IBM テクノロジー : IBM ネットワーキング

データリンク スイッチング(DLSw)に関するトラブルシューティング:デバッグ

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 1 月 28 日) | フィードバック

デバッグ

以下に説明するdebugコマンドを使用する前に、debugコマンドに関する重要事項を参照してください。

セッションの起動に関するトラブルシューティングを行うには、debug dlswを実行し、次の点を確認します。

  • セッションの初期設定
  • 回線がアップしているかどうか

次のフローについて考察してみましょう。

これは、Cisco 3174コミュニケーション コントローラからホストへのDLSW+(データ リンク スイッチング プラス)上でのフローです。

次に、debug dlswの例を示します。セッションが正常に起動される場合のフローです。

注意:debug dlswを実行すると、パフォーマンスが大幅に低下することがあります。特に、複数のピアに接続する複数の回線を持つルータで、その傾向があります。

ibu-7206#debug dlsw

 

 

 DLSw reachability debugging is on at event level for all protocol traffic

 

 DLSw peer debugging is on

 

 DLSw local circuit debugging is on

 

 DLSw core message debugging is on

 

 DLSw core state debugging is on

 

 DLSw core flow control debugging is on

 

 DLSw core xid debugging is on

 

 ibu-7206#

 

  DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : UDATA_STN.Ind   dlen: 208

 

 CSM: Received CLSI Msg : UDATA_STN.Ind   dlen: 208 from TokenRing3/0

 

 CSM:   smac 8800.5a49.1e38, dmac c000.0000.0080, ssap F0, dsap F0

 

 CSM: Received frame type NETBIOS DATAGRAM from 0800.5a49.1e38, To3/0

 

 DLSw: peer_put_bcast() to non-grouped peer 5.5.5.1(2065)

 

 DLSw: Keepalive Request sent to peer 5.5.5.1(2065))

 

 DLSw: Keepalive Response from peer 5.5.5.1(2065)

 

  DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 41

 

 CSM: Received CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 41 from TokenRing3/0

 

 CSM:   smac c001.68ff.0001, dmac 4000.0000.0001, ssap 4 , dsap 0
LAN(ローカル)のステーションc001.68ff.0001 からMACアドレス4000.0000.0001にテスト フレームが着信している点に注目してください。.Ind と表示されている箇所は、いずれもLANから着信したパケットを表しています。パケットがLANに送信された場合は、.RSPと表示されるはずです。
    DLSw: peer_put_bcast() to non-grouped peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR  ) -explorer from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
      DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Rsp   dlen: 44

リモート ピアにブロードキャストが送信され、応答ICRが返されています。これは、リモート ルータがそのステーションを到達可能とみなしたことを意味します。TEST_STN.Rspは、ルータがステーションにテスト応答を送信していることを表します。

    DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 54
    
     
    
     pfinCSM: Received CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 54 from TokenRing3/0
    
     
    
     CSM:   smac c001.68ff.0001, dmac 4000.0000.0001, ssap 4 , dsap 4

ステーションがテスト応答を受信したあと、最初のXIDがシスコ ルータに送信されます。これはID_STN.Indで表されます。ルータは2台のDLSWルータ間で詳細が決まるまで、このフレームを保持します。

    DLSw: new_ckt_from_clsi(): TokenRing3/0 4001.68ff.0001:4->4000.0000.0001:4
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Id state:DISCONNECTED
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_a()
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 108
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:DISCONNECTED->LOCAL_RESOLVE
    
     
    
      
    
     
    
     DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 108
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-ReqOpnStn.Cnf state:LOCAL_RESOLVE
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_b()
    
     
    
     CORE: Setting lf size to 30
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 3( CUR  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:LOCAL_RESOLVE->CKT_START
    
     
    
      
    
     
    
     %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR  )  from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     DLSw: 1622182940 recv FCI 0 - s:0 so:0 r:0 ro:0
    
     
    
     DLSw: recv RWO
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-ICR state:CKT_START
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_e()
    
     
    
     DLSw: sent RWO
    
     
    
     DLSw: 1622182940 sent FCI 80 on  ACK   - s:20 so:1 r:20 ro:1
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 5( ACK  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_START->CKT_ESTABLISHED

