音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager のイベント ログ

2008 年 12 月 4 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2011 年 9 月 23 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
Cisco CallManager に固有のアプリケーション イベント ログ
DC Directory に固有のアプリケーション イベント ログ
      An LDAP Client Issues a Request that Specifies a Control which is not Supported
      A Message for a Shadowing Agreement Which Does Not Exist is Received
アプリケーション イベント ログでの DHCP エラーの表示
他のアプリケーションのイベント ログ
      SQL Server Scheduled Job Failed
      The Collect Procedure for the ASP service in DLL "C:\WINNT\system32\aspperf.dll" Generated an Exception or Returns an Invalid Status
      The Cisco Tomcat Service Failed to Start
      The Description for Event ID (1) in Source (Cisco AVVID Alarm Service) Cannot be Found
システム ログのイベント ログ
      Cisco CallManager Service Unexpectedly Terminates
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager システム上で生成される一般的な Event Viewer メッセージに関する情報を提供しています。

このドキュメントの目的は、Cisco CallManager システム上で生成される一般的ないくつかの Event Viewer メッセージに関する追加情報を提供することです。

注:使用されないサービスが Cisco CallManager サーバ上で有効になっている場合、追加のメッセージが表示される可能性があります。特定の使用されないサービスを無効にすると、この状況でのエラー メッセージはなくなります。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager のトレース

  • Windows のイベント ログ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco CallManager 3.x および 4.x に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定から作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager に固有のアプリケーション イベント ログ

次のイベント ログは、Cisco CallManager に固有のものです。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-CallManagerFailure:

    Indicates some failure within the Cisco CallManager system.

    説明:このアラームでは、Cisco CallManager システム内で障害が発生したことが示されています。詳細は、エラー メッセージの原因コードを参照してください。

    推奨処置:他のアラームを監視し、必要に応じて Cisco CallManager サービスを再始動します。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義
    1 Unknown
    2 HeartBeatStopped
    3 RouterThreadDied
    4 TimerThreadDied
    5 CriticalThreadDied
    6 DeviceMgrInitFailed
    7 DigitAnalysisInitFailed
    8 CallControlInitFailed
    9 LinkMgrInitFailed
    10 DBMgrInitFailed
    11 MsgTranslatorInitFailed
    12 SuppServiceInitFailed
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-SDLLinkISV:

    SDL link to remote application restored.Remote IP address of remote application

    説明:このアラームでは、ローカルの Cisco CallManager でリモートの Cisco CallManager との通信が確立されたことが示されています。リモートの Cisco CallManager では、異なる LinkID の SDLLinkISV も表示されることに注意してください。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とローカルのアプリケーション ID を示します。

    定義
    100 CTI Manager
    200 CallManager

    次の表に、Enum の定義とリモートのアプリケーション ID を示します。

    定義
    100 CallManager
    200 CTI Manager
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-SDLLinkOOS:

    SDL link to the remote application is out of service.Remote IP address of remote application [String], Unique Link ID. [String], Local node ID [UInt], Local Application ID. [ Enum ], RemoteNodeID [UInt], Remote application ID. [ Enum ]

    説明:このアラームでは、ローカルの Cisco CallManager でリモートの Cisco CallManager との通信が失われたことが示されています。通常、このアラームでは、ネットワーク エラーまたは稼働していないリモートの Cisco CallManager が示されています。

    推奨処置:リモートの Cisco CallManager が稼働していない原因を調査するか、ネットワーク障害が発生しているかどうかを調査します。

    次の表に、Enum の定義とローカルのアプリケーション ID を示します。

    定義
    100 CTI Manager
    200 CallManager

    次の表に、Enum の定義とリモートのアプリケーション ID を示します。

    定義
    100 CallManager
    200 CTI Manager
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-BChannelOOS:

    B-channel out of service.Unique channel Id [String], Device Name.[String], Reason [Optional].[ Enum ], Channel Id. [UInt]

    説明:B チャネルがアウト オブ サービスになったことが示されました。

    推奨処置:このアラームが引き続き表示される場合は、テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

    次の表に、Enum の定義と原因コード(オプション)を示します。

    定義
    0 定義なし
  • エラー メッセージ: CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-BChannelISV:

    B-channel in service.Channel Id. [UInt], Unique channel Id [String], Device Name.[String]

    説明:B チャネルが稼働状態になったことが示されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DChannelOOS:

    D-channel out of service.Channel Id. [UInt], Unique channel Id [String], Device Name.[String], Device IP address [String], Reason [Optional].[ Enum ]

    説明:D チャネルがアウト オブ サービスになったことが示されます。

    推奨処置:このアラームが引き続き表示される場合は、テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

    次の表に、Enum の定義と原因コード(オプション)を示します。

    定義
    0 定義なし
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DChannelISV:

    D-channel in service.Channel Id. [UInt], Unique channel Id [String], Device Name.[String], Device IP address [String]

    説明:D チャネルが稼働状態になったことが示されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DeviceTransientConnection:

    Transient connection attempt.Device IP address.[String], Device name [Optional].[String], Device type.[Optional] [ Enum ], Reason Code [Optional].[ Enum ], Connecting Port [UInt]

    このエラーは、接続が確立された後、登録が完了する前に接続がダウンした場合に表示される可能性があります。不完全な登録は、登録の最中にデバイスがリホームしていることを示している可能性があります。また、このアラームは、デバイスの誤設定、データベースのエラー、または不正あるいは不明なデバイスが接続を試みていることを示している可能性があります。TCP ポート 2000 での Cisco CallManager への接続が、Simple Client Control Protocol(SCCP)登録の完了前に終了すると、このイベントが記録されます。これをシミュレートするには、telnet <cm ip address> 2000 を使用して Telnet で接続してから接続を閉じます。

    17900_1.gif

    説明:接続が確立した後、登録が完了する前に接続がダウンしました。不完全な登録は、登録の最中にデバイスがリホームしていることを示している可能性があります。また、このアラームは、デバイスの誤設定、データベースのエラー、または不正あるいは不明なデバイスが接続を試みていることを示している可能性があります。

    推奨処置:このイベントがデバイスの通常のリホームの結果として発行された場合は、何も処理する必要はありません。Cisco IP フォンは、プライマリ Cisco CallManager が応答に失敗すると、セカンダリ Cisco CallManager に接続しようとします。IP フォンのプライマリ Cisco CallManager が応答失敗後すぐに使用できる場合は、IP フォンはセカンダリ Cisco CallManager との登録をキャンセルして、プライマリ Cisco CallManager にリホームします。この結果、セカンダリ Cisco CallManager には Transient Connection Attempt のイベントが発生します。特定のデバイスでこのイベントが継続的に発生する場合は、次の事項を確認します。

    • そのデバイスがデータベースに存在するかどうかを確認する。

    • そのデバイスがネットワークの特定のセグメントに配置されている場合は、接続性を分析する。

    • Cisco CallManager が接続されている場合は、CPU メモリの消費量が大きい(応答が遅くなる場合があるため)かどうかを確認する。

    • ゲートウェイ設定で正しい DNS サーバ IP アドレスを使用していることを確認する。

    この問題について Cisco テクニカルサポートにお問い合せいただく場合は、次の情報をご用意ください。

    • IP フォンの .cnf または .cnf.xml のファイル

    • IP フォンと Cisco CallManager の間のスニファ トレース

    • イベント ログ

    • Cisco CallManager のトレース

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN

    次の表に、Enum の定義と原因コード(オプション)を示します。

    定義
    1 Unknown
    2 NoEntryInDatabase
    3 DatabaseConfigurationError
    4 DeviceNameUnresolveable
    5 MaxDevRegExceeded
    6 ConnectivityError
    7 InitializationError
    8 DeviceInitiatedReset
    9 CallManagerReset
    10 AuthenticationError
    11 InvalidX509NameInCertificate
    12 InvalidTLSCipher
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DeviceRegistered:

    Device registered.Device name.[String], Device IP address. [String], Device description [Optional]. [String], User ID [Optional]. [String], Load ID. [Optional] [String], Associated directory numbers. [Optional]. [String], Performance monitor object type [ Enum ], Device type. [Optional] [ Enum ], Configured GateKeeper Name [Optional]. [String], Technology Prefix Name [Optional]. [String], Zone Information [Optional]. [String], Alternate Gatekeeper List [Optional]. [String], Active Gatekeeper [Optional]. [String], Call Signal Address [Optional]. [String], RAS Address [Optional]. [String]

    説明:デバイスによる Cisco CallManager との登録が成功しました。デバイスは稼働状態であると考えられます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義と Performance Monitor のオブジェクト タイプを示します。

    定義
    1 SCM_OBJ
    2 STATION_OBJ
    3 LINE_OBJ
    4 CCM_H323_OBJ
    5 MGCP_GATEWAY_INSTANCE_OBJ
    6 MOH_DEVICE_INSTANCE_OBJ
    7 ANALOG_ACCESS_OBJ
    8 CCM_MGCPFXS_OBJ
    9 CCM_MGCPFXO_OBJ
    10 CCM_MGCPT1CAS_OBJ
    11 CCM_MGCPPRI_OBJ

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DeviceUnregistered:

    Device unregistered.Device name.[String], Device IP address.[String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String], Reason Code [Optional].[ Enum ]

    説明:Cisco CallManager に登録されていたデバイスが登録解除されました。このイベントは、正常な登録解除イベントの一部として、またはキープアライブの消失などの他の理由によって発行される可能性があります。

    推奨処置:このデバイスの登録解除が予定されている場合は、特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN

    次の表に、Enum の定義と原因コード(オプション)を示します。

    定義
    1 Unknown
    2 NoEntryInDatabase
    3 DatabaseConfigurationError
    4 DeviceNameUnresolveable
    5 MaxDevRegExceeded
    6 ConnectivityError
    7 InitializationError
    8

    DeviceInitiatedReset

    注:  通常、DeviceInitiatedReset は、デバイスと Cisco CallManager サーバ間のネットワーク上に接続障害が発生していたり、Cisco CallManager サーバの負荷が高すぎてキープアライブへ応答できなかったりする場合に発生します。どちらの場合も、デバイスと Cisco CallManager サーバ間で見落とされたキープアライブが問題の原因です。CTI マネージャを再起動し、Cisco CallManager クラスタを再起動して、デバイスと Cisco CallManager 間のスニファ トレースの監視とキャプチャを行います。

    9 CallManagerReset
    10 DeviceUnregistered
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-H323AddressResolutionError:

    H.323 address not resolved.Device Name.[String]

    説明:H.323 デバイス アドレスを解決できません。Cisco CallManager では、表示された H.323 デバイスの発着信コールを処理できません。

    推奨処置:H.323 デバイス エントリの設定が誤っているか、domain name system(DNS; ドメイン ネーム システム)の設定が誤っています。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-H323Started:

    Cisco CallManager ready to handle calls for the indicated H.323 device.Device Name.[String], IP Address [String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String], Remote CallManager Server 1[Optional].[String], Remote CallManager Server 2[Optional].[String], Remote CallManager Server 3 [Optional].[String]

    説明:Cisco CallManager は表示された H.323 デバイスのコールを処理する準備が整ってます。このアラームでは、Cisco CallManager が H.323 デバイスの発着信コールを処理する準備が整っていることだけが示され、H.323 デバイスの現在の状態は示されません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    110 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-H323Stopped:

    Cisco CallManager not ready to handle calls for the indicated H323 device.Device Name.[String], IP Address [String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String], Remote CallManager Server 1[Optional].[String], Remote CallManager Server 2[Optional].[String], Remote CallManager Server 3[Optional].[String]

    説明:Cisco CallManager は表示された H.323 デバイスのコールを処理する準備が整っていません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-SIP IPPortConflict:

    Configured local port for indicated Device is already in used.Device Name.[String], Port Number [String], Device type.[Optional] [ Enum ]

    説明:表示されたデバイスの設定されたローカル ポートはすでに使用中であるか、Cisco CallManager では表示されたポートへのバインドができません。

    推奨処置:SIP デバイス エントリの設定が誤っているか、DNS の設定が誤っています。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    131 MODEL_SIP_TRUNK
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-SIPStarted:

    Cisco CallManager ready to handle calls for the indicated SIP device.Device Name.[String], IP Address [String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String]

    説明:Cisco CallManager は表示された SIP デバイスのコールを処理する準備が整ってます。このアラームでは、Cisco CallManager が SIP デバイスの発着信コールを処理する準備が整っていることだけが示され、SIP デバイスの現在の状態は示されません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    131 MODEL_SIP_TRUNK
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-SIPStopped:

    Cisco CallManager not ready to handle calls for the indicated SIP device.Device Name.[String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String]

    説明:Cisco CallManager は表示された SIP デバイスのコールを処理する準備が整っていません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    131 MODEL_SIP_TRUNK
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-MediaResourceListExhausted:

    An available device type not found in the media resource list.Media Resource Type [ Enum ], Media Resource List Name [String]

    説明:表示されたメディア ルート リスト内のデバイス タイプで示された、利用可能なリソースが見つかりません。

    推奨処置:追加のリソースを表示されたメディア リソース リストに追加してください。このアラームでは、ネットワーク障害またはデバイス障害が示されています。

    次の表に、Enum の定義とメディア リソース タイプを示します。

    定義
    0 MediaTerminationPoint
    1 Transcoder
    2 ConferenceBridge
    3 MusicOnHold
    4 MonitorBridge
    5 Recorder
    6 Annunciator
    7 BuiltInBridge
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-RouteListExhausted:

    An available route could not be found in the indicated route list.Route List Name [String]

    説明:表示されたルート リスト内に使用可能なルートが見つかりませんでした。このエラーが表示される可能性があるのは、表示されたルート リスト内に使用可能なルートが見つからない場合です。Cisco CallManager では、現在のゲートウェイでコールが失敗した場合には、リスト内の次のルートがコールされ、これがルート リスト内の最後のルートまで継続されます。最後のリストを使用してもコールを終了できないときは、Route List Exhausted イベントが記録されます。現在のゲートウェイでコールが失敗する場合、次の理由が考えられます。

    • 割り当てられていない番号

    • ユーザがビジー

    • 帯域幅の逸脱

    • ゲートウェイでのコール設定要求に対する応答の失敗

    17900_2.gif

    この動作は、Cisco CallManager Service パラメータを使用して変更できます。一般的に、このイベントは無視できます。たとえば、Unallocated Number エラーは、ユーザが存在しない送信先をコールした場合に発生することがあります。また、送信先がビジーであると、使用可能な次のゲートウェイをコールしてもビジーになります。このイベントが上記のような原因で失敗したと考えられないときは、『TAC 解析用に Cisco CallManager トレースを設定』の手順に従って、詳細な Cisco CallManager トレースを使用可能にします。また、C:\Program Files\Cisco\bin にある Q931Translator.exe を使用しても、コール設定と切断シーケンスを分析できます。

    ルート リスト内、1 番目のルート グループとして H.323 ゲートウェイが利用され、2 番目のルート グループがオーバーフローを受け入れる設定になっているとします。そのような場合でも、1 番目ルート グループの H.323 ゲートウェイで、すべてのチャネルまたはポートがビジーの場合に Cisco CallManager へユーザ ビジーを返すことができます。これが発生する場合、コールはルート リスト内の 2 番目のルート グループへは転送されません。

    ユーザのルート リストが説明されたように設定されている場合、Stop Routing on User Busy FlagStop Routing on Unallocated Number Flag service の両方のパラメータを False に設定します。これを実行するには、Cisco CallManager Admin > Service > Service Parameters > Select a Server > Cisco CallManager の順に移動し、パラメータを False に設定します。

    これにより、Cisco CallManager では、ユーザ ビジーのコールに対して、RouteListExhausted 状態に達するまで、他のゲートウェイでの再ルーティングの試行が可能になります。

    推奨処置:追加ルートを表示されたルート リストに追加する必要がある場合があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DeviceTypeMismatch:

    Device type mismatch.Database device type [UInt], Device type [UInt], Name of device.[String]

    説明:表示されたデバイスによって転送されたデバイス タイプがデータベース設定と一致しません。

    推奨処置:表示されたデバイスのデータベース設定を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DeviceDnInformation:

    Device DN information.Device Name [String], Device type.[Optional] [ Enum ], Station Desc [String], Station Dn [String]

    説明:デバイスに関連付けられた DN のリストです。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-StationConnectionError:

    Station device closing connection.Device Name [String]

    説明:ステーション デバイスによって Cisco CallManager との接続が閉じられています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-StationAlarm:

    Station alarm.TCP ProcessID [String], Device Text [String], Param1 [UInt], Param2 [UInt]

    説明:ステーション デバイスから Cisco CallManager へアラームが送信されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-StationEventAlert:

    Station alert.TCP ProcessID [String], Device Text [String], Param1 [UInt], Param2 [UInt]

    説明:ステーション デバイスから Cisco CallManager へアラートが送信されました。

    推奨処置:表示されたデバイスの設定が適切であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-GatewayAlarm:

    Gateway alarm.Device Name [String], TCP Handle [VoidPtr], Device Text [String], Param1 [UInt], Param2 [UInt]

    説明:ゲートウェイ デバイスから Cisco CallManager へアラームが送信されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-MGCPGatewayGainedComm:

    MGCP communication to gateway established.Device Name [String]

    説明:MGCP ゲートウェイによって Cisco CallManager との通信が確立されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-2-MGCPGatewayLostComm:

    MGCP communication to gateway lost.Device Name [String]

    説明:MGCP ゲートウェイで Cisco CallManager との通信が失われました。

    推奨処置:表示された MGCP ゲートウェイが再起動されているかどうか、または非稼働中かどうかを確認します。または、Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-TCPInitError:

    TCP initialization error.Error Number [String], ErrorCode [Int]

    説明:TCP ライブラリの初期化に失敗しました。

    推奨処置:Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-StationTCPInitError:

    Station TCP initialization error.Error Number [String], ErrorCode [Int]

    説明:ステーション TCP の初期化エラーが発生しました。

    推奨処置:Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-TspError:

    Error in TSP.Port IsoEthPort [UInt], Port DSL [UInt]

    説明:データベース設定エラーが発生しました。

    推奨処置:表示されたデバイスの設定を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-TspTimeout:

    TSP Timeout.Port IsoEthPort [UInt], Port DSL [UInt]

    説明:データベース設定を読み込もうとした際に、タイムアウトが発生しました。

    推奨処置:表示されたデバイスの設定を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-TspCorrupt:

    TSP corrupt.Port IsoEthPort [UInt], Port DSL [UInt]

    説明:データベース設定エラーが発生しました。

    推奨処置:表示されたデバイスの設定を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DnTimeout:

    Not enough channels.Port IsoEthPort [UInt], Port DSL [UInt]

    説明:要求されたゲートウェイ チャネルを割り当てることができなかったため、発呼が拒否されました。

    推奨処置:ゲートウェイ リソースを追加します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-NotEnoughChans:

    No TCP connection.

