コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

アップグレード、バックアップ、および復元に関する問題の IPCC Express のトラブルシューティングのヒント

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に CRS アップグレードを解決し、バックアップし、問題を復元する方法を記述されています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Contact Center Express

  • Cisco IP Telephony Backup and Restore System(BARS)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Contact Center Express バージョン 3.x に、4.x,6.x および 7.x 基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CRS 3.x および 4.x: バックアップ、復元およびアップグレードの間に受け取ったよくある エラー

予想に反して閉じられる TCP ソケット

バックアップ/復元/アップグレード時(B/R/U)は、(レッドテキストで表示する)そのバー画面のメッセージを受け取るかもしれません状態失敗します TCP ソケットが予想に反して閉じた。 復元/バックアップ/アップグレードは失敗しました。

このメッセージはバックアップ/復元/アップグレード オペレーションのあらゆる失敗の場合には一般的、表示する。 それは CRS とバー マシン間の TCP 接続打ち切るか、またはネットワーク接続問題の示す値ではないです。

アプレット 通信エラー

問題

CRS バックアップ/復元/パッチ/アップグレードはアプレット通信を待っているタイムアウトによるバーに失敗します(CRS Javaアプレットは 5 分以内の admin 実行を禁止する)ロードしませんブラウザに。 障害を報告する約 5 分前にそれがステータスウィンドウの公文書ファイルを抽出した、のためにハングするようですことを棒 admin は示し。 MCVD/MARC ログファイルは「時間を計られた初期化アプレット通信として示します失敗原因を」。の この問題は Cisco バグ ID CSCef91551登録ユーザのみ)で文書化されています。

この問題はバー admin を実行するのに使用するブラウザが必須設定が含まれない場合発生する場合があります。

  • Java プラグインはまだインストールされていませんか、または JRE の正しいバージョンか Java プラグインをインストールしてもらいません。

    1. Internet Explorer のインターネット Options ダイアログボックスでは、Advanced タブをクリックし、Java (Sun)ヘッディングにスクロールして下さい。

    2. 使用 Java が <applet > チェックボックスのための 2 v.14.2_xx チェックされることを確認して下さい。

  • 既定のセキュリティ設定は修正されました。

    1. インターネット Options ダイアログボックスで、Security タブをクリックして下さい。

    2. ローカル イントラネット ゾーンに関しては、レベルを『DEFAULT』 をクリック し、セキュリティレベルがデフォルトレベル(メディア下位)にまたはそれ以下に設定 されることを確かめて下さい。

    3. セキュリティ設定をカスタマイズした場合、『Custom Level』 をクリック し、Java をディセーブルにする Java 権限が設定 されないことを確かめて下さい。 3 つの安全 レベルの 1 つを代りに選択して下さい。