2つのピア間におけるDLSWの内部フローに注目してください。これらのパケットは、セッション起動時に普通に見られるものです。

このプロセスで最初のステップは、接続解除された状態からCKT_ESTABLISHEDステートに移行することです。この目的で、次の動作が行われます。

  1. 両方のルータが、回線に関してCUR_CS(can u reach circuit setup)と呼ばれるCURフレームを送信します。
  2. CUR_CSフレームを発信したピアがICR_CSフレームを受信すると、そのピアは確認応答を送信し、回線を確立します。
  3. 両方のDLSWルータでXID処理を行う準備が整います。
     
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_f()
    
     
    
     DLSw: 1622182940 sent FCA on  XID
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

XIDの受信後、テスト応答がステーションに送信され、ルータに保持されます。次にルータはこのXIDをこの回線経由でピアに送信します。つまり、回線IDをタグ付けしたパケットがピアとの間で送受信されます。

DLSWはクラウドの両側でLLC2セッションを終端しているので、このように、2つのステーション間で何が起こっているかを認識します。

     
    
     gnb%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     DLSw: 1622182940 recv FCA on  XID   - s:20 so:0 r:20 ro:0
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_g()
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 12
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
    
     
    
      
    
     
    
     DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 39
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_f()
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

最初は、前に送信された最初のXIDに対する応答があります。

ID.Rspでは、ステーションにXIDが送信されます。ステーションはID.Indで応答します(これもDLSWピアに送信されるXIDの1つです)。

    %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 8( CONQ )  from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-CONQ state:CKT_ESTABLISHED

反対側のステーションは、XIDに対してSABME ( CONQ ) を応答します。その結果、XIDネゴシエーションが終了し、セッションを開始する準備が整います。

    DLSw: core: dlsw_action_i()
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Req   dlen: 16

上記のCONNECT.ReqはSABMEが送信されたことを表します。

    DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CONTACT_PENDING
    
     
    
     
    
     DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Cfm CLS_OK dlen: 8
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Connect.Cnf state:CONTACT_PENDING
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_j()
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 9( CONR )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : FLOW.Req   dlen: 0
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONTACT_PENDING->CONNECTED

ルータはステーションから UA を受信します。これはCONNECT.Cfmメッセージで表されます。このメッセージはCONR経由でリモート ピアに送信されます。

    %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 10( INFO )  from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     DLSw: 1622182940 decr r - s:20 so:0 r:19 ro:0
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-INFO state:CONNECTED
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_m()
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : DATA.Req   dlen: 34
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONNECTED->CONNECTED
    
     
    
      
    
     
    
     DLSw: 1622182940 decr s - s:19 so:0 r:19 ro:0
    
     
    
     DLSW Received-disp : CLSI Msg : DATA.Ind   dlen: 35
    
     
    
     DLSw: sent RWO
    
     
    
     DLSw: 1622182940 sent FCI 80 on  INFO  - s:19 so:0 r:39 ro:1
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 10( INFO )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 10( INFO )  from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     DLSw: 1622182940 decr r - s:19 so:0 r:38 ro:1
    
     
    
     DLSw: 1622182940 recv FCA on  INFO  - s:19 so:0 r:38 ro:0
    
     
    
     DLSw: 1622182940 recv FCI 0 - s:19 so:0 r:38 ro:0
    
     
    
     DLSw: recv RWO
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-INFO state:CONNECTED
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_m()
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : DATA.Req   dlen: 28
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONNECTED->CONNECTED
    
     

DATA.ReqI-frame を送信したことを表し、 Data.IndI-frameを受信したことを表しています。 DLSWルータ経由で流れるパケットを判別するには、これらが非常に役立ちます。

  • DATA.ReqI-frame が送信されたことを表します。
  • Data.IndI-frame が受信されたことを表します。
    DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : DISCONNECT.Ind   dlen: 8
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Disc.Ind state:CONNECTED

上記は DISCONNECT.Ind です。前述したように、LANからany.Ind が着信していて、これはステーションがdisconnectを送信したことを意味します。その結果、 ルータは回線切断を開始します。

    DLSw: core: dlsw_action_n()
    
     
    
