IP : IP アプリケーション サービス

SNMP を使用した、Catalyst スイッチのダイナミック CAM エントリ(CAM テーブル)の取得方法

2008 年 12 月 4 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 26 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
背景説明
      CISCO-VTP-MIB
      BRIDGE-MIB
      MIB 変数の詳細(Object Identifier(OID; オブジェクト識別子)を含む)
SNMP を使用したダイナミック CAM 情報の取得
      手順説明
確認
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用して、Catalyst スイッチのダイナミック Content-Addressable Memory(CAM; 連想メモリ)エントリを収集する方法について説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントの情報を使用する前に、次の前提条件を満たしていることを確認してください。

  • Catalyst スイッチから SNMP を介して VLAN を取得する方法について理解していること

  • SNMP でのコミュニティ ストリング インデクシングを使用する方法について理解していること

  • SNMP の get コマンドと walk コマンドの一般的な使用方法について理解していること

使用するコンポーネント

このドキュメントは、標準の Catalyst OS または BRIDGE-MIB popup をサポートする Catalyst IOS(R) が稼働する Catalyst スイッチに適用されます。このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CatIOS 12.0(5)WC5a が稼働する Catalyst 3524XL

  • CatOS 6.3(3) が稼働する Catalyst 2948G

  • http://www.net-snmp.org/ leavingcisco.com で入手できる NET-SNMP

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定から作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CISCO-VTP-MIB

各 VLAN に個別のインスタンスを持つ MIB にアクセスするには、まず、コミュニティ ストリング インデクシングの使用方法を理解していることが必要です。次に、特定のスイッチ上でアクティブな特定の VLAN について把握していることが必要です。CISCO-VTP-MIB から、vtpVlanState オブジェクトを使用してスイッチ上のアクティブな VLAN を取得できます。vtpVlanName やその他のオブジェクトではなく vtpVlanState オブジェクトを使用するのは、vtpVlanState オブジェクトでは、1 回の操作でインデックス番号と VLAN が稼働状態であることを確認できるためです。

詳細は、次の例を参照してください。

BRIDGE-MIB

RFC 1493 leavingcisco.com の抜粋である BRIDGE-MIB から dot1dTpFdbAddress を使用して(この場合、dot1dTpFdbTable の値が 3、つまり learned)、スイッチの転送テーブルにある Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスを確認できます。この値は、ブリッジが転送やフィルタリングの情報を持っているユニキャスト MAC アドレスとして保存されます。これらの MAC アドレス値だけではあまり意味がなく、多数のデータが生成される場合があります。したがって、dot1dTpFdbStatus(.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.3)= learned(値 3)に基づいてエントリ数をカウントし、そのカウント値を保存する必要があります。

注:BRIDGE-MIB は、『SNMP コミュニティ ストリング インデクシング』で説明されているように、コミュニティ ストリング インデクシングを使用して、MIB の特定のインスタンスにアクセスします。

MAC アドレス データのトレンディングは、スイッチによって動的に学習された CAM エントリ(MAC アドレス)の総数をトラッキングする場合に有用です。このモニタリングは、スイッチごとの VLAN の総数に関連付けられている場合は特に、ネットワークでの平準性のトラッキングに役立ちます。たとえば、スイッチに 1 つの VLAN が定義されていて、MAC アドレスが 8,000 確認される場合、8,000 の MAC アドレスが 1 つの VLAN に使用されていることがわかります。この数は、1 つのサブネットには広大です。

BRIDGE-MIB(RFC 1493)の関連 MIB オブジェクトは、dot1dTpFdbStatus です。この MIB では、MAC アドレス エントリのステータスが提供されます。

値の定義は、次のとおりです。

  • other (1):下記のいずれでもない。dot1dTpFdbAddress の対応するインスタンスの値へのフレーム アドレスが転送されているかどうかとその転送方法について、他の MIB オブジェクト(dot1fTpFdbPort の対応するインスタンスおよび dot1dStaticTable のエントリ以外)を使用して判断する場合も含まれます。

  • invalid (2):すでに無効なエントリだが(たとえば、学習された後にエージング アウトされている場合)、まだテーブルからはフラッシュされていない。

  • learned (3):dot1dTpFdbPort の対応するインスタンスの値が学習され、使用されている。

  • self (4):dot1dTpFdbAddress の対応するインスタンスの値がブリッジのアドレスの 1 つを表している。dot1dTpFdbPort の対応するインスタンスには、ブリッジのどのポートがこのアドレスを所有しているのかが示されます。

  • mgmt (5):dot1dTpFdbAddress の対応するインスタンスの値が dot1dStaticAddress の既存のインスタンスの値でもある。

MIB 変数の詳細(Object Identifier(OID; オブジェクト識別子)を含む)

vtpVlanState OBJECT-TYPE
SYNTAX INTEGER { operational(1),
suspended(2),
mtuTooBigForDevice(3),
mtuTooBigForTrunk(4) }
MAX-ACCESS read-only
STATUS current
DESCRIPTION
"The state of this VLAN.