    4. Custom Level ダイアログボックスでは、Javaアプレットのスクリプトを書くことが設定 されることを確かめて下さい有効に なるか、またはプロンプト表示するために

  • デフォルト プライバシー設定は修正されました。

    1. インターネット Options ダイアログボックスで、プライバシー タブをクリックして下さい。

    2. プライバシー設定がデフォルトレベル(メディア)にまたはそれ以下に行われることを確かめて下さい。

  • ブラウザで設定されるプロキシサーバは到達可能ではないです。

    1. インターネット Options ダイアログボックスで、Connections タブをクリックし、次に『LAN Settings』 をクリック して下さい。

    2. プロキシサーバが設定される場合、到達可能である確かめて下さいまたはプロキシサーバをことを使用するためのこのオプションをチェックを外しなさい。

  • セキュリティ警告は有効に なります。

    1. インターネット オプション ダイアログ bx で、Advanced タブをクリックし、セキュリティ ヘッディングにスクロールして下さい。

    2. セキュアの間の変更が Mode チェックボックスを保護しないためにチェックを外される場合警告を確かめれば。

解決策

  • CRS ボックスの NIC バインディングが適切であるそれが NIC 2.に先行している NIC 1 かどうか確認すれば。

  • CRS ボックスがバー サーバから到達可能であることを確かめて下さい。

  • ブロッカーの上の Pop が消えることを確かめて下さい。

  • 前のセクションで述べられるガイドラインが続かれることを確かめて下さい。

  • Java プラグイン インストーラをダウンロードして実行するためにブラウザによってプロンプト表示された場合時機 を 得た 方法の YES と応答して下さい。 復元はまだより時間がかかればまたは 5 分インストールがブラウザの再始動を必要とする場合インストールが失敗するかもしれません。 このような場合、ブラウザを単に再起動し、同じアーカイブの復元を再度再実行して下さい。 また、アプレットが 5 分のブラウザでロードされない場合時機を得た、ので CRS 時間は Internet Explorer ブラウザ ポップアップ ダイアログボックスの何れかに応答します。 それが既に時間を計った場合、復元を単に再度再起動して下さい。

問題が持続する場合、設定が正しい確かめ、次にこれらのステップをことを完了して下さい:

  1. Internet Explorer では、ツール > Sun Javaコンソールに Javaコンソールを表示するために行って下さい。

    注: 使用するインターネットエクスプローラのバージョンがメニューバーでこれを表示するし、Windowsタスクバーで Java ロゴを見つけ、ロゴを右クリックし、コンソールを『Open』 を選択 すれば。

  2. Javaコンソールが開いたら、デバッグを有効にするために 5 鍵を押して下さい。

  3. 復元を再度実行するためにこの Internet Explorer ブラウザからのバーを使用して下さい。

  4. 復元が再度失敗した場合、Javaコンソール ウィンドウに戻し、すべてのテキストをコピーし、テキストファイルにトラブルシューティングする 目的でそれを保存するために貼り付けて下さい。

LDAPProviderUnavailable 例外

バックアップがエラーメッセージと失敗した場合、これらのステップを完了して下さい:

  1. 次の値があるようにログを確認して下さい: LDAP_CON_WARNING および LDAP_CON_ERROR。 値が両方ともある場合、LDAP が Cisco CRS からの接続を許可しないのでバックアップ/復元/アップグレード プロセスは失敗しました。

  2. LDAPサーバ(CallManager)が Cisco CRS ボックスから到達可能であることを確かめて下さい。 動作しない場合始動 LDAPサーバ。

  3. CRS サーバを再起動して下さい。

注: この問題は Cisco バグ ID CSCse15624登録ユーザのみ)で文書化されています。

エラー: GET_FROM_ARCHIVE_REQUEST は error:-2147417842 と失敗しました

問題

バー サーバがバー ターゲットをバックアップするように試みるとき CRS バックアップ\復元は失敗します。 バー トレースファイルは(バー サーバに C:\Program Files\Cisco\Trace\BARS フォルダにある)このエラーを表示する:

Inside function modGetFromArchive
Connecting to \\10.10.10.38\C$
modGetFromArchive =-2147417842
GET_FROM_ARCHIVE_REQUEST failed with error: -2147417842

バーは下記のものを表示します記録 します:

Staging Cisco Customer Response Solutions target Ipcc
Opening session for backup on Ipcc
Opened session successfully on Ipcc
Backup is 1% complete.
Copying /STI/Backup/CRS/clusters.properties to
     C:\DOCUME~1\CRSADM~1\LOCALS~1\Temp\_8EF792BE_4448_46CF_9403_1006E8579197_20366\GetProperties23293.properties on 10.10.10.38
[Error]	Error: unable to load clusters.properties; nested exception is: 
	com.cisco.archive.ArchiveSystemIOException: UNSPECIFIED_ERROR; Failed to retrieve /STI/Backup/CRS/clusters.properties
Session closed successfully
[Error]	Could not backup Cisco Customer Response Solutions successfully on Ipcc.