    説明:不明な TCP 接続において、接続解除またはリリース要求の試行が発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-NoConnection:

    Device reset initiated.Device name [Optional].[String], Device type.[Optional] [ Enum ]

    説明:デバイス リセット要求が受信されて、登録済みデバイスで開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DeviceResetInitiated:

    Device restart initiated.Device name [Optional].[String], Device type.[Optional] [ Enum ]

    説明:デバイスの再起動要求が受信されて、登録済みデバイスで開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DeviceRestartInitiated:

    Device restart initiated.Device name [Optional].[String], Device type.[Optional] [ Enum ]

    説明:デバイスの再起動要求が受信されて、登録済みデバイスで開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    1 MODEL_30SPP
    2 MODEL_12SPP
    3 MODEL_12SP
    4 MODEL_30VIP
    5 MODEL_30VIP
    6 MODEL_TELECASTER_BID
    7 MODEL_TELECASTER_MGR
    8 MODEL_TELECASTER_BUSINESS
    9 MODEL_IP_CONFERENCE_PHONE
    10 MODEL_VGC_PHONE
    21 MODEL_STATION_PHONE_APPLICATION
    30 MODEL_VEGA
    40 MODEL_TITAN1
    41 MODEL_DIGITAL_ACCESS_T1
    42 MODEL_TITAN2
    43 MODEL_LENNON
    47 MODEL_ELVIS
    50 MODEL_CONF_BRIDGE
    51 MODEL_YOKO_CONF_BRIDGE
    61 MODEL_H323_PHONE
    62 MODEL_H323_GATEWAY
    70 MODEL_MUSIC_ON_HOLD
    71 MODEL_DEVICE_PILOT
    72 MODEL_CTI_PORT
    73 MODEL_CTI_ROUTE_POINT
    80 VoiceInBox
    90 MODEL_ROUTE_LIST
    100 MODEL_LOAD_SIMULATOR
    110 MODEL_MTP
    111 MODEL_YOKO_MTP
    120 MODEL_MGCP_STATION
    121 MODEL_MGCP_TRUNK
    122 MODEL_GATEKEEPER
    124 MODEL_14_BUTTON_SIDECAR
    125 MODEL_TRUNK
    254 MODEL_UNKNOWN_MGCP_GATEWAY
    255 MODEL_UNKNOWN
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-MWIParamMisMatch:

    MWI parameter mismatch.

    説明:メッセージ待ち受けインジケータ番号の設定エラーが発生しました。

    推奨処置:メッセージ待ち受けインジケータの設定を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DaTimeOut:

    Digit analysis timeout.

    説明:ディジット分析のタイムアウトが発生しました。

    推奨処置:CallManager Service Parameter Configuration ページで DigitAnalysisTimer が推奨値に設定されているかどうかを確認します。または、Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DatabaseInternalDataError_070:

    Database internal data error.Device Name [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DatabaseInternalDataError_071:

    Database internal data error.Device Name [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DatabaseInternalDataError_072:

    Database internal data error.Device Name [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DatabaseInternalDataError_073:

    Database internal data error.Device Type [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DatabaseAuditInfo_074:

    Database audit information.Number [Int]

    説明:データベース監査情報エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-DatabaseInternalDataError_075:

    Database internal data error.Text [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-TimerThreadSlowed:

    Timer thread slow.

    説明:Cisco CallManager のタイミング メカニズムの確認が許容制限を越えて遅延しています。

    推奨処置:他のアラームの発行や表示を調査します。たとえば、表示されたノードの高いプロセッサ負荷や他の異常が示されるデータをトレースします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-OutOfDnForAutoRegistration:

    Out of directory numbers for auto-registration.

    説明:Cisco CallManager で、自動登録のためのディレクトリ番号が使い果たされました。

    推奨処置:自動登録の設定を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-5-DatabaseDefaultsRead:

    Database defaults read.

    説明:データベースのデフォルト情報が正常に読み取られました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-1-DatabaseDefaultsReadFailure:

    Database defaults reading failure.HostName [String]

    説明:データベースのデフォルト情報の読み取りに問題が発生しました。

    推奨処置:Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-5-DatabaseDeviceNoDirNum:

    No directory number for database device.Text [String]

    説明:表示されたデバイスにはディレクトリ番号が関連付けられていません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-1-DatabaseInternalDataError_06e:

    Database internal data error.DeviceName [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-5-DatabaseInternalDataError_06f:

    Database internal data error.Route Group Name [String]

    説明:データベース内部データ エラーが発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DeviceInitTimeout:

    Device initialization Timeout.Device Name [String], Protocol [String], Side Number [UInt]

    説明:データベース初期化タイムアウトが発生しました。

    推奨処置:表示されたデバイスを調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-NumDevRegExceeded:

    Number of registered devices exceeded.Maximum Devices [Int]

    説明:登録済みデバイスの数を超過しました。

    推奨処置:登録済みデバイスの数を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-5-CallManagerOnline:

    Cisco CallManager on line.CCM Version [String]

    説明:Cisco CallManager はオンラインです。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-MtpNoMoreResourcesAvailable:

    No more MTP resources available.

    説明:MTP リソースを使用できません。

    推奨処置:追加の MTP またはトランスコーダ リソースをインストールします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-MohNoMoreResourcesAvailable:

    No more MOH resources available.

    説明:MOH リソースを使用できません。

    推奨処置:追加の MOH リソースをインストールします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-ConferenceNoMoreResourcesAvailable:

    No more Conference resources available.

    説明:会議リソースを使用できません。

    推奨処置:追加の会議リソースをインストールします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-AnnunciatorNoMoreResourcesAvailable:

    No more Annunciator resources available.

    説明:アナンシエータ リソースを使用できません。

    推奨処置:追加のアナンシエータ リソースをインストールします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-CtiStaleCallHandle:

    CTI stale call handle.Description [String]

    説明:このアラームは、コールがアイドル状態になった際に CTI アプリケーションによって閉じられなかった無効なコール処理が検出されると監査によって発行されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。コールがアイドル状態になった際には、CTI アプリケーションによってコールが明示的に閉じられることが推奨されます。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-MaxCallsReached:

    Maximum calls reached.Description [Int]

    説明:Cisco CallManager ノードでの最大同時接続数に到達しました。

    推奨処置:Cisco CallManger ノードでのアクティブ コールの数を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-TcpCommError:

    TCP communication error.Text [String], Last Error [UInt], Error Text [String], Socket Send [UInt]

    説明:TCP 通信エラーが発生しました。

    推奨処置:提供されたアラーム テキストとエラー テキストを添付の上、テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-OperatingSystemFailure:

    Operating system call failed.System Call [String], Error Code.[ULong]

    説明:指定されたオペレーティング システム コールが失敗しました。また、障害コードも提供されます。

    推奨処置:提供されたシステム コールとエラー コードを添付の上、Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-CdrWriteError:

    Unable to write CDR records to database.Destination Node Id [UInt], Call Manager Id [UInt], Call Id [UInt], Calling Party [String], Called Party [String]

    説明:CDR レコードをデータベースに書き込むことができません。リトライ回数は超過しています。

    推奨処置:提供されたシステム コールとエラー コードを添付の上、Cisco テクニカルサポートに連絡して支援を求めてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-COMException:

    COM Exception.ErrorCode [Int], Description [String]

    説明:深刻なコンポーネント オブジェクト モデル インターフェイス エラーが発生しました。

    推奨処置:Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DBLException:

    DBL Exception.ErrorCode [Int], ExceptionString [String]

    説明:深刻なデータベース レイヤ インターフェイス エラーが発生しました。

    推奨処置:Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-4-CtiCallAcceptTimeout:

    Call Accept Timeout Call Accept Timer [UInt], Device Name [String], Calling Party DN [String], Called Party DN [String]

    説明:アプリケーションによる CallAcceptTimer 期間内でのコールの受信に失敗しました。

    推奨処置:アプリケーションの予期される応答時間に基づいて、CallAcceptTimer サービス パラメータを適切に設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-ICTCallThrottlingStart:

    Cisco CallManager stops handling calls for the indicated H.323 device due to route loop over H.323 Trunk Device Name.[String], IP Address [String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String]

    説明:Cisco CallManager によって H.323 トランク上にルート ループが検出されました。その結果、表示された H.323 デバイスのコール受信が一時的に停止されています。

    推奨処置:管理者はルート ループを排除する必要があります。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義
    125 MODEL_TRUNK
  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-ICTCallThrottlingEnd:

    Cisco CallManager starts handling calls for the indicated H.323 device which was stopped due to route loop created over H.323 Trunk Device Name.[String], IP Address [String], Device type.[Optional] [ Enum ], Device description [Optional].[String]

    説明:Cisco CallManager は正常な状態に戻り、表示された H.323 デバイスのコール受信が開始されます。

    推奨処置:管理者はルート ループを排除する必要があります。

    次の表に、Enum の定義とデバイス タイプ(オプション)を示します。

    定義

    125

    MODEL_TRUNK

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-ConferenceCreated:

    An application controlled conference is created.Conference Name [String], Conference ID [UInt], Video Enabled [UInt], Application ID [UInt], Number of Streams [UInt], Status [Int], Reason [Int]

    説明:アプリケーション制御の会議が作成されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-ConferenceDeleted:

    An application controlled conference is deleted.Conference Name [String], Conference ID [UInt], Reason [Int]

    説明:アプリケーション制御の会議が削除されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-CodeYellowEntry:

    CodeYellowEntry Expected Average Delay [UInt], Entry Latency [UInt], Exit Latency [UInt], Sample Size [UInt], Total Code Yellow Entry [UInt], Normal Priority Queue Depth [Long], High Priority Queue Depth [Long]

    説明:着信コール処理での許容できないほど大きな遅延が原因で、Cisco CallManager によってコールの抑制が開始されました。

    推奨処置:高い優先度のキューと通常の優先度のキュー(Cisco CallManager System Performance オブジェクト)で、高い CPU 使用率の原因を判別します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-CodeYellowExit:

    CodeYellowExit Expected Average Delay [UInt], Entry Latency [UInt], Exit Latency [UInt], Sample Size [UInt], Time Spent in Code Yellow [UInt], Number of Calls Rejected Due to Call Throttling [UInt], Total Code Yellow Exit [UInt], Normal Priority Queue Depth [Long], High Priority Queue Depth [Long]

    説明:着信コール処理での遅延が解除となる遅延条件を下回ると、Cisco CallManager による抑制が終了します。

    推奨処置:高い優先度のキューと通常の優先度のキュー(Cisco CallManager System Performance オブジェクト)で、高い CPU 使用率の原因を判別します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-CodeRedEntry:

    CodeRedEntry Expected Average Delay [UInt], Entry Latency [UInt], Exit Latency [UInt], Sample Size [UInt], Code Yellow Duration [UInt], Number of Calls Rejected Due to Call Throttling [UInt], Total Code Yellow Entry [UInt], Total Code Yellow Exit [UInt], Normal Priority Queue Depth [Long], High Priority Queue Depth [Long]

    説明:コール抑制が試行された後でも、Cisco CallManager による復旧ができません。Cisco CallManager サービスはシャットダウンされます。

    推奨処置:高い優先度のキューと通常の優先度のキュー(Cisco CallManager System Performance オブジェクト)で、高い CPU 使用率の原因を判別します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-3-DeviceCloseMaxEventsExceeded:

    DeviceCloseMaxEventsExceeded Total Events Received [UInt], IP Address [String], TCP Handle [UInt], Max Events Allowed [UInt], Number Of Skinny Device Throttled [UInt]

    説明:この Skinny デバイスから許容できないほど多くのイベントが受信されているため、強制的に閉じられ、再登録されます。

    推奨処置:Skinny デバイスを確認し、多数のイベントの原因を判別します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-CALLMANAGER-6-MaliciousCall:

    Malicious Call Identification feature is invoked in Cisco CallManager.Called Party Number [String], Called Device Name [String], Called Display Name [String], Calling Party Number [String], Calling Device Name [String], Calling Display Name [String]

    説明:このエラーは、Cisco CallManager で悪意のあるコールが検出されて、Malicious Call Identification(MCID; 迷惑呼の識別)機能が呼び出されていることを示しています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CALLMANAGER-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-WindowsSocketError:

    Windows socket startup failure.Error [Int], Reason [String]

    説明:Winsock を開始できませんでした。TFTP は終了します。

    推奨処置:Winsock 作成の障害となる可能性があるため、Windows 2000 Service Pack 1 がシステムにインストールされていることを確認します。TFTP を再始動してみます。それでも TFTP が開始されない場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-TftpstatsUpdateError:

    Error when updating performance monitor statistics.See Reason string for where it failed.Error [Int], Reason [String]

    説明:パフォーマンス モニタ統計情報が初期化できず、更新できませんでした。

    推奨処置:Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-EventCreationFailed:

    Event creation failure.See Reason string for where it failed.Error [Int], Reason [String]

    説明:Windows システム コール CreateEvent() が失敗しました。TFTP は終了します。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-BeginthreadexFailed:

    Windows library function beginthreadx.See Reason string for where it failed.Error [Int], Reason [String]

    説明:Windows ライブラリ関数 beginthreadx が失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-SetEventError:

    Call to SetEvent() function failure.See Reason string for where it failed.Error [Int], Reason [String]

    説明:SetEvent() 関数への呼出に失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-TerminateThreadError:

    Call to TerminateThread() failed.See Reason string for where it failed.Reason [String], Error [Int]

    説明:TerminateThread() 関数への呼出に失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-CloseHandleError:

    Call to CloseHandle() failed.See Reason string for where it failed.Error [Int], Reason [String]

    説明:CloseHandle() 関数への呼出に失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-2-WaitForSingleObjectError:

    Error on call to WaitForSingleObject() function that waits for timeout or stopping of event.See Reason string for where it failed.Error [Int], Reason [String]

    説明:タイムアウトまたはイベントの停止まで待機している WaitForSingleObject() 関数への呼出によってエラーが返されました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-2-SDIControlLayerFailed:

    Error value on call of IsError() function of SDI control object.Error [Int], Reason [String]

    説明:SDI 制御オブジェクトの IsError() 関数の呼出によって、エラー値が返されました。

    推奨処置:SDI 制御関数によってエラーが返されました。SQL サーバが稼働していることと、データベース レイヤ モニタ サービスが問題なく稼働していることを確認します。TFTP サーバがデータベース内に含まれていることを確認します。このエラーが解消されない場合は、TFTP サービス トレース ファイルを添付して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-CoInitializeFailed:

    Error on CoInitialize() function inside ConfigThread() function. hRes [Long]

    説明:CoInitialize() 関数によって、ConfigThread() 関数内部でのエラーが返されました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigThreadReadConfigurationFailed:

    ReadConfiguration() false when called by ConfigThread() function.

    説明:ConfigThread() 関数によって呼び出された際に、ReadConfiguration() によって偽が返されました。

    推奨処置:TFTP サーバがデータベース内に設定されていることを確認します。この問題が解消されない場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigThreadBuildFileFailed:

    BuildFile() function false when called by ConfigThread() function.

    説明:ConfigThread() 関数によって呼び出された際に、BuildFile() 関数によって偽が返されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kConfigThreadChangeNotifyServerSingleFailed:

    Creation of singleton ChangeNotify pointer using call to ChangeNotifyServerSingle() failure.

    Explanation:ChangeNotifyServerSingle() への呼出を使用したシングルトン ChangeNotify ポインタの作成に失敗しました。

    推奨処置: program files/Cisco/bin ディレクトリで CtftpChangeNotify.dll ファイルを検索します。このディレクトリに見つからない場合は、インストールします。問題が解消されない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-2-kConfigThreadWaitForMultipleObjectFailed:

    Error on call to WaitForMultipleObject() from ConfigThread() to wait for timeout or stop event.Error [Int]

    説明:タイムアウトまで待機するか、またはイベントを停止するための ConfigThread() からの WaitForMultipleObject() への呼出によって、エラーが返されました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigThreadCNCMGrpBuildFileFailed:

    Call to BuildFile() function from CM_Group change ConfigThread() false.

    説明:CM_Group change ConfigThread() からの BuildFile() 関数への呼出によって偽が返されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigThreadCNGrpBuildFileFailed:

    Call to BuildFile() function from group change in ConfigThread() false.

    説明:ConfigThread() 内のグループ変更からの BuildFile() 関数への呼出によって偽が返されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kConfigThreadCNDelDeviceFileDeleteFailed:

    Deletion of file for the deleted device from system failure.FileName [String]

    説明:削除されたデバイスのためのファイルをシステムから削除できませんでした。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。削除しようとしているファイルが使用中である可能性があるため、TFTP サービスを開始して、停止します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigThreadCNDeviceBuildFileFailed:

    Call to BuildFile() function from CN_Device change in ConfigThread() false.

    説明:ConfigThread() 内の CN_Device 変更からの BuildFile() 関数への呼出によって、偽が返されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kConfigThreadUnknownExceptionCaught:

    An unknown exception caught at end of ConfigThread().

    説明:ConfigThread() の最後で未知の例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kReadConfigurationNodeGetNameFailed:

    Call to GetName() function from ReadConfiguration() failure to return a node name.

    説明:ReadConfiguration() からの GetName() 関数への呼出がノード名を返すのに失敗しました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kReadConfigurationGetVersionInfoFailed:

    Call to GetVersionInfo() function from ReadConfiguration() failure to return database version.

    説明:ReadConfiguration() からの GetVersionInfo() 関数への呼出がデータベース バージョンを返すのに失敗しました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kReadConfigurationUnknownException:

    An unknown exception caught at the end of ReadConfiguration() in the try-catch construct.