The state 'mtuTooBigForDevice' indicates that this device
cannot participate in this VLAN because the VLAN's MTU is
larger than the device can support.

The state 'mtuTooBigForTrunk' indicates that while this
VLAN's MTU is supported by this device, it is too large for
one or more of the device's trunk ports."
::= { vtpVlanEntry 2 }

.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1 
dot1dTpFdbAddress OBJECT-TYPE 
        -- FROM BRIDGE-MIB 
        -- TEXTUAL CONVENTION MacAddress 
        SYNTAX          OCTET STRING (6) 
        MAX-ACCESS      read-only 
        STATUS          Mandatory 
DESCRIPTION    "A unicast MAC address for which the 
bridge has forwarding and/or filtering information." 
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) mgmt(2) mib-2(1) 
dot1dBridge(17) dot1dTp(4) dot1dTpFdbTable(3) dot1dTpFdbEntry(1) 1 } 

.1.3.6.1.2.1.17.4.3 
dot1dTpFdbTable OBJECT-TYPE 
        -- FROM BRIDGE-MIB 
DESCRIPTION    "A table that contains information about unicast 
entries for which the bridge has forwarding and/or filtering information. 
This information is used by the transparent bridging function in 
determining how to propagate a received frame." 
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) mgmt(2) mib-2(1) dot1dBridge(17) 
dot1dTp(4) 3 } 
  

.1.3.6.1.2.1.17.5.1 
dot1dStaticTable OBJECT-TYPE 
        -- FROM BRIDGE-MIB 
DESCRIPTION    "A table containing filtering information configured 
into the bridge by (local or network) management specifying the set of ports 
to which frames received from specific ports and containing specific destination 
addresses are allowed to be forwarded.  The value of zero in this table as the 
port number from which frames with a specific destination address are received, 
is used to specify all ports for which there is no specific entry in this table 
for that particular destination address.  Entries are valid for unicast and for 
group/broadcast addresses." 
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) mgmt(2) mib-2(1) dot1dBridge(17) 
dot1dStatic(5) 1 } 
  

.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2 
dot1dTpFdbPort OBJECT-TYPE 
        -- FROM BRIDGE-MIB 
        SYNTAX          Integer 
        MAX-ACCESS      read-only 
        STATUS          Mandatory 
DESCRIPTION    "Either the value "0", or the port number of the port 
on which a frame having a source address equal to the value of the corresponding 
instance of dot1dTpFdbAddress has been seen.  A value of "0" indicates that the 
port number has not been learned, but that the bridge does have some 
forwarding/filtering information about this address (that is, in the StaticTable). 
                      Implementors are encouraged to assign the port value to 
this object whenever it is learned, even for addresses for which the corresponding 
value of dot1dTpFdbStatus is not learned(3)." 
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) mgmt(2) mib-2(1) dot1dBridge(17) dot1dTp(4) 
dot1dTpFdbTable(3) dot1dTpFdbEntry(1) 2 } 

SNMP を使用したダイナミック CAM 情報の取得

手順説明

SNMP でダイナミック CAM 情報を取得するには、次の手順に従います。

  1. VLAN を取得します。vtpVlanState オブジェクト(.1.3.6.1.4.1.9.9.46.1.3.1.1.2)に対して snmpwalk を使用します。

    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public 14.32.6.17 vtpVlanState
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.1 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.2 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.6 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.7 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.8 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.11 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.12 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.14 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.18 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.19 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.20 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.21 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.41 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.42 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.43 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.44 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.100 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.101 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.123 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.401 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.1002 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.1003 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.1004 = INTEGER: operational(1)
    CISCO-VTP-MIB::vtpVlanState.1.1005 = INTEGER: operational(1)
    
  2. VLAN ごとにコミュニティ ストリング インデクシングを使用して、MAC アドレス テーブル dot1dTpFdbAddress(.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1)を取得します。次の例では、テーブル内に VLAN 2 のエントリはありません。

    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@1 14.32.6.17 dot1dTpFdbAddress
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.208.211.106.71.251 = Hex-STRING: 00 D0 D3 6A 47 FB
    
    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@2 14.32.6.17 dot1dTpFdbAddress
    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@6 14.32.6.17 dot1dTpFdbAddress
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.2.185.144.76.102 = Hex-STRING: 00 02 B9 90 4C 66
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.2.253.106.170.243 = Hex-STRING: 00 02 FD 6A AA F3
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.16.13.56.16.0 = Hex-STRING: 00 10 0D 38 10 00
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.96.84.144.248.0 = Hex-STRING: 00 60 54 90 F8 00
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.208.2.214.120.10 = Hex-STRING: 00 D0 02 D6 78 0A
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.208.211.54.162.60 = Hex-STRING: 00 D0 D3 36 A2 3C
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.224.30.159.10.210 = Hex-STRING: 00 E0 1E 9F 0A D2
    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@7 14.32.6.17 dot1dTpFdbAddress
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.16.13.161.24.32 = Hex-STRING: 00 10 0D A1 18 20       
    
    ... and so forth for each VLAN discovered in the first step.
    
