音声 : ゲートウェイ プロトコル

SRS テレフォニーおよび MGCP フォールバックの設定

2003 年 2 月 7 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 2 月 12 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
FXS ポートでダイヤル トーンを受信できない、または、FXO ポートまたは ISDN リンクを使用して着信コールを受信できない
解決策
     解決策 1
     解決策 2
フェールオーバー状態にあるとき、DID を使用して MGCP ゲートウェイへの着信コールを受信できない
解決策
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

この文書は、ゲートウェイに Survival Remote Site(SRS)テレフォニー 2.0 および Media Gateway Control Protocol(MGCP; メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル)フォールバックが設定されており、MGCP フェールオーバーに関する次のような問題を解決しようとするユーザを対象としています。

  • Foreign Exchange Station(FXS)ポートに接続された電話でダイヤル トーンを受信できない、または、Foreign Exchange Office(FXO)ポートまたは Integrated Services Digital Network(ISDN; サービス総合デジタルネットワーク)リンクを使用して着信コールを受信できない。

  • フェールオーバー状態にあるとき、Direct Inward Dial(DID)を使用して(MGCP フォールバックが設定された)MGCP ゲートウェイへの着信コールを受信できない。

はじめに

表記法

文書の表記法の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書に適用される特定の前提条件はありません。

使用するコンポーネント

この文書で紹介する情報は、次のバージョンのソフトウェアに基づいて作成されました。

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース(R) 12.2(11)T が必須です。

FXS ポートでダイヤル トーンを受信できない、または、FXP ポートまたは ISDN リンクを使用して着信コールを受信できない

次に、この問題を詳しく説明します。

FXP ポートに接続された電話でダイヤル トーンを受信できません。または、FXO ポートまたは ISDN リンクを使用して着信コールを受信できません。この状態にあるとき、関連する POTS ダイヤルピアでは次のように設定されています。


  dial-peer voice X pots

       application mgcpapp

  

この状態にあるとき、IOS ゲートウェイのコンソールには、次のようなエラー メッセージが表示されます。

*Mar  1 20:41:58.571: %CALL_CONTROL-6-APP_NOT_FOUND:

  Application mgcp in dial-peer 10 not found.

  Handing callid 13 to the alternate app .

解決策

この問題を解決するには、このセクションで説明する解決策のいずれかを使用します。

解決策 1

ルータをデフォルト アプリケーションにフォールバックさせるには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを設定します。

R(config)# call application alternate default

  

MGCP アプリケーションを使用できない場合は、デフォルト アプリケーションに引き継がれます。

解決策 2

フォールバック モードで使用する別の POTS ダイヤルピア(デフォルト アプリケーション H323)を作成します。

フェールオーバー状態にあるとき、DID を使用して MGCP ゲートウェイへの着信コールを受信できない

次に、この問題を詳しく説明します。

フェールオーバー状態のとき、DID を使用して(MGCP フェールオーバーが設定された)MGCP ゲートウェイへの着信コールを受信できません。接続されているにもかかわらず、電話はリングしません。次に、この問題を確認するために IOS ゲートウェイで使用される debug isdn q931 コマンドの例を示します。

問題確認例

*Mar  1 20:53:33.511: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- SETUP pd = 8  callref = 0x000A

          Bearer Capability i = 0x8090A3

                  Standard = CCITT

                  Transer Capability = Speech

                  Transfer Mode = Circuit

                  Transfer Rate = 64 kbit/s

          Channel ID i = 0xA98381

                  Exclusive, Channel 1

          Calling Party Number i = 0x00, 0xA2, '5000'

                  Plan:Unknown, Type:Unknown

          Called Party Number i = 0xC1, '5002'

                  Plan:ISDN, Type:Subscriber(local)

  *Mar  1 20:53:33.543: ISDN Se1/0:15 Q931: TX -> CALL_PROC pd = 8  callref = 0x800A

          Channel ID i = 0xA98381

                  Exclusive, Channel 1

  *Mar  1 20:53:33.543: ISDN Se1/0:15 Q931: TX -> CONNECT pd = 8  callref = 0x800A

  *Mar  1 20:53:33.595: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- CONNECT_ACK pd = 8  callref = 0x000A

  *Mar  1 20:53:40.045: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- DISCONNECT pd = 8  callref = 0x000A

          Cause i = 0x8090 - Normal call clearing

  *Mar  1 20:53:40.057: ISDN Se1/0:15 Q931: TX -> RELEASE pd = 8  callref = 0x800A

  *Mar  1 20:53:40.073: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- RELEASE_COMP pd = 8  callref = 0x000A

  

  

解決策

次に、この問題の解決策を詳しく説明します。

関連する POTS ダイヤルピアを次のように設定したことを確認します。


  dial-peer voice X pots

       application mgcpapp

       incoming called-number .

       direct-inward-dial

       port 1/0:15

  

次に、適切な設定例を示します。

設定例

isdn switch-type primary-net5

  !

  !

  ccm-manager fallback-mgcp

  ccm-manager mgcp

  ccm-manager config

  mta receive maximum-recipients 0

  !

  controller E1 1/0

   pri-group timeslots 1-12,16 service mgcp

  !

  controller E1 1/1

  !

  

  !

  !

  interface Ethernet0/0

   ip address 10.48.80.9 255.255.255.0

   half-duplex

  !

  interface Serial1/0:15

   no ip address

   no logging event link-status

   isdn switch-type primary-net5

   isdn incoming-voice voice

   isdn bind-l3 ccm-manager

   no cdp enable

  !

  

  !

  !

  call rsvp-sync

  !

  call application alternate DEFAULT

  !

  voice-port 1/0:15

  !

  mgcp

  mgcp dtmf-relay voip codec all mode cisco

  mgcp package-capability rtp-package

  mgcp sdp simple

  !

  mgcp profile default

  !

  !

  !

  dial-peer cor custom

  !

  !

  !

  dial-peer voice 10 pots

  application mgcpapp

  incoming called-number .

  destination-pattern 9T

  direct-inward-dial

  port 1/0:15

  

  !

  !

  call-manager-fallback

   limit-dn 7960 2

   ip source-address 10.48.80.9 port 2000

   max-ephones 10

   max-dn 32

   dialplan-pattern 1 704.... extension-length 4

   keepalive 20

   default-destination 5002

   alias 1 5003 to 5002

   call-forward busy 5002

   call-forward noan 5002 timeout 12

   time-format 24

  !

  !

  line con 0

   exec-timeout 0 0

  line aux

  

注: 発信コールには destination-pattern を設定する必要があります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 29960