    説明:try-catch コンストラクト内の ReadConfiguration() の最後で、未知の例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kReadConfigurationSDICtrlObjCreationFailed:

    Unknown exception was caught when calling InitAlarm() function. hostName [String], szDblVersion [String], szMyVersion [String]

    説明:InitAlarm() 関数を呼び出す際に、未知の例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kReadConfigurationSDICtrlObjInformation:

    Display of node name, database and TFTP version information. hostName [String], szDblVersion [String], szMyVersion [String]

    説明:このアラームでは、ノード名、データベース、および TFTP バージョンの情報が表示されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kReadConfigurationCDBLException:

    CDBLException caught in the try-catch construct.Excpt [String], Dump [String]

    説明: try-catch コンストラクトで CDBLException が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kReadConfiguration_com_errorException:

    Com_error exception caught in the try-catch construct.Description [String]

    説明:try-catch コンストラクトで Com_error 例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-4-kBuildFilescnfdeletewarning:

    Old cnf files to be deleted. tDeletePattern1 [String]

    説明:古い cnf ファイルが削除されます。

    推奨処置:これは正常な動作です。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-4-kBuildFilesxmldeletewarning:

    Old XML files to be deleted. tDeletePattern2 [String]

    説明:古い XML ファイルが削除されます。

    推奨処置:これは正常な動作です。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kBuildFilescnfdeleterror:

    Old cnf files deletion failure. tDeletePattern1 [String]

    説明:古い.cnf ファイルを削除できませんでした。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kBuildFilesxmldeleterror:

    Old XML files deletion failure. tDeletePattern2 [String]

    説明:古い XML ファイルを削除できませんでした。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kBuildFilesInfo:

    Successful creation of FileName and FileLength of XML and cnf files.Information [String], FileName [String], FileLength [Long]

    説明:XML と cnf ファイルの FileName と FileLength が正常に作成されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigItAllReadConfigurationFailed:

    Call to ReadConfiguration() function from ConfigItAll() false.

    説明:ConfigItAll() からの ReadConfiguration() 関数への呼出によって偽が返されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kConfigItAllBuildFilesFailed:

    Call to BuildFile() function from ConfigItAll() false.

    説明:ConfigItAll() からの BuildFile() 関数への呼出によって偽が返されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-1-SocketError:

    System socket error.See the reason code to find out more details. nError [Int], Reason [String]

    説明:要求を受信するためのソケットを開くことができませんでした。

    推奨処置NETSTAT -a コマンドを実行し、その出力をファイルにリダイレクトします。これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-1-kTFTPServerListenSetSockOptFailed:

    Error on SetSockOpt() function call; did not execute. nError [Int], IPAddress [String], Port [Int]

    説明:SetSockOpt() 関数の呼出によってエラーが返され、実行されませんでした。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kTFTPServerListenCloseSockFailed:

    Error on CloseSocket() function; could not succeed.Error [Int]

    説明:CloseSocket() 関数によってエラーが返され、成功しませんでした。

    推奨処置NETSTAT -a コマンドを実行し、その出力をファイルにリダイレクトします。これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-1-kTFTPServerListenBindFailed:

    Socket failure to bind to IP address and port. nError [Int], IPAddress [String], Port [Int]

    説明:ソケットでは、IP アドレスとポートへのバインドができませんでした。

    推奨処置NETSTAT -a コマンドを実行し、その出力をファイルにリダイレクトします。これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kTFTPServerStopListenCloseSockFailed:

    Closure of the Socket used for listening failure.Error [Int]

    説明:リスニングに使用されているソケットを閉じることができませんでした。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCMCacheIsRealChangeCDBLException:

    Database exception caught.Pkid [String], Excpt [String], Dump [String]

    説明:データベース例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCMCacheIsRealChangeComError:

    _com_error caught.Pkid [String], Excpt [String]

    説明:_com_error が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCMCacheIsRealChangeUnknownException:

    Unknown database exception caught.Pkid [String]

    説明:未知のデータベース例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCMCacheBuildCMGrInfoCDBLException:

    Database exception caught in BuldCallManagerGroupInformation function.Excpt [String], Dump [String]

    説明:BuldCallManagerGroupInformation 関数でデータベース例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCMCacheBuildCMGrInfoComError:

    _com_error caught in BuldCallManagerGroupInformation function.Description [String]

    説明:BuldCallManagerGroupInformation 関数で _com_error が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCMCacheBuildCMGrInfoUnknownException:

    Unknown database exception caught in BuldCallManagerGroupInformation function.

    説明:BuldCallManagerGroupInformation 関数で未知のデータベース例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kCNFFBuffWriteToFileLength0:

    Function returned for zero length of file.FileName [String]

    説明:ファイルの長さがゼロのため、関数が返されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kCNFFBuffWriteToFilefopenfailed:

    Write to file failure to open the file handle fopen failure inside write to file.FileName [String]

    説明:ファイル書き込み時の内部処理においてファイル ハンドラを取得することが出来なかったため、ファイル書き込みに失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。開こううとしているファイルが使用中である可能性があるため、TFTP サービスを開始して、停止します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kCNFFBuffWriteToFilefwritefailed:

    Write to file failure to write, fwrite function failure inside write to file.FileName [String]

    説明:write to file による書込が失敗し、fwrite 関数が write to file 内部で失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。開こううとしているファイルが使用中である可能性があるため、TFTP サービスを開始して、停止します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kCNFFBuffWriteToFilefclosefailed:

    Write to file failed to close the file handle, fclose function failed inside write to file.FileName [String]

    説明:write to file がファイル処理を閉じるのに失敗し、fclose 関数が write to file 内部で失敗しました。

    推奨処置:これは Windows のシステム コールの失敗です。推奨される Windows 設定を使用していることを確認します。開こううとしているファイルが使用中である可能性があるため、TFTP サービスを開始して、停止します。それでも、このエラーが表示される場合は、TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-4-kCTFTPConnectSendFileTimeoutOccurred:

    Timeout when sending the file.Size [Int], Block [Int], Time [Int]

    説明:ファイルの送信時にタイムアウトが発生しました。

    推奨処置:システムがネットワークに接続されていることを確認します。Windows のタスク マネージャを確認して、ファイルにサービスを提供するための十分なプロセッサ時間が TFTP に与えられていることを確認します。システム設定が設定ガイドの推奨事項に従っていることを確認してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCTFTPConnectSendFileNonTimeoutError:

    NonTimeout error during call to recvfrom().ErrorNumber [Int], Block [Int]

    説明:recvfrom() への呼出中に NonTimeout エラーが発生しました。

    推奨処置:システムがネットワークに接続されていることを確認します。Windows のタスク マネージャを確認して、ファイルにサービスを提供するための十分なプロセッサ時間が TFTP に与えられていることを確認します。システム設定が設定ガイドの推奨事項に従っていることを確認してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-4-kServingFileWarning:

    Warning about error inside serving part of TFTP.ErrorNumber [Int], FileName [String], IPAddress_Port [String], Mode [String], OpCode [Int], Reason [String]

    説明:TFTP のサービス提供部分内でエラーが発生しました。

    推奨処置:このエラーによって Reason パラメータ内に File Not Found が報告されますが、そのファイルが OS79XX.TXT である場合、このファイルは SIP フォンによって使用されるファイルなので、このエラーを無視します。フォンを自動登録し、File Not Found 内にフォンの MAC アドレスベースのファイル名が表示される場合は、このフォンはデータベースにまだ登録されていないので、このエラーを無視します。引き続きこのエラーが表示される場合は、詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-6-kServingFileNoError:

    No error but general information about health of serving file operation.FileName [String], IPAddress_Port [String], Reason [String]

    説明:エラーは発生しておらず、ファイルへのサービス提供動作の状態に関する一般的な情報が提供されています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kRecvMessageError:

    Error could not create CtftpConnect Object.Reason [String]

    説明:エラーによって CtftpConnect オブジェクトを作成できませんでした。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kThreadPoolProxyUnknownException:

    Unknown exception was caught in ThreadPoolProxy() of CTftpConnect class.

    説明:CTftpConnect クラスの ThreadPoolProxy() で未知の例外が捕捉されました。

    推奨処置:詳細な TFTP サービス トレースを収集して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-TFTP-3-kCServiceModuleGetName:

    Alarm from void GetName() function in CServiceModule.FileName [String], UnknownException [String]

    説明:ありません。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TFTP-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-6-kCMIServiceStarted:

    Service now running.

    説明:CMI が開始され、稼働しています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-6-kCMIServiceStopped:

    Service now stopping.

    説明:サービスが停止されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-6-kCMIServiceStatus:

    Service running and working properly.Service Priority [String]

    説明:サービスが稼働し、適切に動作しています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-7-kCMIDebugAlarm:

    Alarm generated only for debugging purposes.Debug Message [String]

    説明:リアルタイムの状況をシミュレーションする複数のデバッグ メッセージが CMI に発生しています。

    推奨処置:カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-3-kCCMConnectionError:

    No CMI connection with Cisco CallManager.CallManager Name [String]

    説明:CMI では Cisco CallManager との通信を確立できません。

    推奨処置:Cisco CallManager とネットワークのアドレスやステータスを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-3-kDisconnectionToCCM:

    CMI disconnection with Cisco CallManager.CallManager Name [String]

    説明:CMI では Cisco CallManager との接続が失われました。

    推奨処置:Cisco CallManager とネットワークのステータスを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kStopBitConfigurationError:

    Process configuration parameter StopBit for CMI invalid.Illegal Stop Bit [String]

    説明:シリアル ポートの無効な StopBit 設定が原因で、CMI が適切に動作できません。

    推奨処置:CMI のプロセス設定パラメータ StopBit を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kParityConfigurationError:

    Process configuration parameter parity for CMI invalid.Illegal Parity [String]

    説明:シリアル ポートの無効なパリティ設定が原因で、CMI が適切に動作できません。

    推奨処置:CMI のプロセス設定パラメータ パリティを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kWSAStartupFailed:

    Windows socket startup failure.Error Information [String]

    説明:Winsock を開始できませんでした。

    推奨処置:Winsock 作成の障害となる可能性があるため、Windows 2000 Service Pack 1 がインストールされていることを確認します。次に CMI を再始動してみます。引き続きこのアラームが表示される場合、カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-5-kConfigParaNotFound:

    Configuration parameter not found in database.Parameter Name and Information [String]

    説明:Cisco Messaging Interface(CMI)サービスを利用する必要がない Cisco CallManager サーバで、このサービスが有効になっている場合に、このエラー メッセージが発生する可能性があります。CMI では、プロセス設定テーブル内にこのプロセス設定パラメータを検出することができません。

    注:Cisco Messaging Interface(CMI)サービスは Cisco CallManager によって使用され、Cisco CallManager サーバ上のシリアル ポートを介して SMDI 準拠のボイスメール システムに接続します。CMI は、ボイスメール システムとして Cisco Unity が使用されないボイスメール実装のために使用されます。したがって、Cisco Unity を使用する場合は、Cisco CallManager サーバ上で CMI サービスを無効にする必要があります。

    推奨処置:CMI サービスを使用しない場合、CMI サービスを停止し、Manual に設定することが推奨されます。CMI サービスを停止した後もエラー メッセージが表示される場合、カスタマー サービスの担当者へ報告して、データベースのアップグレードを取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-5-kSMDIMessageError:

    Invalid DN in SMDI message.Invalid DN [String]

    説明:CMI では、データベース内に DN を検出できません。

    推奨処置:ボイスメール システムの設定を確認するか、このアラームを回避するために ValidateDns を無効にします。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-5-kSMDICmdError:

    Bad incoming SMDI message to CMI.Bad SMDI command [String]

    説明:CMI で不良な着信 SMDI メッセージが受信されます。

    推奨処置:ボイスメール システムの設定を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kSerialPortOpeningError:

    Error when CMI tries to open the Windows NT serial port.Serial Port Opening Error [String]

    説明:CMI でシリアル ポートのオープンが試行されると、Windows NT からエラーが返されます。

    推奨処置:シリアル ポートが使用可能であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kSerialPortGetStatusError:

    Error when CMI tries to get the status of Windows NT serial port.Serial Port Getting Status Error [String]

    説明:CMI でシリアル ポートのステータスの取得が試行されると、Windows NT からエラーが返されます。

    推奨処置:シリアル ポートが使用可能であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kSerialPortSetStatusError:

    Error when CMI tries to set the status of Windows NT serial port.Serial Port Setting Status Error [String]

    説明:CMI でシリアル ポートのステータス設定が試行されると、Windows NT からエラーが返されます。

    推奨処置:シリアル ポートが使用可能であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-3-kWritingFileFailure:

    CMI failure writing SMDI messages to the serial port.Error Information [String]

    説明:CMI でシリアル ポートがオープンされました。ところが、シリアル ポートへのデータの書込が失敗しました。

    推奨処置:CMI を再始動します。引き続きこのアラームが表示される場合、カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-3-kInvalidPortHandle:

    Invalid handle for the opened serial port.Error Information [String]

    説明:CMI でシリアル ポートへの書込が試行される際に、オープンされているシリアル ポートの処理が無効です。

    推奨処置:シリアル ポートが使用可能であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-2-kVMDNConfigurationError:

    Voicemail DN for CMI invalid.Invalid VoiceMailDN [String]

    説明:無効なボイスメール DN が原因で、CMI による Cisco CallManager への登録ができません。

    推奨処置:CMI のプロセス設定パラメータ VoiceMailDn を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-4-kThreadKillingError:

    Error when CMI tries to kill the threads.Error Information [String]

    説明:CMI によってスレッドの削除が試行されると、エラーが発生します。

    推奨処置:カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-4-kMemAllocFailed:

    Memory allocation not done using NEW function.Memory Allocation Failure [String]

    説明:CMI によってメモリを割り当てるために「NEW」関数が使用されると、失敗します。

    推奨処置:一部のアプリケーションを閉じ、システム リソースを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-1-kDBLException:

    DBL exception caught.DBL Exception [String]

    説明:CMI によって DBL が初期化されると、例外が捕捉されます。

    推奨処置:データベースが稼働中であることを確認します。引き続きこのアラームが表示される場合、カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-1-kCOMException:

    COM exception caught.COM Exception [String]

    説明:CMI によって COM が初期化されると、例外が捕捉されます。

    推奨処置:カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-1-kCMIException:

    CMI exception thrown.CMI Exception [String]

    説明:CMI が実行されると、例外が発生します。

    推奨処置:誤ったプロセス設定パラメータや不良なシリアル ポート ステータスが原因で、例外が発生する可能性があります。詳細は、関連するアラームを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-CMI-1-kUnknownException:

    CMI unknown exception caught.

    説明:CMI が実行されると、未知の例外が捕捉されます。

    推奨処置:カスタマー サービスの担当者に報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_SUMI-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しています。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgUserLocaleEnterpriseSvcParm:

    Error reading Enterprise User Locale configuration

    説明:デフォルトの Enterprise User Locale 設定を読み取る際に、データベース例外が発生しました。US English のデフォルトが使用されます。

    推奨処置:Cisco CallManager Admin Web ページを使用して、User Locale の Enterprise パラメータ設定が指定されていることを確認します。IP Media Streaming Application サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-SoftwareLicenseNotValid:

    Invalid Sofware License.

    説明:ライセンスの問題が原因で、IP VOICE MEDIA STREAMING APP エラーが発生します。

    推奨処置:正しいライセンス ファイルを使用します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kRECICMPErrorNotification:

    REC stream ICMP error.Call ID [ULong], Party ID [ULong], Destination IP Address [String], IP Port [ULong]

    説明:REC ストリームに ICMP エラーが発生し、ストリームが終了しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMCBICMPErrorNotification:

    MCB stream ICMP error.Call ID [ULong], Party ID [ULong], Destination IP Address [String], IP Port [ULong]

    説明:MCB ストリームに ICMP エラーが発生しました。ストリームは中止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kANNICMPErrorNotification:

    ANN stream ICMP error.Call ID [ULong], Party ID [ULong], Destination IP Address [String], IP Port [ULong]

    説明:ANN ストリームに ICMP エラーが発生し、ストリームは中止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-4-kRECDeviceRecordNotFound:

    REC device record not found.

    説明:レコーダ デバイスのデバイス レコードがデータベース内に見つかりませんでした。

    推奨処置:レコーディング機能が必要な場合は、データベースにデバイスを追加してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-4-kMCBDeviceRecordNotFound:

    MCB device record not found.

    説明:モニタ コンファレンス ブリッジ デバイスのデバイス レコードがデータベース内に見つかりませんでした。

    推奨処置:MCB 機能が必要な場合は、データベースにデバイスを追加してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-4-kANNDeviceRecordNotFound:

    ANN device record not found.

