LAN スイッチング : EtherChannel

CatOS を実行している Catalyst 4500/4000、5500/5000、および 6500/6000 スイッチ間でのイーサチャネルの設定

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 8 月 14 日) | フィードバック

目次


概要

イーサチャネルを使用すると、複数の物理的なファストイーサネット リンクやギガビット イーサネットリンクを、1 つの論理チャネルに結合することができます。論理チャネルを使用すると、チャネル内の各リンクのトラフィックを負荷分散できるだけでなく、リンク内の 1 つ以上のリンクに障害が発生した場合に冗長性を確保することもできます。イーサチャネルは、LAN スイッチ、ルータ、サーバ、およびクライアントを、シールドなしツイストペア(UTP)配線や、シングルモードおよびマルチモードのファイバ経由で相互接続するために使用できます。

イーサチャネルは、重要なネットワークキング デバイス間の帯域幅を集約するのに便利です。Catalyst 5000 上では、2 つのポートからチャネルを作成して 200Mbps リンク(全二重 400Mbps)にするか、または 4 つのポートからチャネルを作成して 400Mbps リンク(全二重 800Mbps)にすることができます。カードやプラットフォームによっては、ギガビット イーサチャネルをサポートしたり、1 つのイーサチャネル内で 2 個から 8 個までのポートを使用したりできます。速度やリンク数が変わっても概念は同じです。通常、STP(Spanning-Tree Protocol)は 2 つのデバイス間に存在するこのような冗長リンクをループと見なし、それらの冗長リンクをブロッキング モードにすることによって、それらのリンクを実質上非アクティブにします(メインリンクに障害が発生した場合にはバックアップ機能のみが提供されます)。バージョン 3.1.1 以降のソフトウェアを使用している場合は、STP がチャネルを 1 つの大きなリンクと見なすため、チャネル内のすべてのポートを同時にアクティブにすることができます。

この文書では、2 つの Catalyst 5000 スイッチ間でのイーサチャネルの設定手順と、コマンドの実行結果を示します。CatOS を実行している Catalyst 4000 および 6000 スイッチを使用しても、この文書内に示されている内容と同じ結果が得られます。Catalyst 2900XL と Catalyst 1900/2820 の場合、コマンド シンタックスは異なりますが、イーサチャネルの概念は同じです。ネイティブ IOS(スーパーバイザ IOS)を実行している Catalyst 6000 シリーズ スイッチ用のイーサチャネル ガイドラインと設定情報については、「 設定サンプル:CatOS とネイティブ IOS をそれぞれ実行している Catalyst スイッチ間のイーサチャネル」を参照してください。Catalyst 6500 の Cat0S プラットフォームとネイティブ IOS プラットフォームの概要と比較については、「 Cisco スーパーバイザ IOS:概要と Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ用 Catalyst OS との比較」を参照してください。

イーサチャネルは、適切なコマンドを実行することによって手動で設定する場合と、ポート集約プロトコル(PAgP)を使用して相手側とのチャネルのネゴシエートをスイッチに行わせることによって自動的に設定する場合があります。手動によるイーサチャネル設定では作業が複雑になる場合があるため、なるべく PAgP の desirable モードを使用してイーサチャネルを設定するようお勧めします。この文書では、イーサチャネルを手動で設定する場合の例と、PAgP を使用してイーサチャネルを設定する場合の例を示します。また、イーサチャネルに関するトラブルシューティングと、イーサチャネルとトランキングを同時に使用する方法についても述べます。この文書内では、イーサチャネル、ファスト イーサチャネル、ギガビット イーサチャネル、およびチャネルという用語はすべてイーサチャネルのことを意味します。

この文書内の例は、次の装置を使用して作成されました。

  • スイッチのスーパーバイザ エンジンに対して適切なCatalyst スイッチのコンソール ポートに端末を接続する方法
  • ラボ1 環境内の Catalyst 5505 スイッチ 2 台。設定はクリア済み2
  • 各 Catalyst 5505 内でイーサチャネルを使用できる FastEthernet モジュール。
  • イーサチャネルの接続に使用する 4 つの RJ-45 イーサネット クロスケーブル3
1 この文書は、隔離されたラボ環境内で作成されたものです。コマンドの使用に際しては、
  使用しているネットワークにおいて各コマンドの潜在的影響力について事前に確認しておいてください。
2 スイッチをデフォルトの設定にするために、スイッチに clear config all コマンドを入力しました。.
3 イーサネット クロスケーブルのピン割り当てについては、「付録 A」を参照してください。

表記法

コマンドの記述には次の表記法が適用されています。

  • 縦棒( | )は、同時に指定できない、選択型の引数どうしの間に入ります。
  • 角括弧([ ])は通常、オプションの引数を示します。
  • 中括弧({ })は、必須の引数を示します。
  • 角括弧内の中括弧([{ }])の中には、オプションの引数内で選択する必要のある引数が入ります。
  • 太字体は、表記のとおりに入力するコマンドとキーワードを示します。
  • イタリックは、ユーザが値を入力する引数を示します。

ネットワークダイヤグラム

次の図は、使用されたテスト環境を示したものです。スイッチの設定は、clear config all コマンドを使用してクリアしました。その後、set system name コマンドを使用してプロンプトを変更しました。スイッチ A には set int sc0 172.16.84.6 255.255.255.0 コマンドを、スイッチ B には set int sc0 172.16.84.17 255.255.255.0 コマンドを使用して、管理用の IP アドレスとマスクをスイッチに割り当てました。デフォルト ゲートウェイは、set ip route default 172.16.84.1 を使用して両方のスイッチに割り当てられました。

スイッチの設定は、テストをデフォルト状態から開始できるようにする目的でクリアされました。スイッチの名前は、コマンド ラインのプロンプトから識別できるようにする目的で付けました。IP アドレスは、テスト用のスイッチ間で ping を実行できるようにする目的で割り当てました。


コマンドの多くでは、説明に必要のないアウトプットも表示されます。関係のないアウトプットはこの文書内では省略されています。

イーサチャネルの手動設定
  1. この文書内で使用されているソフトウェアのバージョンとモジュールを示します
  2. ポートがイーサチャネルをサポートしていることを確認します
  3. ポートが接続されていることと、稼動中であることを確認します
  4. グループ化されるポートがそれぞれ同じ設定になっていることを確認します
  5. 有効なポート グループを確認します
  6. チャネルを作成します

手順

手順 1. show version コマンドは、スイッチが実行しているソフトウェアのバージョンを表示します。show module コマンドは、スイッチにインストールされているモジュールをリストします。
Switch-A> show version

WS-C5505 Software, Version McpSW: 4.5(1) NmpSW: 4.5(1)

Copyright (c) 1995-1999 by Cisco Systems

NMP S/W compiled on Mar 29 1999, 16:09:01

MCP S/W compiled on Mar 29 1999, 16:06:50



System Bootstrap Version: 3.1.2



Hardware Version: 1.0  Model: WS-C5505  Serial #: 066507453



Mod Port Model      Serial #  Versions

--- ---- ---------- --------- ----------------------------------------

1   0    WS-X5530   006841805 Hw : 1.3

                              Fw : 3.1.2

                              Fw1: 3.1(2)

                              Sw : 4.5(1)

2   24   WS-X5225R  012785227 Hw : 3.2

                              Fw : 4.3(1)

                              Sw : 4.5(1)



       DRAM                    FLASH                   NVRAM

Module Total   Used    Free    Total   Used    Free    Total Used  Free

------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----

1       32640K  13650K  18990K   8192K   4118K   4074K  512K  108K  404K

        

