音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity の登録ユーザのグループへのボイスメールの送信

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity の登録ユーザのグループにボイスメールを送信する方法、または、Cisco Unity にパブリック同報リストを作成する方法について説明します。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Cisco Unity 4.x

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

パブリック同報リストが複数の加入者にボイス メッセージを送信するために使用されます。 パブリック同報リストに割り当てられている加入者は通常、同じ情報を定期的に必要とする加入者(部門の従業員、チームのメンバーなど)です。

各加入者アカウントに関連付けられたサービス クラスにより、加入者が Cisco Unity のパブリック同報リストにメッセージを送信できるかどうかが指定されます。

公共分配リスト

公共分配リストの作成

グループに音声メールか音声 メッセージを送るために Cisco Unity の公共分配リストを作成する必要があります。 あらかじめ定義されたリストを修正できますまたはその上に、Microsoft Exchange から公共分配リストをインポートできます。 非サブスクライバが Cisco Unity 管理者で表示するけれども、Cisco Unityサブスクライバおよび非サブスクライバは両方インポートされた分配リストのメンバーとして含まれています

手順説明

公共分配リストを作成または変更するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity システム アドミニストレータ Webページにログインして下さい。

  2. 左メニューで、公共分配リストをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/100910/unity-voicemail-group01.gif

  3. 右で見つけられる新しい公共分配リストを作成するためにボタンを『Add』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/100910/unity-voicemail-group02.gif

    次のウィンドウが表示されます。

    unity-voicemail-group03.gif

  4. 分配リストを挙げ、『Add』 をクリック して下さい。 それを作成してもらったら拡張を Extension フィールドのこのリストに設定 し、アイコンを『SAVE』 をクリック して下さい。

    unity-voicemail-group04.gif

  5. この場合、分配リストにメンバーを追加するためにメンバーに行って下さい。 3 つのオプションがあります:

    • 表示して下さい

    • 追加

    • 削除

    unity-voicemail-group05.gif

    選択した加入者を追加できますまたは検索リストからのこのリストへの別の公共分配リストそれからリストするために『Add』 をクリック し。

    、『Remove』 を選択 し、メンバーを取除かれるべき作成されたリストからのサブスクライバまたは分配リストの削除に類似した見つけ、『Remove』 をクリック して下さい。

  6. この場合メッセージを提供できるそれがその分配リストまたはグループのすべてのサブスクライバに渡される拡張があり。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

Cisco Unity の公共分配リストを追加することが不可能

Cisco Unity 4.x Unified Messaging システムの分配リストを作成することができません。 Cisco Unity サーバをリブートするとき、これはまた変更を行なわないし、Cisco Unity のユーザを作成するとき問題がありません。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity ツールから最新の権限ウィザードをダウンロードして実行します。 Exchange 2000 メッセージ記憶装置と Permissions ウィザードを実行する資料で述べられるステップに従うことを確かめて下さい

  2. Cisco Unity の [Add/Remove Programs] からメッセージ ストア設定ウィザードを実行します。

    必ず、Cisco Unity インストール アカウントを使用してログインしてください。 またメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザードが動作する間、Cisco Unity サービスが停止することに注目して下さい。

  3. また分配リストを作成するために公共分配リスト ビルダー ツールを使用できます。 公共分配リスト ビルダーに関する 詳細については公共分配リスト ビルダーを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 100910