音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

0 でオペレータにダイヤルするための Cisco CallManager の設定

2002 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 3 日) | フィードバック

目次


概要

この文書は、0 をダイヤルしてオペレータにつながるように Cisco CallManager を設定する手順について説明しています。同様の設定で、受付や代表番号への短縮ダイヤルを設定することも可能ですが、オペレータにつなぐには 0 をダイヤルするのが一般的です。この文書は、これを可能にするための設定方法を説明しています。

前提条件

この文書の読者は、次のことについて理解している必要があります。

  • Cisco CallManager の設定に関する一般的な知識

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

この文書の情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づいています。

  • Cisco CallManager バージョン 3.1.x

0 の設定

  1. Route Plan > Route Plan Report の順にクリックします。0 で始まるパターンが他にないことを確認します。
  2. 次に Route Plan > Translation Pattern > Add New Translation Pattern の順にクリックします。
  3. Translation Pattern 0 を作成し、Called Party Transform Mask にオペレータの電話番号を指定します。下記の例では、4001 がオペレータの番号です。

  4. 上記の例では、Calling Search Space 或いはPartitionも利用していないことを想定しています。ただし、多くの場合、これらが利用されています。一般に、Translation Patternの Calling Search Spaceには電話のディレクトリ番号のパーティションを含めるようにします。このためには、Calling Search Space フィールドのドロップダウン メニューから test を選択します。

  5. 下図に示されているように、電話のディレクトリ番号 4001 が partition 2 という名前のパーティションに所属しているため、Calling Search Space test には partition 2 が含まれる必要があります。


ツール情報

その他のリソースについては、シスコの「ボイス、テレフォニー、およびメッセージング テクノロジー用の TAC ツール」を参照してください。


 

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18007