音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

IP Phone: ビジー時のコール転送により速いビジー音が発生する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 10 月 30 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、発信者に、コールが転送された番号から速いビジーが聞こえ、転送されたコールが失敗するときの Cisco IP Phone での速いビジーに関する問題を解決する方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified 通信マネージャ

  • Cisco 7900 シリーズ IP Phone

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 4.x

  • Cisco Unified 通信マネージャ 5.x

  • Cisco IP Phone 7960

この文書に記載されている情報は Cisco Unified 通信マネージャに 4.1(3) 基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

コール自動転送

自動転送は被呼加入者が忙しくまたは利用できないのでコールが IP Phone に伸びるが、未解答に行きますとき使用されます。 転送された コールは別の電話番号か音声メール数に送信することができます。

問題

コールを転送するために Cisco IP Phone が設定 されるとき転送された コールははたらかないし、発信者は使用中か実行されたトーンを聞きます。 これは内部および外部転送された コールのために発生します。

解決策

自動転送は前方ループ防止が MaxForwardsToDn カウンターのリークが不当に引き起こされた原因であるので失敗します。

前方最大ホップ数: カウンターはコールがそのダイヤル番号から転送されるたびに増分します。 コールがクリアされるか、または接続されれば、カウンターは減少されます。 このロジックは CCM の間で外部ループと PSTN、か CCM および別の PBX 検出する、クリアします。

Cisco Unified CallManager はこのパラメータで規定 されるホップの数が超過し、最終 宛先が利用できなければ場合コールを終了します(たとえば、使用中か登録済み)。 このパラメータで規定 されるホップの数が超過する場合、コールは終了します。 呼び出しの突進が同時に入り、答えられない場合、この数は最大を増加し、超過する可能性があり呼び出しは終了します。

この問題を解決するために、MaxForwardsToDn カウンターをリセットするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. phonethat のフックを離れて持ち、高いカウンターを CCM に登録します行って下さい:

    電話がコードを受け入れることを可能にするために dialpad から **##*30 を入力して下さい。

  2. 同じ Cisco IP Phone のフックを離れて再度行き、dialpad から MaxForwardsToDn カウンターをクリアするために **##*35 を入力して下さい。

  3. 問題が解決するかどうか確認するために IP Phone に呼び出しを完了して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 107346