONTBUS)状態を見るかもしれません。 ノードがこの状態にあれば、最初にリセットされないことすべてのカードが(カードを除く)ソフト再度ブートするを行い、新しいソフトウェア イメージをリロードするかプロビジョニングの変更によりノードはシステム全体のリセットに入ります場合があります。 ノードがこの条件に下る場合、トラフィックは提供された回線で影響を受けるかもしれません。

    アップグレードが完了する後ないクリア CONTBUS アラームを参照したら、手動で アラームを生成したカードを再置して下さい。

    アップグレード アクティベーションが成功したようにするために、Cisco はノードにプロビジョニングの変更を実行することを、推奨します下記のようにステップに示すように:

    1. Node View で、下記に示されているように Provisioning > Timing タブを、クリックして下さい:

      15454_sw_upgrade27.gif

    2. 参考資料のリスト ペインでは、NE 参照の 1 つを変更し、『Apply』 をクリック して下さい。

    3. 1 分を待ち、そして同じ NE 参照背部を再度変更し、『Apply』 をクリック して下さい。

      存在 する問題が動きで 30 分タイマー 設定 されれば Maintenance ウィンドウの間に発生するようにノード リセットがしますまたは間、人員がオンサイトの。 ノードのための ALARMS パネルの SYSBOOTアラームを探して下さい。 プロビジョニングの変更がおよびそこにノードのために CTC ALARMS パネルで現在の SYSBOOTアラームではなかった 30 分後ノードがリセットしなければソフトウェアのアクティベーションは正常でした。

  10. リリースに関しては 2.2.2 アップグレードは、Netscape または Internet Explorer ブラウザをシャットダウンし、再起動します。 リリースに関しては CTC 内からの 3.0 アップグレードは下記のようにスクリーン ショットに示すように、> 終了、『File』 を選択 します:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade28.gif

  11. ステップ 2 (IP アドレスがブラウザのロケーションバーからの IP アドレスを使用して CTC ににそれでもあったら、Shiftキーを単に維持し、ブラウザ リロード/Refresh ボタンをクリックできます)再接続して下さい。

    リリース 3.0 TCC ソフトウェアは今下記に示されているように 3.0 の、水平な新しい CTCソフトウェアをダウンロードする必要があります:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade29.gif

    下記に示されている Delete CTC Cache 画面は今現われる必要があります。 続くために Delete CTC Cache ボタンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade30.gif

    下記に示されているように新しい今 CTC アプレット アップロード、:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade31.gif

    新しいリリース 3.0 にソフトウェア レベルを再接続することを試みるとブラウザがハングしたりおよびパーソナルコンピュータから cms*.jar ファイルを削除することを試みる場合、再度再接続することを試みて下さい。

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade32.gif

    新しい CTC アプレットは CTC リリース 2.2.x と後方に互換性があるので、アップグレードしている間ネットワーク可視性都合します。

  12. それぞれアップグレードされるべき残りのノードのそれぞれにログイン し、下記の手順を繰り返して下さい。 これらの手順のそれぞれは TCC+ カードがあり、ソフトウェア リリース 2.2.x を実行している各ノードのために実行された必要があります。 各ノードが終了した後新しい Java Plug-In をダウンロードする、ONS 15454 ノードから Netscape の CTCセッションのログアウトなります。 各ノードが Next ノードをアップグレードする前に(10 分の間クリアされるすべてのアラーム)終わるようにして下さい。 詳細については下記の例を参照して下さい:

  13. 最後のノード(ワークステーションに接続されるノード)をアクティブにした後、リブートするシステムのための待機。

    忍耐強くであって下さい。 システムはリブートするために数分かかるかもしれません。

BLSRリングロックアウトのリリース

新しいソフトウェア ロードがすべてのノードでアクティブになった後すべての BLSR ノードのスパン ロックアウトを解放して下さい。

  1. CTC Node View で、Maintenance > Ring タブをクリックして下さい。

  2. それぞれロックアウトがアクティブである西をおよび右方向を選択して下さい。

  3. 下記に示されているように、『CLEAR』 を選択 して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade33.gif

  4. コマンドを起動するために『Apply』 をクリック して下さい。 リング ロックアウトが下記に示されているように白に、今警告することに注目して下さい:

    15454_sw_upgrade34.gif

  5. リング マップ テーブルを呼び出し、デフォルト K バイトかノード ID ミスマッチ アラームをクリアするために受け入れるために頼むことの下でパネルが表示されるかもしれません:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade35.gif

    また、プロビジョニング > リング タブに行くことは必要かもしれ Ring Map ボタンをクリックします。 下記に示されているように、そうするためにプロンプト表示された場合リング マップを受け入れて下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade36.gif

アップグレード後の手順

以下はソフトウェアアップグレードに問題がある場合必要かもしれないオプションの手順です。 ソフトウェアの最新バージョンでは、アップグレードが完了したことを確認するために、アップグレードの前に記録 された回線をおよび提供情報を再確認することは必要です。 すべてのプロビジョニングが同じであり、ネットワークがトラフィックすべての運送の上にあることを確かめるためにメモとの比較をして下さい。 報告されるアラームがないかまたはアップグレードがそれでもある前にあった少なくとも同じ報告されたアラームことを確認して下さい。

ポスト アップグレード手順と助けるのに下記のフローチャートを参照して下さい。

/image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade37.gif

正しい日付が設定されていることのチェック

アップグレード手順により日付設定は変更します場合があります。

  1. CTC Node View で、Provisioning > General tabs をクリックして下さい。

  2. 正しい日付を設定 し、下記に示されているように、『Apply』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade38.gif

  3. 各々の残りのノードのためのステップ 1 および 2 を繰り返して下さい。

予備のTCC+ ユニットのアップグレード

すべてのスペア TCC+ ユニットは新しいソフトウェア リリース レベルにアップグレードする必要があります。

スペア TCC+ をアップグレードするために、アップグレードされたリリース レベルを実行するノードのスタンバイ スロットにそれを置いて下さい。 カードはアクティブ TCC+ から自動的にアップグレードします。

アップグレード回復手順

ソフトウェアアップグレードが正常に完了する場合、手順は下記の必要ではないです。 ただし、ソフトウェアアップグレードと発生する問題の場合にデータベースを戻すか、または手動で 復元する必要かもしれません。 これが必要になる場合下記の手順を使用して下さい。

アップグレード 回復手順と助けるのに下記のフローチャートを参照して下さい。

/image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade39.gif

前のロード(TCC+ だけ) に戻す

ある特定の状況では、バックアップ データベースに戻ることは必要かもしれません。 リリース 2.2.x からリリース 2.2.2 か 3.0 ソフトウェアへアップグレードする前に、ネットワークの現在のデータベース ノードをまったくバックアップして下さい(ソフトウェアをアップグレードして下さい)。 Cisco は強くハード ドライブにすべての重要な情報を記録するか、またはエクスポートすることを推奨します。 バックアップ データベースに戻る必要がある場合次のプロシージャを使用して下さい。

前に戻を始める、各ノードで BLSR をスパン ロックアウトを行う必要があれば提供してもらえば。 BLSRリングのスパン ロックアウトを行うために BLSRリングロックアウト プロシージャに従って下さい。

サポートされる行うために(非サービスに影響を与える)リリース 3.0 から、そのノードのリリース 3.0 にアクティブになった時はたらいたにちがいないに戻したいリリース戻して下さい。 また、サポートされる前のアクティベーションの時に状態に自動的に復元する ノードコンフィギュレーションを戻ります。 従ってソフトウェアを戻す時アクティベーションが失われた後、行うコンフィギュレーション変更を。

次のプロシージャでは、データベースはリリース 2.2.1 およびそれ以降のためのだけ戻の一部分として、自動的に復元する。 アクティベーションの前にリリース 2.2.0 を実行した場合、戻るために手動でステップを実行した後データベースを復元する必要があります。 手動データベース リストアは影響を与えるトラフィックで Service ウィンドウの間に実行された必要があります。

  1. ノードの IP アドレスを記録して下さい。

  2. Node View から、スタンバイ TCC+ を右クリックし、下記に示されているように Reset Card オプションを、選択して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade40.gif

  3. Are you sure へのはい応答か。 下記に示されているように選択を、確認するように頼むダイアログボックス:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade41.gif

    カードをリセットするにより下記に示されているようにシステム リセットおよび TCC+ 通信故障警告を、引き起こすことに注目して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade42.gif

  4. リブートすることを終わるように TCC+ を待って下さい(これはおよそ 4 分かかります)。 TCC+ がリブートを完了した後、上記のシステム リセットおよび TCC+ 通信は故障警告白。