    説明:アナンシエータのデバイス レコードがデータベース内に見つかりませんでした。

    推奨処置:アナンシエータ機能が必要な場合は、データベースにデバイスを追加してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECDistMoveAbort:

    Aborted moving recording file File name [String]

    説明:使用不可能なレコーディング ストレージ サーバまたは不十分な空き領域が原因で、レコーディング ファイルの配布が中断されました。レコーディング ストレージ サーバのロケーションが使用可能になるまで、レコーディング ファイルはローカル ドライブに残されます。

    推奨処置:適切に設定されているレコーディング ストレージ サーバの UNC パスと IP Voice Media Storage サービスのアクセス権を確認します。プライマリまたはセカンダリのレコーディング ストレージ サーバのパス上で、十分な空き領域が使用可能であるかどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-5-kRECDistSecRSSRecResuming:

    Resuming distribution recording files to secondary storage server Secondary path [String]

    説明:新規のレコーディング ファイルの格納再開に十分な空き領域が、セカンダリのレコーディング ストレージ サーバ存在します。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。これはレコーディングが再開可能であることの通知です。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-2-kRECDistSecRSSCritRecStopping:

    Secondary Recording Storage Server is critically low on free space Secondary path [String]

    説明:セカンダリのレコーディング ストレージ サーバのパスが、使用可能な空きディスク領域で設定された重大なしきい値に達しました。新規のレコーディングは許可されず、レコーダ デバイスは Cisco CallManager から登録解除されます。

    推奨処置:さらに空き領域を提供するには、ディスク ファイルの保守が必要です。推奨事項は次のとおりです。

    • 古いレコーディング ファイルをアーカイブ化するか、削除する。

    • プライマリまたはセカンダリのレコーディング ストレージ サーバのロケーションを変更する。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-5-kRECDistPrimRSSRevertFromSecRSS:

    Resuming distribution recording files to primary storage server from secondary server Primary path [String]

    説明:新規のレコーディング ファイルの格納再開に十分な空き領域が、プライマリのレコーディング ストレージ サーバに存在します。セカンダリのレコーディング ストレージ サーバに格納されたレコーディング ファイルは残されます。必要な場合は、これらの統合は管理者にまかされます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。これは、新たなレコーディング ファイルがプライマリ ロケーションへ配布されていることの通知です。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-5-kRECDistPrimRSSRecResuming:

    Resuming distribution recording files to primary storage server Primary path [String]

    説明:新規のレコーディング ファイルの格納再開に十分な空き領域が、プライマリのレコーディング ストレージ サーバに存在します。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。これはレコーディングが再開可能であることの通知です。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-2-kRECDistPrimRSSCritRecStopping:

    Primary recording storage server is critically low on free space Primary path [String]

    説明:プライマリのレコーディング ストレージ サーバのパスが、使用可能な空きディスク領域で設定された重大なしきい値に達しました。セカンダリのレコーディング ストレージ サーバは使用できません。

    推奨処置:さらに空き領域を提供するには、ディスク ファイルの保守が必要です。推奨事項は次のとおりです。

    • 古いレコーディング ファイルをアーカイブ化するか、削除する。

    • 再設定で、セカンダリのレコーディング ストレージ サーバのロケーションを提供する。

    • プライマリのレコーディング ストレージ サーバのロケーションを変更する。新規のレコーディングは許可されず、レコーダ デバイスは Cisco CallManager から登録解除されます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-1-kRECDistPrimRSSCritSwitchSecRSS:

    Primary Recording Storage Server is critically low on free space Primary path [String]

    説明:プライマリのレコーディング ストレージ サーバのパスが、使用可能な空きディスク領域で設定された重大なしきい値に達しました。レコーディングの配布がセカンダリのレコーディング ストレージ サーバへ切り替わっています。

    推奨処置:古いレコーディング ファイルをアーカイブ化するか、または削除してプライマリのレコーディング ストレージ サーバに追加のストレージを提供します。新規のレコーディングはセカンダリのレコーディング ストレージ サーバへ配布されます。追加のディスク領域が提供されると、新規のレコーディングは自動的にプライマリへ戻されます。セカンダリのサーバへ格納されたレコーディングはセカンダリのサーバに残されます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECDistFindNextChgFailed:

    Recording distribution finds next directory change notification error LastError [ULong], Path Name [String]

    説明:アプリケーションによってディレクトリ変更通知の再有効化が試行された際に、エラーが報告されました。これは、セキュリティ権限や設定の変更によって発生する可能性があります。

    推奨処置:これが繰り返し発生しない限り、特に対処の必要はありません。設定されたローカル パスのモニタリングの再初期化が、サービスによって自動的に試行されます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECDistThreadException:

    Recording distribution manager thread exception Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:未知のプログラム例外によって、レコーディング配布プロセスの中止が発生します。レコーディング ファイルの配布が実行されず、ディスク ストレージの不足に達すると、レコーディングの障害が発生する可能性があります。

    推奨処置:Cisco IP Media Streaming Application サービスを再始動し、問題が解消しない場合は、Cisco テクニカルサポートに報告してください。CMS トレースと Application Event ログを添付してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECDistThreadxFailed:

    Recorder distribution manager thread creation failed LastError [ULong]

    説明:おそらくシステム リソースの低下が原因で、レコーディング ファイル配布スレッドの作成が失敗しました。

    推奨処置:サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECDistExitEventCreationFailed:

    REC Distribution Manager exit event error LastError [ULong]

    説明:必要なイベントを作成できず、レコーディング ファイルの配布は実行されません。このエラーは、システム リソースの不足によって発生する可能性があります。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生した場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECSessMoveFileFailed:

    Local move recording file error LastError [ULong], Source File Name [String], Target File Name [String]

    説明:新しいレコーディング WAV ファイルをローカルのレコーディング パスから配布ディレクトリへ移動しようとすると、エラーが報告されました。これはセキュリティ アクセス権や使用可能なディスク ストレージが原因で発生する可能性があります。

    推奨処置:問題を修正し、IP Media Streaming Application サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECSessCreateWavFailed:

    Create WAV file error LastError [ULong], File Name [String]

    説明:レコーディング用に WAV ファイルを作成しようとすると、エラーが報告されました。これはセキュリティ アクセス権や使用可能なディスク ストレージが原因で発生する可能性があります。

    推奨処置:問題を修正し、IP Media Streaming Application サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECSessLocalPathFull:

    Local Recording disk storage shortage Free K-Bytes [ULong], Minimum K-Bytes [ULong], Local Recording Path [String]

    説明:ローカルのリアルタイム レコーディング ファイルを置くための使用可能なディスク ストレージの現在の容量が、設定された最小値を下回っています。追加の空き領域が提供されるまで、新たなレコーディング セッションは許可されません。

    推奨処置:次のような必要とされるディスク ファイル保守を実行します。

    • 古い一時ファイルや不要なディスク ファイルを削除する。

    • 古いレコーディング ファイルを移動するかアーカイブ化する。

    • 古いログ ファイルを削除する。

    • より多くの空き領域がある別のローカル ディスク ドライブに、ローカルのレコーディング パスを再設定する。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECSessCreateEventError:

    REC session event creation error LastError [ULong]

    説明:必要なイベントを作成できず、レコーディング セッションは中止されます。これはシステム リソースの低下が原因で発生する可能性があります。

    推奨処置:引き続きエラーが発生する場合は、サービスを再始動する必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECMgrRecordSessionException:

    Unknown exception in recording session

    説明:未知のプログラム例外のため、レコーディング セッションが終了しました。この問題の影響を受けるのは、1 つのレコーディング セッションだけです。

    推奨処置:引き続きこの問題が発生する場合は、IP Media Streaming Application サービスを再始動し、CMS トレース ログと Application イベント ログを添付して問題を報告します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECMgrThreadException:

    Recorder manager thread exception Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:未知のプログラム例外のため、ディスクへのレコーディングのためのレコーダのストリーム処理が終了しました。

    推奨処置:Cisco IP Media Streaming Application サービスを再始動します。問題が解消されない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。CMS トレースと Application Event ログを添付してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECMgrThreadxFailed:

    Recorder manager thread creation failed LastError [ULong]

    説明:おそらくシステム リソースの低下が原因で、レコーダ スレッドの作成が失敗しました。

    推奨処置:サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECMgrExitEventCreationFailed:

    REC Manager exit event error LastError [ULong]

    説明:必要なイベントを作成できず、サービスは終了されます。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生する場合、システムをリブートする必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECMgrDeleteFileFailed:

    REC file deletion error LastError [ULong], File Name [String]

    説明:ファイルを削除しようとする際に、オペレーティング システムからエラーが報告されました。これは、誤ったセキュリティ特権が原因で発生する可能性があります。

    推奨処置:エラーを修正し、IP Media Streaming Application サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRECMgrCreateDirFailed:

    REC create directory failed LastError [ULong], Path [String]

    説明:サブディレクトリを作成しようとする際に、オペレーティング システムからエラーが報告されました。これは、誤ったセキュリティ特権または誤ったサービス パラメータ設定が原因で発生する可能性があります。

    推奨処置:エラーを修正し、IP Media Streaming Application サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kPWavMgrThreadxFailed:

    WAV playing manager thread creation failed LastError [ULong]

    説明:おそらくシステム リソースの低下が原因で、WAV ファイル再生スレッドの作成が失敗しました。

    推奨処置:サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kPWavMgrExitEventCreateFailed:

    Creation of needed event failed.Error [ULong]

    説明:必要なイベントを作成できず、サービスは終了されます。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生する場合、システムをリブートする必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kPWavMgrThreadException:

    WAV file manager thread exception Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:未知のプログラム例外のため、アナウンスメント ファイルのためのバックグラウンド WAV ファイル ストリーム処理が終了しました。

    推奨処置:Cisco IP Media Streaming Application サービスを再始動し、問題が解消しない場合は、Cisco テクニカルサポートに報告してください。CMS トレースと Application Event ログを添付してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-RECDeviceRecoveryCreateFailed:

    REC device recovery create failure.

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、REC デバイス リカバリ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-MCBDeviceRecoveryCreateFailed:

    MCB device recovery create failure.

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、MCB デバイス リカバリ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-ANNDeviceRecoveryCreateFailed:

    ANN device recovery create failure.

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、ANN デバイス リカバリ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckRECUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:REC デバイス情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckRECComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:REC デバイス情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckRECDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:REC デバイス情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckRECListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:REC Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckRECListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:REC Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckRECListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:REC Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMCBUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MCB デバイス情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMCBComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MCB デバイス情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMCBDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MCB デバイス情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMCBListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MCB Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMCBListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MCB Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMCBListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MCB Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:ANN デバイス情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:ANN デバイス情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:ANN デバイス情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:ANN Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:ANN Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:ANN Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNEnterpriseComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:ANN エンタープライズ パラメータを確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNEnterpriseDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:ANN エンタープライズ パラメータを確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckANNEnterpriseUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:ANN エンタープライズ パラメータを確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgRECListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:REC デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgRECListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:REC デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgRECListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:REC デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgRECUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:REC デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgRECComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:REC デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgRECDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:REC デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:ANN デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:ANN デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:ANN デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:ANN デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:ANN デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:ANN デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMCBListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MCB デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMCBListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MCB デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み込もうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMCBListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MCB デバイス Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMCBUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MCB デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMCBComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MCB デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMCBDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MCB デバイス設定情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgEnterpriseException:

    Enterprisewide configuration exception

    説明:Enterjprisewide 設定の読取で、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:エンタープライズ設定を確認し、IP Media Streaming Service を再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-m_MtpDevice.m_DeviceName:

    User Locale Enterprise parameter error

    説明:User Locale のエンタープライズ パラメータ設定を読み込むことができません。アナウンスメントはデフォルトで United States English ロケールに設定されています。

    推奨処置:User Locale にエンタープライズ設定が指定されていることを確認し、IP Media Streaming Service を再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgANNXmlFileNotFound:

    ANN configuration for XML file not found

    説明:ANN XML 設定ファイルまたは XML パスの Clusterwide サービス パラメータを読み取ることができません。C:\Program Files\Cisco\ANN\Annunciator.xml がデフォルトとして使用されます。

    推奨処置:Cisco IP Media Streaming Application サービス パラメータ設定を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kCfgListUnknownException:

    Unknown Configuration Exception

    説明:サービス パラメータ設定の読取で例外エラーが発生しました。

    推奨処置:サーバを再起動します。

  • Error Message: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kCfgListComException:

    Configuration COM Exception Exception description [String]

    説明:デバイスのサービス パラメータ設定の読取で、COM 例外エラーが発生しました。

    推奨処置:CCM Administration を使用して、サービス パラメータを表示できることを確認します。表示できる場合、サービスまたはサーバを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kCfgListDblException:

    Configuration DBL Exception Exception description [String], Exception identifier [ULong]

    説明:デバイスのサービス パラメータ設定の読取で例外エラーが発生しました。

    推奨処置:Cisco CallManager Administration を使用して、サービス パラメータを表示できることを確認します。表示できる場合、サービスまたはサーバを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kRECDeviceStartingDefaults:

    REC device configuration not found, starting with defaults.

    説明:REC デバイス設定が見つからず、デフォルトで開始します。

    推奨処置:データベース内で REC デバイスを適切に設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kANNDeviceStartingDefaults:

    ANN device configuration not found, starting with defaults.

    説明:ANN デバイス設定が見つからず、デフォルトで開始します。

    推奨処置:データベース内で ANN デバイスを適切に設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMCBDeviceStartingDefaults:

    MCB device configuration not found, starting with defaults.

    説明:MCB デバイス設定が見つからず、デフォルトで開始します。

    推奨処置:データベース内で MCB デバイスを適切に設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRequestedRECStreamsFailed:

    REC requested streams failure.Requested streams [ULong], Allocated streams [ULong]

    説明:要求された半二重ストリームの数は使用可能ではありませんでした。

    推奨処置:正しいストリーム数が要求されていることを確認します。正しい場合、サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRequestedANNStreamsFailed:

    ANN requested streams failure.Requested streams [ULong], Allocated streams [ULong]

    説明:要求された半二重ストリームの数は使用可能ではありませんでした。

    推奨処置:正しいストリーム数が要求されていることを確認します。正しい場合、サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRequestedMCBStreamsFailed:

    MCB requested streams failure.Requested streams [ULong], Allocated streams [ULong]

    説明:要求された全二重方式ストリームの数は使用可能ではありませんでした。

    推奨処置:正しいストリーム数が要求されていることを確認します。正しい場合、サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioTftpMgrStartFailed:

    TFTP start file transfer failed File name [String]

    説明:TFTP サーバからのファイル転送を開始できません。

    推奨処置:ファイル名が TFTP サーバ上に存在することを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioTftpMgrCreate:

    Unable to create TFTP client TFTP Server [String]

    説明:クライアント TFTP セッションを TFTP サーバで作成できません。これは、稼働していないサーバや、サービス パラメータ内での誤ったサーバ名設定が原因の可能性があります。この動作は、定期的に再試行されます。

    推奨処置:TFTP サーバが動作していて、設定が正しいことを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioOpenFailed:

    Open announcement file failed LastError [ULong], File name [String]

    説明:アナウンスメント ファイルを読み取るために開こうとする際に、エラーが報告されました。

    推奨処置:ファイルが存在し、読込用にファイルを開くために Cisco IP Media Streaming Application サービスに適切なアクセス権が与えられていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioInvalidLocale:

    Invalid ANN locale configuration Locale name [String], Locale identifier [ULong]

    説明:欠落したロケール名やロケール ID があるロケール設定が検出されました。これは ANN_XMLFile サービス パラメータ設定で指定された XML ファイルで設定されます。

    推奨処置:エラーを修正します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioUndefinedLocale:

    Unknown ANN Locale Locale identifier [ULong]

    説明:このエラーでは、アナンシエータに割り当てられたロケールがまだ Cisco CallManager にインストールされていないことが示されています。アナウンスメントに関する要求された Locale は、ANN_XMLFile サービス パラメータで指定された XML ファイルには設定されていません。

    推奨処置:対象ロケールをインストールして、関連するアナウンスメントを XML ファイルに追加するか、English US を割り当てます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioUndefinedAnnID:

    Requested announcement not found Locale name [String], Announcement identifier [ULong]

    説明:ANN_XMLFile サービス パラメータで設定された XML ファイルには、要求されたアナウンスメントは設定されていません。

    推奨処置:アナウンスメントを追加します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioComException:

    ANN TFTP COM exception File name [String], Reason [String]

    説明:指定されたファイルの処理中に、COM 例外が発生しました。

    推奨処置:可能性のある形式エラーや欠落した要素に関して、ファイルを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioXmlLoadFailed:

    ANN XML parsing error File name [String], Reason [String]

    説明:指定されたファイルに、構文エラーがあります。

    推奨処置:構文エラーを修正します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioXmlSyntax:

    ANN XML invalid element File name [String]

    説明:指定されたファイルに、無効な要素があります。

    推奨処置:エラーを修正します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioXmlComErr:

    A COM error creating an instance of "msxml2.domdocument" File name [String]

    説明:おそらく、Microsoft MSXML2 オブジェクトがインストールされず、適切に登録されていない状況でのシステム設定エラーが原因で、インスタンス「msxml2.domdocument」の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:サーバを再起動して再発する場合は、Cisco テクニカルサポートに問題を報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioTftpFileMissing:

    ANN TFTP file missing File name [String]

    説明:アナウンスメント サーバへダウンロードするファイルが TFTP サーバ上に見つかりませんでした。

    推奨処置:エラーを修正します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioCreateDirFailed:

    ANN TFTP create path error LastError [ULong], Path Name [String]

    説明:アナウンスメント ファイルを置くためのサブディレクトリを作成できません。これは、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスへ割り当てられた不十分なセキュリティ権限、不十分なディスク ストレージ、または ANN_LocalPath の無効なサービス パラメータ設定が原因である可能性があります。

    推奨処置:エラーを修正し、IP Media Streaming Application サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioThreadWaitFailed:

    ANN TFTP event wait error LastError [ULong]

    説明:イベントのリスト待ち受け中に、エラーが報告されました。アナウンスメント ファイルは自動的には更新されません。

    推奨処置:Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを再始動します。引き続きエラーが発生する場合は、サーバを再起動してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioThreadException:

    ANN TFTP transfer exception failure Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:未知のプログラム例外のため、アナウンスメント ファイルのためのバックグラウンド TFTP ファイル転送処理が終了しました。アナウンスメント ファイルは自動的には更新されません。

    推奨処置:Cisco IP Media Streaming Application サービスを再始動し、問題が解消しない場合は、Cisco テクニカルサポートに報告してください。CMS トレースと Application Event ログを添付してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kANNAudioThreadxFailed:

    ANN TFTP transfer thread creation failed LastError [ULong]

    説明:おそらくシステム リソースの低下が原因で、ANN バックグラウンド TFTP ファイル転送処理スレッドの作成が失敗しました。

    推奨処置:サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-CFBDeviceRecoveryCreateFailed:

    CFB device recovery create failure.

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、CFB デバイス リカバリ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kAddIpVmsRenderFailed:

    Add IP VMS render filter-to-filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:IP VMS レンダ グラフを追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kCFBDeviceRecordNotFound:

    CFB device record not found.

    説明:コンファレンス ブリッジ デバイスのデバイス レコードがデータベース内に見つかりませんでした。

    推奨処置:CFB 機能が必要な場合は、データベースにデバイスを追加してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kCFBDeviceStartingDefualts:

    CFB device configuration not found, starting with defaults.

    説明:CFB デバイス設定が見つからず、デフォルトで開始します。

    推奨処置:データベース内で CFB デバイスを適切に設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kCFBICMPErrorNotification:

    CFB stream ICMP error.Call ID [ULong], Party ID [ULong], Destination IP Address [String], IP Port [ULong]

    説明:CFB ストリームに ICMP エラーが発生し、ストリームが終了しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kChangeNotifyServiceCreationFailed:

    Database change notification subsystem not starting.

    説明:変更通知サブシステムの開始に失敗し、サービスは終了されます。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生する場合、システムをリブートする必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kChangeNotifyServiceGetEventFailed:

    Invalid notification event returned by database change notification.

    説明:変更通知サブシステムによって無効な通知イベントが返され、サービスは終了されます。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生する場合、システムをリブートする必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kChangeNotifyServiceRestartFailed:

    Database change notification restart failure.

    説明:変更通知サブシステムの再始動に失敗しました。

    推奨処置:このサービスでは変更通知が無効になっています。後で再度有効にするか、サービスを再始動して即座に再有効化することができます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kCreateAudioSourcesFailed:

    Creating audio source class failed.

    説明:オーディオ ソース クラスを作成できません。これは、メモリ不足が原因の可能性があります。

    推奨処置:サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kCreateControlFailed:

    Stream Control create failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:ストリーム制御クラスを作成します。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kCreateGraphManagerFailed:

    Get graph manager failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:グラフ マネージャを取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kReadCfgIpTosMediaResourceToCmNotFound:

    IP TOS MediaResource to Cm value not found.

