コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

AppAdmin ページの非アクティブのエージェントのリストで表示されない削除されたエージェント

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

削除されたエージェントが AppAdmin 非アクティブ エージェント リストに現われないときこの資料に解決する方法を説明されています。

はじめに

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Contact Center Express

  • Microsoft Active Directory 管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Active Directory (AD) 統合を用いる Cisco Unified Contact Center Express 4.0(x)

  • Microsoft Windows Server

  • Microsoft Active Directory 管理(ADSI は編集します)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

削除されたエージェント の リソースは CRS AppAdminページの非アクティブ エージェントのリストに削除される前に現われる必要があります。 CRS AppAdminページで、> RmCm 『Subsystems』 を選択 し、リソースをクリックして下さい。

/image/gif/paws/108557/delete_agent-1.gif

このページの非アクティブ エージェントにリンクを表示できます。 示されているように非アクティブ エージェントのリストを、見るためにリンクをクリックして下さい。

/image/gif/paws/108557/delete_agent-2.gif

場合によってはエージェントが Cisco Unified Contact Center Express サーバから取除かれるとき、エージェント の リソースは INACTIVE 状態に行きません。 エージェントをこの場合削除十分にできません。 次の セクションはこの問題を解決する方法を記述します。

解決策

非アクティブ エージェントのリストにエージェントを持って来る手動ステップ

次の手順を実行します。

  1. CRS AppAdmin > システム > LDAP 情報を選択し、これらのある値のメモを作って下さい:

    • LDAP 管理者のユーザ名
    • アプリケーション基礎位置
  2. 編集します手動で エージェントを削除するためにユーティリティを Active Directory Services Interface (ADSI)を使用する必要があります。 AD サーバで、ADSI を編集し、ユーティリティをステップ 1.から入力しますユーザ名 資格情報との Microsoft Management Console (MMC)を起動させて下さい。

  3. ADSI では、ステップ 1.からのアプリケーション基礎位置にナビゲート して下さい。

  4. OU=profiles へのドリル ダウンはそれを選択し。 /image/gif/paws/108557/delete_agent-3.gif ウィンドウの右のペインでは、取除かれるべき IPCC 明白なユーザ エージェントのための ciscoCCNocAppProfile 見つけて下さい。

  5. IPCC 明白なユーザ エージェントのための ciscoCCNocAppProfile 右クリックし、『Delete』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/108557/delete_agent-4.gif

  6. 削除が失敗した場合、アクティブ ディレクトリ内の LDAP 管理者のユーザ名のための正しい 許可を適用し、もう一度試す必要があります。

  7. 削除が正常である場合、> サブシステム > RmCm > リソース > 非アクティブ エージェント 『AppAdmin』 を選択 すれば IPCC 明白なユーザ エージェントはリストに現われます。


関連情報


Document ID: 108557