Uptime is 0 day, 3 hours, 32 minutes
Switch-A> show module

Mod Module-Name         Ports Module-Type           Model    Serial-Num Status

--- ------------------- ----- --------------------- --------- --------- -------

1                       0     Supervisor III        WS-X5530  006841805 ok

2                       24    10/100BaseTX Ethernet WS-X5225R 012785227 ok



Mod MAC-Address(es)                        Hw     Fw         Sw

--- -------------------------------------- ------ ---------- -----------------

1   00-90-92-b0-84-00 to 00-90-92-b0-87-ff 1.3    3.1.2      4.5(1)

2   00-50-0f-b2-e2-60 to 00-50-0f-b2-e2-77 3.2    4.3(1)     4.5(1)



Mod Sub-Type Sub-Model Sub-Serial Sub-Hw

--- -------- --------- ---------- ------

1   NFFC     WS-F5521  0008728786 1.0
Switch-B> show version

WS-C5505 Software, Version McpSW: 4.5(1) NmpSW: 4.5(1)

Copyright (c) 1995-1999 by Cisco Systems

NMP S/W compiled on Mar 29 1999, 16:09:01

MCP S/W compiled on Mar 29 1999, 16:06:50



System Bootstrap Version: 5.1(2)



Hardware Version: 1.0  Model: WS-C5505  Serial #: 066509957



Mod Port Model      Serial #  Versions

--- ---- ---------- --------- ----------------------------------------

1   0    WS-X5530   008592453 Hw : 2.3

                              Fw : 5.1(2)

                              Fw1: 4.4(1)

                              Sw : 4.5(1)

2   24   WS-X5234   015388641 Hw : 1.0

                              Fw : 4.5(2)

                              Sw : 4.5(1)



       DRAM                    FLASH                   NVRAM

Module Total   Used    Free    Total   Used    Free    Total Used  Free

------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----

1       32640K  13548K  19092K   8192K   7300K    892K  512K  119K  393K

        

Uptime is 0 day, 3 hours, 36 minutes
Switch-B> show module

Mod Module-Name         Ports Module-Type           Model    Serial-Num Status

--- ------------------- ----- --------------------- --------- --------- -------

1                       0     Supervisor III        WS-X5530  008592453 ok

2                       24    10/100BaseTX Ethernet WS-X5234  015388641 ok



Mod MAC-Address(es)                        Hw     Fw         Sw

--- -------------------------------------- ------ ---------- -----------------

1   00-10-0d-b2-8c-00 to 00-10-0d-b2-8f-ff 2.3    5.1(2)     4.5(1)

2   00-d0-bc-03-58-98 to 00-d0-bc-03-58-af 1.0    4.5(2)     4.5(1)



Mod Sub-Type Sub-Model Sub-Serial Sub-Hw

--- -------- --------- ---------- ------

1   EARL 1+  WS-F5520  0011591025 1.1

手順 2. ポートがイーサチャネルをサポートしていることを確認します。show port capabilities コマンドは、バージョン 4.x 以降のソフトウェアで利用可能です。4.x 以前のバージョンのソフトウェアを使用している場合は、この手順を省略する必要があります。すべての FastEthernet モジュールがイーサチャネルをサポートしているわけではありません。モジュールの左下隅(スイッチの正面に向かって)に「Fast EtherChannel」と表示されており、機能がサポートされていることを確認できるイーサチャネル モジュールもあります。ただし、この表記規定は後発のモジュールには適用されていません。このテスト内のモジュールには「Fast EtherChannel」の表示はありませんが、機能自体はサポートされています。

Switch-A> show port capabilities

Model                    WS-X5225R

Port                     2/1

Type                     10/100BaseTX

Speed                    auto,10,100

Duplex                   half,full

Trunk encap type         802.1Q,ISL

Trunk mode               on,off,desirable,auto,nonegotiate

Channel                  2/1-2,2/1-4

Broadcast suppression    percentage(0-100)

Flow control             receive-(off,on),send-(off,on)

Security                 yes

Membership               static,dynamic

Fast start               yes

Rewrite                  yes
Switch-B> show port capabilities

Model                    WS-X5234

Port                     2/1

Type                     10/100BaseTX

Speed                    auto,10,100

Duplex                   half,full

Trunk encap type         802.1Q,ISL

Trunk mode               on,off,desirable,auto,nonegotiate

Channel                  2/1-2,2/1-4

Broadcast suppression    percentage(0-100)

Flow control             receive-(off,on),send-(off,on)

Security                 yes

Membership               static,dynamic

Fast start               yes

Rewrite                  no


イーサチャネルをサポートしていないポートの場合は、次のように表示されます。

Switch> show port capabilities

Model                    WS-X5213A

Port                     2/1

Type                     10/100BaseTX

Speed                    10,100,auto

Duplex                   half,full

Trunk encap type         ISL

Trunk mode               on,off,desirable,auto,nonegotiate

Channel                  no

Broadcast suppression    pps(0-150000)

Flow control             no

Security                 yes

Membership               static,dynamic

Fast start               yes

手順 3. ポートが接続されていることと、稼動中であることを確認します。ケーブルを接続する前は、ポートのステータスは次のようになっています。

Switch-A> show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     notconnect 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

 2/2                     notconnect 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

 2/3                     notconnect 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

 2/4                     notconnect 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

2 つのスイッチ間にケーブルを接続した後では、ステータスは次のようになります。

1999 Dec 14 20:32:44 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1

1999 Dec 14 20:32:44 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/2

1999 Dec 14 20:32:44 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/3

1999 Dec 14 20:32:44 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/4



Switch-A> show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/2                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/3                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/4                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX
Switch-B> show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/2                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/3                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/4                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

このテストを開始する前にスイッチの設定をクリアしたので、ポートはデフォルト状態になっています。ポートはすべて VLAN 1 になっており、速度とデュープレックスは auto にセットされています。ケーブルを接続すると、速度は 100Mbps に、デュープレックスは全二重にネゴシエートされます。ステータスは connected になります。この時点で、他方のスイッチを ping することが可能になります。

Switch-A> ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive

ポートを常に最速で動作させたい場合は、オートネゴシエーションを使用せず、手動で 100Mbps と全二重に設定することもできます。オートネゴシエーションの詳細については、「イーサネット10/100Mb 半/全二重オートネゴシエーションの設定およびトラブルシューティング」を参照してください。

手順 4. グループ化されるポートがそれぞれ同じ設定になっていることを確認します。これは重要なポイントであり、トラブルシューティングの項でより詳しく説明されています。イーサチャネルをセットアップするためのコマンドが機能しない場合、通常は、チャネルに関連している各ポートの設定が互いに異なっていることが原因です。これにはローカル ポートだけでなく、そのリンクの他方のポートも含まれます。この文書のケースでは、テストを開始する前にスイッチの設定をクリアしているので、各ポートはデフォルト状態になっています。ポートはすべて VLAN 1 になっており、速度とデュープレックスは auto にセットされていて、各ポートのスパニングツリー パラメータもすべて同じになっています。上記のアウトプットでも確認したように、ケーブルを接続すると、ポートの速度は 100Mbps と全二重にネゴシエートされます。STP は各 VLAN に対して実行されるので、すべての STP フィールドに対してチャネル内の各ポートおよび VLAN との整合性をチェックするよりも、単にチャネルを設定してエラー メッセージに応える方が簡単です。

手順 5. 有効なポート グループを確認します。Catalyst 5000 の場合、1つのチャネルに統合できるのは特定のポートだけです。このような制限は、すべてのプラットフォームについて当てはまるわけではありません。Catalyst 5000 上では、同じチャネル内のポートは互いに隣接する必要があります。show port capabilities コマンドのアウトプットから、ポート 2/1 について可能な組み合わせは次のようになることが確認できます。

Switch-A> show port capabilities

Model                    WS-X5225R

Port                     2/1

...