  3. VLAN ごとに、ブリッジ ポート番号 dot1dTpFdbPort(.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2)を取得します。

    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@1 14.32.6.17 dot1dTpFdbPort
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.208.211.106.71.251 = INTEGER: 113
    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@2 14.32.6.17 dot1dTpFdbPort
    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@6 14.32.6.17 dot1dTpFdbPort
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.2.185.144.76.102 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.2.253.106.170.243 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.6.83.198.64.173 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.16.13.56.16.0 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.96.84.144.248.0 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.208.2.214.120.10 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.208.211.54.162.60 = INTEGER: 113
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.224.30.159.10.210 = INTEGER: 65
    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public@7 14.32.6.17 dot1dTpFdbPort
    .1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.16.13.161.24.32 = INTEGER: 113
        
    ... and so forth for each VLAN discovered in the first step.
    
  4. ifIndex(1.3.6.1.2.1.2.2.1.1)のマッピング dot1dBasePortIfIndex(.1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2)へのブリッジ ポートを取得します。

    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -c public 14.32.6.17 dot1dBasePortIfIndex
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.68 = INTEGER: 12
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.69 = INTEGER: 13
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.70 = INTEGER: 14
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.71 = INTEGER: 15
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.72 = INTEGER: 16
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.74 = INTEGER: 18
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.76 = INTEGER: 20
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.77 = INTEGER: 21
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.78 = INTEGER: 22
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.79 = INTEGER: 23
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.80 = INTEGER: 24
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.81 = INTEGER: 25
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.82 = INTEGER: 26
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.83 = INTEGER: 27
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.84 = INTEGER: 28
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.85 = INTEGER: 29
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.86 = INTEGER: 30
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.87 = INTEGER: 31
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.88 = INTEGER: 32
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.89 = INTEGER: 33
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.90 = INTEGER: 34
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.91 = INTEGER: 35
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.92 = INTEGER: 36
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.93 = INTEGER: 37
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.94 = INTEGER: 38
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.95 = INTEGER: 39
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.96 = INTEGER: 40
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.98 = INTEGER: 42
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.99 = INTEGER: 43
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.100 = INTEGER: 44
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.101 = INTEGER: 45
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.102 = INTEGER: 46
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.103 = INTEGER: 47
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.104 = INTEGER: 48
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.105 = INTEGER: 49
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.106 = INTEGER: 50
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.107 = INTEGER: 51
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.108 = INTEGER: 52
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.109 = INTEGER: 53
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.110 = INTEGER: 54
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.111 = INTEGER: 55
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.112 = INTEGER: 56
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.113 = INTEGER: 57
    .1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.114 = INTEGER: 58
        
    ... and so forth for each VLAN discovered in the first step.
    
  5. ifName(.1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1)をウォークスルーして、手順 4 で取得した ifIndex 値を適切なポート名に関連付けることができるようにします。