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 14( HLTQ )  to peer 5.5.5.1(2065) success
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONNECTED->DISC_PENDING
    
     
    
      
    
     
    
     %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 15( HLTR )  from peer 5.5.5.1(2065)
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-HLTR state:DISC_PENDING

disconnectを受信したあと、ルータはリモート ピアにHALTを送信し、応答を待ちます。応答を受信すると、ルータはステーションにUAを送信し、回線をダウンにします。次のDISCONNECT.Rspに関するデバッグを参照してください。

    DLSw: core: dlsw_action_q()
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : DISCONNECT.Rsp   dlen: 4
    
     
    
     DISP Sent : CLSI Msg : CLOSE_STN.Req   dlen: 4
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:DISC_PENDING->CLOSE_PEND
    
     
    
     DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CLOSE_STN.Cfm CLS_OK dlen: 8
    
     
    
     DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-CloseStn.Cnf state:CLOSE_PEND
    
     
    
     DLSw: core: dlsw_action_y()
    
     
    
     DLSw: 1622182940 to dead queue
    
     
    
     DLSw: END-FSM (1622182940): state:CLOSE_PEND->DISCONNECTED

DLSWはこの回線をデッド キューに入れます。デッド キューではポインタがクリアされ、新しい回線用に準備されます。

NetBIOSを使用するセッションでは、DLSWによるこれらの取り扱い方法が異なります。

ただし、デバッグはほとんど同じです。ただ1つ注意すべき点は、NetBIOSステーションの場合はXIDが使用されず、その代わりにDLSWルータがNetBIOS Name QueryフレームおよびNetBIOS Name Recognizedフレームを交換するという点です。これがSNAとNetBIOSの唯一の違いです。

メディア変換として使用する DLSW

インターフェイスがアップしたあと、ルータはリモート コントローラの場所を判別することによってプロセスを開始します。

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial4, changed state to up 

  DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID_STN.Ind    dlen: 46

  CSM: Received CLSI Msg :   ID_STN.Ind    dlen: 46 from Serial4

  CSM: smac 4000.5494.00dd, dmac 4000.9404.0001, ssap 4 , dsap 4

  %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR ) -explorer from peer 10.17.2.198(2065) 

  DLSw: new_ckt_from_clsi(): Serial4 4000.5494.00dd:4-4000.9404.0001:4 

ICRフレームを受信したあと、DLSWはこのセッションのFSMを開始します。これはDLSWとCLSIの間でREQ_OPNSTN.ReqおよびREQ_OPNSTN.Cfmをやり取りすることによって行われます。


      DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:DISCONNECTED

      DLSw: core: dlsw_action_a()

      DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 106 

      DLSw: END-FSM (488636): state:DISCONNECTED->LOCAL_RESOLVE

 

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 106 

      DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-ReqOpnStn.Cnf state:LOCAL_RESOLVE

      DLSw: core: dlsw_action_b()

      CORE: Setting lf size to FF

 
CLSIと対話したあと、ルータはセッション起動CURフレームをリモート ルータに送信します。これらのCURフレームは、2台のルータ間でのみ送受信されます。
     %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 3( CUR ) to peer 10.17.2.198(2065) success

 

      DLSw: END-FSM (488636): state:LOCAL_RESOLVE->CKT_START

 

      %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR  )  from peer 10.17.2.198(2065)

      DLSw: 488636 recv FCI 0 - s:0 so:0 r:0 ro:0

      DLSw: recv RWO

      DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-ICR state:CKT_START

      DLSw: core: dlsw_action_e()

      DLSw: sent RWO

      DLSw: 488636 sent FCI 80 on  ACK   - s:20 so:1 r:20 ro:1

      %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 5( ACK  )  to peer 10.17.2.198(2065) success

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_START->CKT_ESTABLISHED

 


回線が確立されると、保持していたXIDを送信し、XID交換を開始します。

それぞれのXIDがどこから着信したかを理解することが非常に重要です。ここでは、2つの重要な出力に注目します。DLC-Idは、XIDがローカルDLCステーションから着信したことを意味します。WAN-XIDは、リモート ルータ(すなわちリモート ステーション)から着信したことを意味します。

     DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_f()