Channel                  2/1-2,2/1-4

このポートは、2 つのポートから成るグループ(2/1-2)の一部か、または 4 つのポートから成るグループ(2/1-4)の一部になれることが確認できます。このような設定上の制限は、モジュール上のEBC(Ethernet Bundling Controller)によるものです。別のポートについて見てみましょう。

Switch-A> show port capabilities 2/3

Model                    WS-X5225R

Port                     2/3

...

Channel                  2/3-4,2/1-4

このポートは、2 つのポートから成るグループ(2/3-4)か、または 4 つのポートから成るグループ(2/1-4)の一部としてグループ化することができます。

注: ハードウェアによっては、さらにこれ以外の制限が適用される場合もあります。特定のモジュール(WS-X5201 と WS-X5203)上では、グループ内の最初の 2 ポートがすでにイーサチャネルを形成していないと、そのポート グループ内の最後の 2 ポートでイーサチャネルを形成することはできません。ポート グループとは、イーサチャネルの形成するポートの集まりのことです(上記の例では 2/1-4 が1つのポート グループです)。たとえば、チャネル内の 2 つのポートだけで独立したイーサチャネルを作成しようとする場合、まずポート 2/1-2 をチャネルに設定しなければ、ポート 2/3-4 をチャネルに割り当てることはできません。この制限は、特定のモジュールのみに適用されます。同様に、ポート 2/6-7 を設定するには、その前にポート 2/5-6 を設定する必要があります。この文書内のテストに使用されたモジュール(WS-X5225R と WS-X5234)においては、この制限はありません。

この例では、4 つのポートから成るグループ(2/1-4)を設定しようとしているので、グルーピング方法は承認されていることになります。ただし、4 つのポートから成るグループとして、2/3-6 を割り当てることはできません。このグループは、隣接するポートどうしで構成されてはいますが、承認された境界上に収まっていません。show port capabilities コマンドが示す有効なグループは、ポート 1-4、5-8、9-12、13-16、17-20、および 21-24です。

手順 6. チャネルを作成します。チャネルを作成するには、各スイッチに対して set port channel mod/port on コマンドを使用します。イーサチャネルを手動でオンにする前には、set port disable コマンドを使用して、チャネルのどちらかの側のポートをオフにしておくことをお勧めします。これにより、設定プロセス中に STP によって引き起こされる可能性のある問題を回避できます。一方の側をチャネルとして設定する前にもう一方がチャネルとして設定されている場合、STP はいくつかのポート(ポート ステータスが errdisable になっているポート)をシャット ダウンする場合があります。このため、この文書内で後述する、PAgP を使用してイーサチャネルを作成するやり方の方がはるかに容易です。イーサチャネルを手動で設定する際にこの問題を回避するには、まずスイッチ A のポートをディセーブルにし、次にスイッチ A のチャネルを設定し、次にスイッチ B のチャネルを設定し、最後にスイッチ A のポートをイネーブルに戻します。

最初に、チャネリングがオフになっていることを確認します。

Switch-A> (enable) show port channel

No ports channelling
Switch-B> (enable) show port channel

No ports channelling

次に、両方のスイッチがイーサチャネル用に設定されるまで、スイッチ A のポートをディセーブルにします。これで、STP がエラーを生成してポートをシャット ダウンすることはありません。

Switch-A> (enable) set port disable 2/1-4

Ports 2/1-4 disabled.
[output from Switch A upon disabling ports]

1999 Dec 15 00:06:40 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridg1

1999 Dec 15 00:06:40 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2

1999 Dec 15 00:06:40 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3

1999 Dec 15 00:06:40 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4

スイッチ A に対してチャネル モードをオンにします。

Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 on

Port(s) 2/1-4 channel mode set to on.

チャネルのステータスをチェックします。チャネル モードはオンに設定されましたが、ポートのステータスはディセーブルになっています(先ほどディセーブルにしたため)。したがって、この時点ではチャネルは稼動中ではありませんが、ポートがイネーブルにされると稼動中になります。

Switch-A> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  disabled   on        channel    

 2/2  disabled   on        channel    

 2/3  disabled   on        channel    

 2/4  disabled   on        channel    

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------

スイッチ A のポートが(一時的に)ディセーブルにされたため、スイッチ B のポートは接続先が存在しない状態になります。スイッチ A のポートがディセーブルにされる際、スイッチ B のコンソールには次のメッセージが表示されます。

Switch-B> (enable)

2000 Jan 13 22:30:03 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1

2000 Jan 13 22:30:04 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2

2000 Jan 13 22:30:04 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3

2000 Jan 13 22:30:04 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4

スイッチ B に対してチャネル モードをオンにします。

Switch-B> (enable) set port channel 2/1-4 on

Port(s) 2/1-4 channel mode set to on.

スイッチ B に対してチャネル モードがオンになっていることを確認します。

Switch-B> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  notconnect on        channel    

 2/2  notconnect on        channel    

 2/3  notconnect on        channel    

 2/4  notconnect on        channel    

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------

スイッチ B のチャネル モードがオンになりましたが、ポートのステータスは notconnect になっています。これは、スイッチ A のポートがまだディセーブルになっているためです。

最後に、スイッチ A のポートをイネーブルにします。

Switch-A> (enable) set port enable 2/1-4

Ports 2/1-4 enabled.

1999 Dec 15 00:08:40 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4

1999 Dec 15 00:08:40 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4

1999 Dec 15 00:08:40 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4

1999 Dec 15 00:08:40 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4

イーサチャネル設定の確認


チャネルが適切にセットアップされたことを確認するには、show port channel コマンドを発行します。

Switch-A> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/1       

 2/2  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/2       

 2/3  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/3       

 2/4  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/4       

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch-B> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/1       

 2/2  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/2       

 2/3  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/3       

 2/4  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/4       

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------

次のコマンドでは、STP がポートを 1 つの論理ポートと見なしているものとして表示されています。このアウトプットでは、ポートが「2/1-4」とリストされているので、STP はポート 2/1、2/2、2/3、および 2/4 を「1 つのポート」として扱っていることになります。

Switch-A> (enable) show spantree

VLAN 1

Spanning tree enabled

Spanning tree type          ieee



Designated Root             00-10-0d-b2-8c-00

Designated Root Priority    32768

Designated Root Cost        8

Designated Root Port        2/1-4

Root Max Age   20 sec    Hello Time 2  sec   Forward Delay 15 sec



Bridge ID MAC ADDR          00-90-92-b0-84-00

Bridge ID Priority          32768

Bridge Max Age 20 sec    Hello Time 2  sec   Forward Delay 15 sec



Port      Vlan  Port-State     Cost   Priority  Fast-Start  Group-Method

--------- ----  -------------  -----  --------  ----------  ------------

 2/1-4    1     forwarding         8        32   disabled       channel

イーサチャネルでは、チャネル内のポートのトラフィック分散方法は特に決められていません。実際イーサチャネルの仕様では、チャネル内のリンクを流れるトラフィックの分散方法は規定されていません。Catalyst 5000 では、チャネル内のどのポートを使用するか決定するのに、フレーム内のソースおよび宛先 MAC アドレスの最後のビットか、または最後の 2 ビット(チャネル内のリンク数によって異なる)が使用されます。チャネルの片側かもう一方の側で、トラフィックが通常の MAC アドレスによって生成されていれば、チャネル内の各ポートのトラフィックは同じくらいになるはずです。トラフィックがチャネル内の全ポートに分散していることを確認するには、show mac コマンドを使用します。イーサチャネルを設定する前にポートがアクティブになっていた場合は、clear counters コマンドでトラフィック カウンタを 0 にリセットします。これによりトラフィック値は、イーサチャネルによってトラフィックがどのように分散されたかを示す値になります。

