音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

注意事項:OEM ガイド付きインストール ユーティリティについて

2002 年 12 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     使用するコンポーネント
     背景理論
問題
解決方法
     Microsoft のコンポーネントおよびサービス ソリューション
     SNMP サービス ソリューション
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

この文書では、OEM ガイド付きインストール ユーティリティに関する注意事項について説明します。

はじめに

表記法

文書表記の詳細については、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づいています。

  • シスコのソフトウェア認定を得た、あらゆるタイプの HPQ(Compaq)、Dell、または IBM のサーバ

  • Microsoft のコンポーネント(Internet Information Services(IIS)など)に依存しているあらゆるシスコのアプリケーション

  • Compaq Smart Start バージョン 5.40 以降

  • Open Manage Server Assistant バージョン 7.0.1 以降(Dell)

  • Server Guide バージョン 6.0.8 以降(IBM)

この文書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。また、この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。実稼動中のネットワークで作業をしている場合、実際にコマンドを使用する前に、その潜在的な影響について理解しておく必要があります。

背景理論

シスコのサーバ ベンダー パートナーである Hewlett-Packard Company、Dell Computer Corporation、および IBM Corporation の各社は、まっさらなベアメタルから作業用サーバへの、初期のソフトウェアのアセンブリを支援する、GUI ベースのプログラムを発表しています。これらのユーティリティは、guided installation utilities(GIU; ガイド付きインストール ユーティリティ)の形態の 1 つと考えると便利です。

サーバ ベンダー

サーバ シリーズ

ソフトウェアのアセンブリ プログラム

サーバ監視アプリケーション

Hewlett-Packard(HPQ)

ProLiant

Smart Start

Insight Manager

Dell

PowerEdge

Server Assistant

Open Manage Server Administrator

IBM

XSeries

Server Guide

Director

これらの多言語対応 GIU は、オペレーティング システムのインストール、および個々の対象サーバのハードウェアに必要なデバイス、ポート、ミニポート ドライバのインストールを簡易化する設計となっています。これらの GIU は、すべて複数のオペレーティング システムをサポートしています。たとえば、Microsoft Windows 2000 Server と Linux の一種などです。このテクニカル ノートでは、Microsoft Windows 2000 Server と Advanced Server の問題のみを説明します。これらの GIU のメディアには、実際はいかなるオペレーティング システムのバージョンも組み込まれていません。代わりに、これらの GUI では、ユーティリティ実行時の適切なタイミングでオペレーティング システムのメディアを装填することを、インストーラに委ねています。これらの Original Equipment Manufacturer(OEM; 相手先商標製造会社)は、「SysPrep」(または Mini-Setup)という Microsoft のユーティリティを利用することで、「アンサー ファイル」を使用した Windows のインストール処理のアクションを制御および自動化します。

問題

Microsoft Windows 2000 Server および Advanced Server のデフォルト インストールでは、これまで非常に公的なセキュリティ上、不当に利用されやすかったセキュリティ コンポーネントが 1 つインストールされます。そのコンポーネントとは、IIS です。Dell Computer は Server Assistant バージョン 7.0.1 より、SysPrep answer file に設置する際にマニュアル インストーラの同意がない限り、IIS のデフォルト インストールを禁止するというポリシーを採用しました。HPQ および IBM では、まだこの Dell のような措置を講じていませんが、将来的にはそうすると思われます。Windows オペレーティング システムに IIS がなければ、Cisco Unity、Cisco Unity Bridge、および Cisco Personal Assistant などのシスコ アプリケーションのインストールが正しく行えなくなります。Dell Server Assistant でも、他の Windows のデフォルトのサービスやコンポーネントのインストールを、デフォルトで行わないようにしています。シスコのソフトウェアのインストールを一度で正常に完了するためには、OEM ガイド付きインストールのデフォルトから、インストーラを意識的に逸脱させる必要があります。

その他のセキュリティに関する事項として、OEM では、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)の管理通知用トラップを使用するサーバ監視アプリケーション ソフトウェアを作成し、販売しています。これらのアプリケーションは上記の表に明記されています。HPQ と Dell では、Smart Start または Server Assistant の使用時に、Windows SNMP サービスをデフォルトで有効にしています。これは、管理用製品が使用される場合に備えてのことです。シスコのお客様の中には、OEM サーバをベースとするシスコ製品を構築するとき、SNMP サービスが知らない間に有効化されることに異議を唱える方もいるかもしれません。

そのためインストール作業者は、これらの OEM ガイド付きインストール ユーティリティを使用する際には、これまで以上に細心の注意を払うことが重要です。これらのユーティリティでスクリプト化されているアンサー ファイルのデフォルトに対して、単純に Enter キーを押して了承することは、容認されません。

解決方法

この問題に対する解決方法について、以下に詳しく説明します。

Microsoft のコンポーネントおよびサービス ソリューション

シスコのアプリケーションに、次の Windows サービスやコンポーネントの 1 項目以上が要求される場合、HPQ Smart Start、Dell Server Assistant、または IBM Server Guide の対話型の質問に答えることで、これらを有効にします。以下は単なる例にすぎません。Windows によるその他のサービスのデフォルトのインストールは、これらのガイド付きインストール製品によって禁止されている場合があります。使用時にユーティリティのデフォルトをメモしておき、対象のサーバにインストールするシスコ アプリケーションに必要な技術的要件の論理情報と比較してください。

  • IIS および IIS のサブコンポーネント(SMTP、FTP など)

  • ネットワーク サービス

  • Microsoft Message Queuing Service(MSMQ)

  • Indexing Services

  • Terminal Services

  • Remote Storage Services

  • Script Debugger

  • Windows Media Services

SNMP サービス ソリューション

お客様が SNMP を必要としない場合は、HPQ Smart Start、Dell Server Assistant の質問事項に従っての設定または、 IBM Server Guide を使用し、デフォルトでは有効となっている SNMP の設定を無効にしてください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 28024