解決策

バー サーバのバーをシャットダウンするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Internet Explorer のすべての例を閉じて下さい。

  2. 棒サーバで、> コンポーネント サービス Start > Programs > Administrative Tools の順に進んで下さい。

  3. [Component Services] > [Computers] > [My Computer] > [COM+ Applications] の順に展開します。

  4. 右のペインでは、バーを右クリックし、『Shut Down』 を選択 して下さい。

  5. サービスコントロールパネルからの Internet Information Server (IIS) Admin サービスを再開して下さい。

  6. 失敗したバックアップ/復元を再度実行して下さい。

バックアップ/復元/アップグレードの間に見つけられる特定の問題

問題 1

リストア プロセスに達する場合、歩む調べ、アップグレード プロセスが失敗したリストア プロセスのパーセントを強要して下さい。 リストア プロセスのための 2 つのステージがあります: ステージ 1 およびステージ 2。

  • ステージ 1 は 0 -復元のための 19% および修正のための 0-33% からあります。 Stage1 の間に、バーが中断するまで、すべての情報は CiscoMARC.log にログオンされます。 アップグレード プロセスがこの時間の間に失敗した場合、CiscoMARC.log を検知 して下さい。 それはステージ 1 の間に水平な情報が更新済のクラスタだけです(CCNApps は > > profilename > clusterdependent ou クラスタ化します)。 ノード レベル 情報は(CCNApps は > > profilename > ノード > nodeid > clusterdependent ou クラスタ化します)段階 2.の間に更新済です。 バーが中断するとき、それはリブートされる必要がある CRS サーバのリストを提示します。 プロセスにその後従って下さい。

  • Cisco CRS サーバが再開するためにバーに確認応答を与えることをリブートするとき、2 つを開始します 19% の後で上演して下さい。 すべての情報はログオンされた MCVD.log です。 失敗の場合には MCVD.log_FAILED を探して下さい。 CRS 4.x/6.x では、CRS 3.x/4.x のような前のバージョンからのバックアップ/復元/アップグレードをするためにバーと CRS を使用します。

問題 2

復元の終わりの方に、バーはアップするために CRS を中断し、次に待っています。 それが中断すれば、ソケットを閉じます。 CRS 4.x がインストールされていれば CRS サーバから来る場合のための待機を禁止します。 barbi.log のこのメッセージを見ることは正常です:

596: Fri Aug 10 21:17:02.141 - TCPSocket::readFully err=10054
597: Fri Aug 10 21:17:02.141 - MessageReader can not read Message Header
598: Fri Aug 10 21:17:02.141 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     AbstractSession *, refCnt: 11
599: Fri Aug 10 21:17:02.141 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     InputStream *, refCnt: 1
600: Fri Aug 10 21:17:02.141 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     BlockingPriorityQueue *, refCnt: 2
601: Fri Aug 10 21:17:02.141 - MessageReaderThread id=2264 completed, closed=0
602: Fri Aug 10 21:17:02.141 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     Thread *, refCnt: 1
603: Fri Aug 10 21:17:02.141 - getMessage: null
604: Fri Aug 10 21:17:02.141 - getMessage from protocol layer returns null
605: Fri Aug 10 21:17:14.125 - TCPSocket::writeFully err=10054
606: Fri Aug 10 21:17:14.125 - HeartbeatDispatherThread returns SESSION_SOCKET_ERROR
607: Fri Aug 10 21:17:14.125 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     AbstractSession *, refCnt: 10
608: Fri Aug 10 21:17:14.125 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     OutputStream *, refCnt: 1
609: Fri Aug 10 21:17:14.125 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     BlockingPriorityQueue *, refCnt: 1
610: Fri Aug 10 21:17:14.125 - HeartbeatDispatherThread id=3744 completed, closed=0
611: Fri Aug 10 21:17:14.125 - .. release class com_cisco_archive_impl_barbi::
     Thread *, refCnt