      DLSw: 488636 sent FCA on  XID  

      %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)

      DLSw: 488636 recv FCA on  XID   - s:20 so:0 r:20 ro:0

      DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_g()

      DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 12 

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)

      DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_g()

      DISP Sent : CLSI Msg : ID.Req   dlen: 88 

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82 

      DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_f()

      %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)

      DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_g()

      DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88 

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82 

      DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_f()

      %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)

      DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_g()

      DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88 

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82 

      DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_f()

      %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

 
ルータは次に、AS/400からCONQを受信し(SABME)、これをSNRMとしてシリアル回線に変換します。このシリアル回線上にUAが現れると(CONNECT.Cfm)、ルータは相手先にCONRを送信し、セッションはCONNECTEDになります。
     %DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 8( CONQ )  from peer 10.17.2.198(2065)

      DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-CONQ state:CKT_ESTABLISHED

      DLSw: core: dlsw_action_i()

      DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Req   dlen: 16 

      DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CONTACT_PENDING

 

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Cfm CLS_OK dlen: 8 

      DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Connect.Cnf state:CONTACT_PENDING

      DLSw: core: dlsw_action_j()

      %DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 9( CONR )  to peer 10.17.2.198(2065) success

      DISP Sent : CLSI Msg : FLOW.Req   dlen: 0 

      DLSw: END-FSM (488636): state:CONTACT_PENDING->CONNECTED

 

メディア変換(逆)として使用する DLSW

もう1つの一般的なセットアップは、reverse-sdllcと呼ばれ、プライマリ ステーションがSDLC回線を介してルータに接続している場合に該当します。これは通常、ホストをトークンリング接続に移行するホスト環境で見られるものです。このセットアップでは、DLSWがSDLC回線を取り扱う方法が変わります。このような場合、一般にリモートPUがアクティブであるかどうかが非常に不確定だからです。

AS/400はプライマリになるか、または役割をネゴシエートするように設定されているかのどちらかなので、AS/400がセッションを開始する必要があります。これは次の順序で行われます。

  1. シリアル回線が確立される
  2. AS/400が最初のXIDを送信する
  3. リモート コントローラの検索プロセスが開始される
  4. 回線のセットアップが完了する
  5. 回線上でXIDネゴシエーションが始まる

XIDネゴシエーションが終わると、AS/400はシスコ ルータにSNRMを送信します。その結果、ルータはCONQを送信し、リモート ルータからのCONRを待機します。ただし、CONRを受信するまで、UAは送信されません。

メディア変換(ローカル)として使用する DLSW


      %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2, changed state to up

      %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 46

      CSM: Received CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 46 from Serial2

 
この場合はDLSWローカルなので、動作が少し異なります。最初に見られるのは、シリアル側からのXIDです。LLCテスト フレーム/応答が完了するまで、シリアル側からのXIDを保管しておく必要があります。

      CSM:   smac 4000.5494.00dd, dmac 4000.9404.0001, ssap 4 , dsap 4

       DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Req   dlen: 46

       DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Req   dlen: 46

       DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Req   dlen: 46

      CSM: Write to all peers not ok - PEER_NO_CONNECTIONS

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 43

      CSM: Received CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 43 from TokenRing0

      CSM:   smac c000.9404.0001, dmac 4000.5494.00dd, ssap 0 , dsap 4

 

テスト ステーションはルータを去り、AS/400から応答が返されます。ローカルFSMを作成できる状態になります(前述したように、これはローカル セッションです)。


      DLSw: csm_to_local(): Serial2-->TokenRing0  4000.5494.00dd:4->4000.9404.0001:4

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:ADMIN-START

      DLSw: LFSM-A: Opening DLC station

       DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 106

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:DISCONNECTED ->OPN_STN_PEND

       

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:ADMIN-START

      DLSw: LFSM-A: Opening DLC station

       DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 106

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:DISCONNECTED ->OPN_STN_PEND

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 106

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-ReqOpnStn.Cnf

      DLSw: LFSM-B: DLC station opened

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:OPN_STN_PEND ->ESTABLISHED

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 106

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-ReqOpnStn.Cnf

      DLSw: LFSM-B: DLC station opened

      DLSw: processing saved clsi message

 

