ワイヤレス : Cisco 4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

ワイヤレス ゲスト アクセス FAQ

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 20 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Wireless Network の一部であるワイヤレス ゲスト アクセス機能に関するよく寄せられる質問(FAQ)について説明します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. セキュリティで保護されていないネットワーク エリアへの Ethernet over IP(EoIP)トンネルとは何ですか。

A. ゲスト トラフィック専用のコントローラの使用が推奨されます。 このコントローラはゲスト アンカー コントローラと呼ばれます。

ゲスト アンカー コントローラは通常、非武装地帯(DMZ)と呼ばれるセキュリティで保護されていないネットワーク エリアにあります。 トラフィックの発信元である他の内部 WLAN コントローラは、企業の LAN 上にあります。 企業のデータ トラフィックからのゲスト トラフィックのパス分離を確実にするために、内部 WLAN コントローラとゲスト アンカー コントローラとの間に EoIP トンネルが確立されます。 パス分離は、ゲスト アクセスに向けた重要なセキュリティ管理機能です。 この機能は、セキュリティと Quality of Service(QoS)ポリシーを分離し、ゲスト トラフィックと企業または内部トラフィックとの間で区別されることを確実にします。

Cisco Unified Wireless Network アーキテクチャの重要な機能は、ネットワーク内の特定のゲスト アンカー コントローラに 1 つ以上のプロビジョニングされた WLAN(つまり、SSID)を静的にマップするために 1 つの EoIP トンネルを使用できることです。 マッピングされた WLAN で送受信されるすべてのトラフィックは、リモート コントローラとゲスト アンカー コントローラの間に確立される静的な EoIP トンネルを通過します。

この方法を使用し、関連付けられたすべてのゲスト トラフィックを企業ネットワークからセキュリティで保護されていないネットワーク エリアに存在するゲスト アンカー コントローラに透過的に転送できます。

Q. ゲスト アンカー コントローラとして導入する適切なコントローラを選択するにはどうすればよいのですか。

A. ゲスト アンカー コントローラの選択は、アクティブなゲスト クライアント セッションの数によって定義されているか、またはコントローラ上のアップリンク インターフェイスの容量によって定義されているか、あるいはその両方で定義されたとおりのゲスト トラフィック量に依存します。

ゲスト アンカー コントローラあたりの総スループットとクライアントの制限は次のとおりです。

  • Cisco 2504 ワイヤレス LAN コントローラ:4 個の 1 Gbps インターフェイスと 1000 個のゲスト クライアント

  • Cisco 5508 ワイヤレス LAN コントローラ(WLC):8 Gbps と 7,000 個のゲスト クライアント

  • Cisco Catalyst 6500 シリーズ Wireless Services Module(WiSM-2):20 Gbps と 15,000 個のクライアント

  • Cisco 8500 ワイヤレス LAN コントローラ(WLC):10 Gbps と 64,000 個のクライアント

注: Cisco 7500 WLC をゲストのアンカー コントローラとして設定することはできません。 ゲストのアンカー機能をサポートする WLC のリストについては、「セキュリティで保護されていないネットワーク エリアのゲスト アクセスをサポートするには、どのコントローラを使用できますか。」 を参照してください。

各コントローラのデータベースには、最大 2048 件のゲスト ユーザ名とパスワードを保存できます。 したがって、アクティブなゲストのクレデンシャルの総数がこの数を超える場合は、複数のコントローラが必要です。 また、ゲストのクレデンシャルは外部 RADIUS サーバに保存できます。

ネットワーク内のアクセス ポイントの数は、ゲスト アンカー コントローラの選択には影響しません。

Q. ゲスト アンカー コントローラではいくつの Ethernet over IP(EoIP)トンネルを終端させることができますか。

A. 1 つのゲスト アンカー コントローラは、内部 WLAN コントローラから最大 71 個の EoIP トンネルを終端できます。 このキャパシティは WLC- 2504 を除く、Cisco ワイヤレス LAN コントローラのどのモデルで同じです。 2504 コントローラは、最大 15 個の EoIP トンネルを終端できます。 追加のトンネルが必要な場合は、複数のゲスト アンカー コントローラを設定できます。

EoIP トンネルは、各 EoIP でトンネリングされた WLAN や Secure Set Identifier(SSID)の数とは関係なく、WLAN コントローラごとにカウントされます。

ゲスト アンカー コントローラと内部の各コントローラとの間には、ゲスト クライアントの関連付けに使用するアクセス ポイントをサポートする 1 つの EoIP トンネルが設定されます。

