音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Cisco Unity Connection 2.x: メッセージの再生後にタイムスタンプのアナウンスをオフにすることができない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity Connection 2.x によって、メッセージ再生の後でタイムスタンプ 発表を消すことを試みるときそれは各メッセージの前後にアナウンスされるタイムスタンプという結果に終ります。

このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Unity 接続 2.x バージョン

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

デフォルトで各メッセージが TUI メッセージ交換の間にとき電話からの音声メールをチェックする再生された、Cisco Unity Connection 2.x は時間/日付をアナウンスします。 各メッセージ演劇の前に時間/日付をアナウンスするためにデフォルトを変更できます。 これのために、Cisco Unity バルクメッセージ交換 > メッセージ確認編集しツールを、回りますアナウンスします各メッセージを再生する前に時間を行って下さい。

これをした後、タイムスタンプは各メッセージの前におよび各メッセージの後でのためにアナウンスされます。 これはユーザに迷惑である場合もあります。 Cisco Unity Connection 1.2 の前のバージョンでは、各メッセージを再生する前にアナウンス時間をつけることは各メッセージの後で自動的にタイムスタンプを消しました。 従って、発表がの前か後にありますただ。 Unity 接続 2.x はポートこの機能性。

この問題はまた Cisco バグ ID CSCsr12433登録ユーザのみ)で文書化されています、これは Cisco Unity Connection 7.0(1) で固定されます。

解決策

これを固定する唯一の方法はデフォルトがの後のの前にに変更されるとき各メッセージを再生した後アナウンス時間を消すために CLI のスクリプトを実行することです。

Unity 接続 2.x の CLI では、消えるためにこのスクリプトをメッセージ時間/日付発表の後で実行して下さい:

run cuc dbquery unitydirdb update tbl_usersubscriber set saytimestampafter=0

関連情報


Document ID: 107565