    説明:データベース内で IP Type-of-Service Media Resource To Cisco CallManager 値が見つからず、デフォルトでこの値は 0x68 に設定されます。

    推奨処置:データベース内で IP Type-of-Service Media Resource To Cisco CallManager を作成します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:CFB デバイス情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBConfigComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:CFB デバイス設定情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBConfigDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:CFB デバイス設定情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBConfigUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:CFB デバイス設定情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:CFB デバイス情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:CFB Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:CFB Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:CFB Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckCFBUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:CFB デバイス情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDBCheckDblGetNodeNameFailed:

    Database layer select my process node failure.

    説明:データベース レイヤでは、このサービスが稼働している現在のノードの検索や判別ができませんでした。

    推奨処置DBLHelper を使用してデータベース複製を確認し、複製が実行されたら、すべての CCM サーバ上で Database Layer Monitor Service を再始動します。さらに、データベースが適切に設定されていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHAudioSourceComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH オーディオ ソース情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHAudioSourceDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH オーディオ ソース情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHAudioSourceUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH オーディオ ソース情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH デバイス情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH デバイス情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHEnterpriseComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH エンタープライズ パラメータを確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHEnterpriseDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH エンタープライズ パラメータを確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHEnterpriseUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH エンタープライズ パラメータを確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHServerComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH サーバ情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHServerDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH サーバ情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHServerUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH サーバ情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMOHUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH デバイス情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MTP デバイス情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPConfigComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH デバイス設定情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPConfigDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MTP デバイス設定情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPConfigUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MTP デバイス設定情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MTP デバイス情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MTP Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:COM 問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MTP Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:データベースの問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MTP Cisco CallManager リスト情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDbCheckMTPUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MTP デバイス情報を確認しようとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:問題を修正します。データベース変更は検出されません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceDriverCFBConfigurationFailed:

    Device driver configuration for MTP failure.

    説明:MTP 設定を指定し、取得するためのデバイス ドライバへの呼出に失敗しました。これは、通常、誤ったバージョンのデバイス ドライバが稼働していると発生します。サービスは終了します。

    推奨処置:デバイス ドライバを停止してから開始して、サービスの再始動を試みます。それでも動作しない場合は、適切なデバイス ドライバが存在すること(ipvms.sys)を確認し、再試行します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceDriverError:

    IP voice media streaming device driver error.Error [String]

    説明:IP Voice Media Streaming デバイス ドライバからエラーが返されました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceDriverMOHConfigurationFailed:

    Device driver configuration for MTP failure.

    説明:MTP 設定を指定し、取得するためのデバイス ドライバへの呼出に失敗しました。これは、通常、誤ったバージョンのデバイス ドライバが稼働していると発生します。サービスは終了します。

    推奨処置:デバイス ドライバを停止してから開始して、サービスの再始動を試みます。それでも動作しない場合は、適切なデバイス ドライバが存在すること(ipvms.sys)を確認し、再試行します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceDriverMTPConfigurationFailed:

    Device driver configuration for MTP failure.

    説明:MTP 設定を指定し、取得するためのデバイス ドライバへの呼出に失敗しました。これは、通常、誤ったバージョンのデバイス ドライバが稼働していると発生します。サービスは終了します。

    推奨処置:デバイス ドライバを停止してから開始して、サービスの再始動を試みます。それでも動作しない場合は、適切なデバイス ドライバが存在すること(ipvms.sys)を確認し、再試行します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrCreateFailed:

    Device manager create failure.Device Name [String], Server Number [ULong], Server Name [String]

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、デバイス マネージャ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrExitEventCreationFailed:

    Creation of device manager exit event failure.Device Name [String], Trace Name [String], Error [ULong]

    説明:指定されたデバイスの終了イベントを作成できませんでした。

    推奨処置:システムがリソース切れかどうかを確認し、必要な場合はシステムをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrLockoutWithCallManager:

    Cisco CallManager in lockout.Trace Name [String]

    説明:応答されるか、TCP リンクが終了されるまで、指定された Cisco CallManager はロックアウト状態です。Cisco CallManager は使用されません。

    推奨処置:Cisco CallManager サービスを再始動し、Cisco CallManager のロックアウトを強制的に解除します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kDeviceMgrMoreThan50SocketEvents:

    More than 50 events returned from TCP link.Trace Name [String]

    説明:指定された Cisco CallManager TCP リンクから、多数の TCP イベントが返されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrOpenReceiveFailedOutOfStreams:

    Open receive failure.Trace Name [String]

    説明:open receive 呼出に失敗し、デバイス ドライバではストリームが使い果たされています。

    推奨処置:ストリーム リソースを増加するか、新規のサーバを追加します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrRegisterKeepAliveResponseError:

    Cisco CallManager not responding.Trace Name [String]

    説明:指定された Cisco CallManager では、キープアライブ メッセージへ応答されません。

    説明:Cisco CallManager がダウンしている可能性があります。ネットワーク接続を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kDeviceMgrRegisterWithCallManager:

    Register with Cisco CallManager.Trace Name [String]

    説明:デバイス マネージャが指定された Cisco CallManager に登録されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrRegisterWithCallManagerError:

    Connection error with Cisco CallManager.Trace Name [String]

    説明:デバイス マネージャが指定された Cisco CallManager に登録され、ソケット エラーまたは接続解除が発生しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。これはデバイスの復旧によって処理されます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrSocketDrvNotifyEvtCreateFailed:

    Create driver notification event failure.Device Name [String], Trace Name [String], Error [ULong]

    説明:指定されたデバイスのデバイス ドライバ通知イベントが作成できません。

    推奨処置:システムがリソース切れかどうかを確認し、必要な場合はシステムをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrSocketNotifyEventCreateFailed:

    Creation socket event failure.Device Name [String], Trace Name [String], Error [ULong]

    説明:指定されたデバイスのソケット通知イベントを作成できませんでした。

    推奨処置:システムがリソース切れかどうかを確認し、必要な場合はシステムをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrStartTransmissionOutOfStreams:

    Start transmission failure.Trace Name [String]

    説明:start transmission 呼出に失敗し、デバイス ドライバではストリームが使い果たされています。

    推奨処置:ストリーム リソースを増加するか、新規のサーバを追加します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrThreadException:

    Exception in device manager thread.Trace Name [String], Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:指定されたデバイス マネージャ スレッドで例外が発生しました。

    推奨処置:MOH が自動的にリセットされます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrThreadWaitFailed:

    Wait call failure in device manager thread.Trace Name [String]

    説明:デバイス マネージャ スレッドで wait 呼出に失敗しました。デバイスは再起動されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDeviceMgrThreadxFailed:

    Creation of thread failure.Device Name [String], Trace Name [String], Error [ULong]

    説明:指定されたデバイスにデバイス マネージャ スレッドを作成できませんでした。

    推奨処置:システムがリソース切れかどうかを確認し、必要な場合はシステムをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kDeviceMgrUnregisterWithCallManager:

    Unregister with Cisco CallManager.Trace Name [String]

    説明:デバイス マネージャが指定された Cisco CallManager から登録解除されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kDownloadMOHFileFailed:

    Download request failure.File Name [String]

    説明:TFTP ダウンロード要求が失敗しました。

    推奨処置:データベース内の TFTP IP アドレスを検証し、ファイルが存在することを検証します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAddAudioCaptureDeviceFailed:

    Add fixed audio source to filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のオーディオ ソースをフィルタ グラフへ追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAddG711AlawIpVmsRenderFailed:

    Add fixed G711 a-law IP VMS render filter-to-filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.711 a-law IP VMS レンダ グラフを追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAddG711UlawIpVmsRenderFailed:

    Add fixed G.711 ulaw IP VMS render filter to filter graph failed Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.711 mu-law IP VMS レンダ グラフを追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAddG729IpVmsRenderFailed:

    Add fixed G.729 IP VMS render filter-to-filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.729 IP VMS レンダ グラフを追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAddMOHEncoderFailed:

    Add fixed MOH encode filter-to-filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の MOH エンコード グラフを追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAddWideBandIpVmsRenderFailed:

    Add fixed wideband IP VMS render filter-to-filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のワイドバンド IP VMS レンダ グラフを追加するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAudioCapMOHEncoderConnFailed:

    Connect fixed audio capture device to MOH encoder failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のオーディオ ソース デバイスを MOH エンコーダへ接続するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputAudioCaptureCreateFailed:

    Get fixed system device enumerator failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のシステム デバイス列挙子(enumerator)を取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputClassEnumeratorCreateFailed:

    Create fixed class enumerator failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のクラス列挙子(enumerator)を作成するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputCreateControlFailed:

    Fixed stream control create failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:固定のストリーム制御クラスの作成に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputCreateGraphManagerFailed:

    Get fixed graph manager failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のグラフ マネージャを取得するための COM 呼出が失敗し、おそらくメモリ不足が原因でオーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputFindAudioCaptureDeviceFailed:

    Unable to find fixed audio source device.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], Fixed audio source device name [String]

    説明:指定された固定のオーディオ ソース デバイスが見つかりませんでした。オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:適切なデバイス名が指定されていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetEventNotificationFailed:

    Get fixed notification event failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の通知イベントを取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetFileNameFailed:

    Get fixed audio source device name failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:固定のオーディオ ソース デバイス名を取得するための呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetG711AlawIpVmsRenderFailed:

    Get fixed G.711 a-law IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.711 a-law IP VMS レンダ フィルタを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetG711AlawIpVmsRendInfFailed:

    Get fixed G.711 a-law IP VMS render filter private interface failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.711 a-law IP VMS レンダ フィルタ プライベート インターフェイスを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetG711UlawIpVmsRenderFailed:

    Get fixed G.711 mu-law IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.711 ulaw IP VMS レンダ フィルタを取得するための COM 呼出が失敗し、おそらくメモリ不足が原因でオーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetG711UlawIpVmsRendInfFailed:

    Get fixed G.711 mu-aw IP VMS render filter private interface failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.711 mu-law IP VMS レンダ フィルタ プライベート インターフェイスを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetG729IpVmsRenderFailed:

    Get fixed G.729 IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.729 IP VMS レンダ フィルタを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetG729IpVmsRendInfFailed:

    Get fixed G.729 IP VMS render filter private interface failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の G.729 IP VMS レンダ フィルタ プライベート インターフェイスを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetMediaControlFailed:

    Get fixed media control failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のメディア制御を取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetMediaPositionFailed:

    Get fixed media position failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のメディア ポジションを取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetMOHEncoderFailed:

    Get fixed MOH encode filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の MOH エンコード フィルタを取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetWideBandIpVmsRenderFailed:

    Get fixed wideband IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のワイドバンド IP VMS レンダ フィルタを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputGetWideBandIpVmsRendInfFailed:

    Get fixed wideband IP VMS render filter private interface failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定のワイドバンド IP VMS レンダ フィルタ プライベート インターフェイスを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputMOHEncG711AlawRenderConnFail:

    Connect fixed MOH encoder to G.711 a-law IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の MOH エンコーダを G.711 a-law IP VMS レンダ フィルタに接続するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputMOHEncG711UlawRenderConnFail:

    Connect fixed MOH encoder to G.711 u-law IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の MOH エンコーダを G.711 u-law IP VMS レンダ フィルタに接続するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputMOHEncG729RenderConnFailed:

    Connect fixed MOH encoder to G.729 IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の MOH エンコーダを G.729 IP VMS レンダ フィルタに接続するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputMOHEncWidebandRenderConnFail:

    Connect fixed MOH encoder to wideband IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の MOH エンコーダをワイドバンド IP VMS レンダ フィルタに接続するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kFixedInputSetNotifyWindowFailed:

    Set fixed notify window failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:固定の通知ウィンドウを設定するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kGetEventNotificationFailed:

    Get notification event failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:通知イベントを取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kGetFileNameFailed:

    Get audio source file name failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:オーディオ ソース ファイル名を取得するための呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kGetIpVmsRenderFailed:

    Get IP VMS render filter failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:IP VMS レンダ フィルタを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kGetIpVmsRenderInterfaceFailed:

    Get IP VMS render filter private interface failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:IP VMS レンダ フィルタ プライベート インターフェイスを取得するための COM 呼出が失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kGetMediaControlFailed:

    Get media control failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:メディア制御を取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kGetMediaPositionFailed:

    Get media position failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:メディア ポジションを取得するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kIPVMSDeviceDriverNotFound:

    Cisco IP voice media streaming driver not found.

    説明:Cisco IP Voice Media Streaming ドライバが見つかりませんでした。これが見つかるまで、サービスは開始されません。

    推奨処置:Cisco IP Voice Media Streaming ドライバが開始される必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kIPVMSMgrEventCreationFailed:

    Creation of needed event failed.Error [ULong]

    説明:必要なイベントを作成できませんでした。サービスは終了します。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生する場合、システムをリブートする必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kIPVMSMgrThreadException:

    Exception in IP VMS manager thread.Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:IP VMS マネージャ スレッドで例外が発生しました。

    推奨処置:MOH が自動的にリセットされます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kIpVmsMgrThreadWaitFailed:

    Wait call failed in IP VMS manager thread.

    説明:IP VMS マネージャ スレッドで wait 呼出に失敗しました。サービスは終了します。

    推奨処置:サービスを再始動する必要があります。エラーが再度発生する場合、システムをリブートする必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kIPVMSMgrThreadxFailed:

    Creation of the IPVMSMgr thread failed.Error [ULong]

    説明:VMS マネージャの作成に失敗しました。サービスは終了します。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kIPVMSMgrWrongDriverVersion:

    Wrong version of device driver.Found [ULong], Need [ULong]

    説明:非互換のデバイス ドライバが見つかりました。サービスは終了します。

    推奨処置:正しいデバイス ドライバ バージョンをインストールします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kIPVMSStarting:

    IP voice media streaming application starting.Version [String], IPAddress [String], Hostname [String], ServiceName [String], ProcessID [ULong]

    説明:IP Voice Media Streaming アプリケーションが開始されています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kIPVMSStopping:

    The IP voice media streaming application shutting down.Version [String], IPAddress [String], Hostname [String], ServiceName [String], ProcessID [ULong]

    説明:IP Voice Media Streaming アプリケーションがシャットダウンされています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHBadMulticastIP:

    Bad multicast IP address.Audio Source ID [ULong], Call/Conference ID [ULong], Codec Type [String], Multicast IP Address [String], Multicast IP Port [ULong]

    説明:不良な IP マルチキャスト アドレス(範囲外)が見つかりました。

    推奨処置:データベース内のマルチキャスト アドレスを修正します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMOHDeviceRecordNotFound:

    MOH device record not found.

    説明:MOH デバイスのデバイス レコードがデータベース内に見つかりませんでした。

    推奨処置:MOH 機能が必要な場合は、データベースにデバイスを追加してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHFilterNotifyError:

    Error on DirectShow returned or user abort.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:DirectShow フィルタによって、エラーまたは user abort が返されました。オーディオ ソースによリ再生が中止される場合があります。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。次回、再生が要求される際には、オーディオではバックアップが開始される必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMOHICMPErrorNotification:

    MOH stream ICMP error.Call ID [ULong], Party ID [ULong], Destination IP Address [String], IP Port [ULong]

    説明:MOH ストリームに ICMP エラーが発生しました。ストリームは中止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHMgrCreateFailed:

    Create MOH manager class failure.

    説明:MOH マネージャ クラスの作成に失敗しました。これは、メモリ不足が原因の可能性があります。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHMgrExitEventCreationFailed:

    Creation of MOH manager exit event failure.Error [ULong]

    説明:終了イベントの作成に失敗しました。

    推奨処置:システムがリソース切れかどうかを確認し、必要な場合はシステムをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMOHMgrIsAudioSourceInUseThisIsNULL:

    Call to IsAudioSourceInUse; class not valid.

    説明:削除されたクラスに呼出が行われました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHMgrThreadCreateWindowExFailed:

    Creation of MOH manager message window failure.Error [ULong]

    説明:MOH マネージャ メッセージ ウィンドウの作成に失敗しました。MOH デバイスは再起動されています。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。引き続きこれが発生する場合、システムがリソース切れかどうかを確認し、必要な場合はシステムをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHMgrThreadWaitFailed:

    Wait call failure in MOH manager thread.

    説明:MOH マネージャ スレッドで wait 呼出に失敗しました。デバイスは再起動されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHMgrThreadxFailed:

    Creation of MOH manager thread failure.Error [ULong]

    説明:MOH マネージャの作成に失敗しました。MOH サービスは使用できません。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHPlayStreamControlNull:

    Stream Control pointer is NULL Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:ストリーム制御ポインタがヌルで、ストリームを再生できません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHPlayStreamMediaControlObjectNull:

    Media Position COM interface is NULL Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:メディア ポジションの COM インターフェイスがヌルで、ストリームを再生できません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHRewindStreamControlNull:

    Stream control pointer NULL.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:ストリーム制御ポインタがヌルで、ストリームを巻戻しできません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHRewindStreamMediaPositionObjectNull:

    Media position COM interface NULL.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String]

    説明:メディア ポジションの COM インターフェイスがヌルで、ストリームを巻戻しできません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHTFTPGoRequestFailed:

  • Start of download request failure.File Name [String]

    説明:TFTP ダウンロード要求を開始するための呼出に失敗しました。

    推奨処置:データベース内の TFTP IP アドレスを修正します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kMOHThreadException:

    Exception in MOH manager thread.Exception Code [ULong], EAX Register [ULong], EBX Register [ULong], ECX Register [ULong], EDX Register [ULong], ESI Register [ULong], EDI Register [ULong], EIP Register [ULong], ESP Register [ULong], EBP Register [ULong], Flags Register [ULong], CS Register [ULong], DS Register [ULong], ES Register [ULong], SS Register [ULong], FS Register [ULong], GS Register [ULong]

    説明:MOH マネージャ スレッドで例外が発生しました。

    推奨処置:MOH が自動的にリセットされます。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMTPDeviceRecordNotFound:

    MTP device record not found.

    説明:メディア ターミネーション ポイント デバイスのデバイス レコードがデータベース内に見つかりませんでした。

    推奨処置:メディア ターミネーション ポイント機能が必要な場合は、データベースにデバイスを追加してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMTPDeviceStartingDefualts:

    MTP device configuration not found, starting with defaults.

    説明:メディア ターミネーション ポイント デバイス設定が見つからず、デフォルトで開始します。

    推奨処置:データベース内でメディア ターミネーション ポイント デバイスを適切に設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kMTPICMPErrorNotification:

    MTP stream ICMP error.Call ID [ULong], Party ID [ULong], Destination IP Address [String], IP Port [ULong]

    説明:メディア ターミネーション ポイント ストリームに ICMP エラーが発生し、ストリームが終了しました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgCFBComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:CFB 設定情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgCFBDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:CFB 設定情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgCFBListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:CFB Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgCFBListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:CFB Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgCFBListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:CFB Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgCFBUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:CFB 設定情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kReadCfgDblGetChgNotifyFailed:

    Get change notification port failure.

