音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Unified Communications Manager 6.x: 時間帯のルーティング設定の例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager 6.x で時刻 ルーティングに設定 例を提供したものです。 時刻 ルーティングは Time Of Day に基づいて異なる場所にコールがなされること呼び出しをルーティングします。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified CallManager Administration のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager 6.x/7.x/8.x

  • Cisco IP 電話 7900 シリーズ

  • MCS7800 シリーズで動作する Cisco Unified CallManager 6.x/7.x/8.x

  • Cisco IOS の Cisco 3600 シリーズ ルータか。 ソフトウェア リリース 12.4 または それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

時刻 ルーティング

時刻 ルーティングはコールが作られる Time Of Day に基づいて異なる場所に呼び出しをルーティングします。 たとえば、営業時間の間に、呼び出しはオフィスにルーティング時間後に、呼び出しは音声メッセージシステムまたはホーム数か別の位置に直接行くことができます。

時刻 ルーティングが呼び出しで保存するコストをできる現在の時刻に基づいて呼ルーティング パスを制御するのに使用することができます。 次に、例を示します。

  • 営業時間の間のだけ割り当て国際電話のコール。

  • 休日のブロック国際電話のコール。

  • 非オフィス時間の間に自宅 の 電話か音声メッセージシステムに外部コールを転換して下さい。

Cisco Unified Communications Manager のためのワールド・トゥデイ Cisco Unified Communications Manager システム ガイド時刻 ルーティングセクションを参照して下さい詳細については 6.0(1) をリリースして下さい

設定

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/109588/tod_routing_example01.gif

時刻 ルーティングコンフィギュレーション

この設定例は Cisco Unified Communications Manager の時刻 ルーティングを設定する方法を示します。 Cisco Unified Communications Manager サーバー拡張機能は 8000 - 8999 範囲にあります。

この例では、すべての外部コールは非オフィス時間の間に転換された 8005 フロント・オフィス拡張であり、呼び出しは営業時間の間にそれぞれ拡張に達します。

この設定のための Cisco Unified Communications Manager の時刻 ルーティングを設定するステップはここにあります:

  1. 時間を作成して下さい。

  2. 時間表を作成し、時間と関連付けて下さい。

  3. パーティションに時間表を割り当てて下さい。

  4. Calling Search Space を作成して下さい。

  5. 変換パターンを設定して下さい。

ステップ 1.時間を作成して下さい

時間は開始するおよび終了時刻および繰り返し間隔(曜日か規定 された 日付によって)定義される時間 範囲を規定 します。 この例は全体の週のためのこの 3 時間を作成します:

  • Business_hrs_TP (9:00 に 18:00)

  • Non_Business_hrs_TP1 (18:00 に 24:00)

  • Non_Business_hrs_TP2 (24:00 に 9:00)

時間を作成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > コントロール > 時間のクラス 『Call Routing』 を選択 して下さい。

    検索およびリスト 時間 ウィンドウは現われます。

  2. 新しい時間を追加するために『Add New』 をクリック して下さい。

  3. 時間 情報フィールドで適切な値を入力して下さい。

    /image/gif/paws/109588/tod_routing_example02.gif

    たとえば期間(9:00 に 18:00)が、これらの値を入力する時最初に、設定するため:

    1. Name フィールドで時間の名前を入力して下さい。 この例は Business_hrs_TP を使用します。

    2. 日付開始する ドロップダウン リストの時から 09:00 を選択して下さい。

    3. 日終わりドロップダウン リストの時から 18:00 を選択して下さい。

    4. 繰り返しを各オプション ボタン クリックして下さい。

    5. 月曜日をドロップダウン リストからの週から選択し、次にドロップダウン リストから金曜日を選択して下さい。

    6. 時間を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

  4. 期間作成したいと思うたびに『Add New』 をクリック し、前の手順をのための繰り返して下さい。

  5. 時間が正常に作成されたことを確認するために検索時間 オプションを使用して下さい。

    tod_routing_example03.gif

ステップ 2.時間表を作成して下さい

時間表は時間と関連付けられる明確な時間期間のグループです。 それらが設定されれば、時間表 コンフィギュレーションウィンドウの使用可能時間期間リスト ボックスの時間 ディスプレイ。 この場合、時間を選択し、指定時間 リスト ボックスに追加できますできます。

この例は 2 つの時間表を(Business_hrs_TS および Non_business_hrs_TS)作成し、Business_hrs_TP (9:00 に 18:00)時間と Business_hrs_TS 時間表および Non_Business_hrs_TP1 (18:00 に 24:00)および Non_Business_hrs_TP2 (24:00 に 9:00)時間と Non_Business_hrs_TS 時間表を関連付けます。

時間表を作成し、時間に割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > コントロール > 時間表のクラス 『Call Routing』 を選択 して下さい。

    検索およびリスト 時間表 ウィンドウは現われます。

  2. 新しい時間表を追加するために Add New ボタンをクリックして下さい。

    tod_routing_example04.gif

  3. Name フィールドで時間表の名前を入力して下さい。

  4. 使用可能時間期間リスト ボックスから指定時間 リスト ボックスに必須時間を移動するのに下 矢印を使用して下さい。

  5. 変更を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

  6. Non_Business_hrs_TS 時間表を作成するためにこれらのステップを繰り返して下さい。

  7. 時間表が正常に作成されたことを確認するために検索時間表 オプションを使用して下さい。

    tod_routing_example05.gif

ステップ 3.パーティションに時間表を割り当てて下さい

時間表はパーティションに割り当てられるまでアクティブになりません。 その時に時間表で規定 されるただアクティブであるはずであるパーティションに時間表を割り当てて下さい。 パーティションはディレクトリ番号のようなルートパターン、ルートパターンおよび変換パターンのリストが含まれています。