問題 3

Cisco CRS 4.0(4) アップグレードに関しては、再起動しますレジストリキーから 3.x バージョンを削除するためにメンテナンス Complete ウィンドウの Cisco CRS ソフトウェアをアップグレードするプロシージャのステップ 27 のマイ コンピュータ 以降 オプション ボタンを『No』 をクリック して下さい。 『Yes』 をクリック する場合まだ箇条書き e および f.間のステップ 28 で存在 する 3.x のより古いバージョンのようなエラーとアップグレード プロセス失敗します、再起動したいと思います。 上記の情報は Cisco CRS ソフトウェアをアップグレードするプロシージャのステップ 31 の 4.0.5 単一サーバ(共存する)アップグレードに適当です。

問題 4

Cisco CRS 3.5 から Cisco CRS から 4.0(5)/4.1(1)/6.0(1) をアップグレードするとき、プロセスは Spanlink 復元フェーズに Cisco デスクトップ管理者で設定されるチーム名前がスラッシュが含まれている場合失敗します。 この問題は Cisco バグ ID CSCsj23469登録ユーザのみ)で文書化されています。

解決策:

Cisco デスクトップ管理者で設定されるチーム名前はスラッシュが含まれている場合がありません。 アップグレードを始める前にあらゆるチーム名前で存在 する スラッシュがこれらのステップを完了すれば。

  1. Cisco デスクトップ管理者を開き、スラッシュが含まれているチーム名前を削除して下さい。

  2. 代替チーム名前をスラッシュなしで作成し、新しいチーム名前のための同じマッピングを設定して下さい。

    注: スラッシュなしでチーム名前を作り直す失敗はアップグレードの間に失敗に終わるかもしれません。

問題 5

修正問題をトラブルシューティング中に、CRS ボックスのパッチ公文書ファイルへのパスは領域がはいっていないことを確かめて下さい。 この問題は Cisco バグ ID CSCsa98554登録ユーザのみ)で文書化されています。

問題 6

3.x からの 4.0.4 へのアップグレードの間に、後成功した、企業 データ サブシステム復元する VoIP モニタリング サブシステムはアウト オブ サービスです。 CRS サーバの C:\programfiles\Cisco\Desktop\logs の下で CDBRTool ログをチェックして下さい。 エラー CDBRAPI を探して下さい:: RestoreAllLCCs RestoreLCCData は失敗しました。 関連したログ 断片はここにあります:

20:59:18 09/29/2007 MAJOR     CDBRPhonebookContact_200::PutPhonebookContactToLdap: 
     AddPhonebookContactProfile failed.  Return <2>.
20:59:18 09/29/2007 MAJOR     CDBRAPI::RestorePhonebookContacts  
     PutPhonebookContactToLdap failed.
20:59:18 09/29/2007 MAJOR     CDBRAPI::RestoreLCCData  RestorePhonebookContacts failed.
20:59:18 09/29/2007 MAJOR     CDBRAPI::RestoreAllLCCs  RestoreLCCData failed.
20:59:34 09/29/2007 INFO    LC0059 LDAPConnectionMgr::EstablishConnection: Connected to 
     LDAP server on <172.24.1.13>.
20:59:35 09/29/2007 INFO      CDBRAPI::RestoreCompany RestoreCompany ended.

回避策として、前の CRS バージョンに戻り、Cisco デスクトップ 管理者の電話帳からブランク エントリを削除して下さい。 この場合、CRS の古いバージョンのバックアップを奪取 し、4.0 にアップグレードし、次にリストア操作を行って下さい。

この問題は Cisco バグ ID CSCse63244登録ユーザのみ)によって文書化されています。

注: 戻りコードが 2 の代りに 19 である場合、従業員電話帳が Phone Number フィールドで数字ディジット以外コンマか文字が含まれていないことを確かめて下さい。

問題 7

問題

手動で UCCX 7.X アプリケーションをバックアップすることを試みるときこのエラーは返されます: * 1326 -ログオン失敗: 未知 の ユーザ ユーザー名か誤ったパスワード。

解決策

問題を解決するために、MCVD ログをまずチェックして下さい(ログ セクションのログをチェックするために分析のためのプロシージャを参照して下さい)。

使用されるパスワードが不正確である場合、UCCX は共有 フォルダにアクセスするために古い資格情報を使用します。 この問題のための回避策はここにあります:

  • バックアップサーバ サイトで古い資格情報を保存して下さい。

  • 次にバックアップサーバのユーザパスワードを変更する場合、UCCX のパスワード、および UCCX サーバの再度ブートするをアップデートして下さい。

さもなければ、これらのステップを完了して下さい:

  1. Windows バックアップサーバのアカウントを設定して下さい。

  2. 新しいバックアップ フォルダーを作成して下さい。

  3. フォルダの新規 ユーザ 完全 な 制御を割り当て、フォルダを共有して下さい。

  4. UCCX サーバ バックアップの場所から、<backup server> \ < ユーザー ID >、およびパスワードにパス名に\ \ <backup server> \ <shared folder> を、ユーザネーム 設定 して下さい

この問題は Cisco バグ ID CSCth19279登録ユーザのみ)で文書化されています。

バー サーバからのバックアップ/復元/アップグレードに必要なログ

  • バーはバックアップ/復元これらの場所でログ保存されます:

    • C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ログ\バー\ Backup*.*

    • C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ログ\バー\ Restore*.*

  • ログ バーはトレース C:\Program Files\Cisco\Trace\BARS *.* で保存されます

  • ログ バーは Barbi C:\WINNT\system32\barbi.log で保存されます

ログを分析する手順

  1. バー サーバに C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ログ\バー\バックアップ(か復元あるバックアップの(または復元)ログ調べて下さい。

  2. 、外観はトレースにタイムスタンプに基づいて記録 します。 それらはバー サーバで C:\Program Files\Cisco\Trace\BARS で利用可能です。

  3. トレース ログは例外についての簡潔な情報を提供します。 詳細を表示し、それぞれ CRS サーバに行き、MCVD ログをその期間があるように確認するために。 それぞれオペレーションのためのそれらのログの backup_failedrestore_failedupgrade_failed ニーモニックを捜して下さい(B/R/U)失敗。 バーが 19% で中断する前に失敗が発生したら、MARC ログをチェックして下さい。

  4. 上記のステップで規定 される ニーモニックに達すればエラーの正確な説明を表示できます。 たとえば、これらのメッセージが表示されるかもしれません:

    • アプレット 通信エラー

    • データベース アーカイブ コンポーネント 例外

    • Spanlink アーカイブ コンポーネント 例外

    • CDBR ツールは失敗しました

    これらのメッセージはどの B/R/U が失敗したか報知的で、エラーによって直面される原因で告げます。 コンポーネントに基づいて、追加ログは次の通り必要とされます(上記される物から離れて):

    SL アーカイブ コンポーネント: c:\program files\cisco\desktop\log\CDBRTool。* DB アーカイブ コンポーネント:

よくある 問題は CRS 6.0 バックアップと復元テストの間に直面しました

アプレット タイムアウトの問題

問題

OK ボタンがセキュリティ警報およびプライバシー アラートの間にクリックされないときアプレット時および復元 プロセスは失敗します。 これらのセキュリティ警報は頻繁に親バー ページ ウィンドウの子ウィンドウの後ろで表示する。 トレース ログから、丁度 5 分のギャップがあるのでこの問題を見つけることができます。 次に、例を示します。

[06:49:34 PM]   Get next message
[06:54:34 PM]   FailureResponse id=2 from Session# 19, pArchiveId={C0E85DB3-D35-
                1-40FF-AE8F-6482B9A90D3B}, errorCode=UNSPECIFIED_ERROR, statusM-
                essage=timed out initializing applet's communication

考えられる解決策

  1. センターがあらゆるセキュリティ警報のために目に見えるように、手動で 画面の角の方の子ウィンドウを引張り、ウィンドウ サイズを減らして下さい。

  2. バー メイン ページのフォーカスを保存し、子ウィンドウを最小に して下さい。 ポップアップ ダイアログボックスを把握して下さい。

  3. インターネット オプションでは、リストア プロセスを始める前に下位にセキュリティ設定およびプライバシー設定を減らして下さい。 リストア プロセスの後で戻して下さい。 (これはブラウザ セキュリティ見通しからのこの操作の影響として確認されませんでした推奨されません)。

