音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

IMAP4 を使用した Exchange 2007 の Cisco Unity システムのボイス メッセージへのアクセス

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は方法で Microsoft Exchange 2007 年を使用するとき設定 例を Cisco Unity の音声 メッセージにアクセスするのに IMAP4 を使用する提供したものです。

注: ある特定の Exchange サーバ 2007 年のマネージ コード サービスはこのアップデート巻き上げをインストールした後開始しません。 これはサービスがこのマイクロソフト社Webサイトに、http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl アクセスできないか、またはleavingcisco.com それを するには余りに時間がかかれば場合本当です。

技術情報第 944752 を参照して下さい方法に関する詳細については Microsoft Knowledge Base の技術情報を閲覧しこの問題を解決しか、または回避する、leavingcisco.com Exchange 2007 年のためのアップデート巻き上げをインストールした後 Exchange 2007 年のマネージ コード サービスは始めません

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Exchange 2007 sp1

  • Exchange のためのアップデート巻き上げ 2 2007 sp1

    注: Exchange サーバ巻き上げ 2.をダウンロードする方法に関する詳細については 2007 年のサービスパックleavingcisco.com のためのアップデート巻き上げ 2 の説明を 1 参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

次の手順を実行します。

  1. IMAP4 のインストールおよび有効に なること:

    IMAP4 は Exchange 2007 年のクライアントアクセス サーバ(CAS)ロールの一部です、つまりそれを使用するためにそれ以上のインストールが必要とならないことを意味します; それは有効に なることを単に必要とします。 Microsoft Exchange IMAP4 サービスのそれ、最初一定始動モードを自動に有効に し、次にサービスを開始するため。 詳細についてはこの図を参照して下さい。

    imap4-unity-exchange-01.gif

  2. MessageRetrievalMimeFormat のために TNEF を使用するためにサーバ IMAP4 設定を変更して下さい。 それは Exchange マネジメントコンソールの使用とすることができます。

    設定 > クライアントアクセス > IMAP4 > Properties を『Server』 を選択 し、検索設定をクリックして下さい。 メッセージ MIME 形式のための TNEF を選択して下さい。 詳細についてはこの図を参照して下さい。

    imap4-unity-exchange-02.gif

  3. IMAP サービスを再開して下さい。 IMAP 設定を変更する場合、それをはたらかせます Exchange の IMAP サービスを再開する必要があります。

  4. 新しいメールボックスを作成し、メールボックスに使用のために有効に なる IMAP4 プロトコルがあることを確認するために Exchange マネジメントコンソールを使用して下さい。 それは Exchange マネジメントコンソールによってすることができます。

    受信者の設定 > メールボックスを選択しExchange 2007 サーバで作成した新しいメールボックスを選択して下さい。 それから Mailbox Properties ウィンドウで、選択し、メールボックス 機能タブを IMAP4 が有効に なるかどうか見ます『Properties』 を選択 すれば。 詳細については図を参照して下さい。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-03.gif

    imap4-unity-exchange-04.gif

  5. メールボックス IMAP4 Properties を偽ImapMessagesRetrievalMimeFormat および一定 ImapUseProtocolDefaults のために TNEF を使用するために変更するために Exchange マネジメントコンソールを使用して下さい。

    デフォルトで、ImapMessagesRetrievalMimeFormat は最もよい本文形式に設定 され、ImapUseProtocolDefaults は本当に設定 されます。 受信者の設定 > メールボックスを選択し、Exchange 2007 サーバでほしい特定のメールボックスを選択して下さい。 それから『Properties』 を選択 し、メールボックス 機能タブをクリックし、IMAP4 を選択し、『Properties』 を選択 して下さい。 このウィンドウで、使用 プロトコル デフォルトがチェックされることがわかります。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-05.gif

    使用 プロトコル デフォルトのためのチェックボックスのチェックを外し、TNEFプロトコル デフォルト設定に優先するカスタマイズ された 設定を変更して下さい。 これらの変更を行なった後、Mailbox Properties ダイアログを戻すために『OK』 をクリック し変更を加えるために『Apply』 をクリック し Mailbox Properties ダイアログを終了するためにそれから『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-06.gif

    このタスクは Exchange 管理 シェルとすることができます。 このコマンドレット例を参照して下さい:

    Set-CasMailbox –identity T2Ex2007@cisco.com -ImapMessagesRetrievalMimeFormat Tnef -ImapUseProtocolDefaults $false

クライアント側のセットアップ

Exchange 2007 のための Outlook IMAP プロファイルを設定するステップは Exchange のために物に非常に類似したです。 Microsoft Outlook デスクトップ クライアントで、ユーザのメッセージ記憶装置 アカウントが常駐する Cisco Unity メッセージ記憶装置 サーバへの IMAP4 接続を設定する必要があります。 Outlook 各クライアントに関しては、これらのステップを完了して下さい:

  1. Outlook を開き、> 電子メール アカウント 『Tools』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-07.gif

  2. 電子メール アカウントを『Add New』 を選択 し、次に『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-08.gif

  3. IMAP を選択し、次に『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-09.gif

  4. 電子メール アカウント ダイアログは現われ、要求された情報に記入する必要があります。 この情報はユーザサーバおよびログオン情報が含まれています。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-10.gif

  5. メール アカウントのための表示名を変更するために設定を『More』 を選択 して下さい。 General タブでは、メール アカウントの下で、このアカウントを参照したいと思う名前をタイプして下さい。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-11.gif

  6. 発信 Server タブに切り替え、発信 サーバ(SMTP)を必要とします認証を選択して下さい。 着信 メール サーバと使用を同じ設定選択できます。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-12.gif

  7. 電子メール アカウント ダイアログに戻るために『OK』 をクリック して下さい。 それからこの図に示すように設定を、完了するために『Next』 をクリック し、次に終えて下さい

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-13.gif

注意事項

  1. 巻き上げ 2 がインストールされていた後、Exchange マネジメントコンソールで示されているバージョンは変更されません。 しかし、新しい Registry 鍵\ \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Microsoft \アップデート\ Exchange 2007\SP2\KB948016 見、値名前 PackageName のレジストリおよび Exchange サーバ 2007 年のサービスパックのための値データ アップデート巻き上げ 2 が 1 (KB948016)あります。

  2. Exchange 2007 でデフォルト設定は前のバージョンでよりややセキュアです。 デフォルトで保護されたポートに接続するクライアントを確認することを意味する Exchange 2007 年は SSL/TLS 確保された接続(セキュア ログオン)を必要とします。 この図を参照して下さい、設定 > クライアント Access> を IMAP4 > Properties 『Server』 を選択 し、認証をクリックして下さい。 変更は別のログオン方式を使用したいと思わなければここに必要とされません。

    imap4-unity-exchange-14.gif

    SSL/TLS 接続を使用するとき、クライアント コンピュータがトラフィック暗号化に使用する認証 パスを信頼することを確かめることは重要です。 さもなければ警告はこの図に示すように Outlook を開くと現われます。

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-15.gif

    『Yes』 をクリック する場合、警告 の ウィンドウはなくなり、Outlook は問題なく続きます。 しかし Outlook は Outlook を開く時次に同じ質問を再度します。

    別のログオン方式を使用したいと思う場合それに応じて変更するために Outlook 電子メール アカウント設定が必要となります。

  3. Exchange 2007 年に 3 種類のログオン メソッドがあります:

    • 平文ログオン

    • 非暗号化テキスト認証ログオン

    • ログオンを保護して下さい

    accorddingly 設定 するクライアント側を設定しなければなりません。 たとえばサーバ側の設定がセキュア ログオンなら、そしてクライアント側の設定は可能性のあるこれのように設定される必要があります:

    /image/gif/paws/107627/imap4-unity-exchange-16.gif

  4. Outlook 2003 年を使用する場合、発信電子メールのために SMTP サーバを使用するためにインストールされる少なくとも SP3 がある必要があります。 インストールされる SP3 なしでこのエラーメッセージを受け取ることができます:

    'Sending' reported error (0x800CCC7D) :
    'Your outgoing (SMTP) server does not support SSL-secured connections. If SSL-secured connections have worked in the past, contact your server administrator or Internet service provider (ISP).'

    Microsoft Office サービスパック 3 は利用できますで: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=E25B7049-3E13-433B-B9D2-5E3C1132F206&displaylang=en leavingcisco.com

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 107627