    説明:データベース レイヤでは、変更通知ポートを見つけることができず、デフォルトが使用されています。

    推奨処置:デフォルトの変更通知が誤っていたり、変更通知が動作しなかったりする場合、データベースに値を追加して、サービスを再始動してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgDblGetNodeNameFailed:

    Database layer select my process node failed.

    説明:データベース レイヤでは、このサービスが稼働する現在のノードの検索または判別ができませんでした。

    推奨処置:データベースが適切に設定されていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHAudioSourceComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH オーディオ ソースを読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:オーディオ ソースが無効になっています。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHAudioSourceDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH オーディオ ソースを読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:オーディオ ソースが無効になっています。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHAudioSourceUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH オーディオ ソースを読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:オーディオ ソースが無効になっています。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH 設定情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH 設定情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-6-kReadCfgMOHEnabledCodecsNotFound:

    MOH enabled codecs not found.

    説明:MOH デフォルト対応コーデックがデータベース内に見つからず、デフォルトで mu-law に設定されています。

    推奨処置:データベース内で MOH デフォルト コードを作成します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgEnterpriseComException:

    COM error.COM Description String [String]

    説明:クラスタワイド サービス パラメータを読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:MOH または ANN オーディオ ソースが使用できない場合があります。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgEnterpriseDblException:

    Database exception.Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:クラスタワイド サービス パラメータを読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:MOH または ANN オーディオ ソースが使用できない場合があります。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgEnterpriseUnknownException:

    Unknown exception.

    説明:クラスタワイド サービス パラメータを読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:MOH または ANN オーディオ ソースが使用できない場合があります。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHServerComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MOH デバイス情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHServerDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MOH デバイス情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHServerUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH デバイス情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHTFTIPAddressNotFound:

    MOH TFTP IP address not found.

    説明:デフォルトの MOH TFTP IP アドレスがデータベース内に見つかりません。

    推奨処置:オーディオ ソースが使用できない可能性があります。データベース内に適切な値を作成し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMOHUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MOH 設定情報を読み込もうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMTPComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MTP 設定情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMTPDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MTP 設定情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMTPListComException:

    COM error.Device Name [String], COM Description String [String]

    説明:MTP Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、COM エラーが発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMTPListDblException:

    Database exception.Device Name [String], Exception String [String], Exception ID [ULong]

    説明:MTP Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、データベース例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。データベースの問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMTPListUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MTP Cisco CallManager リスト情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kReadCfgMTPUnknownException:

    Unknown exception.Device Name [String]

    説明:MTP 設定情報を読み取ろうとする際に、未知の例外が発生しました。

    推奨処置:デバイスが開始されません。問題を修正し、サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRenderFileFailed:

    Render file-to-filter graph failure.Audio Source ID [ULong], Filename [String], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:オーディオ ソース グラフをレンダリングするための COM 呼出が失敗しました。おそらく欠落したオーディオ ソースやメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:オーディオ ソースが存在しているか確認します。MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRequestedCFBStreamsFailed:

    CFB requested streams failure.Requested streams [ULong], Allocated streams [ULong]

    説明:要求された全二重方式ストリームの数は使用可能ではありませんでした。

    推奨処置:正しいストリーム数が要求されていることを確認します。正しい場合、サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRequestedMOHStreamsFailed:

    MOH requested streams failure.Requested streams [ULong], Allocated streams [ULong]

    説明:要求されたシンプレックス ストリームの数は使用可能ではありません。

    推奨処置:正しいストリーム数が要求されていることを確認します。正しい場合、サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kRequestedMTPStreamsFailed:

    MTP requested streams failure.Requested streams [ULong], Allocated streams [ULong]

    説明:要求された全二重方式ストリームの数は使用可能ではありません。

    推奨処置:正しいストリーム数が要求されていることを確認します。正しい場合、サーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kSDITraceStartFailed:

    SDI Trace start failure.

    説明:SDI トレース サブシステムの始動に失敗しました。最も可能性の高い原因は、サービス トレース パラメータが設定されていないことです。問題が修正されるまで、サービスは続行されません。

    推奨処置:サービスでトレースが有効になっていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-kSetNotifyWindowFailed:

    Set notify window failure.Audio Source ID [ULong], Codec Type [String], COM Error [ULong]

    説明:通知ウィンドウを設定するための COM 呼出に失敗しました。おそらくメモリ不足が原因で、オーディオ ソースが再生されません。

    推奨処置:MOH デバイスをリセットします。リソース切れの場合、サーバをリブートしてください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-MOHDeviceRecoveryCreateFailed:

    MOH device recovery create failure.

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、MOH デバイス リカバリ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-IPVMS-3-MTPDeviceRecoveryCreateFailed:

    MTP device recovery create failure.

    説明:おそらくメモリ不足が原因で、MTP デバイス リカバリ クラスの作成に失敗しました。

    推奨処置:メモリ不足の場合はサーバをリブートします。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありません。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_MEDIA_STREAMING_APP-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiMytcpErrSocketBroken:

    Socket connection broken.

    説明:TCP 接続が失われました。

    推奨処置:アプリケーションへの接続が失われても、失われた接続が意図されていた場合は特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiNullTcpHandle:

    TranslateCtiQbeInputMessage:NULL TCP HANDLE!!!(PDU is dropped) PDU number [Long]

    説明:ヌル TCP 処理が受信されたため、転送できなかった PDU が廃棄されます。

    推奨処置:問題が解消されない場合、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiProviderOpenRej:

    CTIManager initialization not complete; provider open rejection.

    説明:Provider Open が拒否されました。アプリケーションによって制御リスト内のデバイスが認識されません。

    推奨処置:CTIManager サービスのステータスを確認します。CTIManager が開始された状態に戻るまで待機し、再試行します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiMaxConnectionReached:

    CTIManager maximum number of CTI providers reached; provider open rejection.

    説明:CTI 接続の最大数に到達しました。既存の接続が閉じられない限り、新規の接続は受け入れられません。

    推奨処置:アプリケーションの数を MaxCTIConnections に制限します。接続の最大数を CTI Manager サービス パラメータ MaxCTIConnections で確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiProviderOpenInvalidUserNameSize:

    Invalid userName size in ProviderOpen request. login user Name size [Long]

    説明:ユーザ名の長さが無効です。

    推奨処置:CTI アプリケーションのユーザに、正しい userName を使用することと、設定内のユーザ名を確認することを依頼します。31 文字以下である必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiEnvProcDevListRegTimeout:

    Directory change notification request time out.

    説明:EnvProcDevList への CTIManager 登録要求にタイムアウトが発生し、CTIManager から次の登録要求が送信されます。

    推奨処置:問題が解消されない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiMYTCPSendError:

    MYTCP_Send:send error.

    説明:TCP ソケット接続が解除されました。

    推奨処置:ネットワーク エラーが発生した可能性があります。問題が解消されない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiProviderOpenFailure:

    CTI application failed to open provider CTIconnectionId [Long], Login User Id [String], Reason code.[ ], IPAddress [String]

    説明:アプリケーションではプロバイダーを開くことができません。

    推奨処置:原因コードを確認し、問題を修正します。問題が解消されない場合、CTIManager を再起動します。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義
    0 Unknown
    0x8ccc0075 ディレクトリ応答のタイムアウト
    0x8ccc0060 ログインの失敗
    0x8ccc005e ディレクトリ使用不可
    4 認証に定義されていない回線
    5 ユーザの削除
    6 Unknown
  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-2-kCtiSdlErrorvException:

    Failure to create internal process required to service CTI applications.

    説明:予期しない内部 SDL エラーによって、CTIManager または CTIHandler プロセスの作成に失敗しました。

    推奨処置:CTIManager サービスの SDI と SDL のトレース情報を取り込み、Cisco テクニカルサポートに問題を報告してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiTcpInitError:

    CTIManager service is unable to initialize TCP connection Error Code [Int]

    説明:CTIManager サービスでは TCP 接続を初期化できません。

    推奨処置:CTIManager を再起動します。問題が解消されない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiQbeLengthMisMatch:

    OutputQbeMessage:length mismatch.

    説明:QBE ヘッダー長のミスマッチが存在します。

    推奨処置:このアラームでは、TSP/JTAPI が Cisco CallManager と非互換であることが示されています。CTIManager administration ページからプラグインをインストールし、再試行します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiQbeFailureResponse:

    Requested operation from application failure.Error code [ULong], Sequence number [Long], Error message [String]

    説明:正常または異常な状況により、アプリケーションから要求された動作を実行できませんでした。

    推奨処置:該当のアプリケーションに問題が発生しているかどうかを確認します。問題が解消されない場合は、アプリケーションのサポート組織に連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiInvalidQbeSizeAndOffsets:

    InvalidQBESizeAndOffsets; QBE message decoding encountered illegal size or offset.

    説明:QBE メッセージに不正なオフセットが含まれています。正しいパラメータが含まれていません。

    推奨処置:TSP/JTAPI インターフェイス エラーが発生しました。QBE メッセージが適切にフォーマットされていません。TSP/JATPI の互換性のあるバージョンをインストールします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiIllegalFilterSize:

    ProviderOpenRequest; illegal filter size.

    説明:ProviderOpenRequest に不適切なフィルタ サイズが含まれています。

    推奨処置:このアラームでは、アプリケーションによって TSP/JTAPI と Cisco CallManager の非互換のバージョンが使用されていることが示されています。TSP/JTAPI の正しいバージョンをインストールして、再試行します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiProviderClosed:

    CTI application connection close.Login User Id [String], Sequence Number [Long], CTI connection Id [Long], IPAddress [String], Reason code.[ Enum ]

    説明:アプリケーションによってプロバイダーが閉じられました。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義
    0 Unknown
    1 アプリケーションからのハートビートの欠落
    2 予期しないシャットダウン
    3 プロバイダーを閉じることをアプリケーションから要求
    4 プロバイダーを開くことに失敗
    5 ユーザの削除
    6 Unknown
  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiProviderOpened:

    CTI application connection opened.Login User Id [String], Sequence Number [Long], Version Number [String], CTI Connection Id [Long], IPAddress [String], CmAssignedAppID [Long]

    説明:アプリケーションによってプロバイダーが正常に開かれました。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiAdmintSetMsgWaitResErr:

    Error in setting message waiting indication.

    説明:メッセージ待ち受け表示ライトの設定でエラーが発生しました。

    推奨処置:このアラームでは、デバイスが到達可能ではないことが示されています。デバイスのパーティションとコーリング サーチ スペースを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiNewCallNotifyArrayOverflow:

    Possible internal array overflow condition while generating CTI NewCall event.

    説明:予期しない内部エラーが発生しました。

    推奨処置:問題が解消されない場合、CTIManager を再起動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiExistingCallNotifyArrayOverflow:

    Possible internal array overflow condition while generating CTI ExistingCall event.

    説明:予期しない内部エラーが発生しました。

    推奨処置:問題が解消されない場合、CTIManager を再起動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiLineInfoResArrayOverflow:

    Possible internal array overflow condition while generating response to application request for line information.

    説明:予期しない内部エラーが発生しました。

    推奨処置:問題が解消されない場合、CTIManager を再起動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiLineCallInfoResArrayOverflow:

    Possible internal array overflow condition while generating response to application request for call information.

    説明:予期しない内部エラーが発生しました。

    推奨処置:問題が解消されない場合、CTIManager を再起動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiSsRegisterManagerErr:

    Unable to register CtiLine with SSAPI.

    説明:CTI では CtiLine を SSAPI に登録できません。

    推奨処置:Cisco CallManager サービスのステータスを確認します。問題が解消されない場合、Cisco CallManager サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiSsRedirectCallErr:

    mRedirectedCallHandleToDir entry removed.

    説明:CTIHandler mRedirectedCallHandleToDir エントリが削除されています。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-2-kCtiProviderCloseHeartbeatTimeout:

    CTI heartbeat timeout; provider closing.

    説明:CTI ハートビートにタイムアウトが発生しました。これにより、CTIManager によってアプリケーション接続が閉じられます。Application Heartbeat Maximum Interval の 2 サイクルが転送され、クライアントからのキープアライブが受信されていない場合は常に、CallManager によって CTI 接続が閉じられます。

    推奨処置:CTI アプリケーションを再接続する必要があります。Application Heartbeat Maximum Interval 設定を増加して、接続を閉じる必要なしに、より大きな遅延を許容することができます。デフォルト値は 3600 ですが、より大きな値に設定できます。問題が解消されない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiDirectoryLoginFailure:

    CTI directory login failure.Sequence number [Long]

    説明:CTI Manager がディレクトリにログインできません。したがって、アプリケーションでは制御対象デバイス リストを参照できない可能性があります。

    推奨処置:正しいユーザ名とパスワードを使用します。Cisco CallManager administration で設定されているユーザ名とパスワードを参照してください。また、DC Directory サービスが稼働しているかどうかも確認してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiIllegalQbeHeader:

    Illegal QBE header.

    説明:不正な QBE ヘッダーが原因で、QBE メッセージが拒否されます。

    推奨処置:TSP/JTAPI によって QBE が適切に初期化されない可能性があります。Cisco テクニカルサポートへ連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiIncompatibleProtocolVersion:

    Incompatible protocol version.Message Version [VoidPtr], Minimum Version [VoidPtr], Current Version [VoidPtr], CallManager Version [String], IPAddress [String]

    推奨処置:JTAPI/TAPI アプリケーション バージョンはこのバージョンの CTIManager と互換性がなく、受信されたメッセージが拒否されました。

    推奨処置:正しいバージョンのアプリケーションが使用されていることを確認します。または、Cisco テクニカルサポートへ連絡してください。

    注:この問題を解決するために、Publisher サーバでローカルに Extended Services 上の TAPS を無効にすることもできます。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiDeviceOpened:

    Device opened.Device Name [String], Sequence Number [Long], Device ID [Long], Device Type [Long], CTI connection Id [Long], MediaControlled [Bool], RTP Address [String], CmAssignedAppID [Long]

    説明:アプリケーションによってデバイスが開かれました。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiDeviceClosed:

    Device closed.Device Name [String], Device ID [Long], Device Type [Long], CTI Connection Id [Long], MediaControlled [Bool], RTP Address [String], Reason code.[ Enum ]

    説明:アプリケーションによってデバイスが閉じられました。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義
    0 Unknown
    1 CallManager の障害
    2 デバイスが CallManager で未登録
    3 デバイスによる CallManager へのリホームの失敗
    4 デバイスの削除
    5 デバイスを制御中のプロバイダーが閉じられている
  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiDeviceOpenFailure:

    Device Open failed CTI Connection Id [Long], Device Name [String], ReasonCode [ Enum ]

    説明:アプリケーションではデバイスを開くことができません。

    推奨処置:原因コードを確認し、問題を修正します。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義

    0x8ccc0052

    不正なメッセージ形式

    0x8ccc0013

    デバイスはすでに開かれている

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiDeviceOpenFailIllegalMessageFormat:

    Illegal QBE header in device open.

    説明:アプリケーションによって不正な要求が送信されました。

    推奨処置:この要求の送信元のアプリケーションを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiDeviceOpenFailUnsupportedDevice:

    DeviceOpenRequest failure.Device Name [String], Device Type [Long], User Login ID [String]

    説明:アプリケーションによってサポートされないデバイスへのアクセスが試行されています。

    推奨処置:要求の送信元のアプリケーションを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiDeviceOpenFailAccessDenied:

    DeviceOpenRequest failure.User ID [String], Device Name [String], Device Type [Long]

    説明:アプリケーションによって制御外のデバイスへのアクセスが試行されています。

    推奨処置:要求の送信元のアプリケーションを確認するか、デバイスをユーザ制御リストへ追加します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiDeviceRegistered:

    Device registered.Device Name [String], Sequence Number [Long], Device ID [Long], Device Type [Long], MediaControlled [Bool], RTP Address [String]

    説明:デバイスは Cisco CallManager に登録されています。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiDeviceUnRegistered:

    Device unregistered.Device Name [String], Device Type [Long]

    説明:デバイスは未登録です。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiDeviceOutofService:

    Device out of service.Device ID [Long], CTI Connection Id [Long], Device Name [String]

    説明:デバイスはアウト オブ サービスです。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiDeviceInService:

    Device in service.Device ID [Long], CTI Connection Id [Long], Device Name [String], Call Manager Id [Long]

    説明:デバイスは稼働状態に戻っています。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiLineOpened:

    Line opened.Sequence Number [Long], Directory Number [String], Device Name [String], CTI Connection Id [Long]

    説明:アプリケーションによって回線が開かれました。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-3-kCtiLineOpenFailure:

    Unable to open the line CTI Connection Id [Long], Device Name [String], Directory Number [String], Reason .[ Enum ]

    説明:アプリケーションでは回線を開くことができません。

    推奨処置:デバイスが制御リストに含まれているかどうかを確認します。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義
    0 NoneDefined
    1 アクセス拒否
  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiLineClosed:

    Line closed.Directory Number [String], CTI Connection Id [Long], Device Name [String], Reason code.[ Enum ]

    説明:アプリケーションによって回線が閉じられました。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

    次の表に、Enum の定義と原因コードを示します。

    定義
    0 Unknown
    1 CallManager の障害
    2 デバイスが CallManager で未登録
    3 CTI が回線のリホームに失敗
    4 未定義の回線
    5 デバイスの削除
    6 デバイスを制御中のプロバイダーが閉じられている
  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiLineOpenFailAccessDenied:

    Line open failed.Sequence Number [Int], Directory Number [String], Device Name [String], login ID of the user [String]

    説明:アプリケーションでは回線を開くことに失敗しました。

    推奨処置:回線に関連付けられたデバイスをユーザ デバイス制御リストに追加します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiLineOutOfService:

    Line out of service.Directory Number [String], CTI Connection Id [Long], Device Name [String]

    説明:回線はアウト オブ サービスです。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-6-kCtiLineInService:

    Line in service.Line ID [Long], CTI Connection Id [Long]

    説明:回線は稼働状態に戻っています。

    推奨処置:これは情報提供で、特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-CTI-4-kCtiIllegalEnumHandle:

    Enumeration handle is not valid.Enumeration handle [Long], Enumeration object type [String]

    説明:デバイス、回線、または DN の列挙のプロセスに関連付けられた列挙子処理が無効です。

    推奨処置:アプリケーションに設定されたすべてのデバイス、回線、または DN がアプリケーションに使用できるかどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CTI-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-4-kPostMigrationDBCleanupFailed:

    DB post migration step failed.