この例は 2 partions を作成します: Business_par および Non_Business_par

(営業時間の間にアクティブである)パーティション Business_par Business_hrs_TS 時間表と Non_Business_hrs_TS 時間表と関連付ける必要があり(非オフィス時間の間にアクティブである) Non_Business_par 関連付ける必要があります配分しました。

パーティションを作成し、これらのパーティションに時間表を割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > コントロール > パーティションのクラス 『Call Routing』 を選択 して下さい。

    検索およびリスト パーティション ウィンドウは現われます。

  2. 新しい時間パーティションを追加するために『Add New』 をクリック して下さい。

  3. Business_par および Non_Business_par を配分 情報 リスト ボックスで入力し、次に『SAVE』 をクリック して下さい。

    tod_routing_example06.gif

  4. CallManager Server で利用可能 なパーティションを取付けるために Find オプションを使用して下さい。

    tod_routing_example07.gif

  5. Business_par チェックボックスをクリックし、時間表 ドロップダウン リストからのこのパーティションに Business_hrs_TS 時間表を割り当てて下さい。

  6. 時間帯を設定 し、変更を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

  7. Non_Business_par チェックボックスをクリックし、時間表 ドロップダウン リストからのこのパーティションに Non_Business_hrs_TS 時間表を割り当てて下さい。

  8. その時間帯と配分を関連付けるために適切な時間時間帯オプション ボタンをクリックして下さい。

    • 開始デバイスを選択する場合、システム チェック 呼び出し側のデバイスの時間帯。

    • この時間帯で規定 される 特定時時間帯を選択する場合、システム チェック。

  9. 変更を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

    tod_routing_example08.gif

ステップ 4. Calling Search Space を作成して下さい

Calling Search Space はコール特権を制限するためにデバイスに一般的に割り当てられるルート パーティションの規則正しく並べられたリストです。 Calling Search Spaces は呼び出し側のデバイスが検索(コールルーティング要求のを含む IP 電話、softphones、ゲートウェイおよび他のどのもとも)できる配分を判別しますコールを完了するように試みるとき。

この例は CSS1 と指名される Calling Search Space を作成します。

Calling Search Space を作成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > コントロール > Calling Search Space のクラス 『Call Routing』 を選択 して下さい。

  2. 『Add New』 をクリック し、Name フィールドで CSS1 を入力して下さい。

  3. 利用可能 なパーティション リスト ボックスから選択したパーティション リスト ボックスに必須パーティションを移動するのに下 矢印を使用して下さい。

    /image/gif/paws/109588/tod_routing_example09.gif

  4. Calling Search Space を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

  5. Calling Search Space が正常に作成されたことを確認するために Find オプションを使用して下さい。

    tod_routing_example10.gif

  6. 設定のすべての利用可能 な IP 電話に CSS1 Calling Search Space を割り当てて下さい。

    1. Device > Phone の順に選択 して下さい。

      [Find and List Phones] ウィンドウが表示されます。

    2. Cisco Unified Communications Manager ですべての登録済みの IP 電話を見つけるために『Find』 をクリック して下さい。

    3. 各電話に関しては、電話を選択し、Calling Search Space ドロップダウン リストから CSS1 を選択して下さい。

      tod_routing_example11.gif

ステップ 5.変換パターンを設定して下さい

Cisco Unified Communications Manager はそれがコールをルーティングする前にダイヤルされた数字を処理するために変換パターンを使用します。

営業時間の間に非オフィス時間他では呼び出しの間にです転換された 8005 フロント・オフィス拡張達しますそれぞれデスクにすべての外部コールのための変換パターンを作成して下さい。

  1. > 変換パターン 『Call Routing』 を選択 して下さい。

    検索およびリスト 変換パターン ウィンドウは現われます。

  2. 新しいビジネス以外の時間の間にルーティングコールのための変換パターン(8XXX)を作成するために追加をクリックしこの変換パターンに Non_business_par パーティションを割り当てて下さい。

    tod_routing_example12.gif

  3. 着呼側変換 Mask フィールドで拡張番号を 8005 入力して下さい。

    tod_routing_example13.gif

  4. この変換パターンを保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

  5. 営業時間の間にルーティングコールのための別の変換パターン(8XXX)を作成するために『Add New』 をクリック しこの変換パターンにパーティション Business_par を割り当てて下さい。

    tod_routing_example14.gif

    注:  このステップのための着呼側変換 Mask フィールド ブランクを残すことができます。

    /image/gif/paws/109588/tod_routing_example15.gif

  6. この変換パターンを保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

確認

この設定が正しく機能することを確認するために、これらの手順を完了して下さい。

  • 営業時間の間に、外部電話から内線の何れかにコールを作って下さい。 たとえば、8001。 コールは正確な拡張に達する必要があります。

  • ビジネス以外の時間の間に、外部電話から内線の何れかにコールを作って下さい。 たとえば、8001。 コールはフロント・オフィス拡張 8005 に転換する必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109588