音声 : ゲートウェイ プロトコル

ゲートキーパーのエンドポイントでのコール アドミッションに関する問題のトラブルシューティング

2002 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、シスコのゲートウェイまたはサードパーティのゲートウェイや端末、およびシスコのゲートキーパー(Cisco IOS(R) ゲートウェイおよびルータ)が関連している場合で、エンドポイントからコールが発信できなくなるという一般的な問題の解決策について説明します。

問題

H.323 エンドポイントのシスコのゲートキーパーへの登録を設定した後、そのエンドポイントからコールを発信することができない。

解決方法

show gatekeeper endpoint コマンドをチェックして、エンドポイントがすべてゲートキーパーに登録されていることを確認します。

アドミッション確認(ビジー トーンが返される)

ゲートキーパーからアドミッション確認(ACF)が送信されてエンドポイント側に到達してもコールが依然としてビジー信号を受信している場合、ACF の着信側 IP アドレスが、想定されている正しい IP アドレスであるかどうかを確認してください。

value RasMessage ::= admissionConfirm :

       {

         requestSeqNum 18

         bandWidth 5120

         callModel direct : NULL

         destCallSignalAddress ipAddress :

         {

           ip '0AAAC80A'H	  

  !--- IP を表す 16 進数(0A AA C8 0A== 10.170.200.10.)

  

           port 1720

           port 1720

         }

         irrFrequency 240

         willRespondToIRR FALSE

         uuiesRequested

         {

           setup FALSE

           callProceeding FALSE

           connect FALSE

           alerting FALSE

           information FALSE

           releaseComplete FALSE

           facility FALSE

           progress FALSE

           empty FALSE

         }

       }

  

ACF に着信側エンドポイントの IP アドレスがある場合、ゲートキーパーを取り除き、エンドポイントからエンドポイントへの直接のコールを試みて、コールが確立されるかどうかを確認してください。

アドミッション拒否(ARJ)、「rejectReason calledPartyNotRegistered」

次の debug h225 asn1 コマンドは、calledPartyNotRegistered を表示します。

*Mar 15 06:49:19.685: RAS OUTGOING PDU ::=

  

  value RasMessage ::= admissionReject :

      {

        requestSeqNum 34

        rejectReason calledPartyNotRegistered : NULL

      }

  

これは、着信番号の終端場所に関する情報をゲートキーパーが保持していない場合に、ローカルまたは発信側のゲートキーパーで取得される一般的な拒否理由です。この問題の発生には、2 つの理由があります。1 つ目の理由は、コールがゲートウェイで終端されていて、そのゲートウェイが E164 アドレスまたは tech-prefix で登録されていない場合です。これを解決するには、ゲートウェイが tech-prefix によりゲートキーパーに登録されているか確認します。

正しいゲートウェイの設定例を次に示します。

interface Ethernet0/0

   ip address 172.16.13.16 255.255.255.224

   half-duplex

   h323-gateway voip interface

   h323-gateway voip id hwei-gk ipaddr 172.16.13.14 1718

   h323-gateway voip h323-id gw2

   h323-gateway voip tech-prefix 2

  ・

  !

  voice-port 2/0/0

  !

  voice-port 2/0/1

  !

  voice-port 2/1/0

   station-id name BLARG

   caller-id enable

  !

  voice-port 2/1/1

  !

  dial-peer cor custom

  !

  dial-peer voice 456 pots

   destination-pattern 456

   port 2/1/0

  !

  dial-peer voice 123 pots

   destination-pattern 2415...

   port 2/1/1

  !

  gateway

  

  "show gatekeeper gw" from gatekeeper

  GATEWAY TYPE PREFIX TABLE

  =========================

  Prefix: 1*

    Zone hwei-gk master gateway list:

      172.16.13.35:1720 gw1

  

  Prefix: 2*

    Zone hwei-gk master gateway list:

      172.16.13.16:1720 456

  

このエラー メッセージのもう 1 つの理由としては、コールの着信側がリモート ゾーンの端末である場合が考えられます。ARJ の原因としては、端末が登録されているのと同じゲートキーパー ゾーン内に、使用できるプロキシがないことが考えられます。デフォルトでは、Cisco IOS ゲートキーパーは、ゾーン間端末コール用のプロキシを使用します。これを表示するには、show gatekeeper zone status コマンドを実行します。端末と同じローカルゾーンにプロキシ登録を設定するか、no use-proxy hwei-gk default inbound-to terminal コマンドまたは no use-proxy hwei-gk default outbound-from terminal コマンドを実行して端末コール用のプロキシの使用を無効にします。

