LAN スイッチング : イーサネット

Signal Quality Errors(SQE)

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 11 月 15 日) | フィードバック

SQE ハートビート

SQE ハートビートは、初期バージョンのイーサネットが ホストがトランシーバの接続を検知しない問題を修復する設計になっています。 これは、送信の終了後に約 1 usec の衝突を提供することで行います。ホストの イーサネット コントローラは、このイベントを記録し、ホストがチェックした場所にフラグを設定します。

ハートビート/SQE は、トランシーバからホストまたは接続先のユニットにだ け戻されます。ネットでは行われません。

ハートビートがリピータについてディセーブルにする必要があり、ディセ ーブルになっていない場合は、リピータがキャリアを繰り返すため、ネッ トがダウンします。キャリアの種類には関係なく、単なる繰り返しを行います。 ハートビートがオンの場合、次が発生します。

    1. リピータがポート A に送信する。

    2. リピータがポート A への送信を停止する。

    3. ポート A がハートビートを戻す。

    4. リピータがキャリアを示す。

    5. リピータが他のすべてのポートへキャリアを繰り返し、1 usec を 9.6 usec に広げてフラグメントの拡張を行う。

これ自体は問題ではありませんが、帯域幅を無駄に使用するだけです。リピ ータによっては、ハートビートを衝突とみなし、そのセグメン トに 32 回送信した後の分割を行います。

時には、ホストがこのイベントを衝突またはフレーム同期エラーとして記 録し、パケットを再送信する必要があるとみなして、より多くの帯域幅を使用します。 良好なパケットがない、またすべてがエラーであるとみなす場合さえあり ます。

ハートビートのあるステーションが 2 つある場合は、拡張たフラグメン トが互いに衝突します。そのペアへ 32 回送信した後は、両方のセグ メントが自動分割によりシャットダウンされます。たいていは、最初にパケ ットが送信された後すぐに行われます。これは、ステーションの一方または 両方がセグメントを分割するまで、往復してエコーを続けさせるためです。

時には、ホストが戻された拡張フラグメント ハートビートを衝突、フレ ーム同期エラー、スロット違反として記録し、より多くの帯域幅を使用して再 送信が必要であると確定します。

まとめ

  • ハートビートはローカルであり、トランシーバとある種ののホスト システ ム間に限られます。

  • ホスト システムがコンピュータ、ブリッジ、またはルータの場合、ハ ートビートは、ユーザがイネーブルかどうか、ソフトウェアおよびハードウ ェアが SQE をサポートしているかどうかに影響されない機能です。

  • ホスト システムがリピータ、ハブ、またはコンセントレータの場合は 、ハートビートをオフにする必要があります。これには、内部ブリッジま たはルータのあるコンセントレータも含みます。


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 46786