IP : IP アプリケーション サービス

SNMP:Cisco IOS に関する Q&A

2003 年 1 月 7 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 26 日) | フィードバック

この資料では、よくある質問の答え、SNMP に役立つリソースを見つけるためのガイド、およびシスコ機器に関連する SNMP の問題について説明します。


質問


Q. ルータの IP-SNMP CPU 処理が 90 %(以上)に上昇します。これはバグですか。

A. いいえ、バグではありません。ルータの他のタスクによる負荷が軽い場合、IP-SNMP がルータの CPU の 90 % を使用することは珍しくありません。IP〜SNMP は低い優先度で稼動します。また CPU の使用状況が 90 % 以上であれば、ルータの帯域幅で多くの時間が SNMP に費やされています。

しかし、ネットワーク管理アプリケーションがサイズの大きな表を検索する(自動検索によって ipRouteTable および ipNetToMediaTable が検索されるなど)ような場合に使用率が上昇すると、CPU 使用率は 100 % 近くになる場合があるため、これにより優先度の低い処理ではリソースが不足します。

特定の状況において、IP SNMP プロセスはほとんどすべての CPU リソースを消費する場合があるため、他のプロセスがリソース不足になり、デバイスに不安定な動作が発生する原因になります。最も明らかな症状は、デバイスへの Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続が不通になることです。この障害の最も可能性の高い原因は SNMP 要求の混乱であり、これは SNMP 要求が短い時間内でデバイスに送信され、大量のデータを検索する場合に発生します。この動作は通常ネットワーク自動検索メカニズムと関連しています。このメカニズムによって、デバイスの Address Resolution Protocol(ARP)キャッシュ全体と IP ルーティング テーブルが定期的に取得されます。

この問題は、一部のネットワーク管理アプリケーションがデフォルトで 5 分ごとに自動検索を実行することで悪化します。

部分的な回避策は、自動検索を実行しているデバイスを探し出し、それらのデフォルトの動作を変更することです。

もう 1 つの回避策は、ルータの IP 経路表とネットワーク管理システム サーバからの ARP キャッシュに対する問い合せを強制的に早めに終了させることです。ルータを設定して、IP 経路表や ARP キャッシュに対する要求の開始を受信したらすぐに complete メッセージで応答します。これをシスコ ルータで行う方法の例は、ここで説明しています。

Q. Cisco IOS ソフトウェアは、「ifTable」内のサブインターフェイスをサポートしますか。

A. サブインターフェイスのサポートは、RFC1573 IF-MIB に実装されています(RFC2233 と RFC2863 に代わっています)。サブインターフェイスとして使用する仮想 LAN、フレームリレー Ddata-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)、および X.25 Virtual Circuit(VC; 仮想回線)を ifTable 内に表示できます。ifTable は RFC1213 に導入され、RFC1573 で改良されています(RFC2233 と RFC2863 に代わっています)。改良点の 1 つは、非物理インターフェイスが ifTable 内に存在できることです。

ifTable 内の包括的なサブレイヤのサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1(1) から登場しています。いずれのメディア タイプにしても、サブレイヤが(IETF からの指示に)適切であるかどうかや、これらのサブレイヤをどうサポートするかは、そのメディアをサポートするグループによって決まります。

サブインターフェイス
サポート バージョン
ATM(非同期転送モード) Cisco IOS 12.0(1)T
FR(フレームリレー) Cisco IOS 11.1
LANE(ATM LAN エミュレーション) Cisco IOS 11.1
FE(ファースト イーサネット)

Cisco IOS 12.1(3)T - CSCdk25367 [Cisco ISL カプセル化サポート]
Cisco IOS 12.1(7)E - CSCds76462 [Cisco ISL カプセル化サポート]
Cisco IOS 12.2(6.8) - [IEEE 802.1Q カプセル化] - CSCds00250 [IEEE 802.1Q カプセル化]

注:上記のバグ ID のリンクからバグ情報の詳細を見るには、登録ユーザであり、ログインしている必要があります。

Q. SNMP を使用してルータをリロードするには、どうすればよいですか。

A. 次の手順に従います。
tsMsgSend = .1.3.6.1.4.1.9.2.9.9 from the OLD-CISCO-TS-MIB.my

 tsMsgSend OBJECT-TYPE

         -- FROM OLD-CISCO-TS-MIB

         SYNTAX     Integer { nothing(1), reload(2), messagedone(3), abort(4) }

         MAX-ACCESS  read-write

         STATUS      Mandatory

         DESCRIPTION    "Sends the message. The value determines what

                           to do after the message has completed."

 ::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9)

      local(2) lts(9) 9 }

シスコ ルータでは、次のコマンドを設定して reload コマンドをサポートする必要があります。

   snmp-server community private RW    
   snmp-server system-shutdown

次の例では、IP アドレスが 10.16.99.55 のルータをリロードします。


 # ./snmpset 10.16.99.55 private .1.3.6.1.4.1.9.2.9.9.0 i 2
explanation of the above used variables:           10.16.99.55 = ip address of your router                private = R/W SNMP Community string of your router .1.3.6.1.4.1.9.2.9.9.0 = tsMsgSend SNMP MIB OID                      i = Integer as defined SYNTAX in the MIB                      2 = reload command as defined in the MIB


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報



Document ID: 26010