Q. 異なるソフトウェア バージョンを実行するコントローラ間に Ethernet over IP(EoIP)トンネルを作成できますか。

A. すべてのワイヤレス LAN コントローラのソフトウェア バージョンで EoIP がサポートされているわけではありません。 そのような場合は、リモート コントローラとアンカー コントローラで同じバージョンの WLC ソフトウェアを実行する必要があります。 ただし、最新のソフトウェア バージョンではリモート コントローラとアンカー コントローラが異なるバージョンを持つことができます。

次の表に、EoIP トンネルを作成できるワイヤレス LAN コントローラのソフトウェア バージョンを示します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/4400-series-wireless-lan-controllers/107458-wga-faq-01.gif

Q. Cisco 2100/2500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラはセキュリティで保護されていないネットワーク エリアのゲスト アンカー コントローラとして使用できますか。

A. はい。Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース 7.4 以降、Cisco 2500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラはファイアウォールの外側のゲスト トラフィックを終端できます(最大 15 個の EoIP トンネル)。 Cisco 2000 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラは、ゲスト トンネルを開始できるだけです。

Q. サービス統合型ルータ用の Cisco ワイヤレス LAN コントローラ モジュール(WLCM または WLCM2)はセキュリティで保護されていないネットワーク エリアのゲスト アンカー コントローラとして使用できますか。

A. いいえ。WLCM または WLCM2 はゲスト トンネルを終端できません。 WLCM はゲスト トンネルを開始できるだけです。

Q. セキュリティで保護されていないネットワーク エリアのゲスト アクセスをサポートするには、どのコントローラを使用できますか。

A. EoIP トンネルの終端、Web 認証、およびゲスト クライアントのアクセス制御を含む、ゲスト トンネルのアンカー機能は、次のバージョン 4.0 以降のソフトウェア イメージの Cisco ワイヤレス LAN コントローラ プラットフォームでサポートされています。

  • Cisco Catalyst 6500 シリーズ Wireless Services Module(WiSM2)

  • Cisco WiSM-2 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

  • Cisco Catalyst 3750G 統合ワイヤレス LAN コントローラ

  • Cisco 5508 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

  • Cisco 2500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ(サポート導入はソフトウェア リリース 7.4)

Q. ゲスト アンカー コントローラがファイアウォールの外側で使用される場合、正しく動作するにはどのファイアウォール ポートをゲスト アクセスに対してオープンにしますか。

A. ゲスト アンカー コントローラとリモート コントローラの間にあるファイアウォールで、次のポートをオープンする必要があります。

  • ユーザのデータ トラフィック用の IP プロトコル 97

  • トンネル コントロール トラフィック用の UDP ポート

オプションで管理するため、次のファイアウォール ポートをオープンする必要があります。

  • SSH/Telnet:TCP ポート 22/23

  • TFTP:UDP ポート 69

  • NTP:UDP ポート 123

  • SNMP:UDP ポート 161(取得と設定)および 162(トラップ)

  • HTTPS/HTTP:TCP ポート 443/80

  • Syslog:TCP ポート 514

  • RADIUS 認証/アカウント:UDP ポート 1812 および 1813

Q. Network Address Translation(NAT)が設定されたファイアウォールをゲスト トラフィックは通過できますか。

A. ファイアウォールを通過する EoIP トンネルでは、1 対 1 の NAT を使用する必要があります。

Q. アンカーと外部 WLC のシナリオでは、どちらの WLC が RADIUS アカウンティングを送信しますか。

A. このシナリオでは、認証は必ずアンカー WLC で行われます。 したがって、RADIUS のアカウンティングはアンカー WLC によって送信されます。

Q. 内部コントローラとアンカー コントローラの間のゲスト トンネルに障害が発生します。 WLC に次のログが表示されます。 mm_listen.c:5373 MM-3-INVALID_PKT_RECVD: Received an invalid packet from 10. 40.220.18. Source member:0.0.0.0. source member unknown... これは、なぜですか。

A. [WLANs] ページで WLC GUI からのトンネルの状態をチェックします。 WLAN の近くにあるドロップダウン ボックスをクリックし、コントロールとデータ パスの状態を含む [Mobility Anchors] を選択します。 エラー メッセージが表示される原因としては、次のいずれかが考えられます。

  1. アンカー コントローラと内部コントローラのコードのバージョンが異なります。 これらが同じバージョンのコードを実行していることを確認します。

  2. モビリティ アンカーの設定が間違っています。 DMZ でモビリティ アンカーとして DMZ が設定されていることを確認し、内部 WLC にモビリティ アンカーとして DMZ WLC が設定されていることを確認します。 モビリティ アンカーを設定する方法の詳細については、『Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド、リリース 7.0』の「自動アンカー モビリティの設定」セクションを参照してください。 この結果、ゲスト ユーザはトラフィックを渡すことができなくなります。