このテスト環境では、実世界と同じ分散結果を得ることはできませんでした。これは、トラフィックを生成するワークステーション、サーバ、ルータなどは一切使用していないためです。トラフィックを生成する唯一のデバイスは、スイッチ自体です。テストの際、スイッチ A からスイッチ B に ping をいくつか発行しました。次のアウトプットから、ユニキャスト トラフィックがチャネル内の最初のポートを使用していることがわかります。ここでの受信情報(Rcv-Unicast)は、スイッチ B がスイッチ A へのチャネルのトラフィックをどのように分散したかを示しています。アウトプットの中央より少し下にある送信情報(Xmit-Unicast)は、スイッチ A がスイッチ B へのチャネルのトラフィックをどのように分散したかを示しています。また、スイッチによって生成された少量のマルチキャスト トラフィック(ダイナミック ISL、CDP)が、4 つのポートすべてから出ていることも確認できます。ブロードキャスト パケットは ARP クエリです(テストを行ったラボには存在しないデフォルト ゲートウェイ用)。チャネルをはさんだ宛先にスイッチを通じてパケットを送信するワークステーションがこのテストに使用されていたら、チャネル内の 4 つのリンクそれぞれをトラフィックが通過している様子が確認できたでしょう。実環境においても、show mac コマンドを使用すれば、ネットワーク内のパケット分散状況を監視することができます。

Switch-A> (enable) clear counters

This command will reset all MAC and port counters reported in CLI and SNMP.

Do you want to continue (y/n) [n]? y

MAC and Port counters cleared.
Switch-A> (enable) show mac



Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast

-------- -------------------- -------------------- --------------------

 2/1                        9                  320                  183

 2/2                        0                   51                    0

 2/3                        0                   47                    0

 2/4                        0                   47                    0

(...)



Port     Xmit-Unicast         Xmit-Multicast       Xmit-Broadcast

-------- -------------------- -------------------- --------------------

 2/1                        8                   47                  184

 2/2                        0                   47                    0

 2/3                        0                   47                    0

 2/4                        0                   47                    0

(...)



Port     Rcv-Octet            Xmit-Octet

-------- -------------------- --------------------

 2/1                    35176                17443

 2/2                     5304                 4851

 2/3                     5048                 4851

 2/4                     5048                 4851

(...)



Last-Time-Cleared

--------------------------

Wed Dec 15 1999, 01:05:33

Ciscoデバイスの sh mac コマンドの出力を用いて、Output Interpreter により潜在的な問題や修正を表示することができます。 Output Interpreter を使用するには、ユーザ登録後、JavaScriptを有効にしてログインする必要があります。

PAgP を使用したイーサチャネル設定(推奨)

PAgP は、チャネル化が可能なポート間でパケットを交換することによって、イーサチャネル リンクの自動作成を容易化します。このプロトコルは、ポート グループの有効性を動的に検知し、隣接するポートに知らせます。

PAgP は、ペアが正しく組まれた、チャネル化可能なリンクを識別すると、それらのポートをチャネルへとグループ化します。その後、チャネルは単一のブリッジ ポートとしてスパニング ツリーに追加されます。ブロードキャスト パケットやマルチキャスト パケットは、チャネル内のすべてのポートからではなく、1 つのポートのみから送信されます。また、チャネル内の 1 つのポートから送信されたブロードキャスト パケットおよびマルチキャスト パケットは、そのチャネルの他のどのポートにも戻されません。

 

ユーザ設定可能なチャネル モードとして、on、off、auto、および desirable の 4 つのモードがあります。PAgP パケットは、auto および desirable モードのポート間でのみ交換されます。on または off モードに設定されたポートは、PAgP パケットを交換できません。イーサチャネルを使用する場合は、両方のスイッチを desirable モードに設定することをお勧めします。これにより、どちらかのスイッチにエラーが生じた場合や、どちらかのスイッチがリセットされた場合でも、最も安定した状態を確保することができます。 チャネルのデフォルト モードは auto です。

auto モードと desirable モードでは、各ポートが接続先のポートとネゴシエートし、ポートの速度、トランキング状態、ネイティブ VLAN などの基準に基づいて、チャネルを形成できるかどうかが決定がされます。

互換性のあるモードであれば、チャネル モードの異なるポートどうしでもイーサチャネルを形成することはできます。次に例を示します。

  • desirable モードのポートは、desirable モードまたは auto モードに設定されている別のポートと正常にイーサチャネルを形成できます。
  • auto モードのポートは、desirable モードのポートとイーサチャネルを形成できます。
  • auto モードのポートは、auto モードに設定されている別のポートとはイーサチャネルを形成できません。これは、どちらのポートもネゴシエーションを開始しないためです。
  • on モードのポートは、on モードのポートとしかチャネルを形成できません。これは、on モードのポートが PAgP パケットを交換しないためです。
  • off モードのポートは、いずれのポートともチャネルを形成することはできません。
イーサチャネルを使用している際、「SPANTREE-2: Channel misconfig - x/x-x will be disabled」と表示されるか、または同様の syslog メッセージが表示された場合は、接続されているポートのイーサチャネル モードが不適切であることを示しています。設定を訂正し、set port enable コマンドを入力してポートのイネーブル化を再度行うことをお勧めします。有効なイーサチャネル設定を次に示します。
 
ポートのチャネル モード 隣接ポートで有効となるチャネル モード
desirable desirable または auto
auto(デフォルト) desirable または auto1
on on
off off
1ローカル ポートと隣接ポートの両方が auto モードに設定されている場合は、イーサチャネルを形成できません。

次に、考えられるチャネリング モードの組み合わせをすべてまとめておきます。これらの組み合わせのうちのいくつかでは、チャネリングを開始する側のポートが STP によって errdisable 状態にされる場合があります(つまり、次の組み合わせのうちのいくつかでは、チャネリングを開始する側のポートがシャット ダウンされます)。

スイッチ A のチャネル モード スイッチ B のチャネルモード チャネルの状態
On On Channel
On Off Not Channel (errdisable)
On Auto Not Channel (errdisable)
On Desirable Not Channel (errdisable)
Off On Not Channel (errdisable)
Off Off Not Channel
Off Auto Not Channel
Off Desirable Not Channel
Auto On Not Channel (errdisable)
Auto Off Not Channel
Auto Auto Not Channel
Auto Desirable Channel
Desirable On Not Channel (errdisable)
Desirable Off Not Channel
Desirable Auto Channel
Desirable Desirable Channel

ここでは、スイッチ A とスイッチ B に対して次のコマンドを使用し、先述の例で設定したチャネルをオフにしました。

    Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 auto
    
    Port(s) 2/1-4 channel mode set to auto.
チャネル化可能なポートのデフォルト チャネル モードは auto です。これを確認するには、次のコマンドを入力します。
    Switch-A> (enable) show port channel 2/1
    
    Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor
    
                     mode      status      device                    port
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
     2/1  connected  auto      not channel
上記のコマンドで、現在ポートがチャネルを組んでいないことも確認できます。チャネルの状態は、次の方法でも確認できます。
    Switch-A> (enable) show port channel
    