スタンドアロン セットアップの CRS 3.5 に 6.0 のアップグレード

CRS 3.5 から 6.0 アップグレードは Ciscoカスタマー 応答ソリューション インストレーションガイドだけに記述されているように続く 必要があります。 CRS 3.5 のバックアップを奪取 し、イメージ変更し、設定される CRS 6.0 にそれを復元する試みることは有効なシナリオではないです。

これがサポートされたシナリオではないので、唯一の回避策は CRS 3.5 に戻ることです。

CRS 4.0(x) から 6.0 アップグレード

CRS 4.0 から 6.0 アップグレードの間に、別のライセンス パッケージをアップ ロードしたら(ないアップグレードが AppAdmin の License Information ページで、ライセンス パッケージ タイプどれも表示する後 CRS で 4.0)アップ ロードされた同じパッケージは、およびいくつかの AppAdmin メニューは抜けています。

CRS 6.0 いくつかのメニューへのアップグレードが AppAdmin で抜けていた後たとえば、顧客は優れたライセンスの CRS 6.0 に標準ライセンスおよびアップグレードの CRS 4.1 がある場合。 AppAdmin > コントロール センターでは > License Information ページ、ライセンス パッケージ タイプはどれも表示する。

ソリューション: 新しいライセンス タイプに LDAP の CRS ライセンス フィルタ値を変更して下さい。

LDAP ライセンス フィルタ エントリ: CCNApps/clusters/<ProfileName>/ClsuterSpecific.xxxxx/License.xxxxx/FilterType

If the new license package is Standard , changes the FilterType to 3
If the new license package is Enhanced, changes the FilterType to 4
If the new license package is Premium, changes the FilterType to 5

LDAP の変更を行った後、CRS サーバの CRS Node Manager を再起動して下さい。

不在になるインストール/アップグレード プロセス

インストール、アップグレードおよびリストア プロセスは非常に重要 な プロセスで、ガイドによって非常に注意深く続く必要があります。 時々、バーは応答状態に移行できます。 Cisco はアップグレード、インストールおよび復元の全体のプロセスを目撃することを推奨します。

アップグレード前のツールの使用方法

インストレーションガイドに記述されているように、リストア プロセスを行う前にアップグレード前のツールを(置かれる)実行して下さい。 その使用方法はバックアップ アーカイブが 6.0 ライセンスが含まれているように LDAP の CRS 6.0 ライセンスをインジェクトすることです。

行くブランク バーのページ

Display ページ ブランク棒は復元 プロセスの間に断続的に行きます。 この問題は Cisco バグ ID CSCsa82969登録ユーザのみ)によって文書化されています。 これは見かけ上の問題です。 この問題を解決するために、子ウィンドウをリフレッシュして下さい(F5 を押して下さい)。 これは棒ステータスウィンドウだけとない本管棒 Restore ウィンドウでする必要があります。

バー ログの収集

Cisco CallManager サーバをイメージ変更する前に、バー ログは保存する必要があります。 詳細についてはバックアップ/復元/アップグレードに必要なログを参照して下さい。 ファイル 詳細は Cisco IP Telephony バックアップと復元システム(バー)管理 ガイドで述べられます。

バックアップはこのエラーと失敗します: * 86 -未知 の エラーはホストに接続している間発生しました

問題

スケジュールされ、手動バックアップはエラーとホストするために接続している間* 86 -未知 の エラー発生しました失敗しています。 バックアップシステムはネットワーク 経路およびアカウント ヒントを受け入れますが、バックアップは失敗します。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. UCCX サーバにアクセスし、Start > Run にナビゲート し、CET を入力して下さい。

  2. 警告メッセージが現れるとき、『No』 をクリック して下さい

  3. com.cisco.crs.cluster.config.ArchiveAdminConfig を選択して下さい

  4. 右側で、レコード ID をダブルクリックして下さい。

  5. com.cisco.crs.cluster.config.ArchiveAdminConfig タブをクリックし、一時記憶装置の下でパスワードを消去して下さい

