ビデオ : Cisco uBR900 シリーズ ケーブル アクセス ルータ

uBR900 シリーズのケーブル モデムの Cisco IOS ソフトウェアのアップグレード

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この資料は uBR900 シリーズ ケーブルモデムの新 所有者がモデムを設定し、Cisco IOS をことをアップグレードすることで出会う可能性がないことよくある 質問 および 問題を取り上げていますか。 ソフトウェア。 uBR900 シリーズ ケーブル モデムの設定および使用における他の側面の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

Q. いつ uBR900 ケーブルモデムで動作している Cisco IOSソフトウェアをアップグレードすることを考える必要がありますか。

A. uBR 900

以下の状況の時のみに、Cisco IOS

  • uBR900 ケーブルモデムを通してインターネット接続に悪影響を及ぼしているファームウェアの最新バージョンにいる既知の不具合があります。

  • 最新バージョンでサポートされない新しい 機能にアクセスを必要とします。

  • Cisco Technical Assistance Center (TAC)かケーブルサービスプロバイダーによってアップグレードするように助言されました。

Q. 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージのコピーを入手する方法

A. uBR900 ケーブルモデムのための Cisco IOSソフトウェアは Cisco Software Center登録ユーザのみ)からダウンロードすることができます。 Cisco TAC かケーブルサービスプロバイダーがアップグレードするように頼む場合あなたに一般的に イメージを提供します。

注: Cisco Technical Assistance Center (TAC)は uBR900 ケーブルモデムに影響を与えているバグをフィックスするために新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージだけを提供します。 TAC は普通は追加機能および機能性を提供するために Cisco IOSソフトウェアイメージを提供しません。 たとえば、Cisco IOSソフトウェアの最新バージョンが IPSec 機能性をサポートしなければ IPSec をサポートする Cisco IOSソフトウェアイメージを与えるために、TAC は承認されません。 承認されたパーティ Cisco、または別のものからの付加機能のこのイメージを購入して下さい。

Q. uBR900 ケーブルモデムで動作している Cisco IOSソフトウェアをアップグレードする方法

A. uBR900 ケーブルモデムの Cisco IOSソフトウェアのバージョンはアップグレードする必要があることをサービスプロバイダーが推奨すればケーブルサービスプロバイダーはケーブルモデムがオンラインであると仮定します一般にこれを自身することができま。

ローカルイーサネットセグメントを通して uBR900 ケーブルモデムをあなた自身アップグレードする必要があることが分れば最初に手動で IP アドレスをケーブルモデムのイーサネットポートに割り当て、手動で ローカル PC の 1 つに IP アドレスを割り当てる必要があります。 さらに、TFTPサーバアプリケーションをダウンロードし、インストールする必要があります。 使用できる TFTP サーバは数多くあり、インターネットの検索エンジンで「tftp server」を検索すると容易に見つけることができます。 シスコでは、特定の TFTP の実装は推奨していません。

注: UNIX ベースのオペレーティング システムに一般的に tftpd または in.tftpd のような TFTP 組み込みデーモンがあります。 オペレーティング システム ドキュメントを詳細については参考にして下さい。

FTP を通して PC に Cisco IOSソフトウェアイメージをダウンロードしたら、uBR900 ケーブルモデムにそれをロードするのに次のプロシージャを使用して下さい:

  1. イーサネット クロス オーバー ケーブルとケーブルモデムに PC を接続して下さい。

  2. 同じ サブネットの 2 つのイーサネットインターフェイスの適切な IP アドレスを割り当てて下さい。

    注: 手動で ローカルPC かワークステーションに IP アドレスを割り当てる手順はによってどんなプラットフォームおよびオペレーティング システムを使用するか異なります。 Microsoft Windowsベースのシステムを使用している場合、PC の IP アドレスはコントロールパネルアプリケ− ションを使用して普通設定 することができます。

    注: この例に関しては、PC の IP アドレスが 255.255.255.0 のネットワークマスクとの 192.168.1.10 に手動で変更されると仮定して下さい。 他の IP関連 パラメータは PC でこの段階で設定 される必要がありません。

  3. Cisco IOS ソフトウェア アップグレード プロシージャが完了する後それらを戻すことができるように PC の初期IPアドレス設定を記録することを確かめて下さい。 PC またはワークステーションの IP アドレスを変更するとき、変更が影響を奪取 することができるようにそれをリブートしなければならないことができます。

    PC の IP アドレスを手動で設定したら、TFTPサーバアプリケーションを起動させて下さい。 TFTPサーバは操作可能であるはずです。

    注: Cisco TFTP サーバ アプリケーションを実行する場合、浮上するかもしれないサーバにおける潜在的な問題を回避するためにいくつかの設定を変更する必要がありますいくつかの Windowsのバージョンを使用した場合。 必要な変更を行なうために、これらのステップを完了して下さい:

    1. TFTPサーバアプリケーションでは、View > Options の順に選択 して下さい。

    2. オプション ダイアログでは、選択解除するはファイル転送進行状況を示し、ロギングを有効に します

    3. [OK] をクリックします。

    注: この段階では、TFTPサーバは操作可能であるはずです。

  4. uBR900 ケーブルモデムに置くように意図する見つけコンピュータの適切なディレクトリにコピーして下さい Cisco IOSソフトウェアイメージを。 通常、ユーザはそのようなディレクトリ TFTPboot を指名しますが、ほしいと思うものは何でもそれを指名できます。 デフォルトで、Cisco TFTP サーバは TFTP ルート ディレクトリのために次の位置を使用します:

    C:\Program Files\Cisco Systems\Cisco TFTP Server

    これはこのディレクトリに新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージをコピーする必要があることを意味します。 View > Options の順に選択 することによって規定 し、オプション ダイアログの TFTP 望ましいルートを TFTP ルート ディレクトリを Cisco TFTP サーバを使用して変更し、示すことを望んだら。

    TFTPサーバが動作しているおよび新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージが TFTP ルート ディレクトリにあるので、TFTPサーバアプリケーションがそのディレクトリおよびパスを指していることを確かめて下さい。 この場合ディレクトリ 名は TFTPboot です。 通常このパラメータは TFTPサーバアプリケーションのオプション ダイアログで設定 され、D:\TFTPboot のように見えます。

  5. 手動で ケーブルモデムのイーサネットポートに IP アドレスを割り当てて下さい。 次のステップの実行によってこれを達成して下さい:

    1. モデムのケーブルインターフェイスをシャットダウンして下さい。

    2. ブリッジをディセーブルにし、下記に示されているようにルーティングを、有効に して下さい。 下記の例では、イーサネットポート 255.255.255.0 のネットワークマスクとの 192.168.1.1 の IP アドレスは割り当てられています。

      注: 既に uBR900 ケーブルモデムのルーティングを有効に して いる場合、これらのステップを実行する必要はありません。

      Router>enable 
      Router#write memory 
      
      !--- This saves the cable modem's current configuration.
       
      Router#config t 
      Router(config)#no bridge 59 
      Router(config)#interface cable-modem 0 
      Router(config-if)#no cable-modem compliant bridge 
      Router(config-if)#shutdown 
      Router(config-if)#exit 
      Router(config)#ip routing 
      Router(config)#interface ethernet 0 
      Router(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0 
      Router(config-if)#end 
      Router#
  6. この時点でルータおよび PC がイーサネット セグメントに互いに交信を行えることを、確かめて下さい。 ping コマンドの発行によって 2 つのデバイス間の接続を確認できます。 たとえば、PC の IP アドレスが 192.168.1.10 にそして設定 されたら次の router コマンドを実行する可能性があります:

    Router#ping 192.168.1.10 
    Type escape sequence to abort. 
    Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.10, timeout is 2 seconds: 
    .!!!! 
    Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 1/35/100 ms 
    Router#

    感嘆符は PING が正常だったことを意味します。 5 つの成功したping からの得れば 3 つ以上それからこれ十分によいです。 5 つの成功したping から 3 つよりより少しを得る場合、uBR900 ケーブルモデムと PC 間の物理的なケーブル接続をチェックして下さい。 またこと PC におよびケーブルモデムに互いと同じではない、そしてことを IP アドレスに同じネットワーク番号およびサブネット マスクがある IP アドレスがある確認して下さい。

  7. 下記の例に示すようにルータに Cisco IOSソフトウェアイメージを、コピーして下さい。 リモートホストのアドレスか名前は TFTPサーバ PC IP アドレスに設定 し ソースファイル名は正確な Cisco IOSソフトウェアイメージ名前次に TFTP ルート ディレクトリ 設定 する必要があります。 この例でアップグレード イメージ名前は ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3 です。

    Router# 
    Router#copy tftp flash 
    Address or name of remote host []? 192.168.1.10 
    Source filename []? ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3 
    Destination filename [ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3]? 
    <hit enter here> 
    Accessing tftp://192.168.1.10/ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3... 
    Erase flash: before copying? [confirm] 
    <hit enter here> 
    Erasing the flash filesystem will remove all files! Continue? [confirm] 
    <hit enter here> 
    Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee ...erased 
    Erase of flash: complete 
    Loading ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3 from 192.168.1.10 (via cable-modem0): 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    . . . . . 
    . . . . . 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    [OK - 4147112/8093696 bytes] 
    Verifying checksum... OK (0xE6BB) 
    4147112 bytes copied in 123.135 secs (32903 bytes/sec) 
    Router#

    次のようなメッセージを探して下さい:

    %Error opening tftp://192.168.1.10/ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3 
    (No such file or directory)
    

    あらゆるステージでそのようなメッセージが表示される場合、正しいイメージ名があること、そして Cisco IOSソフトウェアイメージがワークステーションの正しいディレクトリにあることを確かめるためにダブルチェックして下さい。 さらに uBR900 ケーブルモデムでそれを入力するとき、ファイル名の端に .bin を追加することを試みることができます。

    また、次 の メッセージを探して下さい:

    %Error opening tftp://192.168.1.10/ubr920-k8o3v6y5-mz.122-3 (Timed out)

    あらゆるステージでこれまたは同じようなメッセージが表示される場合、TFTPサーバが作動中であること、そして uBR900 ケーブルモデムから TFTPサーバ マシンの IP アドレスを ping できることを確かめて下さい。

  8. uBR900 ケーブルモデムをリロードして下さい。

    TFTP 転送が正常だった場合、uBR900 ケーブルモデムの新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージがあり、新しいソフトウェアを実行するためにデバイスをリロードする必要があります。 ルータを循環させる電力または reload コマンドの発行によってこれをすることができます。 reload コマンドを発行する場合、ルータに設定を保存するように指示しないで下さい。 おそらく保存したくない、既にオリジナル設定を保存してしまいましたいくつかの一時的 な 設定変更を行なったことを覚えていれば。

    Router#reload 
    System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no 
    Proceed with reload? [confirm] 
    <hit enter>
    

    ルータは Cisco IOSソフトウェアの新しい バージョンと今リロードする必要があります。 ルータが正常にリブートしたら、ルータが正常に新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージをロードしたことを確認する show version コマンドを発行して下さい。

この段階では設定し直すだった最初にものに PC の IP アドレス プロパティを必要があります。 変更が影響を奪取 することができるように PC をリブートする必要がある場合もあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 107613