    No ports channelling
    Switch-B> (enable) show port channel
    
    No ports channelling
PAgP を使用してチャネルを機能させる方法は非常に簡単です。この時点で、スイッチは両方とも auto モードにセットされています。これは、接続されているポートのいずれかがチャネル形成を要求する PAgP リクエストを送信すれば、両スイッチ間でチャネルが組まれる状態にあるということです。スイッチ A を desirable に設定すると、スイッチ A が他方のスイッチに PAgP パケットを送信し、チャネル形成を要求します。
    Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 desirable
    
    Port(s) 2/1-4 channel mode set to desirable.
    1999 Dec 15 22:03:18 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridg1
    
    1999 Dec 15 22:03:18 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2
    
    1999 Dec 15 22:03:18 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
    
    1999 Dec 15 22:03:18 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4
    
    1999 Dec 15 22:03:19 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2
    
    1999 Dec 15 22:03:19 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
    
    1999 Dec 15 22:03:20 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4
    
    1999 Dec 15 22:03:23 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4
    
    1999 Dec 15 22:03:23 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4
    
    1999 Dec 15 22:03:23 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4
    
    1999 Dec 15 22:03:24 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4
チャネルを参照するには、次のコマンドを発行します。
    Switch-A> (enable) show port channel
    
    Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor
    
                     mode      status      device                    port
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
     2/1  connected  desirable channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/1       
    
     2/2  connected  desirable channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/2       
    
     2/3  connected  desirable channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/3       
    
     2/4  connected  desirable channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/4       
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
    Switch-A> (enable)
スイッチ B は auto モードになっていたので、PAgP パケットに応答し、スイッチ A とチャネルを作成しました。
    Switch-B> (enable)
    2000 Jan 14 20:26:41 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridg1
    
    2000 Jan 14 20:26:41 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2
    
    2000 Jan 14 20:26:41 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
    
    2000 Jan 14 20:26:41 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4
    
    2000 Jan 14 20:26:45 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2
    
    2000 Jan 14 20:26:45 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
    
    2000 Jan 14 20:26:45 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4
    
    2000 Jan 14 20:26:47 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4
    
    2000 Jan 14 20:26:47 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4
    
    2000 Jan 14 20:26:47 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4
    
    2000 Jan 14 20:26:48 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4
    
    
    
    Switch-B> (enable) show port channel
    
    Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor
    
                     mode      status      device                    port
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
     2/1  connected  auto      channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/1       
    
     2/2  connected  auto      channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/2       
    
     2/3  connected  auto      channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/3       
    
     2/4  connected  auto      channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/4       
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
    Switch-B> (enable)
注:どちらかのスイッチがドロップ アウトを起こした場合でも、もう一方がチャネルを起動できるように、チャネルをはさむスイッチの両方を desirable に設定しておくようお勧めします。スイッチ B のイーサチャネル ポートを desirable モードにセットしても、問題は生じません(チャネルが現在 auto モードでアクティブになっていても)。コマンドは次のとおりです。
    Switch-B> (enable) set port channel 2/1-4 desirable
    
    Port(s) 2/1-4 channel mode set to desirable.
    Switch-B> (enable) show port channel
    
    Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor
    
                     mode      status      device                    port
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
     2/1  connected  desirable channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/1       
    
     2/2  connected  desirable channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/2       
    
     2/3  connected  desirable channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/3       
    
     2/4  connected  desirable channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/4       
    
    ----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 
    
    Switch-B> (enable)

これで、スイッチ A が何らかの理由でドロップ アウトを起こしたり、新しいハードウェアがスイッチ A と置き換えられたりした場合には、スイッチ B がチャネルの再設定を試行します。新しい装置がチャネルを組めない状態にある場合、スイッチ B はポート 2/1-4 を通常の非チャネル化ポートとして扱います。これは、desirable モードを使用する利点の 1 つです。チャネルが PAgP の on モードを使用して設定された場合、一方のスイッチが何らかのエラーを起こしたりリセットされたりすると、もう一方のスイッチが errdisable 状態(シャット ダウン)にされる可能性があります。両方の側で PAgP が desirable モードに設定されていれば、チャネルは安定を保ったままイーサチャネル接続を再ネゴシエートします。

Silent/Non-Silent モード

ファイバーを用いて接続するとき、 RX トランシーバに不具合が発生しても対向の TX トランシーバが Up になったままになることがあります。このとき、パケットロスが発生します。

これを回避するために、パケットの送信を行っているスイッチがイーサチャネル バンドルからこのポートを取り除く必要があります。Catalyst 5000 では、PAgP を non-silent モードにすることによって回避することができます。 non-silent モードでは、RX でトラフィックを受信しないと、そのポートはチャネルにはなりません。この検出は、チャネルが形成されているときのみ実行されます。

チャネルが形成時におけるパケットロスを防ぐために、PAgPでは RX ポートがトラフィックを受信していないことを検出し、そのポートの TX トランシーバをリセットします。このリセットを 1.6s 実行することにより、対向ポートも同様にリセットされます。そのポートはトラフィックを受信しないので、チャネルになることはありません。

Catalyst 5000 では、ファイバーの場合 non-silent モード、銅線の場合 silent モードを使用することを推奨します。ファイバー接続では、通常ネゴシエーションが行われないため、物理層でこの問題を検出する手段がないためです。

Catalyst 4000および 5000におけるデフォルトのPAgP設定

PAgPのデフォルトの設定は、plug-and-play を実行するために、 auto になっています。もし必要がない場合には、手動で PAgP をディセーブルにしてください。

デフォルトでは、 silent モードがオンになっています。トラフィックを送信しないデバイス(Sniffer など)が接続されて場合、通常 silent モードにします。

推奨

  • BPDU などのトラフィックを生成するデバイスと接続する際には、 non-silent キーワードを使用してください。このキーワードを auto または desirable モードで使用してください。PAgP non-silent により、単一方向リンクのチャネル化を防ぎ、単一方向リンクの検出を可能にします。
  • BPDU などのトラフィックを生成しないデバイスと接続する際には、 silent キーワードを使用してください。このようなデバイスの例として、トラフィック ジェネレータがあります。このキーワードを auto または desirable モードで使用してください。 silent または non-silent を指定しない場合は、 Silent になります。
  • silent 単一方向リンクの検出をすることができません。チャネルを形成するときは、 non-silent によって単一方向リンクがジョインするのを防ぎます。
  • non-PAgP (set port channel on) とは異なる PAgP (set port channel desirable/auto)は、単一方向リンクを保護し、設定ミスによるチャネルのミスマッチを回避することができるので、より安全です。
  • UDLD に関する詳細は、 Understanding and Configuring the Unidirectional Link Detection Protocol (UDLD) Feature を参照してください。

トランキングとイーサチャネル
イーサチャネルは、トランキングとは関連していません。ユーザはトランキングをオンにすることもできますし、オフにしておくこともできます。さらに、チャネルを作成する前にすべてのポートに対してトランキングをオンにすることもできますし、チャネルを作成した後でオンにすることもできます(このテストのように)。イーサチャネルに関する限り、これらのことは重要ではありません。トランキングとイーサチャネルは、完全に分離された機能です。重要なのは、関連するポートがすべて同じモードになっているかどうかということです。つまり、チャネルを設定する前にポートがすべてトランキングしているか、またはすべてトランキングしていない状態であることが重要なのです。すべてのポートは、チャネルを作成する前に同じトランキング状態になっている必要があります。