FSMの準備が整ったことを示すローカル確認のあと、ルータはXIDをパートナー(ここではAS/400)に送信します(ID.Req)。

DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id

     DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

      DISP Sent : CLSI Msg : ID.Req   dlen: 12

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

       

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:OPN_STN_PEND ->ESTABLISHED

       

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Cfm CLS_OK dlen: 32

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

      DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 12

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

 

トークンリングからXIDが着信します。このID.Indの長さは108であり、これをパートナー(ここではSDLC回線)に転送しなければなりません。これはID.Reqが送信されたことで分かります。パケットを受信するたびに、LFSMを開始しなければならない点に注意してください。

DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind dlen: 108

     DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

       DISP Sent : CLSI Msg : ID.Req   dlen: 88

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

シリアル回線からのXID応答があり、これをパートナー(ここではトークンリング ステーション)に転送します。このPU2.1デバイスのXID交換が終わるまで、この動作がしばらく続きます。


       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

       DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 80

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 108

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

       DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

       DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 80

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 108

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

       DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

       

      %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial2, changed state to up

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id

      DLSw: LFSM-X: forward XID to partner

       DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 80

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

 

XID交換が終わると、AS/400からCONNECT.IndによってSABMEを受信します。これはルータに対し、sdlc回線にCONNECT.Req(SNRM)を送信するように指示します。そのあとシリアル回線からCONNECT.Cfm(UA)を受信し、それによってDLSWコードはAS/400にCONNECT.Rsp(UA)を送信します。

      DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Ind   dlen: 8

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Connect.Ind

      DLSw: LFSM-C: starting local partner

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:ADMIN-CONN

      DLSw: LFSM-D: sending connect request to station

       DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Req   dlen: 16

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->CONN_OUT_PEND

       

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->CONN_IN_PEND

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Cfm CLS_OK dlen: 8

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Connect.Cnf

      DLSw: LFSM-E: station accepted the connection

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:ADMIN-CONN

      DLSw: LFSM-F: accept incoming connection

       DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Rsp   dlen: 20

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:CONN_IN_PEND ->CONNECTED

       

       DISP Sent : CLSI Msg : FLOW.Req   dlen: 0

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CONN_OUT_PEND->CONNECTED

 

 

次に、コントローラ(SDLC)をシャットダウンするときのセッションを示します。


      %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2, changed state to down

      %LINK-5-CHANGED: Interface Serial2, changed state to administratively down

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : DISCONNECT.Ind   dlen: 8

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Disc.Ind

      DLSw: LFSM-Q: acknowledge disconnect

       DISP Sent : CLSI Msg : DISCONNECT.Rsp   dlen: 4

 

この場合、AS/400にDISCを送信します(DISCONNECT.Rsp)。ローカル回線が切断されます。

DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:ADMIN-STOP

     DLSw: LFSM-Z: close dlc station request

       DISP Sent : CLSI Msg : CLOSE_STN.Req   dlen: 4

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->CLOSE_PEND

       

       DISP Sent : CLSI Msg : CLOSE_STN.Req   dlen: 4

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->CLOSE_PEND

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CLOSE_STN.Cfm CLS_OK dlen: 8

      DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-CloseStn.Cnf

      DLSw: LFSM-Y: driving partner to close circuit

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:ADMIN-STOP

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CLOSE_PEND   ->CLOSE_PEND

       

      DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:CLOSE_PEND   ->DISCONNECTED

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : DISCONNECT.Ind   dlen: 8

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Disc.Ind

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CLOSE_PEND   ->CLOSE_PEND

       

       DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CLOSE_STN.Cfm CLS_OK dlen: 8

      DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-CloseStn.Cnf

      DLSw: LFSM-Y: removing local switch entity

      DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CLOSE_PEND   ->DISCONNECTED

 

AS/400からDISCONNECT.Ind(UA)を受信すると、セッションはクリーンアップされ、disconnectステートに移ります。

パフォーマンスの問題

パフォーマンスの問題に関する詳細は、DLSw+デザイン ガイド帯域管理とキューイング、またはDLSw+ SAP/MAC のフィルタリング テクニックを参照してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17568