    説明:起動中に、Cisco のデータベース レイヤ モニタによって、特定の移行手順が完了していることの確認と、一部の移行手順の完了の試行が行われます。この手順が失敗しました。

    推奨処置:Cisco CallManager パブリッシャ サーバで、Cisco のデータベース レイヤ モニタ サービスを停止し、再度開始します。再度、警告が表示される場合は、Cisco テクニカルサポートへ連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-4-kPrimaryDbIsLost:

    Primary DB lost.

    説明:プライマリのデータベースが使用できなくなり、そのリターンのモニタリングが開始されます。

    推奨処置:これによってネットワークの問題が示されている可能性があります。ネットワークと Cisco CallManager パブリッシャ サーバの動作ステータスを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-6-kPrimaryDbIsFound:

    Primary DB found.

    説明:プライマリのデータベースを使用できるようになりました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-4-kCdrRecordsTrimmed:

    CDR records trimmed.

    説明:ローカルの CDR テーブルが大きくなりすぎました。最も古いレコードが削除されました。

    推奨処置:ディスク スペースを確保するためにレコードが削除されています。これらのレコードは、サードパーティの CDR パッケージ適用時に、削除されているはずです。詳細は、Cisco データベース レイヤ モニタ用の MaxCDR サービス パラメータを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-4-kErrorUpdatingNumPlan:

    Error when updating NumPlan Clauses.

    説明:Aupair では NumPlan テーブルの Clause フィールドをアップデートできませんでした。

    推奨処置:プライマリのデータベースがダウンしている場合、プライマリのデータベースのバックアップ後にデータベース レイヤ モニタ サービスを停止し、再度開始します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kErrorStartingThreads:

    Error when starting threads.Service Name [String]

    説明:Aupair では 1 つまたは複数のスレッドを開始できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタ サービスを再始動します。このエラーが解消されない場合は、データベース レイヤ モニタ トレースを有効化して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kUnableToConnectToDB:

    Cannot connect to database.Additional Information [String]

    説明:データベース レイヤではデータベース接続を開くことができませんでした。

    推奨処置:SQL サーバ サービスが稼働していることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-4-kErrorAccessingCM:

    Error while accessing Cisco CallManager.Additional Information [String]

    説明:Cisco CallManager にアクセスしようとする際に、データベース レイヤでエラーが発生しました。

    推奨処置:これはネットワークの問題を示している可能性があります。ネットワークを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kNoDefaultCMGroup:

    No default Cisco CallManager group.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中に、データベース レイヤではデフォルトの Cisco CallManager グループを見つけることができませんでした。

    推奨処置:Cisco CallManager administration を使用して、Cisco CallManager グループがデフォルト グループとして指定されていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kUnableToGetListBasedOnDevicePoolID:

    Cannot get Cisco CallManager list based on device pool ID. Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、デバイス プール ID に基づいて Cisco CallManager リストを取得しようとする際に、システムにエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kErrorAccessingCallManager:

    Error accessing Cisco CallManager.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、Cisco CallManager にアクセスしている際に、システムにエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kNoCallManagerFound:

    No Cisco CallManager found.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、システムでは Cisco CallManager が見つかりませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kErrorBuildingCnfFile:

    Error while building .cnf file.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中に、何らかのエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kUnableToBuildPhoneCNFfile:

    Unable to build default phone .cnf file.

    説明:システムでは、デフォルトの電話の .cnf ファイルを構築できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kUnableToBuildAnalogAccessCNFfile:

    Unable to build default analog access .cnf file.

    説明:システムでは、デフォルト アナログ アクセスの .cnf ファイルを構築できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kUnableToBuildDigitalAccessCNFfile:

    Unable to build default digital access .cnf file.

    説明:システムでは、デフォルト デジタル アクセスの .cnf ファイルを構築できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kNoDeviceModelOrPoolID:

    No device model or device pool ID found for the specified device.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、システムでは指定されたデバイスのデバイス モデルまたはデバイス プール ID を見つけることができませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kBuildCallManagerGroupFailed:

    Error during the building of Cisco CallManager group.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、Cisco CallManager グループの構築中にシステムでエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kErrorInEnterpriseURLRetrieval:

    Error during the retrieval of enterprise URLs.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、エンタープライズ URL 情報を取得しようとする際に、データベース レイヤにエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kParameterNotFound:

    Parameter not found in ProcessConfig database table.Additional Information [String]

    説明:ProcessConfig データベース テーブルに、指定されたパラメータがありません。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kDbConnectionFailed:

    Database connection failed.Additional Information [String]

    説明:データベースへの接続の試行に失敗しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-NoDbConnectionAvailable:

    No database connection available.

    説明:データベース レイヤで、稼働中のデータベース接続が見つかりませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。ネットワーク接続と SQL サーバ サービスの動作を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-6-kManageConnectionThreadStarted:

    The thread that manages database connections started.Additional Information [String]

    説明:データベース接続を管理するスレッドが開始されたか、再度開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-0-kManageConnectionThreadStopped:

    The thread that manage database connections was stopped Additional Information [String]

    説明:データベース接続を管理するスレッドが停止されています。システムではスレッドの再始動を試行します。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kCreatePingConnectionThreadFailed:

    Attempt to create a thread to check the db connection failed.

    説明:データベース接続を確認するためのスレッドを作成しようとする際に、データベース接続またはフェールオーバーを管理するスレッド(ManageConnectionThread)で障害が発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kPingConnectionThreadTimedOut:

    Cannot connect to the specified database Additional Information [String]

    説明:指定されたデータベース サーバの可用性を確認するスレッドが正常に完了しませんでした。

    推奨処置:指定されたデータベース サーバをオンラインにします。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kChangeNotifyServiceCreationFailed:

    Unable to create change notification server for TracePollingThread

    説明:TracePollingThread では、データベース変更通知を受信するための変更通知サーバを作成できません。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kChangeNotifyServiceGetEventFailed:

    Unable to get the handle for the change notification event in TracePollingThread

    説明:TracePollingThread では、データベース変更通知を受信するために使用される変更通知イベントに関する処理を取得できません。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kTracePollingThreadWaitFailed:

    The change notification event in the TracePollingThread returned a WAIT_FAILED status.

    説明:TracePollingThread 内の変更通知イベントによって、予期しないステータスが返されました。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kTracePollingThreadUnknownExceptionCaught:

    TracePollingThread encountered an unexpected error

    説明:予期しないエラーが原因で、TracePollingThread が停止されました。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-3-kErrorInsertingCDR:

    Error when inserting CDR from flat file to database.ODBC Error [String], Insert Statement [String]

    説明:CDR を書き込めませんでした。

    推奨処置:ファイルが不適切にフォーマットされたか、スキーマが変更された可能性があります。問題を解決できない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-2-kErrorCDRServerDown:

    Error connecting to CDR Database.ODBC Error [String]

    説明:CDR データベース サーバが応答しません。CDR を書き込めません。

    推奨処置:そのサーバをオンラインに戻すか、CDR が別のサーバにを書き込まれるように再設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kErrorNotCDRPrimary:

    InsertCDR service is being run on a server that is not the CDR primary

    説明:InsertCDR サービスが、CDR プライマリではないサーバで稼働しています。

    推奨処置:そのサービスを無効にするか、PrimaryCDRUNCPath の Enterprise Parameter を変更します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-2-kErrorCDRFilesBackingUp:

    CDR flat files are backing up.

    説明:CDR フラット ファイルが削除されません。プライマリ CDR サーバで、InsertCDR サービスが稼働していて、適切に設定されていることを確認します。プライマリではないサーバで、CDR ファイル収集のロケーションがネットワークを介してアクセス可能であることを確認します。下記ディレクトリのいずれかに 200 を超えるファイルが含まれている場合、このアラームが発生します。

    calldetail\cdr
    calldetail\cmr
    calldetail\bad
    

    推奨処置:InsertCDR サービスのトレースを detailed に設定し、トレース内でエラーを検索します。精度については、エンタープライズ CDR パラメータを確認します。これらのディレクトリのいずれかに 200 を超えるファイルが存在する場合、古いファイルを削除する必要があります。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kMissedChangeNotifications:

    There are missed Change notifications from database to Cisco CallManager.The number of missed msgs.[ULong]

    説明:どの Cisco CallManager にも接続できないため、データベースでは変更通知を送信できません。

    推奨処置:少なくとも 1 つの Cisco CallManager が稼働中であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-6-kErrorChangeNotifyClientBlock:

    A change notification client is busy.

    説明:データベースへの変更通知が、どの通知先ノードにも使用されていません。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタ サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kErrorChangeNotifyClientTimeout:

    A change notification client is not responding and has been removed.

    説明:変更通知の受信者が、数分以内に変更通知への応答を行いませんでした。この受信者は、以降の変更通知の取得対象から除外されました。データベース レイヤ モニタ トレースには、削除されたクライアントが記録されています。

    推奨処置:この問題はすでに修正されている可能性があります。予期しない動作が発生する場合、クラスタ内のすべての Cisco サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-DB-1-kErrorChangeNotifyReconcile:

    A change notification shared memory reconciliation has happened

    説明:競合が原因で、共有メモリ内に変更通知バッファが再構築されました。

    推奨処置:この問題はすでに修正されている可能性があります。予期しない動作が発生する場合、クラスタ内のすべての Cisco サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_DB_LAYER-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-4-kPostMigrationDBCleanupFailed:

    DB post migration step failed.

    説明:起動中に、Cisco のデータベース レイヤ モニタによって、特定の移行手順が完了していることの確認と、一部の移行手順の完了の試行が行われます。この手順が失敗しました。

    推奨処置:Cisco CallManager パブリッシャ サーバで、Cisco のデータベース レイヤ モニタ サービスを停止し、再度開始します。再度、警告が表示される場合は、Cisco テクニカルサポートへ連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-4-kPrimaryDbIsLost:

    Primary DB lost.

    説明:プライマリのデータベースを使用できなくなりました。そのリターンのモニタリングが開始されています。

    推奨処置:これによってネットワークの問題が示されている可能性があります。ネットワークと Cisco CallManager パブリッシャ サーバの動作ステータスを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-6-kPrimaryDbIsFound:

    Primary DB found.

    説明:プライマリのデータベースを使用できるようになりました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-4-kCdrRecordsTrimmed:

    CDR records trimmed.

    説明:ローカルの CDR テーブルが大きくなりすぎました。最も古いレコードが削除されました。

    推奨処置:ディスク スペースを確保するためにレコードが削除されています。これらのレコードは、サードパーティの CDR パッケージ適用時に、削除されているはずです。詳細は、Cisco データベース レイヤ モニタ用の MaxCDR サービス パラメータを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-4-kErrorUpdatingNumPlan:

    Error when updating NumPlan Clauses.

    説明:Aupair では NumPlan テーブルの Clause フィールドをアップデートできませんでした。

    推奨処置:プライマリのデータベースがダウンしている場合、プライマリのデータベースのバックアップ後にデータベース レイヤ モニタ サービスを停止し、再度開始します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kErrorStartingThreads:

    Error when starting threads.Service Name [String]

    説明:Aupair では 1 つまたは複数のスレッドを開始できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタ サービスを再始動します。このエラーが解消されない場合は、データベース レイヤ モニタ トレースを有効化して、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kUnableToConnectToDB:

    Cannot connect to database.Additional Information [String]

    説明:データベース レイヤではデータベース接続を開くことができませんでした。

    推奨処置:SQL サーバ サービスが稼働していることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-4-kErrorAccessingCM:

    Error while accessing Cisco CallManager.Additional Information [String]

    説明:Cisco CallManager にアクセスしようとする際に、データベース レイヤでエラーが発生しました。

    推奨処置:これはネットワークの問題を示している可能性があります。ネットワークを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kNoDefaultCMGroup:

    No default Cisco CallManager group.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中に、データベース レイヤではデフォルトの Cisco CallManager グループを見つけることができませんでした。

    推奨処置:Cisco CallManager administration を使用して、Cisco CallManager グループがデフォルト グループとして指定されていることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kUnableToGetListBasedOnDevicePoolID:

    Cannot get Cisco CallManager list based on device pool ID. Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、デバイス プール ID に基づいて Cisco CallManager リストを取得しようとする際に、システムにエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kErrorAccessingCallManager:

    Error accessing Cisco CallManager.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、Cisco CallManager にアクセスしている際に、システムにエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kNoCallManagerFound:

    No Cisco CallManager found.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、システムでは Cisco CallManager が見つかりませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kErrorBuildingCnfFile:

    Error while building .cnf file.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中に、何らかのエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kUnableToBuildPhoneCNFfile:

    Unable to build default phone .cnf file.

    説明:システムでは、デフォルトの電話の .cnf ファイルを構築できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kUnableToBuildAnalogAccessCNFfile:

    Unable to build default analog access .cnf file.

    説明:システムでは、デフォルト アナログ アクセスの .cnf ファイルを構築できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kUnableToBuildDigitalAccessCNFfile:

    Unable to build default digital access .cnf file.

    説明:システムでは、デフォルト デジタル アクセスの .cnf ファイルを構築できませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kNoDeviceModelOrPoolID:

    No device model or device pool ID found for the specified device.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、システムでは指定されたデバイスのデバイス モデルまたはデバイス プール ID を見つけることができませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kBuildCallManagerGroupFailed:

    Error during the building of Cisco CallManager group.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、Cisco CallManager グループの構築中にシステムでエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kErrorInEnterpriseURLRetrieval:

    Error during the retrieval of enterprise URLs.Additional Information [String]

    説明:.cnf ファイルの構築中、エンタープライズ URL 情報を取得しようとする際に、データベース レイヤにエラーが発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kParameterNotFound:

    Parameter not found in ProcessConfig database table.Additional Information [String]

    説明:ProcessConfig データベース テーブルに、指定されたパラメータがありません。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kDbConnectionFailed:

    Database connection failed.Additional Information [String]

    説明:データベースへの接続の試行に失敗しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-NoDbConnectionAvailable:

    No database connection available.

    説明:データベース レイヤで、稼働中のデータベース接続が見つかりませんでした。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。ネットワーク接続と SQL サーバ サービスの動作を確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-6-kManageConnectionThreadStarted:

    The thread that manages database connections started.Additional Information [String]

    説明:データベース接続を管理するスレッドが開始されたか、再度開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-0-kManageConnectionThreadStopped:

    The thread that manages database connections was stopped Additional Information [String]

    説明:データベース接続を管理するスレッドが停止されています。システムではスレッドの再始動を試行します。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kCreatePingConnectionThreadFailed:

    Attempt to create a thread to check the database connection failed.

    説明:データベース接続を確認するためのスレッドを作成しようとした際に、データベース接続またはフェールオーバーを管理するスレッド(ManageConnectionThread)で障害が発生しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kPingConnectionThreadTimedOut:

    Cannot connect to the specified database Additional Information [String]

    説明:指定されたデータベース サーバの可用性を確認するスレッドが正常に完了しませんでした。

    推奨処置:指定されたデータベース サーバをオンラインにします。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kChangeNotifyServiceCreationFailed:

    Unable to create change notification server for TracePollingThread

    説明:TracePollingThread では、データベース変更通知を受信するための変更通知サーバを作成できません。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kChangeNotifyServiceGetEventFailed:

    Unable to get the handle for the change notification event in TracePollingThread

    説明:TracePollingThread では、データベース変更通知を受信するために使用される変更通知イベントに関する処理を取得できません。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kTracePollingThreadWaitFailed:

    The change notification event in TracePollingThread returned WAIT_FAILED status.

    説明:TracePollingThread 内の変更通知イベントによって、予期しないステータスが返されました。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kTracePollingThreadUnknownExceptionCaught:

    TracePollingThread encountered an unexpected error.

    説明:予期しないエラーが原因で、TracePollingThread が停止されました。TracePollingThread は停止しています。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。Cisco のデータベース レイヤ サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-3-kErrorInsertingCDR:

    Error when inserting CDR from flat file to database.ODBC Error [String], Insert Statement [String].

    説明:CDR を書き込めませんでした。

    推奨処置:ファイルが不適切にフォーマットされたか、スキーマが変更された可能性があります。問題を解決できない場合は、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-2-kErrorCDRServerDown:

    Error connecting to CDR Database.ODBC Error [String]

    説明:CDR データベース サーバが応答しません。CDR を書き込めません。

    推奨処置:そのサーバをオンラインに戻すか、CDR が別のサーバにを書き込まれるように再設定します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kErrorNotCDRPrimary:

    InsertCDR service is being run on a server that is not the CDR primary

    説明:InsertCDR サービスが、CDR プライマリではないサーバで稼働しています。

    推奨処置:そのサービスを無効にするか、PrimaryCDRUNCPath の Enterprise Parameter を変更します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-2-kErrorCDRFilesBackingUp:

    CDR flat files are backing up.

    説明:CDR フラット ファイルが削除されません。プライマリ CDR サーバで、InsertCDR サービスが稼働していて、適切に設定されていることを確認します。プライマリではないサーバで、CDR ファイル収集のロケーションがネットワークを介してアクセス可能であることを確認します。

    推奨処置:InsertCDR サービスのトレースを detailed に設定し、トレース内でエラーを検索します。精度については、エンタープライズ CDR パラメータを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kMissedChangeNotifications:

    There are missed Change notifications from database to Cisco CallManager.The number of missed messages.[ULong]

    説明:どの Cisco CallManager にも接続できなかったため、データベースでは変更通知を送信できません。

    推奨処置:少なくとも 1 つの Cisco CallManager が稼働中であることを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-6-kErrorChangeNotifyClientBlock:

    A change notification client is busy.

    説明:データベースへの変更通知が、どの通知先ノードにも使用されていません。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタ サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kErrorChangeNotifyClientTimeout:

    A change notification client is not responding and has been removed.

    説明:変更通知の受信者が、数分以内に変更通知への応答を行いませんでした。この受信者は、以降の変更通知の取得対象から除外されました。データベース レイヤ モニタ トレースには、削除されたクライアントが記録されています。

    推奨処置:この問題はすでに修正されている可能性があります。予期しない動作が発生する場合、クラスタ内のすべての Cisco サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-DB-1-kErrorChangeNotifyReconcile:

    A change notification shared memory reconciliation has happened

    説明:競合が原因で、共有メモリ内に変更通知バッファが再構築されました。

    推奨処置:この問題はすでに修正されている可能性があります。予期しない動作が発生する場合、クラスタ内のすべての Cisco サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CDR_INSERT-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-IPAddressResolveError:

    The IP Address for host was NOT RESOLVED HostName [String]

    説明:解決されなかったホストの IP アドレスです。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-NoCMEntriesInDB:

    There are no CallManager entries in the database.

