音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager のアップグレード: 加入者データベースの複製のエラー

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified CallManager をアップグレードする試みの間に失敗するの Database エラーメッセージに接続するために現われます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified CallManager 4.x

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManagerアップグレード エラー

Cisco Unified CallManager データベース 複製 検証はパブリッシャー データベース サーバをチェックし、パブリッシャに追加されるサブスクライバのうちのどれかが到達可能ではない場合データベース複製のための設定された加入者サーバはアップグレード前に、そうあります、複製 検証は Database エラー エラーメッセージを接続するために失敗するの戻します。

Cisco Unified Communications Manager アップグレード ユーティリティは、不侵入ツール、Cisco Unified Communications Manager にアップグレードを行う前に Cisco Unified Communications Manager クラスタのサーバの健全性を検出する。 このユーティリティはクラスタのすべての加入者サーバのためのデータベース複製ステータスを確認します。 このユーティリティはデータベースがシステムについての最新情報が含まれていること検証します。 検証結果は失敗されるか、または成功する実行、アイドル状態が含まれています。

解決策

この状況はクラスタをアップグレードする前にクラスタに追加されるサブスクライバが到達可能またはきちんと取除かれないと起こります。 ために解決は作られるべき到達可能に加入者サーバのために、適切なゲートウェイを追加するか、またはクラスタから記述されていたプロシージャと加入者サーバをきちんと削除します。

Cisco CallManager クラスタからの加入者サーバの削除

サブスクライバにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 疑わしい Cisco Unified CallManager をアップデートし、別のサーバに割り当てるか、または CallManager Server 管理 ページからのそのサーバに割り当てられる Cisco Unified CallManager を削除して下さい。

  2. 削除したいと思う使用し、そのサーバで動作するサービスを無効にするサーバを MOH サーバおよびコンファレンスブリッジを、MTP 削除して下さい。

Cisco Unified CallManager からの削除加入者サーバ

Cisco CallManager クラスタから加入者サーバを削除するとき、Cisco CallManager Administration でサーバコンフィギュレーション ウィンドウを使用します。 しかしこの削除は Cisco CallManager Administration データベースからサーバを削除しますが、サーバ 依存関係すべてが削除されません。 それで動作する特定の Cisco Unified CallManager があるサーバを削除できません。 調べるために Cisco Unified CallManager がサーバを使用する、サーバコンフィギュレーション ウィンドウからの依存関係レコード リンクをクリックして下さい。 依存関係レコードがシステムのために有効に ならない場合、依存関係レコード サマリ ウィンドウはメッセージを表示する。

SQL 複製 情報を取除いて下さい

Cisco CallManager Administration を使用するときサーバが削除された後、SQL 複製 情報を取除くためにスクリプトファイルを実行して下さい。 加入者サーバのためのパブリッシャ サーバおよびもののために存在 する スクリプトファイル。 削除したいと思う Cisco CallManagerパブリッシャ サーバからの RemoveServerFromDB.bat スクリプトファイルを実行して下さい。 このスクリプトはあらゆるディレクトリからのコマンド プロンプトから動作します。

手順

次の手順を実行します。

  1. パブリッシャ サーバのあらゆるディレクトリから、このコマンドを入力して下さい:

    <path where you saved the script>:\RemoveServerFromDB
    		  "server" "database" "name_of_server_to_delete_from_ProcessNode.Name"
    

    このコマンドがコマンド プロンプトから動作する時、エラー表示; 別途のエラー ログ ファイルは生成されません。

  2. 実行して下さいサブスクライバの RemoveSubscription.bat スクリプトを—削除したいと思う Cisco Unified CallManager 加入者サーバからの RemoveSubscription.bat スクリプトファイルを実行して下さい。 このスクリプトはあらゆるディレクトリからのコマンド プロンプトから動作します。

    <path where you saved the
    		  script>:\RemoveSubscription "server" "database"
    
  3. 取除いて下さい冗長 DCD 複製に関する合意—加入者サーバがクラスタから削除された後、パブリッシャ DCD から DCD 複製 情報を取除くために clean_publisher スクリプトを実行して下さい。 スクリプトファイルはパブリッシャ サーバだけで実行します。 Cisco CallManager リリース 3.3 およびそれ以降のスクリプトにアクセスできます。 それは Cisco ディレクトリ コンポーネントのインストールの間に Cisco CallManager サーバでインストールされます。 パブリッシャ サーバのあらゆるディレクトリから、このコマンドを入力して下さい: c:\ >Clean_publisher.cmd

    このスクリプトファイルはパブリッシャ DCD からすべての非存在サブスクライバに複製に関する合意を取除きます。 それは既存のデータを削除または変更します。

    注: 管理者がサーバを削除し、Clean_publisher.cmd スクリプトを実行しないし、次にから取除かれた同じクラスタに同じホスト名を用いるサーバ背部を追加すれば、サブスクライバ DCD を設定するのに使用する DCD スクリプトは Cisco Unified CallManager インストールのディレクトリ インストールの間にパブリッシャ DCD データベースからサーバの前の DCD 複製に関する合意をクリーンアップします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 107377