Q. ワイヤレス ゲスト アクセスの設定で、クライアントが DHCP サーバから IP アドレスを取得しません。 「Thu Jan 22 16:39:09 2009: XX: XX: XX: XX: XX: XX DHCP dropping REPLY from Export-Foreign STA」エラー メッセージが内部コントローラに表示されます。 これは、なぜですか。

A. ワイヤレス ゲスト アクセスの設定では、ゲスト アンカー コントローラと内部コントローラの DHCP プロキシ設定が一致する必要があります。 そうでない場合、クライアントからの DHCP 要求がドロップされて、次のエラー メッセージが内部コントローラに表示されます。

Thu Jan 22 16:39:09 2009: XX:XX:XX:XX:XX:XX  DHCP dropping REPLY from Export-Foreign STA

WLC で DHCP プロキシ設定を変更するには、次のコマンドを使用します。

(Cisco Controller) >config dhcp proxy ?

enable         Enable DHCP processing's proxy style behaviour.
disable        Disable DHCP processing's proxy style behaviour.

両方のコントローラで show dhcp proxy コマンドを使用し、両方のコントローラの DHCP プロキシ設定が同じことを確認します。

(Cisco Controller) >show dhcp proxy

DHCP Proxy Behaviour: enabled

(Cisco Controller) >

Q. ゲスト トラフィックがセキュリティで保護されていないネットワーク領域にトンネリングされている場合、ゲスト クライアントはどこから IP アドレスを取得しますか。

A. ゲスト トラフィックは、EoIP 経由のレイヤ 3 で企業内で転送されます。 したがって、ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)サービスをローカルに実装できる最初のポイントはゲスト アンカー コントローラか、またはゲスト アンカー コントローラは外部サーバにクライアントの DHCP 要求をリレーできます。 これは、ドメイン ネーム システム(DNS)のアドレス解決が処理される方法でもあります。

Q. Cisco ワイヤレス LAN コントローラでは、ゲスト認証用の Web ポータルがサポートされていますか。

A. Cisco ワイヤレス LAN コントローラ、ソフトウェア バージョン 3.2 以降では、免責事項およびアクセプタブル ユース ポリシー情報を表示する機能とともに、認証のためにゲスト クレデンシャルを取得して、簡単なブランド化機能を提供する組み込みの Web ポータルが提供されています。

Q. Web ポータルをカスタマイズするにはどうすればよいのですか。

A. Web ポータルをカスタマイズする方法の詳細については、「Web 認証のログイン ページを選択する」を参照してください。

Q. ゲストのクレデンシャルはどのように管理されるのですか。

A. ゲストのクレデンシャルは、Cisco Wireless Control System(WCS)バージョン 7.0 または Network Control System(NCS)ver 1.0 を使用して作成および一元的に管理できます。 ネットワーク管理者はゲストのクレデンシャルを作成するために、「Lobby Ambassador」アクセスを許可する限られた特権の管理者アカウントを設定できます。 WCS または NCS では、Lobby Ambassador アカウントのユーザは、ゲスト アンカー コントローラとして機能するコントローラのゲストのクレデンシャルを作成、割り当て、監視、削除することができます。

Lobby Ambassador はゲストのユーザ名(またはユーザ ID)とパスワードを入力するか、またはクレデンシャルを自動生成できます。 すべてのゲストが 1 種類のユーザ名とパスワードを使用できるようにするか、または各ゲストが一意のユーザ名とパスワードを使用できるようにするグローバル設定パラメータがあります。

WCS で Lobby Ambassador アカウントを設定するには、『Cisco Wireless Control System コンフィギュレーション ガイド、リリース 7.0』の「ゲスト ユーザ アカウントの作成」セクションをを参照してください。

Q. Cisco ワイヤレス LAN コントローラでは、Wireless Control System(WCS)や NCS に加えて Lobby Ambassador 機能を使用できますか。

A. はい。 WCS または NCS が導入されていない場合、ネットワーク管理者はゲスト アンカー コントローラで Lobby Ambassador アカウントを作成できます。 Lobby Ambassador アカウントを使用してゲスト アンカー コントローラにログインするユーザは、ゲスト ユーザの管理機能にだけアクセスできます。

複数のゲスト アンカー コントローラがある場合、複数のゲスト アンカー コントローラでユーザ名を同時に設定するには、WCS または NCS を使用する必要があります。

ワイヤレス LAN コントローラを使用して Lobby Ambassador アカウントを作成する方法の詳細については、『Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド、リリース 7.0』の「Lobby Ambassador アカウントの作成」セクションを参照してください。

