コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

Cisco Unified Web/E-Mail Interaction Manager: セカンダリ Web/アプリケーションおよびアーカイブ コンポーネントをインストールまたは設定できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Network and Email Interaction Manager バージョン 4.2(4) のインストールは、データベース サーバ、サービス サーバ、プライマリ アプリケーション/ファイル サーバ、セカンダリ アプリケーション サーバ、および Web サーバのインストールで構成されます。 この資料はセカンダリ Web/アプリケーションをインストールし、Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャバージョン 4.2(4) のコンポーネントをアーカイブするとき直面される問題を解決するためにステップを説明します。

前提条件

要件

Cisco はこれのナレッジがあることを推奨します:

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャバージョン 4.2(4) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

セカンダリ Web/アプリケーションをインストールするか、または Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャインストール ガイドでインストレーションガイドによって Cisco Unified Web および E メール 相互対話 マネージャバージョン 4.2(4) でコンポーネントをアーカイブすることを試みるとき これらの問題は発生します:

  • インストーラは自動的に Internet Information Server (IIS)のシステム、ビジネス パーティションおよび臨時雇用者バーチャル ディレクトリを作成しません。

  • iisproxy.dll の「cisco」バーチャル ディレクトリはiisproxy128.dllegpinstall.html ファイル内部作成されます。 ただし、iisproxy は。、iniファイルそこにありません。

  • Cisco_Interaction_Manager_InstallLog.log では、これら二つのエラーは見られます: クラス com.egain.platform.module.installer.ConfigureEgainServer.install() 予想外重大エラーおよびクラス com.egain.platform.module.installer.ParseLogsFiles.install() ランタイム例外

注: これらの問題はプライマリ サーバをインストールするのに基礎インストールが使用されたときに発生します 4.2(4) にアップグレードされました。 その後で、セカンダリ Web/アプリケーションおよびアーカイブ コンポーネントのインストールは試みられます。

これらの問題は 4.2.4 にアップグレードされたセットアップで観察されます。 アップグレード プロセスでは、すべての JAVA プロセスのプロセス ID を得ることの点では発生する幾つかの変更があります。 つまり、osutils.dll ファイルはこのプロセスの間に変更されます。

セカンダリ Web/アプリケ− ションサーバを設定し、コンポーネントをアーカイブするのに古いインストーラを使用するときインストーラはファイル システム(<PL_HOME>\lib\int\platform\win32)にあると古い osutils.dll が期待します。 ただし、ファイルがアップグレード プロセスで変更されるので、競合があり、それ故にこの問題が発生する。 これはすべてのアップグレードされたセットアップにセカンダリ アプリケーション/Web を設定し、コンポーネントをアーカイブする場合発生します。

注: この問題は Cisco バグ ID CSCsu59886登録ユーザのみ)によって文書化されています、4.2.5 バージョンで解決されます。

解決策

古い dll を期待する基礎セットアップを使用するときだけ新しいコンポーネントを追加することが可能性のあるであるので古い dll を使用する必要があります、(これは 4.2.4 アップグレードで書き換えられます)。 次の手順を実行します。

  1. 既存のファイル システム(<PL_HOME>\lib\int\platform\win32)にバックアップ ファイル システム(<PL_HOME_BACK-UP>\lib\int\platform\win32から古い osutils.dll ファイルをコピーして下さい

  2. インストールを行って下さい。

  3. アプリケーションを開始する前に osutils.dll への変更を戻して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 108015