注:ゾーン内コールでは、ゾーンのプレフィクスが一致する必要はありません。

ARJ、「rejectReason requestDenied」

*Mar  1 10:34:46.093: RAS OUTGOING PDU ::=

  

   value RasMessage ::= admissionReject :

        {

          requestSeqNum 11084

          rejectReason requestDenied : NULL

        }

  

この拒否が起きた原因は、エンドポイントが要求した帯域幅が、ゲートキーパーで設定されている制限を超えたことです。これを解決するには、ゲートキーパー モードで bandwidth コマンドを使用してゲートキーパーで帯域幅を増やすか、エンドポイントからの帯域幅の要求を少なくします。

帯域幅の要求が設定されている制限を超えたために失敗したコールの例を次に示します。
Value RasMessage ::= admissionRequest :

        {

          requestSeqNum 11084

          callType pointToPoint : NULL

          callModel gatekeeperRouted : NULL

          endpointIdentifier {"6284945400000058"}

          destinationInfo

          {

            e164 : "415525",

            e164 : "415525"

          }

          srcInfo

          {

            e164 : "415526",

            h323-ID : {"hwei-term"}

          }

          srcCallSignalAddress ipAddress :

          {

            ip '0AAAC837'H

            port 1720

          }

          bandwidth 102400     

  !--- 要求した帯域幅は 10240 K

  

          callReferenceValue 1022

          conferenceID '37CE425F850A41468B40D72F145C5C14'H

          activeMC FALSE

          answerCall TRUE

          canMapAlias FALSE

          callIdentifier

          {

            guid '4138E0D40EF0D14C9DB84E54F5190BF4'H

          }

          gatekeeperIdentifier {"hwei-gk"}

          willSupplyUUIEs FALSE

        }

  

   *Mar  1 10:34:46.093: ARQ (seq# 11084) rcvd

   *Mar  1 10:34:46.093: gk_rassrv_arq: arqp=0x62905E20, crv=0x3FE,

   answerCall=1

   *Mar  1 10:34:46.093: RAS OUTGOING PDU ::=

  

   value RasMessage ::= admissionReject :

        {

          requestSeqNum 11084

          rejectReason requestDenied : NULL

        }

  

  !--- show gatekeeper zone status コマンドが発行され、帯域幅の制限が

  !--- 要求された帯域幅よりもかなり小さいことが示されています。

  

   GATEKEEPER ZONES

                           ================

  HWEI-GK name      Domain Name   RAS Address     PORT  FLAGS

  -------      -----------   -----------     ----- -----

  

  hwei-gk           cisco.com     172.16.13.14    1719  LS

    BANDWIDTH INFORMATION (kbps) :

      Maximum total bandwidth     :

      Current total bandwidth     :    0

      Maximum interzone bandwidth :	 4000  ・----limit was 4000K

      Current interzone bandwidth :    0

      Maximum session   bandwidth :

  ・..

  

  hwei-gk1          cisco.com     172.16.13.37    1719  RS

  

帯域幅に関する問題の詳細は、「シスコのゲートキーパーによる帯域幅管理の理解とトラブルシューティング」を参照してください。

この拒否理由が示されたにも関らず帯域幅には問題がない場合は、コールの着信側が端末であり、ローカル ゾーンに登録されたプロキシが存在するかを確認してください。これを表示するには、show gatekeeper zone status コマンドを実行します。端末と同じローカルゾーンにプロキシ登録を設定するか、no use-proxy hwei-gk default inbound-to terminal コマンドまたは no use-proxy hwei-gk default outbound-from terminal コマンドを実行して端末コール用のプロキシの使用を無効にします。

確認コマンド

このセクションでは、いくつかの show コマンドと、ゲートキーパーとゲートウェイに必要な設定を確認するために役立つデバッグについて説明します。show コマンドの出力例は、各コマンドで調べることができる項目について理解しやすくするために添付しています。

一部の show コマンドは、show コマンド出力の分析を表示する Output Interpreter ツールでサポートされています。このツールへのリンクは、この文書の「ツール情報」のセクションにあります。

show gatekeeper endpoint コマンド

show gatekeeper endpoint コマンドは、ゲートキーパーへのエンドポイントの登録状況を確認するために使用します。このコマンドの一般的な出力は、次の例のとおりです。

gatekeeper#show gatekeeper endpoint

                      GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION

                      ================================

  CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port  Zone Name         Type    Flags

