音声 : テレフォニー シグナリング

ボイス - FXO コール切断問題

2002 年 3 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、Foreign Exchange Office(FXO)コール切断(disconnect)に関する既存の問題及び、FXO コール切断問題のサポート能力を改善する、Cisco IOS(R) ソフトウェアリリース12.0(7)XK の新機能について説明します。

FXO コール切断問題について

ループ スタート シグナリングを使用している場合、ルータが接続しているスイッチ(PBX、PSTN、キーシステム)にとって、ルータの FXO インターフェイスは電話と同じように見えます。FXO インターフェイスは、ループを閉じることによりオフフックを知らせます。スイッチは常にバッテリを供給していることから、スイッチ側でのコール切断の監視は行われていません。どちらか一方の側でコールが終了すると、スイッチは電話ユーザ(FXOインターフェイスは電話ユーザのように見える)が電話を切ることを予測します。そのため、ルータ上の FXO ポートの場合も同様に切断されるものと予測します。この「人の介入」は、ルータには実装されていません。FXO ポートは、スイッチから切断する(またはバッテリを遮断してオンフックを知らせる)タイミングが通知されると予測します。このため、コールのもう一方の端で電話が切られた後に、近端または遠端の FXO ポートがコールを切断することは保証できません。

つまり, FXO 切断問題は次の 2つの文章に要約されます。

  • ローカル ルータが FXO 音声ポートからコールを発信した場合は、ルータがそのコールの制御権を持ち、コール切断を知らせることができる。
  • ローカル ルータが FXO 音声ポートでコールを受信した場合、接続先のスイッチはそのルータにコールが切断されたことを知らせる必要がある。

問題の解決

この問題を解決するには、次のようないくつかの方法があります。

  • E&M の使用 - 可能であれば、ルータとスイッチ/PBX の間で E&M 接続を使用します。E&M は本質的に、質の高い応答と切断の監視機能を備えています。

  • グラウンド スタート シグナリングの使用 - ルータの FXO ポートでグラウンド スタート シグナリングを使用し、グラウンドスタート接続が提供されるように PSTN スイッチを設定します。このオプションは、Cisco 1750、2600、3600、3810 ルータと VG200 ゲートウェイで使用できますが、すべてのPBX/スイッチで使用できるわけではありません。このオプションが使用可能な場合は、コールが終了(コール切断)するとスイッチが接続からグラウンドを遮断し、FXO ポートがオンフックになります。

    • FXO ポートがグラウンド スタートまたはループ スタート シグナリングに設定されているかを確認するには、コマンド show voice port を使用します。
    • グラウンド スタート シグナリングの詳細については、「Voice Network Signaling and Control」を参照してください。
    • アナログ音声ポートの設定の詳細については、「Configuring Voice Ports」を参照してください。

  • Power Denial の使用 - ルータの FXO ポートを Power Denial に応答するよう設定します。Power Denial では、回線電力を600msec以下の間、中断します。これは一部の PBX および CO で生成可能です。FXO 音声インターフェイス カードは電力が供給されていないことを検出し、これを監視コール切断(supervisory disconnect)と解釈します。このシグナリングは、音声ポートで supervisory disconnect が設定されている場合(デフォルト設定)に検出されます。これは、Cisco 1750、2600、3600、3810 と VG200 のアナログ FXO ポートで使用できます(図 1 を参照)。これは全てのCisco IOS のバージョンで利用可能です。

    • supervisory disconnect がアクティブであるかを確認するには、コマンド show voice port を使用します。
    • supervisory disconnect コマンドの詳細については、「Voice Port Commands」を参照してください。


    図 1:Power Denial

  • 監視コール切断トーンの使用 - FXO で監視コール切断トーン機能が設定されている場合は、PSTN または PBX からの検出可能なトーンが Digital Signal Processor(DSP; デジタル信号プロセッサ)によって検出されると、アナログ FXO ポートはオンフックになります。ルータの FXO 音声ポートでは、音声パスが確立される前(コールに応答する前)に監視コール切断トーンを検出するよう設定できます。