  5. Node View から、Maintenance > Software タブをクリックして下さい。

  6. 保護ソフトウェアが下記に示されているように 2.2.x (からアップグレードしていたリリース)を、表示することを確認して下さい:

    15454_sw_upgrade43.gif

  7. 戻りますクリックして下さい。 アクティブ化を保護ソフトウェア戻し、以前のロードからのデータベースを復元する。 ダイアログボックスは下記に示されているように選択を、確認するように頼みます:

    15454_sw_upgrade44.gif

  8. [OK] をクリックします。 これはノードへの接続を破棄し、戻を始めます。 戻の間にパネルは下記の表示する:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade45.gif

  9. ノードの変更を取り消した後、下記に示されているノードがリブートすることを示している revert successful パネルは表示する。

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade46.gif

    『Yes』 を選択 し、続く前にノードでシステム 再度ブートする完了まで待って下さい。 ノードへの CTC 接続が再度ブートするの間に失われることを示すパネルは下記の表示する:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade47.gif

    忍耐強くであって下さい。 システム 再度ブートするは 30 分程完了するためにかかるかもしれません。

    個々のカードがリブートされると同時にシステム 再度ブートするを行うにより下記に示されているようにシステム 再度ブートする アラームおよび倍数をノードの他のアラーム、引き起こします:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade48.gif

    再度ブートするが完了する後、白がもしすべてのアラーム。

  10. Netscape または Internet Explorer ブラウザをシャットダウンして下さい。

  11. 別のノードを復元する前に 1 分を待って下さい。

  12. ネットワークのノードすべての変更を取り消した後、ブラウザを再起動し、ステップ 1.で記録した IP アドレスと変更を取り消した最後のノードに再び記録 して下さい。 これはワークステーションにリリース 2.2.x のための適切な CTC アプレットをアップロードします。

    BLSR をおよび提供してもらえば戻プロシージャが各ノードで、リング ロックアウトを解放する必要がある前にリング ロックアウトを実行された。 BLSRリングのリング ロックアウトを解放するために BLSRリングロックアウト リリース プロシージャに従って下さい。

    JRE 1.3.0 にアップグレードした場合、リリース 2.2.1 または前ことができません(またはリリースを 1.0.0)実行する ONS 15327 を実行する ONS 15454 にログイン する。 JRE の前のバージョンを必要としたリリースに戻れば、reinistall Java を必要とし、作業端末システム一時ディレクトリからネットワークのノードすべての変更を取り消した後 JARファイルを削除します。 また JRE 1.3 を使用する、またはアップグレードの間に JRE のより古いバージョンを保ったらリリースに戻れば、これが問題でなければ。

手動でデータベースを復元する

リリース 2.2.0 から、またはある特定の他のケースでアップグレードしたら、アップグレード前のデータベースを手動で 復元する必要であるかもしれません。

注意 注意: リリース 2.2.0 を復元するか、または以降のリリースのためにソフトウェアを戻ったら失敗したら試みたらこれらのステップを実行しないで下さい。

注意 注意: このプロセスは影響を与えるトラフィックで、Service ウィンドウの間に実行された必要があります。

  1. CTC Node View から、下記に示されているように Maintenance > Database タブを、クリックして下さい:

    15454_sw_upgrade49.gif

  2. 『Restore』 をクリック して下さい。 Open ダイアログボックスは現われます。

  3. 以前に保存されたファイルを選択し、下記に示されているように、『Open』 を選択 して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade50.gif

    警告パネルは下記の復元によりトラフィックの損失を引き起こすかもしれないように現われま、言います表示する。 下記に示されているように、続くために『Yes』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade51.gif

    データベースは復元する、TCC+s はリブートします。 復元の終わりに、パネルは下記の表示する。 下記に示されているように、続くために『OK』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade52.gif

    システムをリブートすることが下記のようにパネルによって表示するようにノードへの CTC 接続を失いますことに注目して下さい:

    /image/gif/paws/109594/15454_sw_upgrade47.gif

  4. TCC+s がリブートしたら、一致する前のデータベースのバージョンをことを CTC に再び記録 し、データベースが物理的に回線構成をチェックすることによって復元することを確認して下さい。 Next ノードを復元する前に 1 分を待って下さい。


関連情報


Document ID: 109594