音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Unified Communications Manager 5.x: メモリの問題のトラブルシューティング

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2009 年 3 月 24 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Communications Manager 5.x でのメモリの問題をトラブルシューティングする方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Communications Manager 5.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

仮想メモリのモニタ

リアルタイムのメモリ使用量を監視する複数の方法があります。 グラフィカル形式のクラスタのすべてのサーバのための RTMT Summary 画面 ディスプレイ総仮想メモリ 使用方法。

  • RTMT CPU およびメモリ 画面

    RTMT CPU およびクラスタのすべてのサーバのためのグラフィカル形式のメモリ 画面 表示総仮想 な 使用方法。 またクラスタの各サーバのためのメモリ使用量の破壊を表示するテーブル ビューが含まれています。

  • RTMT プロセス 画面

    プロセス 画面はプロセスごとのメモリ使用 の 詳細を提供します。 メモリ情報に加えて、この画面は処理するために他の関連情報を提供します。

  • RTMT パフォーマンス ビューア

    メモリ perfmon オブジェクトの下にいくつかのシステム・ レベル カウンターがあり、プロセス perfmon の下のいくつかのプロセス・ レベル カウンターは反対します。

」自由なメモリは「カウンターを「使用し」、

自由なカウンターは使用可能メモリ量を示し、使用されたカウンターは使用されたメモリの量を示します。 これらのカウンターにおいての問題は自由なカウンターがかなり小さい数を示す、使用されたカウンターはサーバでインストールされる合計物理メモリの近くの数を示しますことであり。 これにより問題を引き起こす場合がありますメモリは非常に低い実行していることをその位結論する。

有効に なる リモート アクセスをアクセスできる場合コマンド show tech 動作時メモリおよび show tech 動作時 cpu コマンドを実行することはまたメモリ不足の同じ情報を与えます。 ただし、システムは Linux がメモリを管理する方法が理由でメモリの長時間の停止状態のヒントなしで正常に稼動します。 Linuxシステムがメモリ負荷の下にないとき、カーネルのキャッシュすべてはゆっくり一定時間にわたり育ちます。 Linux はより大きいキャッシュを保存することを好みます万一に備えて誰かがキャッシュで情報を必要とする。 結局、誰も実際にそれを必要としない場合キャッシュ メモリを戻す原因がありません。 このキャッシュ メモリは必要をそれ以上のメモリ処理するときすぐに利用できます。 従ってメモリの本当使用方法を計算する方法は利用可能ようにバッファのおよびキャッシュ メモリ、また空きメモリ カウントによって行います。 Mem %使用されるおよび VM %は使用されるこのロジックに基づいて計算されます:

Actual used physical memory size = Total KBytes * % Mem Used
Actual used virtual memory size = (Total KBytes + Total Swap KBytes) * % VM Used

よくあるメモリ問題

メモリリーク

プロセス オブジェクト VmSize が一定時間にわたり増加し続ける場合メモリリークはプロセスと関連付けられるかもしれません。

注: VmSize カウンターはキロバイト(KB)のタスクのための総仮想メモリ 使用方法を表示する。 交換されたすべてのコード、データ、共有ライブラリをおよびページが含まれています

  • トレース、RIS トラブルシューティング の ログ、先祖などのような必要なトラブルシューティング情報を保存した後サービスを再開したいと思うかもしれません

  • ファイル 記述子(FD)リークはメモリリークという結果に終る場合があります。 FD 数をチェックするために show process リスト fd を使用して下さい。

  • スレッド数をチェックして下さい。 スレッドを引き起こときデフォルトで Linux が 10M スタック メモリを割り当てるのでスレッド リークによりまたメモリリークを引き起こす場合があります。 各プロセスのためのスレッド数は RTMT プロセス 画面で示されています。 スレッドのための perfmon カウンターがあり、システム perfmon の下の FD 数は反対します。