いったんチャネルが形成されると、1 つのポート上で加えられた変更はすべて、チャネル内の他のポートについても加えられます。このテスト ベッドで使用されたモジュールでは、ISL または 802.1q トランキングを行うことができます。デフォルトでは、これらのモジュールは auto trunking and negotiate モードに設定されています。これは、相手側からトランキングの要求あれば、ISL と 802.1q のいずれの方式でトランクするかをネゴシエートし、トランクを実行するモードです。トランクの要求がなければ、通常の非トランク ポートとして動作します。

Switch-A> (enable) show trunk 2

Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan

--------  -----------  -------------  ------------  -----------

 2/1      auto         negotiate      not-trunking  1

 2/2      auto         negotiate      not-trunking  1

 2/3      auto         negotiate      not-trunking  1

 2/4      auto         negotiate      not-trunking  1

トランキングをオンにするには、たくさんの異なる方法があります。この例では、スイッチ A を desirable に設定します。スイッチ A は、すでに negotiate にセットされています。desirablenegotiate を組み合わせると、スイッチ A はスイッチ B に、トランキングのタイプ(ISL または 802.1q)をネゴシエートしてトランキングを実行するようリクエストします。スイッチ B は auto-negotiate にデフォルト設定されているので、スイッチ A のリクエストに応答します。結果を次に示します。

Switch-A> (enable) set trunk 2/1 desirable

Port(s) 2/1-4 trunk mode set to desirable.
Switch-A> (enable)

1999 Dec 18 20:46:25 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/1 has become isl trunk

1999 Dec 18 20:46:25 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/2 has become isl trunk

1999 Dec 18 20:46:25 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:25 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:25 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/3 has become isl trunk

1999 Dec 18 20:46:26 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:26 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/4 has become isl trunk

1999 Dec 18 20:46:26 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:28 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:29 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:29 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4

1999 Dec 18 20:46:29 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4



Switch-A> (enable) show trunk 2

Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan

--------  -----------  -------------  ------------  -----------

 2/1      desirable    n-isl          trunking      1

 2/2      desirable    n-isl          trunking      1

 2/3      desirable    n-isl          trunking      1

 2/4      desirable    n-isl          trunking      1

トランク モードが desirable に設定されました。その結果、トランク モードが隣接スイッチとの間でネゴシエートされ、ISL(n-isl)に決定されました。これで、現在のステータスは trunking になりました。次に、スイッチ A で発行されたコマンドによってスイッチ B がどのようになったかを示します。

Switch-B> (enable) 

2000 Jan 17 19:09:52 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/1 has become isl trunk

2000 Jan 17 19:09:52 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/2 has become isl trunk

2000 Jan 17 19:09:52 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:52 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/3 has become isl trunk

2000 Jan 17 19:09:52 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:53 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/4 has become isl trunk

2000 Jan 17 19:09:53 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:53 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:55 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:55 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:55 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 19:09:55 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4



Switch-B> (enable) show trunk 2

Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan

--------  -----------  -------------  ------------  -----------

 2/1      auto         n-isl          trunking      1

 2/2      auto         n-isl          trunking      1

 2/3      auto         n-isl          trunking      1

 2/4      auto         n-isl          trunking      1

明示的に desirable に変更したのは 1 つのポート(2/1)だけですが、合計 4 つのポート(2/1-4)がトランキングになったことがわかります。これは、チャネル内の 1 つのポートに対する変更がその他すべてのポートに対して影響を与える場合の例です。

イーサチャネルに関するトラブルシューティング
イーサチャネルに関する問題は大きく 2 つグループに分けられます。設定段階でのトラブルシューティングと、稼動段階におけるトラブルシューティングです。設定上のエラーは通常、関連するポートのパラメータの不適切な組み合わせが原因です(速度の不一致、デュープレックスの不一致、STP ポート値の不一致など)。ただし設定の際、一方でチャネルをオンに設定した後、もう一方でチャネルを設定するまでに時間が経過しすぎた場合にもエラーが発生する可能性があります。これは STP ループによるもので、エラーが生成された後、ポートがシャット ダウンされます。

イーサチャネルの設定中にエラーが発生した場合は、イーサチャネルのエラー状態を修正した後に必ずポートのステータスをチェックしてください。ポート ステータスが errdisable になっている場合、ポートはソフトウェアによってシャット ダウンされており、set port enable コマンドを入力するまでオンに戻りません。

注:ポート ステータスが errdisable になった場合、ポートをアクティブにするには、set port enable コマンドを使用してポートを明示的にイネーブルにする必要があります。現在、すべてのイーサチャネル問題は修正可能ですが、ポートは再度イネーブルにするまでは起動せず、チャネルの形成も行えません。今後リリースされるバージョンのオペレーティング システムでは、errdisable になっているポートをイネーブルにする必要があるかどうかを定期的にチェックできるようになる予定です。

次に示すテストでは、トランキングとイーサチャネルをオフにします。

 

パラメータの不適切な組み合わせ

ここでは、組み合わせが不適切なパラメータの例を示します。この例では、ポート 2/4 を VLAN 2 にセットし、その他のポートは VLAN 1 のままにします。VLAN を新規作成するには、スイッチに VTP ドメインを割り当て、その後、VLAN を作成する必要があります。
Switch-A> (enable) show port channel

No ports channelling
Switch-A> (enable) show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/2                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/3                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/4                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX
Switch-A> (enable) set vlan 2

Cannot add/modify VLANs on a VTP server without a domain name.
Switch-A> (enable) set vtp domain testDomain

VTP domain testDomain modified
Switch-A> (enable) set vlan 2 name vlan2

Vlan 2 configuration successful
Switch-A> (enable) set vlan 2 2/4

VLAN 2 modified.

VLAN 1 modified.

VLAN  Mod/Ports

---- -----------------------

2     2/4

      

Switch-A> (enable)

1999 Dec 19 00:19:34 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridg4



Switch-A> (enable) show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/2                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/3                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/4                     connected  2          normal a-full a-100 10/100BaseTX
Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 desirable

Port(s) 2/1-4 channel mode set to desirable.

Switch-A> (enable)

1999 Dec 19 00:20:19 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1

1999 Dec 19 00:20:19 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2

1999 Dec 19 00:20:19 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3

1999 Dec 19 00:20:20 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4

1999 Dec 19 00:20:20 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2

1999 Dec 19 00:20:22 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3

1999 Dec 19 00:20:22 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4

1999 Dec 19 00:20:24 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-2

1999 Dec 19 00:20:25 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-2

1999 Dec 19 00:20:25 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/3

1999 Dec 19 00:20:25 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/4



Switch-A> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  connected  desirable channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/1       

 2/2  connected  desirable channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/2       

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

Switch-A> (enable)

チャネルがポート 2/1-2 の間だけで組まれたことがわかります。ポート 2/4 が異なる VLAN に設定されているので、ポート 2/3-4 は除外されています。エラー メッセージは表示されていません。PAgP は、チャネルを機能させるために必要なことだけを実行しています。チャネルを作成する際には、結果を参照して、チャネルがユーザの意図したとおりに機能したかどうかを確認する必要があります。

次に、異なる VLAN に設定されている ポート2/4 に対して、チャネルを手動でオンに設定し、どうなるか確認してみましょう。まず、既存のチャネルを破棄するためにチャネル モードを auto に設定し、その後、チャネルを手動でオンに設定します。

Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 auto

Port(s) 2/1-4 channel mode set to auto.
Switch-A> (enable)

1999 Dec 19 00:26:08 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1-2

1999 Dec 19 00:26:08 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/1-2

1999 Dec 19 00:26:08 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3

1999 Dec 19 00:26:08 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4

1999 Dec 19 00:26:18 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1

1999 Dec 19 00:26:19 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/2

1999 Dec 19 00:26:19 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/3

1999 Dec 19 00:26:19 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/4



Switch-A> (enable) show port channel

No ports channelling
Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 on

Mismatch in vlan number.

