音声 : テレフォニー シグナリング

PSTN 発信者が IP Phone を呼び出したとき、リングバックが聞こえない

2002 年 2 月 13 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 3 日) | フィードバック

目次


問題

ゲートウェイから着信元の ISDN 発信者に Ring Back Tone(RBT; リングバックトーン)が提供されない状況が断続的に発生しています。この問題は、地域内通話、長距離通話、および国際通話に発生します。

詳細

  • コール設定に「Progress IE = 3」が含まれる場合、これは発信元アドレス(発呼側)が ISDN 以外であることを意味しており、ゲートウェイはネットワーク側(公衆電話交換網 [PSTN] または Private Automatic Branch Exchange [PABX])にリングバックを生成します。

  • コール設定に Progress IE が含まれない(Progress IE =0)場合、これは発信元アドレス(発呼側)が ISDN であることを意味しており、ゲートウェイはネットワーク側(PSTN または PABX)にリングバックを生成しません。

問題が発生する可能性のある状況の例を次に示します。国際電話が ISDN 経由で着信しています。

PSTN --------- IOS Gateway ------------ CallManager ------------ IP Phone

リングバックトーンのある通話例

ISDN 以外の端末からの通話を受信します。コール設定に「PROGRESS IE = 3」が含まれています。ゲートウェイは CallManager からアラートを受信するとリングバックを生成します。

:次のデバッグは、Cisco IOS コマンド debug isdn q931 でキャプチャされます。


01:34:48: ISDN Se0:15: RX <- SETUP pd = 8 callref = 0x002B

01:34:48: Sending Complete

01:34:48: Bearer Capability i = 0x9090A3

01:34:48: Channel ID i = 0xA9838D

01:34:48: Progress Ind i = 0x8583 - Origination address is non-ISDN

01:34:48: Calling Party Number i = 0x2183, '27045000', Plan:ISDN, Type:National

01:34:48: Called Party Number i = 0xA1, '27182145', Plan:ISDN, Type:National

01:34:48: ISDN Se0:15: TX -> CALL_PROC pd = 8 callref = 0x802B

01:34:48: Channel ID i = 0xA9838D

01:34:48: act_alert: Tone Ring Back generated in direction Network One

01:34:48: act_gen_tone: Tone Ring Back generated in direction Network

01:34:48: ISDN Se0:15: TX -> ALERTING pd = 8 callref = 0x802B

リングバックトーンのない通話例

ISDN 端末からの通話を受信します。コール設定に「Progress IE」はありません(Progress IE = 0)。ゲートウェイは CallManager からアラートを受信するとき、リングバックを生成しません。

01:37:01: ISDN Se0:15: RX <- SETUP pd = 8 callref = 0x002E

01:37:01: Sending Complete

01:37:01: Bearer Capability i = 0x8090A3

01:37:01: Channel ID i = 0xA98391

01:37:01: Calling Party Number i = 0x2183, '478681058', Plan:ISDN, Type:International

01:37:01: Called Party Number i = 0xA1, '27182145', Plan:ISDN, Type:International

01:37:01: High Layer Compat i = 0x9181

01:37:01: ISDN Se0:15: TX -> CALL_PROC pd = 8 callref = 0x802E

01:37:01: Channel ID i = 0xA98391

01:37:01: ISDN Se0:15: TX -> ALERTING pd = 8 callref = 0x802E

上記の例で、ゲートウェイは ISDN がリングバックを生成することを期待します(3 の PI がないことから)。しかし ISDN は、リングバック トーンを生成していません。そのため発信者には、着呼側が呼び出しに応答するまでは何も聞こえません。これは、通話が国外から発信されたものであるため(リングは通常は国際電話の終端デバイスで生成されます)、ISDN のインターワーキングの問題が原因で発生した可能性があります。

ソリューション

次のコマンドを使用して、ゲートウェイにリングバックを強制的に生成させることができます。progress_ind setup enable 3.CallManager へと向かっている VoIP にこれを設定します。

!



dial-peer voice 500 voip 
destination-pattern 5...
progress_ind setup enable 3
!--このピアに対するリングバックトーンを強制します
session target ipv4:10.200.73.15
codec g711ulaw
!


関連情報

関連トピック

その他の文書


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 8331