Q. 外部の認証、許可、およびアカウンティング(AAA)サーバを使用してゲストを認証することはできますか。

A. はい。 ゲストの認証要求は外部 RADIUS サーバにリレーできます。

Q. ゲストがログインすると、何が起こりますか。

A. ワイヤレス ゲストが Web ポータルを介してログインすると、ゲスト アンカー コントローラは、次の手順を実行して認証を処理します。

  1. ゲスト アンカー コントローラは、ユーザ名とパスワードがローカル データベースがあるかどうかをチェックし、それらがある場合はアクセスを許可します。

  2. ユーザ クレデンシャルがゲスト アンカー コントローラのローカルに存在しない場合、ゲスト アンカー コントローラは外部 RADIUS サーバがゲスト WLAN に設定されているかどうかを確認するため WLAN 設定を確認します。 そのように設定されている場合は、コントローラが、そのユーザ名とパスワードで RADIUS アクセス要求パケットを作成し、選択された RADIUS サーバに転送して認証します。

  3. 特定の RADIUS サーバが WLAN に設定されていない場合、コントローラはグローバルの RADIUS サーバの設定をチェックします。 「ネットワーク ユーザ」を認証するオプションが設定されたすべての外部 RADIUS サーバがゲスト ユーザのクレデンシャルを使用してクエリーされます。 「ネットワーク ユーザ」が選択されたサーバが存在せず、ステップ 1 またはステップ 2 でユーザが認証されない場合、認証に失敗します。

Q. ゲストのユーザ認証を省略し、Web ページの免責事項オプションだけを表示することはできますか。

A. はい。 ワイヤレス ゲスト アクセスの別の設定オプションは、ユーザ認証をすべて省略して、オープン アクセスを可能にすることです。 ただし、アクセスを許可する前に、ゲストにアクセプタブル ユース ポリシーおよび免責事項のページを表示する必要がある場合があります。 これを行うには、Web ポリシーのパススルーをゲスト WLAN に設定できます。 このシナリオでは、ゲスト ユーザが、免責情報を含む Web ポータル ページにリダイレクトされます。 ゲスト ユーザを識別できるようにするため、パススルー モードには接続前に電子メール アドレスをユーザが入力するオプションもあります。

Q. リモート コントローラとゲスト アンカー コントローラを同じモビリティ グループにする必要がありますか。

A. いいえ。 ゲスト アンカー コントローラとリモート コントローラには、異なるモビリティ グループを指定できます。

Q. 複数のゲスト SSID がある場合、それぞれの WLAN(SSID)を一意の Web ページ ポータルにダイレクトすることはできますか。

A. はい。 単一または複数のいずれでも WLAN 上のすべてのゲスト トラフィックは、1 つの Web ページにリダイレクトされます。 WLC バージョン 4.2 以降では、それぞれの WLAN を一意の Web ポータル ページにダイレクトすることができます。 詳細については、『Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド、リリース 7.0』の「WLAN ごとのログイン ページ、ログイン失敗ページ、ログアウト ページの割り当て」セクションを参照してください。

Q. WLC リリース 7.0 の新しい設定、MAC フィルタ障害時の WebAuth の機能とは何ですか。

A. WLAN にレイヤ 2(mac-filter)およびレイヤ 3(webauth-on-macfilter-failure)セキュリティの両方が設定されている場合、クライアントはいずれかに適合すると、RUN の状態になります。 また、レイヤ 2 セキュリティ(mac-filter)で失敗すると、クライアントはレイヤ 3 セキュリティ(webauth-on-macfilter-failure)に移行します。

Q. ブラウザでプロキシ サーバが設定されている場合、クライアントは正しく動作しますか。

A. リリース 7.0 より前では、クライアントはブラウザでプロキシ サーバが設定されているときは TCP 接続を確立できませんでした。 リリース 7.0 以降では、WebAuth プロキシ サーバのサポートが追加され、プロキシ サーバの IP アドレスとポートをコントローラで設定できるようになりました。

Q. ワイヤレス ゲスト アクセスの導入ガイドはありますか。

A. 以下は、導入ガイドのリンクです。

導入ガイド: Cisco ワイヤレス LAN コントローラを使用した Cisco ゲスト アクセス

Q. 有線およびワイヤレス ゲスト アクセスのデザイン ガイドはありますか。

A. 以下は、デザイン ガイドのリンクです。

Cisco ユニファイド ワイヤレス ゲスト アクセス サービス

Cisco WLAN Controller を使用した有線ゲスト アクセスの設定例

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 107458