  6. [Apply] をクリックします。

  7. Appadmin > ツールへのナビゲート > バックアップと復元

  8. バックアップ ストレージ ロケーションの下で、新しいパスワードを入力し、『Update』 をクリック して下さい。

これらのステップを完了した後、バックアップを実行できます。 バックアップが失敗した場合、サーバを再起動し、バックアップをもう一度試して下さい。 バックアップがそれでも失敗した場合、CET にナビゲートできすべてのフィールドをクリアし、次にストレージ ロケーションのための新しい情報を入力します。

UCCX 7.x: バーは失敗をバックアップします

問題

バックアップ バーはこのエラーメッセージと失敗します:

%MCVD-AC_SPANLINK-7-UNK:Exception thrown
while invoking and running BarsCLI:
Exception=com.cisco.archive.ArchiveException: 
BarsCLI failed to backup Spanlink config

この問題は Cisco バグ ID CSCsy04635登録ユーザのみ)で文書化されています。

解決策

この問題を解決するために、Node Manager を再起動して下さい。

UCCX 8.x: バックアップ バーは 87% で失敗します

問題

バックアップは 30% でエラーを与える CCXCOMPONENT との 87% でハングします。

解決策

この問題を解決するために、コマンドラインインターフェイスからこのコマンドを実行して下さい:

utils service restart Cisco DRF Master

バックアップからの UCCX 7.x 復元は 15% でハングします

問題

UCCX 7.x のバックアップを復元するように試みるとき 15% でハングし、このエラーメッセージを受け取ります:

バックアップがときに HA 奪取 された、そしてのでこの他のノードはクラスタに現在ないので続くことができません

解決策

バックアップがハイアベイラビリティ環境で奪取 されたのでノードは両方とも情報を復元するあなたのためのクラスタにある必要があります。 これらのオプションの 1 つを使用してハイアベイラビリティ配備のバックアップ ファイルを復元することができます:

  • ハイアベイラビリティ セットアップが既に設定されていて、ノードが両方とも同じクラスタの一部として追加されれば、リストア プロセスは単一ノード配備に類似したです; それはあらゆるノードからされ、両方のノードのリストア データをできます。

  • ハイアベイラビリティ セットアップが設定されていないし、ノードが両方ともインストール済み新しかったらまたは統一された CCX をインストールする前にイメージ変更されて場合、復元するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. 最初ノードからのリストア プロセスを開始して下さい。 復元はクラスタ化するために 15% を完了し、第 2 ノードを追加するようにプロンプトを。

    2. セットアップ ウィザードを通して第 2 ノードを追加して下さい。 第 2 ノードを追加すれば、復元は完了した、ハイアベイラビリティ セットアップは準備ができています。

復元は 69% で失敗します

問題

7.0 に UCCX 4.5 サーバをアップグレードするとき、UCCX 4.5 データの復元はこのエラーと失敗します:

Exception occured while contacting the Call Manager com.cisco.archive.ArchiveException:
Unable to process restore request; nested exception is:
com.cisco.archive.ArchiveException: Exception thrown while downloading Recordings to the
Recording Folder:C:\Program Files\Cisco\Desktop_Audio

Exception=com.cisco.archive.impl.ArchiveFailureException: Unable to contact Call Manager.
Please make sure that the Call Manager is running and connected to the network
com.cisco.wf.spanlinkBackupRestore.SLRcrdgArchiveComponent; nested exception is:
com.cisco.archive.ArchiveException: Unable to process restore request; nested exception
is:com.cisco.archive.ArchiveException: Exception thrown while downloading Recordings to the
Recording Folder:C:\Program Files\Cisco\Desktop_Audio

解決策

この問題は Cisco バグ ID CSCsr56145登録ユーザのみ)で文書化されています。 回避策はサービス リリースの有無(SR)との 7.0(1) システムを修正し、復元を再度実行することです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 99781