警告: LowAvailableVirtualMemory

このアラートは利用可能 な 仮想メモリが乏しくなっていることを示します。 仮想メモリはスワップ メモリと物理メモリで構成されています。 このアラートは VM %の設定されたアラートしきい値に対して使用される比較に基づいています。 % VM 使用されるあります計算されるとして(総 K バイト-自由な K バイト-バッファ K バイト-キャッシュされた K バイト + 共用 K バイト + 使用されたスワップ K バイト)/(総 K バイト + 合計スワップ K バイト)。 仮想メモリがなくなるとき、オペレーティング・ システムは仮想メモリを自由に使えるようにするために予測不可能な方法のプロセスを強制終了します従って状況最初に処理することは重要です。

  1. メモリリークを疑う場合、そのプロセスを再起動する必要があります。 VmSize がメモリリークを長い期間監視するのに使用することができます。 また、VmRSS カウンターは物理メモリの量にプロセス使用を示します。

    注:  VmRSS カウンターはキロバイト(KB)これにはコードが含まれている、データおよびスタックの物理メモリに現在ある Virtual Memory (VM)常駐員一定サイズ(RSS)を表示する。 さまざまなプロセス カウンターに関する詳細については、パフォーマンス オブジェクトおよびカウンターを参照して下さい。

  2. システム・ レベルの RTMT 概略および CPU およびメモリ画面 show memory 使用方法。 プロセス 画面はプロセス・ レベルでメモリ使用量で情報を提供します。

CUCM 7.x へのアップグレードした後で、このエラーを受け取るかもしれません: [RTMT アラートStandAloneCluster] LowAvailableVirtualMemory

これのためのソリューションはこのコマンドの使用によってパブリッシャの CLI からの Cisco Tomcat Service を再開することです:

  • utils サービス再始動 Cisco Tomcat

警告: LowSwapPartitionAvailableDiskSpace

このアラートは利用可能 なスワップ パーティションが乏しくなっていることを示します。 スワップ パーティションは仮想メモリの一部です; 従って、低く利用可能 なスワップ パーティション ディスクスペースは低い仮想メモリを同様に示します。

  1. どの位スワップ領域および仮想メモリがディスク 使用方法および CPU およびメモリ画面のか検知によってまだ利用できるか調べて下さい。

  2. 調べるために RTMT プロセス 画面を使用して下さい使用をほとんどのメモリ(VmSize による並べ替え)処理する。

  3. その場合、そのプロセスを再起動する必要があればこのアラートはまたメモリリークが原因で発生する場合があります従ってどのプロセスでも異常なほどのメモリを使用するかどうか確認したいと思います。

また、RTMT アラートを参照して下さい: 詳細については LowSwapPartitionAvailableDiskSpace

警告: LowActivePartitionAvailableDiskSpace

アクティブ パーティションで利用可能 なごくわずかディスクスペースがあることを示す RTMT は LowActivePartitionAvailableDiskSpace アラートを表示する。

Cisco Unified 通信マネージャはアクティブ パーティションの少しだけ利用可能空間と動作するように設計されています。 従って、ほとんどの場合このアラームは問題を表しません。 ただし、追加ディスクスペースは 5.1(3) および 6.1 リリースで使用できるようにされます。 この問題を取り払うために、CUCM 5.1(3) および 6.1 リリースにアップグレードできます。 これらのリリースへのアップグレードがオプション、でなかったら、次のプロシージャを使用して RTMT のアラーム しきい値を変更して下さい:

  1. RTMT にログイン し、> アラート > アラート本部『Tools』 を選択 して下さい。

  2. LowActivePartitionAvailableDiskSpace を右クリックし、アラートのプロパティを『Set』 を選択 して下さい。

  3. [Next] をクリックします。

  4. より低い値に値を変更して下さい。

  5. 『Next』 をクリック し、次に『Next』 をクリック して下さい。

  6. 『Activate』 をクリック して下さい。

既知の問題

ここにいくつかのディスクを十分に引き起こすありましたりまたはディスク完全な問題によって作成されます CUCM 5.x の既知の障害は:

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 109478