Failed to set port(s) 2/1-4 channel mode to on.
Switch-A> (enable) show port channel

No ports channelling

スイッチ B に対しては、チャネルをオンにし、ポートが正常にチャネルを組んでいることがアウトプットから確認できますが、スイッチ A は正しく設定されていません。

Switch-B> (enable) show port channel

No ports channelling
Switch-B> (enable) show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/2                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/3                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX

 2/4                     connected  1          normal a-full a-100 10/100BaseTX
Switch-B> (enable) set port channel 2/1-4 on

Port(s) 2/1-4 channel mode set to on.
Switch-B> (enable)

2000 Jan 17 22:54:59 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1

2000 Jan 17 22:54:59 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/2

2000 Jan 17 22:54:59 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3

2000 Jan 17 22:54:59 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4

2000 Jan 17 22:55:00 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 22:55:00 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 22:55:00 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 22:55:00 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4



Switch-B> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/1       

 2/2  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/2       

 2/3  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/3       

 2/4  connected  on        channel     WS-C5505    066507453(Sw  2/4       

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------

以上のことから、チャネルを手動で設定する際には、チャネルの両側をチェックし、片方だけではなく、両方が稼動していることチェックする必要があることがわかります。上記のアウトプットでは、スイッチ B はチャネル用に設定されていますが、スイッチ A では、異なる VLAN に設定されているポートが 1 つあるため、チャネルが組まれていないことがわかります。

他方を設定するまでに長時間が経過した場合

この例では、スイッチ B ではイーサチャネルがオンになっていますが、スイッチ A では VLAN 設定エラー(ポート 2/1-3 は VLAN 1 で、ポート 2/4 は VLAN 2)があるため、イーサチャネルがオンになっていません。ここでは、イーサチャネルの片側がオンになっていて、もう一方の側が auto モードのままになっている場合にどうなるかを示します。上記の段階の数分後、スイッチ B のポートはスパニング ループ検出によってシャット ダウンされました。これは、スイッチ B のポート 2/1-4 すべてが 1 つの大きなポートのように動作しているのに対し、スイッチ A のポート 2/1-4 はそれぞれが完全に独立したポートになっているためです。スイッチ B からスイッチ A のポート 2/1 へ送信されたブロードキャストは、スイッチ B のポート 2/2、2/3、および 2/4 へ送り返されます。これは、スイッチ A がこれらのポートをそれぞれ独立したポートと見なすためです。これにより、スイッチ B はスパニング ツリー ループが存在すると判断するわけです。次のアウトプットから、スイッチ B のポートがディセーブルにされ、ステータスが errdisable になっていることが確認できます。
Switch-B> (enable)

2000 Jan 17 22:55:48 %SPANTREE-2-CHNMISCFG: STP loop - channel 2/1-4 is disabled in vlan 1.

2000 Jan 17 22:55:49 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 22:56:01 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/2 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 22:56:13 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 22:56:36 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/1-4
Switch-B> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  errdisable on        channel    

 2/2  errdisable on        channel    

 2/3  errdisable on        channel    

 2/4  errdisable on        channel    

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch-B> (enable) show port

Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type

----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------

 2/1                     errdisable 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

 2/2                     errdisable 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

 2/3                     errdisable 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

 2/4                     errdisable 1          normal   auto  auto 10/100BaseTX

errdisable 状態の修正

イーサチャネルを設定する際、各ポートの設定が同じになっていないと、チャネルをはさむどちらかの側のポートがシャット ダウンされる場合があります。そのような場合、該当ポートのリンク ライトが黄色になります。コンソールでこれを確認するには、 show port コマンドを使用します。該当するポートは errdisable として表示されます。復旧させるには、ポートの不適切なパラメータを修正して、ポートを再度イネーブルにする必要があります。ポートの再イネーブル化は、ステータスの修正とは切り離された操作であり、ポートを再び機能させるために必要な操作です。

この例では、スイッチ A は VLAN の組み合わせが不適切に設定されています。そこで、スイッチ A のポート2/4 を VLAN 1 に戻し、その後、ポート 2/1-4 に対してチャネルをオンにします。スイッチ A は、スイッチ B のポートを再イネーブル化するまで接続状態になりません。スイッチ A を修正してチャネリング モードにしたら、スイッチ B に戻ってポートを再イネーブル化します。

Switch-A> (enable) set vlan 1 2/4

VLAN 1 modified.

VLAN 2 modified.

VLAN  Mod/Ports

---- -----------------------

1     2/1-24

      

Switch-A> (enable) set port channel 2/1-4 on

Port(s) 2/1-4 channel mode set to on.

Switch-A> (enable) sh port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  notconnect on        channel    

 2/2  notconnect on        channel    

 2/3  notconnect on        channel    

 2/4  notconnect on        channel    

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch-B> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  errdisable on        channel    

 2/2  errdisable on        channel    

 2/3  errdisable on        channel    

 2/4  errdisable on        channel    

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch-B> (enable) set port enable 2/1-4

Ports 2/1-4 enabled.

Switch-B> (enable) 2000 Jan 17 23:15:22 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridg4

2000 Jan 17 23:15:22 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 23:15:22 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/1-4

2000 Jan 17 23:15:22 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/1-4



Switch-B> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  connected  on        channel    

 2/2  connected  on        channel    

 2/3  connected  on        channel    

 2/4  connected  on        channel    

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------

リンクがダウンして復旧する際の挙動

チャネル内のポートがダウンすると、通常ならそのポートに送られるはずのパケットがすべて、チャネル内の隣接するポートに移されます。このような状態になっているかどうかは、show mac コマンドを使用して確認できます。このテストベッドでは、トラフィックがどのリンクを使用しているかを確認するために、スイッチ A からスイッチ B に ping パケットを送信します。まずカウンタをクリアし、次に show mac コマンドを発行し、次に ping を 3 つ送信し、その後 ping の応答がどのチャネルで受け取られたかを確認するために、再度 show mac コマンドを発行します。
Switch-A> (enable) clear counters

This command will reset all MAC and port counters reported in CLI and SNMP.

Do you want to continue (y/n) [n]? y

MAC and Port counters cleared.
Switch-A> (enable) show port channel

Port  Status     Channel   Channel     Neighbor                  Neighbor

                 mode      status      device                    port

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ---------- 

 2/1  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/1       

 2/2  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/2       

 2/3  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/3       

 2/4  connected  on        channel     WS-C5505    066509957(Sw  2/4       

----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch-A> (enable) show mac



Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast

-------- -------------------- -------------------- --------------------

 2/1                        0                   18                    0

 2/2                        0                    2                    0

 2/3                        0                    2                    0

 2/4                        0                    2                    0
Switch-A> (enable) ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive

Switch-A> (enable) ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive



Switch-A> (enable) ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive

Switch-A> (enable) show mac



Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast

-------- -------------------- -------------------- --------------------

 2/1                        3                   24                    0

 2/2                        0                    2                    0

 2/3                        0                    2                    0

 2/4                        0                    2                    0

この時点では、ping の応答はポート 2/1 で受け取られました。スイッチ B のコンソールがスイッチ A に応答を送信する際、イーサチャネルはポート 2/1 を使用します。そこで、スイッチ B のポート 2/1 をシャット ダウンします。その後スイッチ A から別の ping を発行し、どのチャネルに応答が返るかを確認します(スイッチ A は、スイッチ B が接続されているポートと同じポートを使用して送信を行います。show mac コマンドのアウトプットでは送信パケットが依然としてダウンしているため、スイッチ B から受信したパケットのみを示します)。