    nms-server2:/home/ccarring> snmpwalk -On -c public 14.32.6.17 ifName
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.1 = STRING: sc0
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.2 = STRING: sl0
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.3 = STRING: me1
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.4 = STRING: VLAN-1
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.5 = STRING: VLAN-1002
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.6 = STRING: VLAN-1004
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.7 = STRING: VLAN-1005
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.8 = STRING: VLAN-1003
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.9 = STRING: 2/1
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10 = STRING: 2/2
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.11 = STRING: 2/3
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.12 = STRING: 2/4
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.13 = STRING: 2/5
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.14 = STRING: 2/6
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.15 = STRING: 2/7
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.16 = STRING: 2/8
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.17 = STRING: 2/9
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.18 = STRING: 2/10
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.19 = STRING: 2/11
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.20 = STRING: 2/12
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.21 = STRING: 2/13
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.22 = STRING: 2/14
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.23 = STRING: 2/15
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.24 = STRING: 2/16
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.25 = STRING: 2/17
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.26 = STRING: 2/18
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.27 = STRING: 2/19
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.28 = STRING: 2/20
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.29 = STRING: 2/21
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.30 = STRING: 2/22
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.31 = STRING: 2/23
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.32 = STRING: 2/24
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.33 = STRING: 2/25
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.34 = STRING: 2/26
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.35 = STRING: 2/27
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.36 = STRING: 2/28
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.37 = STRING: 2/29
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.38 = STRING: 2/30
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.39 = STRING: 2/31
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.40 = STRING: 2/32
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.41 = STRING: 2/33
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.42 = STRING: 2/34
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.43 = STRING: 2/35
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.44 = STRING: 2/36
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.45 = STRING: 2/37
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.46 = STRING: 2/38
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.47 = STRING: 2/39
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.48 = STRING: 2/40
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.49 = STRING: 2/41
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.50 = STRING: 2/42
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.51 = STRING: 2/43
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.52 = STRING: 2/44
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.53 = STRING: 2/45
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.54 = STRING: 2/46
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.55 = STRING: 2/47
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.56 = STRING: 2/48
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.57 = STRING: 2/49
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.58 = STRING: 2/50
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.59 = STRING: VLAN-2
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.60 = STRING: VLAN-6
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.61 = STRING: VLAN-7
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.62 = STRING: VLAN-8
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.63 = STRING: VLAN-11
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.64 = STRING: VLAN-12
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.65 = STRING: VLAN-18
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.66 = STRING: VLAN-19
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.67 = STRING: VLAN-20
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.68 = STRING: VLAN-21
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.69 = STRING: VLAN-41
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.70 = STRING: VLAN-42
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.71 = STRING: VLAN-43
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.72 = STRING: VLAN-44
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.73 = STRING: VLAN-100
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.74 = STRING: VLAN-101
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.75 = STRING: VLAN-123
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.76 = STRING: VLAN-401
    .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.77 = STRING: VLAN-14
        
    

    これで、取得したポート情報を使用できるようになります。次に使用例を示します。

    • 手順 2 で取得した MAC アドレス:.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.1.0.208.211.106.71.251 = Hex-STRING: 00 D0 D3 6A 47 FB

    • 手順 3:.1.3.6.1.2.1.17.4.3.1.2.0.208.211.106.71.251 = INTEGER: 113

      これにより、この MAC アドレスがブリッジ ポート番号 113 の MAC アドレス(00 D0 D3 6A 47 FB)であることがわかります。

    • 手順 4 では、ブリッジ ポート番号 113 の ifIndex 番号が 57 であることがわかります(.1.3.6.1.2.1.17.1.4.1.2.113 = INTEGER: 57)。

    • 手順 5 では、ifIndex 57 はポート 2/49 に対応していることがわかります(.1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.57 = STRING: 2/49)。

    CatOS スイッチに対する show cam dynamic コマンドの出力、または CatIOS スイッチに対する show mac コマンドの出力とこの結果を比較してください。1 00-d0-d3-6a-47-fb 2/49 [ALL] と合致するものがあることがわかります。

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を示しています。

  1. スイッチに Telnet で接続します。

  2. コマンドラインから、適切なコマンドを発行します。

    • CatOS デバイス:show cam dynamic

    • CatIOS デバイス:show mac

  3. 上記の手順で取得した結果とコマンドの出力を比較します。

    nms-2948g> (enable) show cam dynamic
    * = Static Entry. + = Permanent Entry. # = System Entry. R = Router Entry.
    X = Port Security Entry $ = Dot1x Security Entry
    
    VLAN  Dest MAC/Route Des    [CoS]  Destination Ports or VCs / [Protocol Type]
    ----  ------------------    -----  -------------------------------------------
    1     00-d0-d3-6a-47-fb             2/49 [ALL]
    6     00-02-b9-90-4c-66             2/49 [ALL]
    6     00-02-fd-6a-aa-f3             2/49 [ALL]
    6     00-10-0d-38-10-00             2/49 [ALL]
    6     00-60-54-90-f8-00             2/49 [ALL]
    6     00-c0-1d-99-00-dc             2/49 [ALL]
    6     00-d0-02-d6-78-0a             2/49 [ALL]
    6     00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    6     00-e0-1e-9f-0a-d2             2/1 [ALL]
    7     00-10-0d-a1-18-20             2/49 [ALL]
    8     00-10-0d-38-10-00             2/49 [ALL]
    8     00-10-0d-a1-18-c0             2/49 [ALL]
    14    00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    18    00-00-0c-07-ac-12             2/49 [ALL]
    18    00-10-0d-38-10-00             2/49 [ALL]
    18    00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    19    00-d0-02-d6-78-0a             2/49 [ALL]
    41    00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    42    00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    100   00-04-de-a9-18-00             2/49 [ALL]
    100   00-10-0d-38-10-00             2/49 [ALL]
    100   00-10-7b-d9-07-60             2/49 [ALL]
    100   00-90-27-86-76-e2             2/49 [ALL]
    100   00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    100   00-e0-1e-68-33-c7             2/49 [ALL]
    101   00-d0-d3-36-a2-3c             2/49 [ALL]
    Total Matching CAM Entries Displayed  =26
    nms-2948g> (enable)
    

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13492