    ルータが FXO 音声ポートでコールを受信していて、電話の相手がコールに応答する前に発信者が受話器を下ろしたとします。スイッチが監視トーンを供給するように設定されている場合、ルータの FXO ポートはこれを監視コール切断と解釈し、遠端へのコールの接続を解除します。この信号は、音声ポートでコマンド no supervisory disconnect が設定されている場合にルータで検出されます。これは、Cisco 1750、2600、3600、3810 と VG200 で使用できます(図 2 を参照)。これは全てのCisco IOS のバージョンで利用可能です。

    • FXO 監視接続解除トーン機能は、ループ スタート シグナリングを使用しているアナログ FXO ポートのみに適用できます。
    • FXO 監視接続解除トーン機能の詳細については、「FXO Supervisory Disconnect Tone」を参照してください。


      図 2:監視接続解除トーン

    1. 極性反転方式(Battery Reversal)の使用 - ルータの FXO ポートを battery-reversalに応答するよう設定します。この環境では、コールが接続されたことを知らせるために(遠端応答)、PBX の FXS ポートによってバッテリの極性が反転されます。極性は通話全体を通して反転されます。遠端でコールが切断されると、コール切断を知らせるために、FXS ポートによってバッテリの極性が正常に戻されます(PBX はバッテリの極性反転によって課金を開始します)。

      battery-reversal は、Cisco 3810 の既存の FXO ポートでサポートされています。また、Cisco 2600/3600 ルータおよび VG200 ゲートウェイ用の VIC-2FXO-M1 と VIC-2FXO-M2 では、Cisco IOS ソフトウェアリリース 12.0(7)XK(12.1.3T に統合)からサポートされています。

      ルータからのコマンド show diag の出力を次に示します。

      router#show diag 2
      
      Slot 2:
      
      4 PORT Voice PM for MARs Port adapter
      
      Port adapter is analyzed
      
      Port adapter insertion time unknown
      
      EEPROM contents at hardware discovery:
      
      Hardware revision 1.1          Board revision C0
      
      
      
      WIC Slot 0:
      
      FXO-M1 Voice daughter card (2  port)
      
      Hardware revision 255.255 Board revision V7
      
      Serial number 4294967295 Part number 800-11534335-255
      
      Test history 0xFF RMA number   255-255-255
      
      Connector type PCI
      
      EEPROM format version 1
      
      EEPROM contents (hex):

    2. ルータの FXS ポートと FXO ポートを組み合せて使用 -この設定では、FXSポートに接続されているPBX からの着信コールを受け、FXO ポートに接続されている別のPBXへ送信可能です。これにより、着信コールと発信コールのどちらからの接続でも確実に切断できます。

    一般的なシナリオ

    注:どのシナリオでも、PBX で監視コール切断機能は設定されていないものとします。

    シナリオ 1

    Phone-A が Phone-B に電話をかけます。ルータの FXO ポートによってコールが発信されていないため、Phone-B が応答しなくても電話は鳴り続けます。

    シナリオ 2

    Phone-B が Phone-A に電話をかけます。ルータの FXO ポートによってコールが発信されたため、どちらかの電話がオンフックになるとコールは切断されます。

    シナリオ 3

    これは起こり得る最悪のシナリオです。このシナリオでは、ルータの一方が必ず FXO ポートでコールを受信します。PSTN からコールが到達するケースでは、PSTN スイッチによってコール切断(グラウンド スタートまたは Power Denial)信号が供給される場合があるため、問題が解決する可能性があります。PSTN へのコールでは、ルータの FXO ポートにコールが到達するため、このドキュメント全体を通して説明したものと同じ問題が発生します。


    関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

    シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


    関連情報


    Document ID: 8120