    説明:データベースには Cisco CallManager エントリが存在しません。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-6-LoadShareDeActivateTimeout:

    There was timeout during wait for DeActivateLoadShare acknowledgement

    説明:DeActivateLoadShare 確認応答の待機中にタイムアウトが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-LineStateSrvEngCreationError:

    There was an error during the LineStateSrvEng Creation

    説明:LineStateSrvEng の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-GlobalSPUtilsCreationError:

    There was an error during the GlobalSPUtils creation.

    説明:GlobalSPUtils の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-TapiLinesTableCreationError:

    There was an error during the TapiLinesTable creation

    説明:TapiLinesTable の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-HuntGroupControllerCreationError:

    There was an error during the HuntGroupController creation

    説明:HuntGroupController の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-HuntGroupCreationError:

    There was an error during the Hunt Group creation.

    説明:Hunt Group の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-CallDirectorCreationError:

    There was an error during the CallDirector creation.

    説明:CallDirector の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-SysControllerCreationError:

    There was an error during the SysController creation

    説明:SysController の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-TimerServicesCreationError:

    There was an error during the TimerServices creation.

    説明:TimerServices の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-3-DBLGetVersionInfoError:

    DBL GetVersionInfo function returned NULL.

    説明:DBL GetVersionInfo 関数からヌルが返されました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-ExcceptionInInitSDIConfiguration:

    Exception occured in InitSDIConfiguration function.

    説明:InitSDIConfiguration 関数で例外が発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-SyncDBCreationError:

    There was an error during the SyncDB creation in SysController

    説明:SysController で SyncDB の作成中にエラーが発生しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-0-LostConnectionToCM:

    Connection to CallManager was lost.

    説明: Cisco CallManager への接続が失われました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-6-UserLoginSuccess:

    User successfully logged in. UserID [String]

    説明:ユーザが正常にログインしました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-3-UserLoginFailed:

    User log in failed because of bad user id or password.UserID [String].

    例外:不良な ID またはパスワードが原因で、ユーザ ログインが失敗しました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-6-UserAlreadyLoggedIn:

    User is already logged in UserID [String]

    説明:ユーザはすでにログインしています。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-6-UserLoggedOut:

    User logged out UserID [String].

    説明:ユーザはログアウトしました。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-6-AgentOnline:

    Agent online

    説明:エージェントはオンラインです。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-TCD-6-AgentOffline:

    Agent offline

    説明:エージェントはオフラインです。

    推奨処置:ありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_TCD-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_RIS-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_RIS-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_RIS-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_RIS-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_RIS-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_RIS-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再開します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-CALLBACK-4-QRTRequest:

    User submitted problem report using Quality Report Tool.Category [String], Reason Code [String], Report Timestamp [String], Device name.[String], Device IP address.[String], Directory number [String]

    説明:ユーザで電話機に関する問題が発生し、問題レポートが提出されました。

    推奨処置:問題レポートの原因を調査します。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-GENERIC-0-OutOfMemory:

    Out of memory.

    説明:プロセスからオペレーティング システムに対してメモリが要求されていますが、使用可能な十分なメモリがありませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-GENERIC-6-PermissionDenied:

    Permission denied.

    説明:プロセスには動作を実行するための権限が与えられていないため、動作を完了できませんでした。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-GENERIC-0-ServiceNotInstalled:

    Service not installed.Service Name [String]

    説明:実行可能ファイルの開始が試行されていますが、サービス制御マネージャでサービスとして設定されていないため、開始できません。サービス名は %s です。

    推奨処置:サービスを再インストールするか、Cisco テクニカルサポートに連絡してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-GENERIC-6-ServiceStopped:

    Service stopped.IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Process ID [ULong]

    説明:サービスが停止されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-GENERIC-6-ServiceStarted:

    Service started.Process ID [ULong], IP Address of hosting node.[String], Host name of hosting node.[String], Service Name [String], Version Information.[String]

    説明:サービスが開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_CBB-GENERIC-4-ServiceStartupFailed:

    Service startup failure.Service Name [String]

    説明:指定されたサービスの開始の試行に失敗しました。

    推奨処置:サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-6-EMAppStarted:

    EM Application started

    説明:アプリケーションが正常に開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-4-EMAppStopped:

    EM Application stopped

    説明:アプリケーションは Tomcat からアンロードされています。

    推奨処置:Tomcat サービスが稼働中かどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-0-EMAppNotStarted:

    EM Application not started

    説明:アプリケーションの開始中にエラーが発生しました。

    推奨処置:アプリケーション ログでエラーを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-EMAppServiceError:

    EM Service not reachable

    説明:EM サービス Web サイトがダウンしている可能性があります。

    推奨処置:IIS が実行されているかどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-6-IPMAStarted:

    IPMA Application started

    説明:アプリケーションが正常に開始されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-4-IPMAStopped:

    IPMA Application stopped

    説明:アプリケーションは Tomcat からアンロードされています。

    推奨処置:Tomcat サービスが稼働中かどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-0-IPMANotStarted:

    IPMA Application not started Reason [String]

    説明:アプリケーションの開始中にエラーが発生しました。

    推奨処置:アプリケーション ログでエラーを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-IPMAApplicationError:

    IPMA Application error Reason [String]

    説明:IPMA アプリケーション エラーです。

    推奨処置:詳細は、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-4-IPMAManagerLogout:

    IPMA Manager Logged out Reason [String]

    説明:アプリケーションによって IPMA マネージャがログアウトされました。

    推奨処置:このユーザの Cisco CallManager Admin IPMA Service 設定ページで update をクリックして、ユーザを再ログインします。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-IPMAOverloaded:

    IPMA Application overloaded Reason [String]

    説明:IPMA アプリケーションに過負荷が発生しました。

    推奨処置:詳細は、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-IPMAFilteringDown:

    IPMA Application filtering is down Reason [String]

    説明:IPMA アプリケーション フィルタリングはダウンしています。

    推奨処置:Cisco Tomcat サービスを再始動します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-6-IPMAInformation:

    IPMA Information Reason [String]

    説明:アプリケーション情報です。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-6-BDIStarted:

    BDI Application started

    説明:アプリケーションが正常に開始されます。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-4-BDIStopped:

    BDI Application stopped

    説明:アプリケーションは Tomcat からアンロードされます。

    推奨処置:Tomcat サービスが稼働中かどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-0-BDINotStarted:

    BDI Application not started Reason [String]

    説明:アプリケーションの開始中にエラーが発生しました。

    推奨処置:アプリケーション ログでエラーを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-BDIApplicationError:

    BDI Application error Reason [String]

    説明:BDI アプリケーション エラーです。

    推奨処置:詳細は、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-BDIOverloaded:

    BDI Application overloaded Reason [String]

    説明:BDI アプリケーションに過負荷が発生しました。

    推奨処置:詳細は、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-6-WDStarted:

    WebDialer Application started

    説明:アプリケーションが正常に開始されました。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-1-WDStopped:

    WebDialer Application stopped

    説明:アプリケーションは Tomcat からアンロードされています。

    推奨処置:Tomcat サービスが稼働中かどうかを確認します。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-0-WDNotStarted:

    Failed to startup WebDialer application Reason [String]

    説明:アプリケーションの開始中にエラーが発生しました。

    推奨処置:エラーについては、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-WDApplicationError:

    WebDialer Application error Reason [String]

    説明:WebDialer アプリケーション エラーです。

    推奨処置:詳細は、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-3-WDOverloaded:

    WebDialer Application overloaded Reason [String]

    説明:WebDialer アプリケーションに過負荷が発生しました。

    推奨処置:詳細は、アプリケーション ログを参照してください。

  • エラー メッセージ: %CCM_JAVA_APPS-JAVAAPPLICATIONS-6-WDInformation:

    WebDialer informational alarm Reason [String]

    説明:WebDialer アプリケーションの情報表示のアラームです。

    推奨処置:特に対処の必要はありません。

  • エラー メッセージ: kDbConnectionFailed - Database connection failed.

    説明:データベースへの接続の試行に失敗しました。

    推奨処置:データベース レイヤ モニタのトレースを有効化し、特定のエラー情報を取得します。

DC Directory に固有のアプリケーション イベント ログ

次のイベント ログは、DC Directory に固有のものです。

An LDAP Client Issues a Request that Specifies a Control which is not Supported

このソフトウェア エラーは、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)クライアントから、サポート対象外の制御を指定する要求が発行された場合に表示される可能性があります。

17900_3.gif

通常、このイベントが発生するのは、Cisco CallManager の Cisco CallManager User ページへのログイン後、または ICD Agent デスクトップへのログイン後です。このイベントは、表面的でありシステム内の問題を示唆しないので、無視できます。この問題は、Cisco Bug ID CSCdw33821:DCD logs event ID 7419(登録ユーザ専用)に記述されています。
一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

A Message for a Shadowing Agreement Which Does Not Exist is Received

このエラーは、各自のクラスタにサブスクライバを再構築して、パブリッシャの LDAP ディレクトリ サーバから送られてきた契約を削除しない場合に表示される可能性があります。このエラー メッセージが表示される場合があるのは、これがパブリッシャ側に残っているためです。

注:同じ問題で次のエラーが発生する場合もあります。 We have received an error from our partner DSA which suggests a configuration problem with our shadowing agreement.

17900_4.gif

このメッセージを受信した場合、ユーザ データベース(LDAP)の複製が各自のクラスタ内で正常に動作するかどうかを確認します。パブリッシャの Cisco CallManager Admin ページでユーザを作成したら、数分間待機してから、各サブスクライバの Cisco CallManager Admin ページにアクセスして、ユーザが表示されるかどうかを確認できます。複製が正常に動作する場合は、これらのエラー メッセージを無視できます。一方、この表面的な問題は、契約をすべて再初期化すると解決できます。再初期化によって問題を解決する場合は、『DC Directory に関する問題の修正』で説明されている手順に従ってください。ユーザ データベースの複製に関する問題がある場合は、この手順を実行すると、クラスタの全複製を再初期化できます。この手順を実行しても、既存のユーザ情報は失われません。

アプリケーション イベント ログでの DHCP エラーの表示

サーバ上で DHCP サーバ サービスが無効になっているにもかかわらず、Cisco CallManager 4.x サーバでは、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)サーバ エラー メッセージが受信され、次の出力が表示されます。

Event Type: Error
Event Source: Perflib
Event Category: None
Event ID: 1008
Description:
The Open Procedure for service "DHCPServer" in DLL "C:\WINNT\system32\perfctrs.dll"failed.  
Performance data for this service will not be available. 
Status code  returned is data DWORD 0. 
Data:
0000: 05 00 00 00

この問題のソリューションは、Microsoft サポート技術情報 247226 leavingcisco.com に記載されています。

注:修正する前に、レジストリのバックアップを作成します。レジストリの修正後、Cisco CallManager サーバをリブートして変更を有効にします。

他のアプリケーションのイベント ログ

次のイベント ログは、特定のソフトウェアやハードウェアのコンポーネントに関連するものではありません。

SQL Server Scheduled Job Failed

Cisco CallManager データベースは、パブリッシャからサブスクライバに継続して複製されます。サブスクライバの CallManager の SQL サーバでは、定期的に変更を取り出すことで、自らのコピーが最新の状態に維持されています。このエラー メッセージが表示される可能性があるのは、次の理由によります。

  • サブスクライバとパブリッシャとの間にネットワーク接続の問題がある。

  • パブリッシャのサーバがダウンした。

  • SQL サーバまたは SQL サーバ エージェント サービスがパブリッシャ側でダウンした。

17900_5.gif

このエラー イベントが深刻であるかどうを判断するには、次の手順を実行します。

  1. 次の Cisco CallManager Admin ページへ移動します。http://<cm_ip_address>/ccmadmin.

  2. Details をクリックします。

    次のウィンドウが表示されます。

    17900_6.gif

  3. Database Information で、アクティブな Cisco CallManager データベースを表示します。

    この例では、Cisco CallManager データベースは CCM0304 です。データベースのバージョンがエラー ログのバージョンよりも後であれば、そのエラーは現在は使用しない古いバージョンのデータベースに関するエラーなので、このイベントは無視できます。

    エラー ログと同じバージョンが表示された場合は、複製を再構築します。複製を再構築するには、『破損した Cisco CallManager クラスタ SQL サブスクリプションの再構築』で説明されている手順を実行します。

The Collect Procedure for the ASP service in DLL "C:\WINNT\system32\aspperf.dll" Generated an Exception or Returns an Invalid Status

Cisco CallManager Event Viewer では、次のエラー メッセージが受信されています。

Event ID: 1010
Detail Text: The Collect Procedure for the (service name) service in DLL (DLL name)
generated an exception or returned an invalid status. Performance data returned by counter
DLL will not be returned in Perf Data Block. Exception or status code returned is DWORD 0.

説明:Perfmon が利用する Perflib はパフォーマンス拡張機能を使用しますが、これは構造化例外ブロックにより監視されています。Perfmon でのデータ収集中に例外が発生するか、または明示的に RaiseException が呼出された場合にエラーが表示されます。データ フィールドには例外内容を表示するデータが含まれます。たとえば、C0000005 はアクセス違反があったことを意味します。

推奨処置:この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  • DLL ファイルが存在していて、かつ適切なロケーションに存在することを確認します。DLL のロケーションを確認したら、REGSVR32 /U と入力して DLL を登録解除し、再度 REGSVR32 と入力して現在のロケーションに DLL を再登録します。DLL を登録解除する際には、Event Viewer からのパスを使用します。登録する際には、現在のロケーション内のファイルのパスを使用します。

  • 1 番目の手順で問題が解決しない場合、HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Services に移動して、言及されたサービスを見つけます。Performance と名前が付けられたサブキーが存在します。Performance の下の、Library の下に問題の DLL が存在します。エラー メッセージを停止するには、このキーをクリアします。

  • 回避策としての最後の手段は、CallManager クラスタをリブートすることです(最初にサブスクライバ、次にパブリッシャ)。

The Cisco Tomcat Service Failed to Start

Cisco CallManager Publisher サーバ上で Java の再インストールの実行後、Cisco Tomcat と TCD サービスが開始されません。Cisco CallManager Event Viewer では、次のエラー メッセージが受信されています。

Event Type:        Error
Event Source:   CiscoTomcat
Event Category: None
Event ID:       4096
Date:           10/12/2007
Time:           7:26:48 AM
User:           N/A
Computer:       CCM-PUB
Description:
Could not load the Java Virtual Machine. 


Event Type:     Error
Event Source:   CiscoTomcat
Event Category: None
Event ID:       4097
Date:           10/12/2007
Time:           7:26:48 AM
User:           N/A
Computer:       CCM-PUB
Description:
The LoadLibrary function failed for the following reason: The specified module could not
be found.

Event Type:     Error
Event Source:   CiscoTomcat
Event Category: None
Event ID:       4098
Date:           10/12/2007
Time:           7:26:48 AM
User:           N/A
Computer:       CCM-PUB
Description:
The CiscoTomcat service failed to start. 

説明:すべてのファイルが C:\Program Files\Cisco\Java の下に一覧表示されているかどうかを確認して、これが表示されていない場合は、JRE が適切にインストールされていないことが原因である可能性があります。

推奨処置:サブスクライバが正常に動作する場合は、サブスクライバからパブリッシャへ JRE ファイルをコピー アンド ペーストすることができ、これによりサービスが開始されます。

The Description for Event ID (1) in Source (Cisco AVVID Alarm Service) Cannot be Found

Cisco CallManager と Cisco CRS を同じサーバ上にインストール後、Event Viewer 内に、このアラームが継続的にログされます。

Event Type:        Warning
Event Source:   Cisco AVVID Alarm Service
Event Category: None
Event ID:       1
Date:           9/5/2007
Time:           12:06:07 PM
User:           N/A
Computer:       CCM
Description:
The description for Event ID ( 1 ) in Source ( Cisco AVVID Alarm Service )
cannot be found.The local computer may not have the necessary registry
information or message DLL files to display messages from a remote computer.
The following information is part of the event:<LOCAL7|SEVERITY> 14:Sep 05
08:06:07.344 CEST:%MCVD-GENERIC-5-ModuleStart:Module has successfully
started; Module Name=Cisco Desktop License and Resource Manager Service.

説明:当然、このアラームはエラーを示すものですが、CRS のいずれかのコンポーネントの起動を示している場合もあります。開始されない 1 つのサービスに関するこのエラー メッセージは、Cisco CallManager サービスが CRS サービスより先に開始される必要があることが原因です。ログインするようにプロンプト表示される場合、すべてのサービスが開始されているわけではありません。すべてのサービスが開始されるには、約 7 分かかります。

推奨処置:イベント ビューアのログには、エラーが何も表示されていません。すべてのサーバ サービスを開始する際に遅延が発生しているだけです。特に対処する必要はありません。

システム ログのイベント ログ

次のイベント ログは、システム ログに固有のものです。

Cisco CallManager Service Unexpectedly Terminates

このエラーは、Cisco CallManager サービスが不意に終了した際に表示される可能性があります。この例では、Cisco CallManager サービスが突然 1 回以上終了し、サービスの再起動後のこの修正処理が 60000 ミリ秒内に実行されることが示されています。

17900_7.gif

Cisco CallManager の最新バージョンが稼働していることを確認します。最新バージョンを所有していない場合は、リリース ノートの未解決の警告、および解決済みの警告の項を表示して、既知の問題であるかどうかを確認します。ソフトウェアのアップグレードが必要な場合は、ダウンロードで音声製品にアクセスしてください。この問題について Cisco Technical Support にお問い合せいただく場合は、次の情報が必要です。

  • Cisco CallManager トレース ファイル:C:\Program Files\Cisco\Trace\CCM に格納されています。

    クラッシュの 30 分前、およびクラッシュの 15 分後のトレース ファイルを提出します。

  • Signal Distribution Layer(SDL)トレース ファイル:C:\Program Files\Cisco\Trace\SDL\CCM に格納されています。

    クラッシュの 30 分前、およびクラッシュの 15 分後のトレース ファイルを提出します。詳細については、『TAC 用に Cisco CallManager トレースを設定』を参照してください。

  • USER.DMP および DRWTSN32.LOG ファイル:C:\Documents and Settings\All Users\Documents\DrWatson に格納されています。

    各 Cisco CallManager で SdlMaxUnhandledExceptions サービス パラメータが 0(ゼロ)に設定されていることを確認します。

  • イベント ログ:システムおよびアプリケーションのイベント ログ

  • PerfMon ログ:PerfMon カウンタおよびログ

    プロセス:

    % Processor Time/_Total
    % Processor Time/ccmVirtual Bytes/_Total
    Private Bytes/_Total
    
    Virtual Bytes/ccm
    Private Bytes/ccm 
    

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17900