  --------------- ----- --------------- ----- ---------         ----    -----

  172.16.13.35    1720  172.16.13.35    50890 hwei-gk                VOIP-GW

      E164-ID: 2073418

      E164-ID: 5251212

      H323-ID: gw3

  Total number of active registrations = 1

  !--- エンドポイントが登録されています。

  

  Gatekeeper#show gatekeeper endpoint

                      GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION

                      ================================

  CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port  Zone Name         Type    Flags

  --------------- ----- --------------- ----- ---------         ----    -----

  Total number of active registrations = 0

  !--- エンドポイントが登録されていません。

  

Show gatekeeper gw コマンド

show gatekeeper gw コマンドは、tech-prefix についてエンドポイントの登録状況を確認するために使用します。このコマンドの一般的な出力は、次の例のとおりです。

Gatekeeper#show gatekeeper gw

  GATEWAY TYPE PREFIX TABLE

  =========================

  Prefix: 1*

    Zone hwei-gk master gateway list:

      172.16.13.35:1720 gw1

  

show gatekeeper zone status コマンド

show gatekeeper zone status コマンドは、ローカル ゾーンのステータスと、リモート ゾーンの情報を表示するために使用します。出力例は次のとおりです。

2611-3#show gatekeeper zone status

                           GATEKEEPER ZONES

                           ================

  HWEI-GK name      Domain Name   RAS Address     PORT  FLAGS

  -------      -----------   -----------     ----- -----

  

  hwei-gk           cisco.com     172.16.13.14    1719  LS

    BANDWIDTH INFORMATION (kbps) :

      Maximum total bandwidth     :

      Current total bandwidth     :    0

      Maximum interzone bandwidth :	 4000

      Current interzone bandwidth :    0

      Maximum session   bandwidth :

    SUBNET ATTRIBUTES :

      All Other Subnets : (Enabled)

    PROXY USAGE CONFIGURATION :

      Inbound Calls from all other zones :

        to terminals in local zone hwei-gk : use proxy

        to gateways in local zone hwei-gk  : do not use proxy

        to MCUs in local zone hwei-gk  : do not use proxy

      Outbound Calls to all other zones :

        from terminals in local zone hwei-gk : use proxy

        from gateways in local zone hwei-gk  : do not use proxy

        from MCUs in local zone hwei-gk  : do not use proxy

  

  hwei-gk1          cisco.com     172.16.13.37    1719  RS

  

show gateway コマンド

show gateway コマンドは、ゲートキーパーへの登録状況を確認するために使用します。このコマンドの一般的な出力は、次の例のとおりです。

gw3#show gateway

   Gateway  gw3/ww  is registered to Gatekeeper hwei-gk

  

  Alias list (CLI configured)

   E164-ID 2073418

   E164-ID 5251212

   H323-ID gw3

  Alias list (last RCF)

   E164-ID 2073418

   E164-ID 5251212

   H323-ID gw3

  

   H323 resource thresholding is Disabled

  !--- ゲートウェイがゲートキーパー(hwei-gk)に登録されています。

  

  gw3#show gateway

   Gateway  gw3  is not registered to any gatekeeper

  

  Alias list (CLI configured)

   E164-ID 2073418

   E164-ID 5251212

   H323-ID gw3/WW

  Alias list (last RCF)

  

   H323 resource thresholding is Disabled

  !--- ゲートウェイがゲートキーパーに登録されていません。

debug h225 asn1 コマンド

debug h225 asn1 コマンドは、ゲートキーパーおよびシスコのゲートウェイの debug コマンドです。この文書では、ARJ フィールドと拒否理由の調査に関してのみ扱っています。ARJ フィールドの出力例を次に示します。

Output from gateway

  *Mar 26 04:12:38.508: RAS INCOMING PDU ::=

  

  value RasMessage ::= admissionReject :

      {

        requestSeqNum 34

        rejectReason calledPartyNotRegistered : NULL

      }

  

  Output from gatekeeper

  *Mar 15 06:49:19.685: RAS OUTGOING PDU ::=

  

  value RasMessage ::= admissionReject :

      {

        requestSeqNum 34

        rejectReason calledPartyNotRegistered : NULL

      }

  

ツール情報

その他のリソースについては、シスコの「ボイス、テレフォニー、およびメッセージング テクノロジー用の TAC ツール」を参照してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報

 

関連トピック

その他の文書


Document ID: 22170