音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

RTMT のパーティションの領域のアベイラビリティのアラートのトラブルシューティング

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 6 月 27 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はアラートを記述したものですそれを解決するために実時間監視 ツール(RTMT)および必要な ステップの内で現われる。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified Communications Manager 5.x および RTMT のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Communications Manager 5.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco CallManager サーバでは、スワップは 10%以下で利用可能 な ディスクスペースを配分しました。 LowSwapPartitionAvailableDiskSpace パーティションに RTMT から利用可能 な ディスクスペース アラートの 7%現われますあります

/image/gif/paws/107494/rtmt-alert1.gif

解決策

このアラートはスワップ パーティションがより少ない利用可能空間を非常に残される示し、システムによって頻繁に使用されますことを。 必要とされたときスワップ パーティションが普通物理的 な RAM キャパシティを伸ばすのに使用されています。 RAM があまり使用されるには十分なら通常の状態では、スワップはべきではないです。

このアラートは利用可能 な ディスクスペースのためのデフォルトしきい値が高い 値に設定 されるとき現われます。 たとえば RTMT アラートを、Cisco はより低い数字に利用可能 な ディスクスペースのためのデフォルトしきい値を設定 することを推奨します停止するため、2%以下。

RTMT のこのアラートを停止するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. RTMT にログイン して下さい。

  2. > アラート > アラート本部『Tools』 を選択 して下さい。

  3. LowActivePartitionAvailableDiscSpace を右クリックして下さい。

  4. アラートのプロパティを『Set』 を選択 して下さい。

  5. [Next] をクリックします。

  6. 1 か 2% に値を変更して下さい。

  7. /次に『Next』 をクリック して下さい。

  8. 『Activate』 をクリック して下さい。

    注: このアラートが TEMPファイルの蓄積によって引き起こされる場合があると同時に不必要な TEMPファイルをクリアするためにサーバの再度ブートするは recommanded。

    注: 不必要なトレース設定を消して下さい。 トレースはトラブルシューティングの間にしかつける必要がありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 107494