1999 Dec 19 01:30:23 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/1 left bridge port 2/1-4



Switch-A> (enable) ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive

Switch-A> (enable) show mac



Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast

-------- -------------------- -------------------- --------------------

 2/1                        3                   37                    0

 2/2                        1                   27                    0

 2/3                        0                    7                    0

 2/4                        0                    7                    0

ポート 2/1 がディセーブルにされたので、イーサチャネルはチャネル内の隣のポート(2/2)を自動的に使用しています。次にポート 2/1 を再イネーブル化し、ブリッジ グループに加わるのを待って、その後 ping をさらに 2 つ発行します。

1999 Dec 19 01:31:33 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1-4



Switch-A> (enable) ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive

Switch-A> (enable) ping 172.16.84.17

172.16.84.17 is alive

Switch-A> (enable) show mac



Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast

-------- -------------------- -------------------- --------------------

 2/1                        5                   50                    0

 2/2                        1                   49                    0

 2/3                        0                   12                    0

 2/4                        0                   12                    0

これらの ping はポート 2/1 から送信されます。リンクが稼動状態に戻ると、イーサチャネルは再びポートをバンドルに追加し、使用を再開します。これらはすべて、ユーザに対しては透過的に実行されます。

この文書内で使用したコマンド

セッティングやコンフィギュレーションに使用するコマンド

  • set port channel on - イーサチャネル機能をオンにします。
  • set port channel auto - ポートをデフォルトの auto モードにリセットします。
  • set port channel desirable - PAgP パケットを相手側に送り、チャネルの作成を要求します。
  • set port enable - set port disable を発行した後や、errdisable 状態になった後にポートをイネーブルにします。
  • set port disable - 他の設定がセットされている最中に、ポートをディセーブルにします。
  • set trunk desirable - トランキングをオンにします。これは、ポートがそのリンクをトランク リンクにするように求めるリクエストを他のスイッチへ送ることによって実行されます。また、ポートが negotiate (デフォルト設定)に設定されている場合は、そのリンクで使用するトランキング タイプ(ISL または 802.1q)をネゴシエートするよう求めるリクエストも送ります。

設定の確認に使用するコマンド

  • show version - スイッチが実行しているソフトウェアのバージョンを表示します。
  • show module - スイッチにインストールされているモジュールを表示します。
  • show port capabilities - 使用しようとしているポートが、イーサチャネル機能をサポートしているかどうかを確認します。
  • show port - ポートのステータス(notconnect、connected)、速度、およびデュープレックスの設定を確認します。
  • ping - 他のスイッチに対する接続性をテストします。
  • show port channel - イーサチャネル バンドルの現在のステータスを表示します。
  • show port channel mod/port - 単一ポートのチャネル ステータスの詳細を表示します。
  • show spantree - STP がチャネルを 1 つのリンクとして見なしたかどうかを確認します。
  • show trunk - ポートのトランク ステータスを表示します。

設定のトラブルシューティングに使用するコマンド

  • show port channel - イーサチャネル バンドルの現在のステータスを表示します。
  • show port -  ポートのステータス(notconnect、connected)、速度、およびデュープレックスの設定を確認します。
  • clear counters - スイッチのパケット カウンタを 0 にリセットします。このカウンタは show mac コマンドを使用して参照できます。
  • show mac - スイッチが受信および送信したパケットを表示します。
  • ping - 他のスイッチに対する接続性をテストします。また、show mac コマンドのアウトプットに表示されるトラフィックを生成します。

トラブルシューティング用シナリオの作成に利用したコマンド

  • set vtp domain testDomain - スイッチに VLAN を追加するために必要な VTP ドメインをスイッチに与えます。
  • set vlan 2 name vlan2 - 「vlan2」という名前で VLAN 2 を作成します。
  • set vlan 2 2/4 - ポート 2/4 を VLAN 2 に変更します。
  • set port channel 2/1-4 desirable - PAgP パケットを相手側に送り、チャネルの作成を要求します。
  • set port channel 2/1-4 auto - ポートをデフォルトの auto モードにリセットします。
  • set port channel 2/1-4 on - これらのポートのチャネル モードをオンに設定します。PAgP パケットは一切相手側に送られません。このコマンドは、相手側でもチャネルが形成されているという前提で機能します。
  • set vlan 1 2/4 - ポート 2/4 を VLAN 1 に変更します。

コマンドのまとめ

この文書ではバージョン 4.5 のソフトウェアを使用しているので、コマンド シンタックスは「スイッチ ソフトウェア ドキュメンテーション リリース 4.5」のものを採用しています。

 

シンタックス: show version
この文書で
使用された形:
show version
シンタックス: show module [mod_num]
この文書で
使用された形:
show module
シンタックス: show port capabilities [mod_num[/port_num]]
この文書で
使用された形:
show port capabilities
シンタックス: show port [mod_num[/port_num]]
この文書で
使用された形:
show port
 シンタックス: ping [-s] host[packet_size][packet_count]
この文書で
使用された形:
ping 172.16.84.17
シンタックス: show port channel [mod] [info | statistics]
show port channel mod/port [info | statistics]
この文書で
使用された形:
 show port channel
 show port channel 2/1
シンタックス: set port disable mod_num/port_num
この文書で
使用された形:
set port disable 2/1-4
シンタックス: set port channel mod/ports... [on | off | desirable | auto]
set port channel admin_group [on | off | desirable | auto]
set port channel admin_group mod/ports..[on | off | desirable | auto]
この文書で
使用された形:
set port channel 2/1-4 on
set port channel 2/1-4 auto
set port channel 2/1-4 desirable
シンタックス: set port enable mod_num/port_num
この文書で
使用された形:
set port enable 2/1-4
シンタックス: show spantree [vlan | mod_num/port_num] [active]
この文書で
使用された形:
show spantree
シンタックス: show trunk [mod_num[/port_num]] [detail]
この文書で
使用された形:
show trunk 2
シンタックス: set trunk mod_num/port_num [on | off | desirable | auto | nonegotiate] [vlan_range] [isl | dot1q | dot10 | lane | negotiate]
この文書で
使用された形:
set trunk 2/1 desirable
シンタックス: set vtp [domain domain_name] [mode {client | server | transparent}] [passwd passwd][pruning {enable | disable}] [v2 {enable | disable}]
この文書で
使用された形:
set vtp domain testDomain
シンタックス: set vlan vlan_num mod_num/port_list
set vlan vlan_num [name name] [type {ethernet | fddi | fddinet | trcrf | trbrf}] [state {active | suspend}] [said said] [mtu mtu] [ring hex_ring_number ] [decring decimal_ring_number ] [bridge bridge_num] [parent vlan_num] [mode {srt | srb}] [stp {ieee | ibm | auto}] [translation vlan_num] [backupcrf {off | on}] [aremaxhop hop_count] [stemaxhop hop_count]
この文書で
使用された形:
set vlan 2 name vlan2
set vlan 2 2/4
シンタックス: clear counters
この文書で
使用された形:
clear counters
シンタックス: show mac [mod_num[/port_num]]
この文書で
使用された形:
show mac

付録 A:イーサネット クロスケーブル
このケーブルはほとんどのコンピュータ ショップで入手可能です。また、自分でを作ることもできます。次の 2 つの図は、スイッチ間クロスケーブルに必要なピン配置を示したものです。

 


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 10024